キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

Galaxy note9とiPhone XS Maxはどちらも大画面の高スペックスマホです。話題のiPhone XS Maxはもちろんのこと、Galaxy note9にいたっては久々の日本国内販売モデルとあって気になっている方も多いのではないでしょうか。

ここではGalaxy note9とiPhone XS Maxそれぞれの特徴を比較しながら、どちらがより使い勝手のよいおすすめのスマホなのか、詳しく紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

2019年10月18日に発売される「Galaxy Note10+」についても評価レビューしている記事もあるので、是非比較してみてください。予約も受付中です!

▶ドコモ公式オンラインショップで「Galaxy Note10+」を見る

ドコモGalaxy Note10+ SC-01Mの評価レビュー|買う理由と買わない理由
2019年10月に「Galaxy Feel2 SC-02L」を含む「端末購入割引」対象の9機種が発表されました。旧機種を安く手に入れたい方は絶対にチェック!

▶ドコモ公式オンラインショップで「Galaxy Feel2 SC-02L」を見る

ドコモの旧機種が激安になる「端末購入割引」2019年10月の9機種を紹介

Galaxy note9の基本スペック

まずはGalaxy note9の基本スペックをチェックしていきましょう。

製品名Galaxy Note9
発売日2018年10月25日
価格12万円台
キャリアドコモ・au
SIMカードnanoSIM
CPU(プロセッサー)Snapdragon 845 (SDM845) オクタコア
4x2.8GHz+4x1.7GHz
OSAndroid 8.1
内部メモリー128GB
外部メモリーmicroSDXC(512GB)
RAM6GB
防水・防塵IPX5・IPX8/IP6X(IP68)
バッテリー容量4000mAh
充電・急速充電Qi(ワイヤレス充電)、Quick Charge
セキュリティ指紋認証(背面に設置)、虹彩認証、顔認識
画面解像度6.4インチ、Quad HD+/QHD+(2960x1440ドット)
516ppi、比率18.5:9
有機EL・液晶パネル有機EL(Super AMOLED)
Infinity display(インフィニティ・ディスプレイ)
Wi-FiIEEE 802.11 a/b/g/n/ac
ネットワークLTE Cat.18 Enhanced 4X4 MIMO, 5CA
Bluetooth○(5.0)
NFC(おサイフケータイ・FeliCa)
GPS
テレビワンセグ・フルセグ
ハイレゾ
画素数(アウトカメラ)1220万画素 1/2.55型+1220万画素 1/3.4型
動画4K 60fps、960fps(720p)、240fps(1080p)
レンズ(アウトカメラ)広角レンズ 77° F1.5かF2.4で選択可+望遠レンズ 45° F2.4
アウトカメラ機能その他ズーム:光学:2倍、デジタル:10倍
手ブレ補正:光学式手ブレ補正(両方)
画素数(インカメラ)800万画素 1/3.6型、80° F1.7
スピーカーAKGチューニングのステレオスピーカー(Dolby Atmos対応)
スタイラスペンSペン(Bluetooth対応)
高さ161.9mm
奥行(厚み)8.8mm(側面のフレームがダイヤモンドカット)
76.4mm
重さ201g
カラーミッドナイトブラック、オーシャンブルー、ラベンダーパープル(auのみ)

非常に高スペックかつ機能的な特徴も他の機種の中でも群を抜いていると言えます。

Galaxy note9の特徴

Galaxy noteの最も特徴的な部分と言えば、付属している端末本体に装着可能なスタイラスペンです。今回Galaxy note9ではさらにスタイラスペンの機能が追加されています。他にも魅力的なGalaxy note9の特徴を紹介します。

スタイラスペン「Sペン」

Galaxy noteと言えば、”Sペン”と言われるスタイラスペンが特徴です。機種本体に収納装着できることもあって、別で持ち歩く煩わしさもありません。手書きメモや写真加工など細かい作業もSペンならスムーズに行えます。

また、ロック画面上でもメモ書きができる「画面オフメモ」機能も非常に便利です。Sペン自体もIP68の防水性能があり、さらに筆圧は4096段階も感知します。

「Sペンリモコン」なる機能も特徴的で、「Bluetooth Low Energy(BLE)」を使用しGalaxy note9本体をリモートコントロールします。これにより本体から離れていてもカメラのシャッターを押すことが可能です。

カメラ機能

Galaxy note9は背面のアウトカメラがデュアルレンズ搭載となっており、広角カメラと望遠カメラが採用されています。また広角レンズに関してはF値をF1.5とF2.4で切り替えることが可能です。

