キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 1 minute

2019年夏モデルのGalaxyはGalaxy S10、さらに上位機種の「Galaxy s10+」も発売されます。

発売時期はGalaxy S10と同じく2019年6月1日です。すでにお手に取られている方も多いのではないでしょうか。

ここではカメラスペックや機能がさらに充実したと言われているGalaxy S10+を評価・レビューしていきます。

これから購入を検討されている方はぜひご覧ください。

2019年夏モデル総まとめ|おすすめ機種と買い控えた方がいい機種

Galaxy S10+のスペックと特徴

同日発売のGalaxy S10と前回発売のGalaxy S9も合わせてスペックをまとめました。違いを早速比較してみましょう。

製品名Galaxy S10+Galaxy S10Galaxy S9
発売日au:2019年5月23日
ドコモ:2019年6月1日
au:2019年5月23日
ドコモ:2019年6月1日
au・ドコモともに
2018年5月18日
キャリアNTTドコモ・au
価格au:114,960円(税込)
ドコモ:101,088円(税込)
au:102,000円(税込)
ドコモ:89,424円(税込)
au:95,040円(税込)
ドコモ:94,608円(税込)
OS(発売時)Android 9 PieAndroid 8.0 Oreo(発売当時)
SIMNanoSIM
CPU(プロセッサー)Snapdragon855 Snapdragon 845
ストレージ128GB64GB
RAM8 GB4GB
microSDカードmicroSDXC(最大512GB)microSDXC(最大400GB)
バッテリー容量4000mAh3400mAh3,000mAh
防滴・防塵機能IPX5/IPX8:IP6X
ディスプレイ/画面解像度6.4インチ、有機EL / 3040×1440 6.1インチ、有機EL / 3040×1440 5.8インチ、有機EL / 2960×1440
Wi-Fia/b/g/n/ac/ax802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.0
GPSA-GPS, GLONASS, BDS, GALILEOGPS, GLONASS, BDS, GALILEO
生体認証 顔認証センサー
指紋認証センサー
指紋認証センサー
顔認証センサー
虹彩認証センサー
おサイフケータイ
アウトカメラの画素数1600万画素超広角+1200万画素広角+1200万画素望遠
F2.2 + F1.5/F2.4 + F2.4
1,220万画素
F1.5/F2.4
インカメラの画素数1,000万画素+800万画素
F1.9+F2.2
1000万画素
F1.9
800万画素
F1.7
高さ158mm150mm148mm
74mm70mm69mm
厚み7.8mm7.8mm8.5mm
重さ175g158g161g
カラープリズムブラック/プリズムホワイト(auのみ)プリズムホワイト / プリズムブラック / プリズムブルーTitanium Gray / Midnight Black / Lilac Purple

Galaxy S9からは大きくスペックアップしているものの、Galaxy S10と比べると内容はほぼ変わりません。

主な違いを挙げるとディスプレイサイズ・カメラスペック・バッテリー容量で、価格差は約10,000円ほどです。

約10,000円ほどの差が安いのか高く感じるのか、Galaxy S10+の特徴をチェックしていきましょう。

大画面高画質ディスプレイ

なんと言ってもGalaxy S10+の大きな魅力である大画面ディスプレイは、今回もGalaxy S10と同じく有機ELディスプレイを搭載しています。

Galaxy S10は6.1インチ、Galaxy S10+は6.4インチでさらに大画面です。

ベゼル幅を取っ払い全面ディスプレイにしたことで、Galaxy S9から大きさをほぼ変えることなく大画面化しています。

大画面が望ましいとはいえ、スマホ本体も大きくなれば携帯性を失ってしまいますが、Galaxy S10+はその点は問題なくクリアしています。

冷却システムで長時間ゲーム利用も快適

Galaxy S10+にはベーパーチャンバー冷却システムを搭載しており、本体の発熱を防ぎ負荷の大きい作業も快適に行えます。

例えば、高画質、3D系のゲームなど長い時間楽しんでも熱くなりにくくなっているのです。

Galaxy Harajukuで行われたGalaxy S10+発売記念イベントでも、いかにGalaxy S10+がゲームに適した端末なのかがたっぷり紹介されていました。

