読了時間:約 2

2019年10月11日に開催されたNTTドコモの2019年冬春モデル新作発表会にて、待望のGalaxy Noteシリーズ最新機種が発表されました。

今回の記事では気になるドコモ Galaxy Note10+ SC-01Mの性能を評価レビューし、「買うべきか?買わなくてもよいか?」について、それぞれの理由を添えて紹介していきます。

>Galaxy Note10+をドコモ公式オンラインショップで見る

画像引用元:Galaxy Note10+ SC-01M

ドコモおすすめ最新携帯ランキング2019年|スマホ選びのポイント解説

Galaxy Note10+の評価レビュー【スペック編】

風景がが映るドコモのGalaxy Note10+ SC-01M本体
画像引用元:デザイン | Galaxy Note10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

発売が迫ってきたGalaxy Note10+について、発表されている仕様から前作Galaxy Note9の比較を交えて評価していきます。

分類詳細
サイズ約162(高さ)×約77(幅)×約7.9(厚さ)mm
重量197g
インチ数6.8インチ
カラーオーラホワイト、オーラブラック
ストレージ256GB
ディスプレイQuad HD+/Dynamic AMOLED 有機ELディスプレイ
デザインGorilla Glass6
SoCSnapdragon 855/Samsung Exynos 9825
OSAndroid9.0/One UI
RAM12GB

まずはスペックについて見ていきましょう。

サイズ・インチ数

Galaxy Note10+のサイズ・重量・インチ数は以下のとおりです。

サイズ約162(高さ)×約77(幅)×約7.9(厚さ)mm
重量197g
インチ数6.8インチ

インチ数は驚きの6.8インチと、前作のGalaxy Note9の6.4インチからドコモスマホ史上最大の大画面ディスプレイへと進化しました。

しかし重量は201gから197g、厚さも8.8mmから7.9gとインチ数の大型化ながら本体の軽薄化に成功しています。

6.9インチの大画面を最大限まで活かせるようにフレームを極限まで削ぎ落とした狭額縁ディスプレイで、大迫力の没入感を演出します。

カラー

ドコモのGalaxy Note10+ SC-01M本体のカラーバリエーション
画像引用元:Galaxy Note10+ SC-01M
ドコモでの取り扱いカラーは以下の通りです。

  • オーラホワイト
  • オーラブラック

シンプルにモノトーンのホワイト・ブラックの2色展開となっています。(ドコモ非取り扱いモデルにオーラグロー)