F値を切り替えることで、異なる状況に合わせた撮影ができる「デュアル・アパチャー(可変絞りレンズ)」も採用されています。また「デュアル光学手ブレ補正(OIS)」により、多少ブレてしまっても補正され綺麗な写真を撮影することができます。

他にもうまく撮影できなかった際に撮り直しの必要があるかを教えてくれる「取り直しアラート」や、最適なシーンを判別するシーン認識機能「インテリジェントカメラ(シーンオプティマイザー)」など、AIを活用した機能も搭載されています。

ディスプレイとデザイン

6.4インチの大画面有機ELディスプレイを搭載しています。「狭額縁設計(ベゼルレス・デザイン」の採用と、ディスプレイの左右がカーブした「デュアルエッジスクリーン」でGalaxy note9本体全面を使用しているので、6.4インチの大画面とはいえスマートな印象です。

使用する場所の光の強さによって、コントラストの自動調整を行うため常にクリアな画像を楽しむことができます。

デザインはメタルフレームに先進のダイアモンドカットを採用しています。本体にそこまでの厚みがないのにも関わらず、背面のカメラレンズもしっかりなめらかに収まっており美しさを損なっていません。

Samsung Dexモード

「Dexモード」とはGalaxy note9を外部モニターに繋いで表示させることができる機能です。Galaxy S9+でもこの機能を採用されていましたが接続するケーブルの他に、「DeX Pad」などのアダプタが別途必要でした。

Galaxy note9では「USB Type-C to HDMIケーブル」で外部ディスプレイと接続するだけですぐに「Dexモード」を使用することが可能です。

Galaxy note Edgeとの違い

国外ではコンスタントにシリーズ発売があったものの、日本国内でのGalaxy noteの販売はGalaxy note Edge以来です。Galaxy note Edgeと比べるとだいぶスペックアップしていますが、しっかりここも何が変わったのか比較していきましょう。

本体サイズとデザイン

Galaxy note9は本体サイズが、161.9mm(高さ)×8.mm(奥行/厚み)×76.4mm(幅)で重量が201g、ディスプレイが6.4インチなのに対し、Galaxy note Edgeは151mm(高さ)×10.1mm(奥行/最厚部)×82mm(幅)で重量が177g、ディスプレイが5.6インチでした。

ディスプレイはGalaxy note Edgeの方が小さいのですが、厚みや幅がGalaxy note9より大きく、発売当時はだいぶ大きいスマホが発売されたなといったイメージがありました。Galaxy note9が大画面なのにも関わらずスマートな印象に感じるのも納得です。

また、Galaxy note Edgeもディスプレイは有機ELを搭載していました。解像度はWQHD(1440×160)+2560です。Galaxy note9だとQuad HD+/QHD+(2960×1440)なのでこちらもだいぶスペックアップしより鮮明になりました。

デザインに関してはGalaxy note9がデュアルエッジスクリーンを採用し左右のディスプレイがカーブしているのが印象的ですが、Galaxy note Edgeは片側だけがエッジスクリーン仕様でした。

バッテリー容量

Galaxy note Edgeはバッテリー容量が3000mAhでしたが、Galaxy note9は4000mAhでこちらもスペックアップしました。もちろんバッテリー容量だけでなく、プロセッサーなどのスペックアップも合わせて省電力化していることでバッテリー持ちがぐっと良くなりました。

その他の機能

Galaxy note Edgeから今回のGalaxy note9まで日本国内販売モデルは4年ぶりなので、追加された機能はかなり多いです。例えば生体認証に関しては指紋認証のみだったのが虹彩認証や顔認識も追加されています。

ただ、数字だけ比較していくと実はGalaxy note Edgeのカメラの画素数は1600万画素あり1220万画素のGalaxy note9より画素数が多いのです。しかし画素数だけではカメラの良さは計れないのは周知の事実。

もちろん拡大した時の鮮明さは画素数が多い方がりクリアですが、搭載カメラレンズの種類や性能はGalaxy note9の方が優秀です。

iPhone XS Maxの基本スペック

Galaxy note9と比較するうえで、iPhone XSの上位版としてリリースされたiPhone XS Maxのスペックもチェックしていきましょう。

製品名iPhone XS Max
OSiOS 12
本体サイズ幅:77.4cm 高さ:157.5cm 厚さ:7.7mm
画面サイズ6.5インチ
重量208g
ディスプレイSuper Retina HDディスプレイ 
6.5インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ
HDRディスプレイ
画面解像度2,688 x 1,242ピクセル解像度、458ppi
1,000,000:1コントラスト比(標準)
最大通話時間最大25時間
CPUA12 Bionicチップ
ストレージ64GB 256GB 512GB
充電30分で最大50%充電9
アウトカメラデュアル12MP(広角と望遠) 広角:ƒ/1.8絞り値 望遠:ƒ/2.4絞り値
インカメラ7MP ƒ/2.2絞り値
Wi-Fi
防水・防塵・防沫IEC規格60529にもとづくIP68等級
Bluetooth○(5.0)
3D Touch
Face ID
Touch ID×
発売日2018年9月21日

