ドコモ光 格安SIM・格安スマホ
Pocket

読了時間:約 2

GMOとくとくBBとは、GMOインターネット株式会社が運営するインターネットサービスプロバイダーです。インターネットサービスブロバイダとは、日本ではインターネット接続事業者を指すことが多いです。

このページでは、GMOとくとくBBについて、利用できるインターネット接続サービスや料金、評判など、総合的な観点から調査していきます。

画像引用元:家でも外でもおトクなインターネット|WiMAX(ワイマックス)ならGMOとくとくBB

GMOとくとくBB で利用できる接続サービスについて

GMOとくとくBBで利用できる接続サービスは、以下のようになっています。

  • WiMAX2+
  • フレッツ光接続
  • V6プラス接続
  • ドコモ光接続
  • イー・アクセスADSL
  • 固定IP付き接続サービス

この時点で気づいた方も多いと思いますが、「GMOとくとくBB」というインターネット回線があるわけではありません。使う回線は「フレッツ光」や「ドコモ光」など他社のもので、これらを利用するためにGMOとくとくBBにお願いするという形になります。

まずはこれらインターネット回線についてを中心に見てみましょう。

WiMAX2+について

画像引用元:【公式】GMO とくとくBB|WiMAX(ワイマックス)キャッシュバックキャンペーン

WiMAX2+はUQコミュニケーションが提供するインターネットサービスで、ルーターをスマホのように持ち運べることが最大の特徴です。家の工事などが一切必要なく、外でも不自由なくインターネットを使えるのが魅力ですね。

あまりに手軽なので、その分電波が弱いのではないかと心配になる方もいると思いますが、そんなことはありません。UQコミュニケーションズはKDDIグループの事業者なので、サービスエリアや速度についても基本的に充実しています。

通信量も無制限ですが、田舎やビル、地下街では繋がりにくいことがあります。そんな時はau 4G LTE通信を利用することもできます。パソコンはもちろんスマホやゲーム機にも同時にWi-Fi接続することもできます。

よほどのこだわりがなければ、WiMAX2+のルーターを1台持っていればインターネット環境はすべて完結します。早速ではありますが、非常にオススメ度の高いサービスです。

GMOとくとくBBを通じてWiMAX2+を申し込むと、執筆時点ではルーター端末代0円や最大41,100円のキャッシュバックといったサービスを受けることができます。GMOとくとくBBもWiMAX2+には特に力を入れていますね。

フレッツ光について


画像引用元:フレッツ光 | サービス紹介・料金 | WiMAX(ワイマックス)なら【GMOとくとくBB】

フレッツ光は、NTT東日本/NTT西日本が提供しているインターネット回線です。NTTグループの光ファイバーなので、サービスエリア、速度共に業界トップクラスの快適度です。

フレッツ光を利用して不満を感じる方はほとんどいないでしょう。有名で信頼できるところの回線がいいという方に特にオススメです。

また、GMOとくとくBBを通じてフレッツ光を利用すると、とくとくセットとしてメールアドレスやホームページを無料で最大15個まで取得できたりするなど独自のサービスも受けることができます。

V6プラス

画像引用元:フレッツ光対応「v6プラス」|GMOとくとくBB

V6プラスもNTT東日本/NTT西日本が提供しているサービスで、フレッツ光よりもさらに高速であることを売りにしています。プロバイダーを必要としないのがV6プラスの特徴なのですが、GMOとくとくBBでも扱っています。

特別な設定や工事が必要なく、V6プラス対応ルーターに接続すれば最短30分で開通する点も非常に魅力的ですね。フレッツ光を試したが、それでも満足できない、という方には是非試してもらいたいです。

ドコモ光

画像引用元:速いドコモ光なら GMOとくとくBB | クチコミで人気 ! お得で安いプロバイダー

ドコモ光は、NTTドコモが提供するインターネット回線です。これまたエリア、速度に心配はありません。

ドコモユーザーであれば、ドコモ光を使うことでセット割として毎月1,512円の割引が適用されるのも特徴ですね。

GMOとくとくBBを通じてドコモ光を申し込むと、V6プラスに対応したルーターが無料で借りられたり、最大15,000円のキャッシュバックが受けられたりします。

ドコモ光自体、十分いい回線ですが、セット割を受けるためにも積極的に選びたい回線です。

ドコモ光を使うならキャッシュバックもあるGMOとくとくBB経由の申し込みが断然お得です。
→ GMOとくとくBBのドコモ光

イー・アクセスADSL


画像引用元:イー・アクセスADSL | サービス紹介・料金 | WiMAX(ワイマックス)なら【GMOとくとくBB】

イー・アクセスADSLは、光ファイバーが広まるまで主流だったインターネット接続サービスで、インターネットの常時接続を当たり前にした立役者です。

現在は光ファイバーと比べて「時代遅れ」という認識が強く、実際に通信速度も光ファイバーに及ばないのですが、その分安い料金で使えることから再び注目を集めています。

メールやインターネット閲覧くらいなら光ファイバーでなくても問題ありませんからね。ただ、高画質の動画視聴やゲームなどを頻繁に行う方は、やはり避けたほうが無難なのは間違いありません。

GMOとくとくBBを通じて使えるのはワイモバイル株式会社のADSLサービスで、GMOとくとくBBの特典としてメールアドレスとホームページを無料で最大15個取得できるなど独自サービスも受けることができます。

固定IP付き接続サービス


画像引用元:固定IP | サービス紹介・料金 | プロバイダー乗り換えなら【GMOとくとくBB】

固定IP付き接続サービスは、端末ごとにIPを固定できるサービスです。IPを固定することで、インターネット上で使用端末を特定してもらうことができ、信頼度を高めることができます。

例えば、同じ家に住んで同じ回線を使っている家族でも、使用端末から誰が接続しているのかはっきりわかるようになります。機密情報などのやり取りに向いていますね。

GMOとくとくBBであれば、初期費用無料、設定時間は最速3分、年中無休の技術サポートなどのサービスも受けることができます。固定IPが必要な方は一度検討してみてください。

主に通信速度はインターネット接続サービスによる


画像引用元:ドコモ光×GMOとくとくBBの速度の秘密公開 | 速いドコモ光なら GMOとくとくBB

このように、GMOとくとくBBと言っても利用できる回線は複数あります。そして、通信速度の程度などはほとんどインターネット接続サービスによって決まります。

例えばドコモ光を使っていて、通信が遅くて不満に感じたとしましょう。では通信が遅い原因はNTTドコモにあるのか、GMOとくとくBBにあるのかというと、一般的にはNTTドコモに原因があるとするのが妥当です。

良くも悪くもGMOとくとくBBに通信速度を大きく左右するような影響力はないでしょう。それなので、プロバイダー選びは料金やサポート内容で決めている方が多いです。

1 2