精密で高画質なゲームはハイスペックなモデルであるからこそ、快適に楽しめるものです。

1日安心して使える大容量バッテリー

Galaxy S10+のバッテリーは大容量の4,000mAhです。

機種がハイスペックになるにつれバッテリーの消費が気になるところではありますが、4000mAhあれば丸一日安心して使うことができます。

また、Galaxy S10と同様に他デバイスとバッテリー共有することが可能です。

特にワイヤレスイヤホンを利用している方には便利な機能ではないでしょうか。

出先で移動中、待ち合わせ中に急にワイヤレスイヤホンの充電がなくなり、帰宅するまで音楽が聴けないなんて寂しい事象も解消できます。

基本的には「Qi(チー)」規格に対応したワイヤレスデバイスであれば、Galaxy S10+に乗せて充電することができます。

ただし、本当に使用できるかご心配な方は、ワイヤレスデバイス購入前に各メーカーに確認することをおすすめします。

インカメラはデュアルカメラ

Galaxy S10+はインカメラが1,000万画素のレンズに加えて、深度測定兼用の800万画素の広角レンズ搭載でデュアルカメラ仕様となっています。

これはGalaxy S10はないGalaxy S10+だけの特徴です。

広角レンズが搭載されたことで背景を含めた撮影や、複数人での自撮り撮影がセルフィースティックなどがなくても簡単に撮影できます。

また、設定で撮影方法を「手のひらを向ける」にしておけば、手のひらをカメラに向けることで自動的に撮影できます。

広角レンズのおかげで撮影しやすくなったとはいえ、複数人での撮影はある程度腕を伸ばしたり、収まりを探ることがあります。

腕を伸ばした状態でのシャッターを押すための片手操作は、手が小さい方には難しい作業です。

そんな時もう一方の手で、「手のひらを向ける」動作でシャッターが切れるのは便利です。

Galaxy S10の特徴まとめ
  • 6.4インチの大型有機ELディスプレイ
  • 冷却システムで長時間ゲーム利用も快適
  • 1日安心して使える大容量バッテリー
  • インカメラはデュアルカメラ
2019年夏発売 Galaxy S10の評価レビュー|買う理由と買わない理由

