読了時間:約 1 minute

2019年夏モデルのGalaxyはGalaxy S10、さらに上位機種の「Galaxy s10+」も発売されます。

発売時期はGalaxy S10と同じく2019年6月1日です。すでにお手に取られている方も多いのではないでしょうか。

ここではカメラスペックや機能がさらに充実したと言われているGalaxy S10+を評価・レビューしていきます。

これから購入を検討されている方はぜひご覧ください。

2019年夏モデル総まとめ|おすすめ機種と買い控えた方がいい機種

Galaxy S10+のスペックと特徴

同日発売のGalaxy S10と前回発売のGalaxy S9も合わせてスペックをまとめました。違いを早速比較してみましょう。

製品名Galaxy S10+Galaxy S10Galaxy S9
発売日au:2019年5月23日
ドコモ:2019年6月1日
au:2019年5月23日
ドコモ:2019年6月1日
au・ドコモともに
2018年5月18日
キャリアNTTドコモ・au
価格au:114,960円(税込)
ドコモ:101,088円(税込)
au:102,000円(税込)
ドコモ:89,424円(税込)
au:95,040円(税込)
ドコモ:94,608円(税込)
OS(発売時)Android 9 PieAndroid 8.0 Oreo(発売当時)
SIMNanoSIM
CPU(プロセッサー)Snapdragon855 Snapdragon 845
ストレージ128GB64GB
RAM8 GB4GB
microSDカードmicroSDXC(最大512GB)microSDXC(最大400GB)
バッテリー容量4000mAh3400mAh3,000mAh
防滴・防塵機能IPX5/IPX8:IP6X
ディスプレイ/画面解像度6.4インチ、有機EL / 3040×1440 6.1インチ、有機EL / 3040×1440 5.8インチ、有機EL / 2960×1440
Wi-Fia/b/g/n/ac/ax802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth 5.0
GPSA-GPS, GLONASS, BDS, GALILEOGPS, GLONASS, BDS, GALILEO
生体認証 顔認証センサー
指紋認証センサー
指紋認証センサー
顔認証センサー
虹彩認証センサー
おサイフケータイ
アウトカメラの画素数1600万画素超広角+1200万画素広角+1200万画素望遠
F2.2 + F1.5/F2.4 + F2.4
1,220万画素
F1.5/F2.4
インカメラの画素数1,000万画素+800万画素
F1.9+F2.2
1000万画素
F1.9
800万画素
F1.7
高さ158mm150mm148mm
74mm70mm69mm
厚み7.8mm7.8mm8.5mm
重さ175g158g161g
カラープリズムブラック/プリズムホワイト(auのみ)プリズムホワイト / プリズムブラック / プリズムブルーTitanium Gray / Midnight Black / Lilac Purple

Galaxy S9からは大きくスペックアップしているものの、Galaxy S10と比べると内容はほぼ変わりません。

主な違いを挙げるとディスプレイサイズ・カメラスペック・バッテリー容量で、価格差は約10,000円ほどです。

約10,000円ほどの差が安いのか高く感じるのか、Galaxy S10+の特徴をチェックしていきましょう。

大画面高画質ディスプレイ

なんと言ってもGalaxy S10+の大きな魅力である大画面ディスプレイは、今回もGalaxy S10と同じく有機ELディスプレイを搭載しています。

Galaxy S10は6.1インチ、Galaxy S10+は6.4インチでさらに大画面です。

ベゼル幅を取っ払い全面ディスプレイにしたことで、Galaxy S9から大きさをほぼ変えることなく大画面化しています。

大画面が望ましいとはいえ、スマホ本体も大きくなれば携帯性を失ってしまいますが、Galaxy S10+はその点は問題なくクリアしています。

冷却システムで長時間ゲーム利用も快適

Galaxy S10+にはベーパーチャンバー冷却システムを搭載しており、本体の発熱を防ぎ負荷の大きい作業も快適に行えます。

例えば、高画質、3D系のゲームなど長い時間楽しんでも熱くなりにくくなっているのです。

Galaxy Harajukuで行われたGalaxy S10+発売記念イベントでも、いかにGalaxy S10+がゲームに適した端末なのかがたっぷり紹介されていました。

精密で高画質なゲームはハイスペックなモデルであるからこそ、快適に楽しめるものです。

1日安心して使える大容量バッテリー

Galaxy S10+のバッテリーは大容量の4,000mAhです。

機種がハイスペックになるにつれバッテリーの消費が気になるところではありますが、4000mAhあれば丸一日安心して使うことができます。

また、Galaxy S10と同様に他デバイスとバッテリー共有することが可能です。

特にワイヤレスイヤホンを利用している方には便利な機能ではないでしょうか。

出先で移動中、待ち合わせ中に急にワイヤレスイヤホンの充電がなくなり、帰宅するまで音楽が聴けないなんて寂しい事象も解消できます。

基本的には「Qi(チー)」規格に対応したワイヤレスデバイスであれば、Galaxy S10+に乗せて充電することができます。

ただし、本当に使用できるかご心配な方は、ワイヤレスデバイス購入前に各メーカーに確認することをおすすめします。

インカメラはデュアルカメラ

Galaxy S10+はインカメラが1,000万画素のレンズに加えて、深度測定兼用の800万画素の広角レンズ搭載でデュアルカメラ仕様となっています。

これはGalaxy S10はないGalaxy S10+だけの特徴です。

広角レンズが搭載されたことで背景を含めた撮影や、複数人での自撮り撮影がセルフィースティックなどがなくても簡単に撮影できます。

また、設定で撮影方法を「手のひらを向ける」にしておけば、手のひらをカメラに向けることで自動的に撮影できます。

広角レンズのおかげで撮影しやすくなったとはいえ、複数人での撮影はある程度腕を伸ばしたり、収まりを探ることがあります。

腕を伸ばした状態でのシャッターを押すための片手操作は、手が小さい方には難しい作業です。

そんな時もう一方の手で、「手のひらを向ける」動作でシャッターが切れるのは便利です。

Galaxy S10の特徴まとめ
  • 6.4インチの大型有機ELディスプレイ
  • 冷却システムで長時間ゲーム利用も快適
  • 1日安心して使える大容量バッテリー
  • インカメラはデュアルカメラ
2019年夏発売「Galaxy S10」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

次のページでは、Galaxy S10+は買うべきなのかをご紹介します。

1 2