かなりの大画面ディスプレイです。Galaxy note9よりやや大きくなっています。

iPhone XS Maxの特徴

今回2018年の発売iPhoneシリーズの中では一番の高スペックスマホです。主だった特徴をご紹介します。

ディスプレイとデザイン

ディスプレイは6.5インチと非常に大きく、iPhone本体全面をディスプレイとしたベゼルレスデザインになっています。そのためiPhone XS Maxでもホームボタンを廃止しました。

またカメラ性能の向上に伴い背面のアウトカメラのレンズ部分の厚みが外に出ています。iPhone XS Max本体の厚みが薄い分そうしてもカバーし切れなかったのかもしれません。

そのまま机の上に置いて操作すると揺らいで若干不安定ですが、スマホカバーなど装着すればあまり気になりません。

カラーは3色展開でシルバー、ゴールド、ブラックです。

またディスプレイは有機ELディスプレイで、True Toneディスプレイも採用しているため、鮮やかで精細、環境光にあわせてホワイトバランスを自動調整してくれるのでどんな環境でもクリアで見やすくなっています。

耐久性の強化

iPhone XS Maxは非常に耐久性の優れた素材で作られています。ステンスチールは医療に使われているものと同じグレードのもの、深い強化層を持つ強靭なガラス素材、アルミニウムに至っては航空宇宙産業でも使用されているものです。

これらの上質で強靭な素材によって耐久性が向上しています。しかし向上しているとはいえ本体全面のほとんどがガラス素材です。あたりどころが悪ければ傷ついてしまいますので、念のためスマホカバーを利用した方がより安心です。

カメラ機能

iPhone XS Maxではより巧みなボケを使うことができ美しいポートレート撮影が可能です。また、深度コントロールシステム採用で、撮影後でも被写界深度を調整することが可能になりました。

他にも、より多くの光をセンサーに取り込むことができ、暗い場所でもきれいな写真撮影が可能です。従来よりもピント合わせがさらに正確になったため、動きのある撮影でも動きのその一瞬を美しく捉えることができます。

動画に関しては4Kやスローモーション撮影機能も搭載。カメラ機能の充実度はもちろんのこと、これらの機能を簡単に使用できるのもiPhone XS Maxの魅力です。

iPhone XSとの違い

同時発売のiPhone XSとの違いを、なんとなくiPhone XS Maxの方がスペックが高いのだろうと認識している方も多いのではないでしょうか。実際にどのような違いがあるのか確認していきましょう。

本体サイズ

iPhone XSは143.6mm(高さ)×7.7mm(奥行/厚さ)×70.9mm(幅)です。iPhone XS Maxは157.5mm(高さ)×7.7mm(奥行/厚さ)×77.4mm(幅)です。iPhone XS Maxの方が一回り大きいのですが厚さは同じです。

デザインも同じで、背面のカメラレンズが少し出っ張っているのも同じ仕様なので、違いは高さと幅のみといったところです。

ディスプレイ

ディスプレイはiPhone XSが5.8インチ(2436×1125)、iPhone XS Maxが6.5インチ(2688×1242)です。ディスプレイの仕様はどちらも同じく有機ELディスプレイでコントラスト比も同一です。

本体サイズと比例してディスプレイサイズが異なっているものの、他の仕様は全く同じものになります。

バッテリー連続使用時間

iPhone XS、iPhone XS Maxどちらもバッテリー容量の詳細については公式で公開されていないため、しっかり比較するのは難しいのですが、連続使用時間である程度比較することができます。

iPhone XSの連続通話時間は最大20時間、iPhone XS Maxの連続通話時間は最大25時間です。また、連続通信時間で比較すると、iPhone XSは最大12時間、iPhone XS Maxでは最大13時間です。

上記の連続使用時間を参考にすると、iPhone XS Maxの方がバッテリーの持続時間が長いことがわかります。iPhone XS Maxの方がディスプレイが大きい分消費が早いのでは心配になりますが、恐らくその分大きいバッテリーを搭載しているのではと考えられます。