前作のオーシャンブルーに代わってホワイトが追加され、女性にとっても親しみやすい清潔感のあるカラーが印象的です。

ストレージ

取り扱いストレージ容量は256GBのみとなります。

前作のGalaxy Note9の128GBから容量が増量したため、写真やビデオ、ダウンロードデータといったデータ保存容量に関しては心配がありません。

データ容量を気にせずに写真やビデオ撮影をすることが可能です。

更にmicroSDカードの接続でノートパソコン並の+1TBのデータ容量の追加ができます。スマホ1つで大容量ハードディスクと同じデータ容量を体感してみてください。

ディスプレイ

6.8インチのディスプレイとして「Quad HD+/Dynamic AMOLED 有機ELディスプレイ」を採用しました。

HDR+規格に対応しているので、屋外の明るい場所・暗闇どこにいても、まるで実物かのような色彩再現能力とコントラスト表現を楽しむことができます。

対応コンテンツであるYoutubeをHDR+で視聴すると、色鮮やかなその映像に驚きを覚えること間違いなしです。

また、目に有害なパソコンやスマートフォンから発光するブルーライトをピクセルレベルで減少させるディスプレイで、目の疲れや睡眠障害から目を守ります。

デザイン

外側の素材には耐久性の高いGorilla Glass6を採用し、ガラス素材は磨き上げられてあらゆる角度から光をキャッチし高級感あるオーラを放ちます。

背面デザインは、前作まで中央に位置していたカメラレンズを左上に移し、シンプルで上質なデザインに仕上げました。

前面のノッチ部分は、インカメラを最小限の大きさにして目立たないようにしてスクリーンと一体化させることに成功しました。

パフォーマンス性能

SoCSnapdragon 855/Samsung Exynos 9825
OSAndroid9.0/One UI
RAM12GB

トップクラスのSoC性能を持つため、普段遣いでの動作性には全く問題もなく、3Dゲームでも快適にプレイすることができるでしょう。

また、通常は4GBあれば十分と言われているRAMがスマホ史上最大の12GBで登場。複数のアプリを立ち上げてもそれぞれがサクサクと動きます。

前作のGalaxy Note9では6GBだったので、2倍にパフォーマンス性能がUPしたと考えてみてください。

また、OSにあるOne UIでは後ほど紹介するBixby Routinesの便利な機能やページ全体のキャプチャ撮影などを可能にします。

ベイパーチャンバー冷却システム

処理動作によって加熱してしまうスマートフォンですが、搭載されているベイパーチャンバー冷却システムが新たにスリムに設計され、AIがより進化しました。

また、強化されたNPUが加熱を抑えてラグの発生を防ぐことで、よりスムーズなゲームプレイ体験ができるようになりました。

>Galaxy Note10+をドコモ公式オンラインショップで見る

スペック編まとめ
  • スマホ史上最大の6.8インチながら前作より軽薄化に成功
  • スマホ史上最大のRAM12GBとROM128GBのハイスペック
  • 極限までフレームを削ったフルディスプレイデザイン
  • 独自のOS展開でスマートフォンの使いやすさの幅を広げる
ドコモの機種変更|最新機種でも12万円お得に購入できる方法と時期

Galaxy Note10+の評価レビュー【機能編】

ドコモのGalaxy Note10+ SC-01Mを持つ女性
画像引用元:パフォーマンス | Galaxy Note10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

続いてはカメラ機能を中心に、Galaxy Note10+に搭載された機能について、前作までの比較を交えて評価をしていきます。

分類詳細
カメラ・超広角カメラ
・広角カメラ
・望遠カメラ
・深度測定カメラ
・デュアルアパチャー
・シーン判別
・スーパー手ブレ補正
・ライブフォーカスビデオ
・オーディオズーム
・Quick Measure(クイック測定)
・3Dスキャナー
Sペン・リモートコントロール機能
・ジェスチャー機能
・テキスト変換
・画面オフメモ
・AR手書き
・DeX
生体認証・顔認証
・超音波指紋認証
・PINコード
・パターン
・パスコード
バッテリー容量4,300mAh
その他機能・オーディオ:Dolby Atmos
・防塵・防水性能
・ワイヤレス充電
・Bixby Vision

カメラ

ドコモのGalaxy Note10+ SC-01M本体とカメラの説明
画像引用元:Galaxy Note10+ SC-01M

  • 超広角カメラ:1,600万画素/16MP/ƒ/2.4絞り値/視野角123度
  • 広角カメラ:1,200万画素/12MP/ƒ/1.5・2.4絞り値の自動切り替え
  • 望遠カメラ:1,200万画素/12MP/ƒ/2.4絞り値/光学2倍ズーム
  • 深度測定カメラ