Galaxy S10+は買うべきなのか

いくつかの特徴をご紹介しまいしたが、メリットばかり聞いても実際買うべきなのかはまだ悩ましいところです。

ここでは改めて買う理由と、買わない理由をそれぞれ挙げていきます。

Galaxy S10+を買う理由

まずは買う理由からご紹介します。

ゲーム性能が充実

ゲームに特化した部分は大画面、冷却システムや大容量バッテリーだけではありません。

他にも、Galaxy note8、Galaxy S9から引き続きゲームランチャーアプリも搭載されています。

ゲームランチャーアプリはゲーム中の通知機能をオフにしたり、ゲームプレイ中の映像を録画することも可能です。

ゲーム実況をされている方や、ご自身の記録として利用したい方には大変便利な機能です。

もちろん単純な画面キャプチャも撮影可能です。

自撮りがより楽しめる

インカメラに広角レンズ搭載で自撮りが簡単になったことに以外に、RGB深度測定カメラ機能も搭載しています。

深度測定カメラを搭載したことで、被写体や背景の位置をより正確に捉えることが可能になり、自然なボケで雰囲気のある写真を撮影することができます。

また、インカメラ・アウトカメラともにインスタグラム投稿機能もカメラアプリに組み込まれています。

撮影してすぐメニューから投稿ができるのでアプリを切り替える必要がありません。

Galaxy S10と価格差が少ない

正直な話Galaxy S10にある機能は全てGalaxy S10+にも搭載されています。

Galaxy S10とGalaxy S10+の価格差は約10,000円ほどです。

バッテリー容量やインカメラ性能を考えると、10,000円ほどの価格差はそこまで大きなネックにはならいのではないでしょうか。

バッテリーを補うためにモバイルバッテリーを買い、自撮りをしやすくするためにセルフィースティックを買い持ち歩く労力を考えれば寧ろ安いのではとも感じます。

Galaxy S10+はこんな人におすすめ

Galaxy S10+は高機能スペック重視な方、充実したカメラ性能をお求めの方、ゲームメインで使用するスマホをお求めの方におすすめです。

ご紹介した特徴や、理由のとおり、Galaxy S10+はかなりのハイスペックモデルです。

アウトカメラはもちろんのこと、インカメラに関してはGalaxy S10がシングルレンズなところをGalaxy S10+はデュアルレンズ搭載です。

自撮りや複数の友達と撮影も行いやすく、カメラ機能をよく使う方には非常におすすめです。

またゲームユーザーの方に特化した機能の数々もGalaxy S10+ならではの魅力です。

Galaxy S10+を買わない理由

いくら魅力的な機種でも、買うに至らない気になる点は付きものです。

インカメラの設置位置が気になる

本体の大きさはGalaxy S9からほぼ変わることなく大画面化している理由にベゼル幅を取っ払っている点があります。

Galaxy S9まではある程度幅がありそこにインカメラが位置していました。

今回はその幅をなくしたことで、インカメラがディスプレイ上に埋め込まれるような形で設置されています。

画面右上のかなり端に位置しているため、本来そこまで気にならないところではありますが、動画やゲームを楽しむうえで邪魔に感じてしま可能性があります。

ゲームアプリや、動画作成をしている側は、インカメラ埋め込み型のディスプレイがあることを想定してはいないでしょう。

7月にはオリンピックモデルが発売予定

Galaxy S10+を買わない理由というよりは、Galaxy S10+を”今は買わない”が正しい理由なのですが、2019年7月にはオリンピック仕様の特別モデルが発売されます。

取り扱いはドコモです。2019年5月16日から発売開始日まで事前予約を行っています。

スペックは通常版のGalaxy S10+と変わりませんがカラーがプリズムホワイト、背面部分に東京オリンピックロゴをあしらったデザインとなります。

また、純正ワイヤレスイヤホンの「Galaxy Buds」特別デザイン版も同梱され、価格は一括だと114,696円(税込)です。

10,000万台限定ではありますが、今のところまだ予約可能です。

この機会にしか購入できない特別なモデルなので、せっかくならばGalaxy S10+オリンピックモデルを購入してみてはいかかがでしょうか。

Galaxy S10+が向いていない人

画面全面で映像を集中して楽しみたい方には向いていません。

買わない理由のインカメラの配置が気になる方、これに尽きます。

本体の大きくせず大画面化するためにベゼル幅を取っ払うには致し方ないとはいえ、再生する映像によってはインカメラで隠れてしまう可能性があります。

また、ゲームに特化したスマホなのに、ゲームによっては操作するうえで邪魔になってしまう可能性もあります。

かなり端に位置していますしそこまで支障が出るとは考えにくいですが、全てのゲームで検証したわけではありませんので可能性は捨てきれません。

購入前に実際にゲームをインストールした画面がチェックできれば良いのですが、どうしても気になる方は購入を見送った方がいいでしょう。

Galaxy S10+を買う理由・買わない理由
  • 買う理由:ゲーム性能が充実
  • 買う理由:自撮りがより楽しめる
  • 買う理由:Galaxy S10と価格差が少ない
  • 買わない理由:インカメラの設置位置が気になる
  • 買わない理由:7月にはオリンピックモデルが発売予定

今夏Galaxy S10+は一番の高スペックモデル

インカメラの配置は若干気になりますが、Galaxy S10+は毎年人気のGalaxyシリーズです。

今夏一番の話題のモデルと言っても過言ではありません。

Galaxy S10との比較で悩んでいるのならぜひともGalaxy S10+をおすすめ致します。

価格も高いとはいえiPhoneの最新シリーズに比べればまだ落ち着いている金額ではないでしょうか。

ハイエンドモデルをお求めの方はぜひ一度、実機を触ってみてください。