結局はどちらが優秀なのか

iPhone XSとiPhone XS Maxは実はスペックに大きな違いはほとんどありません。連続使用時間の長さからバッテリーの持続時間が長い方を選びたい方はiPhone XS Maxがおすすめです。

バッテリー以外でどちらを購入するか比較するのであれば、ディスプレイが大きいものがほしいかどうかに重点を置いて検討して間違いありません。どちらを購入しても何か不足していると後悔することはないと言えるでしょう。どちらも優秀な高スペックスマホです。

Galaxy note9とiPhone XS Maxおすすめは

Galaxy note9とiPhone XS Max両者それぞれ紹介してきましたが、この2機種ではどちらが優れているのか、使い勝手が良いのか比較してみましょう。

カメラ機能の充実

iPhone XS Maxのアウトカメラにはは広角レンズ、望遠レンズを採用したデュアルカメラ仕様です。高クオリティな背景ボケ効果を楽しむことができ、深度コントロールシステムにより撮影後であっても被写界深度を調節できます。

被写界深度の調節ができるポートレートモードはアウトカメラだけでなく、インカメラでも可能です。

Galaxy note9も同じく広角レンズと望遠レンズを採用したデュアルカメラ仕様ですが、こちらはさらに広角レンズに関してはF値を状況に応じて切り替えができるデュアルアパチャー(可変絞りレンズ)機能を搭載しています。

他にも撮影に出来によって取り直しするかどうかを通知する取り直しアラート機能もGalaxy note9ならでは機能です。

高度な撮影やクオリティの高い効果を簡単に操作したいならiPhone XS Max、充実したカメラ機能を使いとことん撮影にこだわりたいならGalaxy note9の方がより楽しめるでしょう。

操作性

iOSとandroidという全く異なるOSであることから、詳細に操作性を比較するのは難しいと言えます。しかし、Android OSはカスタマイズの自由度が高く、デフォルトの設定が使い辛く感じたとしてもどんどん自分好み細かく変えることができます。

自分の使い易いように設定を変えてしまえば操作性はより便利なものとなるでしょう。iOSはandroid OSに比べそこまでカスタマイズの自由度は高くありません。

ただ、デフォルトの状態である程度直感で操作できるような簡単な仕様が特徴のひとつであるため、従来のiPhoneシリーズを含めiPhoneの方が操作しやすいと感じる方は多いようです。

プロセッサーなどの処理能力はどちらも優秀で、また消費電力も少ないものです。処理能力の速度に関してはどちらも遜色がなく快適に使用できると言えます。

デザインやディスプレイ

Galaxy note9はディスプレイサイズが6.4インチ、iPhone XS Maxは6.5インチです。どちらも本体全画面使用しています。

本体サイズをそこまで大きくせず大画面のディスプレイを実現させるために、Galaxy note9ではディスプレイの左右カーブしたデュアルエッジスクリーンとベゼルレスデザイン、iPhoneでもベゼルレスデザインを採用しています。

本体サイズは、Galaxy note9よりiPhone XS Maxの方が高さが4.4mm、厚みが1.1mm小さくGalaxy note9よりスマートな印象です。しかし重量はGalaxy note9の方が7g軽くなっています。

また背面のアウトカメラがiPhone XS Maxの場合出っ張っていますが、Galaxy note9はカメラの出っ張りがなく机に置いての操作も揺らぐことなく安定して使用できます。

用途によってはっきり分かれるベストデバイス

どちらがより良いかの良し悪しの判断は、つけがたいものですが単純にスペックや搭載機能を比較すると、Galaxy note9の方が優秀と言えるのではないでしょうか。

搭載されている機能も多く、android OSの特性としてカスタマイズの自由度の高さ、それを支えるスペックどれをとっても魅力的です。特にSペンはGalaxy note9にしかない機能です。

メモを取ることが多くスタイラスペンを持ち歩きたい方は、ぜひGalaxy note9を検討してみてはいかがでしょうか。

優秀なのは総合的に判断するとGalaxy note9の方がおすすめですが、iPhone XS Maxが決して劣っているわけではありません。

iPhone XS Maxのカメラやディスプレイの精細さはもちろん、従来のシリーズからも継続して評価されている直感的に操作することができる仕様にiPhoneシリーズを手放せない方が多いのは事実です。

高スペックなモデルで使い勝手の良さ、簡単な操作性を求める方はiPhone XS Maxがおすすめです。