クアッドレンズカメラを搭載していて、それぞれのカメラの特性を活かしてハイクオリティな写真撮影を実現します。

前作ではデュアルレンズカメラで1,200万画素でしたが、今回はカメラレンズも増え画素数も上がるという大きな進化がありました。

新たに付け加えられた、高精度に深度を測る深度測定カメラで奥行きを正確に捉え、立体感のある写真を撮影できます。

また、周囲の明るさを認識して自動で絞り値の切り替えをするデュアルアパチャー・被写体のシーンを判別し正確なコントラストを捉えるシーン判別があります。

動画撮影

動画撮影時にはアクションカメラのように全くブレないスーパー手ブレ補正での撮影が可能で、激しい動きでも動画酔いしません。

更に、背景のぼかしを調整して特殊効果を加えるなどして動画をクリエイティブに仕上げるライブフォーカスビデオが搭載されています。

動画撮影中にズームイン・ズームアウトをするのに合わせて周囲の音もコントロールするオーディオズーム機能があるので、臨場感のあるビデオサウンドが実現できます。

また、4K UHDで美しい色彩とコントラストを捉えた映像を撮影することが可能で、まるで肉眼で見たかのような美しい動画を撮影できます。

インカメラ

通常800万画素でも高画質といわれるインカメラは1,000万画素と驚きの高画素数になりました。

前作の800万画素のインカメラよりも更に進化し、薄暗い場所でも正確に明るさを捉えて被写体を美しく映し出します。

編集機能

複数の動画を同時編集したり、動画速度の変更・カットの切り替え効果や字幕の挿入を可能にします。

また、Sペンを用いて動画にクリエイティブなイラストを追加することもできます。

Quick Measure(クイック測定)

深度測定カメラとAR機能の融合で、専用カメラで瞬時に被写体のサイズの計測を可能にします。DIYやインテリア好きの方におすすめのカメラ機能です。

3Dスキャナー

3Dスキャナーアプリを使用すると、被写体を360度撮影してアニメーションGIFに変換することができます。

Sペン

Sペンを使う女性
画像引用元:Galaxy Note10+ SC-01M

Galaxy Noteのメイン機能でもあるSペンも同じように機能を進化させました。

ペン先は0.7mmで4,096段階の筆圧を検知します。まるで本物の紙に書いているような書き心地を提供します。

更にSペンはカスタマイズ機能も搭載しており、自分好みのペンの太さやインクの色に変更することができます。

リモートコントロール機能

Bluetoothで本体と接続できるSペンは、本体のリモートコントロールとしても役立ちます。

たとえばプレゼンテーションのスライド操作・ビデオ再生・一時停止、写真の撮影などもSペンのクリックだけで操作が可能です。

ジェスチャー機能

Sペンでジェスチャー機能を説明する図
画像引用元:パフォーマンス | Galaxy Note10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Sペンをカンタンにジェスチャーで動かすだけで、スマホを操作させることができる機能です。

たとえば、インカメラで写真を撮影するときにSペンを時計回りもしくは反時計回りに動かすだけでカメラアングルを変更できます。

また、ギャラリーアプリを起動した際にSペンを左右にフリックするジェスチャーをすると、写真を次に移動したり前に戻すことができます。

更にSペンを上下に降るだけで本体の音量の調整が可能に。

手書き文字テキスト変換

手書き文字をテキスト変換する図
画像引用元:パフォーマンス | Galaxy Note10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Sペンで書いた手書きのメモはタップひとつですぐさまテキストデータに変換してくれます。

また、専用アプリを使用するとWordやPDFへの変換もできるので、カンタンに手書きメモをシェアできます。

画面オフメモ

画面オフの時にもSペンを取り出すだけで真っ暗のディスプレイにメモを残すことができます。

書いたものはそのままGalaxy Notesアプリに保存したり、ディスプレイに保管しておくことが可能です。

AR手書き

AR手書きをする図
画像引用元:Galaxy Note10+ SC-01M

AR手書き機能を使えば、奥行きのある3Dイラストを書くことができます。空間に落書きをする新感覚のイラストレーションを楽しめますよ。

その他

その他の搭載機能についても確認してみましょう。

DeX

スマートフォンとPC(Windows PC/Mac)に接続すると、デバイス間でファイルのドロップ&ドラッグが可能に。

USBケーブルでPCに繋いでいるときもスマートフォンを操作することができます。

Windows PCに接続すると、最近保存された写真やメッセージ、通知がパソコンに同期されます。

また、スクリーンミラーリングでPCにスマホのタスクを追加できるのでPC作業中でもスマホの大切なタスクを見逃しません

オーディオ

ステレオスピーカーと付属のType-C端子イヤホンはDolby Atmosに対応しており、ゲームや映画の迫力あるサウンドを立体音響で楽しむことができます。

防塵・防水性能

Galaxy Note10+およびSペンはIP68規格に対応しています。

IP6Xとは、保護度合いを指し、直径75μm以下の塵埃(じんあい)が入った装置に商品を8時間入れてかくはんさせ、取り出した時に、内部に塵埃(じんあい)が侵入しない機能を有することを意味します。

IPX5とは、内径6.3mmの注水ノズルを使用し、約3mの距離から1分あたり12.5リットルの水を最低3分間注水する条件であらゆる方向から噴流を当てても、通信機器としての機能を有することを意味します。
IPX8とは、常温で水道水の水深1.5mのところに携帯電話を沈め、約30分間放置後に取り出したときに通信機器としての機能を有することを意味します。

充電機能

30分の高速充電で1日中本体の使用が可能になりました。

また、Galaxy Noteシリーズ最大容量の4,300mAhを持ち、インテリジェンス機能により使用パターンを分析してバッテリーの長持ちをコントロールします。

Qi規格のワイヤレス充電器に載せるだけでワイヤレス充電が可能に。また、本体の背面にワイヤレス充電対応デバイスを載せると充電シェアができます。

ロック解除

ロック解除方法は、顔認証とディスプレイに内蔵された超音波指紋認証、PINコード、パターン、パスコードから選択ができます。

使用スタイルや生活シーンに合わせてロック解除方法を使い分けることも可能です。

Bixby Vision

独自の学習機能により、カメラをかざすだけで外国語の翻訳や商品の情報検索などを自動で検知します。

また、夜間になると自動でブルーライトフィルターを有効にし輝度を下げ音量をミュートにするなど、就寝の準備を整えてくれます。

充電をしないまま寝てしまっても翌朝に充電が残っているように残量バッテリーの最適化を行います。

また、寝る前に音量を下げる・車内で音楽を流すなどのユーザーの行動パターンを学習し、様々なやり取りを最適化してくれます。

たとえば車に乗るとすぐにハンズフリーのナビゲーションと音楽を流し、仕事中は音量をオフにするなどニーズに合わせて自動でカスタマイズします。

>Galaxy Note10+をドコモ公式オンラインショップで見る

機能編まとめ
  • クアッドレンズカメラでどんなシーンも美しい撮影モードを選択可能に
  • Sペンでスマートフォンを自在に操る
  • その他充実した充電システムやロック解除システム・学習機能も豊富
ドコモのハイスペックスマホおすすめランキングTOP5|2019年11月更新

ドコモユーザーは必見!「dカード GOLD」が圧倒的お得な理由

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード GOLD」はドコモケータイの特典がかなり充実しています。

dカード GOLDの特典をまとめると、

  • ドコモ携帯利用料金の10%がポイント還元
  • ドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うとポイント2倍
  • 万が一でも安心のドコモケータイ補償が最大10万円
  • ローソン、マクドナルド、マツキヨで高ポイント還元
  • 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ
  • 空港ラウンジが無料でつかえる
  • 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく

dカード GOLDはドコモ最強のクレカ!特徴やポイント還元率を解説

dカード GOLDの年会費は1万円かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。

ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。

Galaxy Note10+の評価レビュー【価格編】

ドコモの発売価格は以下のとおりです。

  • 121,176円

ドコモで同じく発売されているGalaxy Note9は121,176円と同じ価格ということで、据え置きの料金設定になりました。

やはり高スペック・高い技術のカメラ機能などを搭載した今作も10万円を超える価格設定となりました。

>Galaxy Note10+をドコモ公式オンラインショップで見る

他機種との比較をしてみた

同じく2019年の9月に発売されたAppleのiPhone 11と比較して、Galaxy Note10+がiPhone 11に優れている点・劣っている点をまとめてみました。

優れているところ

  • 大型6.8インチのフルスクリーンディスプレイ
  • クアッドレンズながらシンプルなデザイン設計
  • ハイスペックのRAM12GB搭載
  • 大容量バッテリーの4,300mAh
  • 深度測定カメラを加えた多彩な演出を可能にするクアッドレンズカメラ
  • 付属のSペンにより更に使いやすいスマートフォンに
  • 学習機能の充実によるライフスタイルのアシスト

その他にもシーンに分けて使えるロック解除など、スペック面・機能面どちらにおいてもiPhone 11より特筆すべき点が見受けられました。

劣っているところ

  • 10万円を超える価格設定

懸念点はやはり価格設定です。どうしても高機能・高スペック故に10万円を超える本体価格となってしまいました。

Galaxy Note10+は買うべき?

ここまでのGalaxy Note10+の評価を受けて、買わない理由・買う理由をまとめてみました。

買わない理由

Galaxy Note10+を買わない理由はやはり「価格」です。

10万円を超える価格設定では、スマートフォンにこだわりを持たない方や使い慣れていない方にとって惹かれる機種ではなくなってしまいます。

もちろんパソコンと同等の容量やスペック・機能を所有しているため納得の価格設定ですが、使いこなせる自信がない方にとってはコスパが悪くなります。

普段からカメラやSペンを使うシーンがなさそう、と判断できる方にはGalaxy Note10+の購入はおすすめしません。

買う理由

Galaxy Note10+を買うべき一番大きな理由は「充実した高スペック・高機能」です。

6.8インチ・RAM12GB・4,300mAhとスマホ史上最大ともいえるスペックが並んでいることはもちろん、クアッドレンズカメラは他スマホの中でも抜きん出た機能です。

これまでのスマートフォンの使い方を凌駕する学習機能の搭載により、日常生活のなかでもっとGalaxy Noteが身近にサポートしてくれるデバイスになりました。

また、前作のGalaxy Note9より大きくスペック面・機能面が進化したにも関わらず据え置き価格になったのは特筆すべきポイントです。

これまでGalaxyシリーズ・Galaxy Noteシリーズを購入していた方や、Androidスマートフォンの高性能を活用してみたいという方には絶対におすすめしたい機種です。

>Galaxy Note10+をドコモ公式オンラインショップで見る

スマホに欲しい性能を1つにまとめたGalaxy Note10+

Galaxy Note10+はスマートフォンに欲しいというスペック・機能をぎゅっと1つにまとめたような、進化したスマートフォンになりました。

特筆したいポイントが多すぎるといえるほど、満足できる機能が充実しています。

ドコモで新しい機種に機種変更・乗り換えたいという方はスマホおかえしプログラム対象機種なので、ぜひおトクにGalaxy Note10+をGETしてみてください。

スマホ機種変更時のデータ移行・バックアップ完全ガイド

オンラインショップの方がお得に機種変更できる?

24時間営業・受付を行うドコモオンラインショップは機種変更時にかかる契約事務手数料が無料となっています。

更に分割支払い時の頭金0円やオプションの加入義務が無いなど金額面でも魅力的なポイントが複数あるのも見逃せません。

このためドコモオンラインショップを利用する事で機種変更時の負担をかなり減らす事が可能となるのです。

機種変更時の負担をなるべく減らす事はもちろん、限定のオリジナルグッズがもらえるドコモオンラインショップを利用した方が間違いなくお得ではないでしょうか。

ドコモオンラインショップの主要メリット

  • 頭金0円&事務手数料なし
  • 2,750円以上の購入で全国送料無料
  • 受取り方法は自宅or近場のドコモショップで選べる
  • 24時間営業・待ち時間ゼロ
  • dポイントが貯まる・使える
  • 限定キャンペーンに参加できる
  • オペレーターにチャットで相談可能

>Galaxy Note10+をドコモ公式オンラインショップで見る

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!