Pocket

読了時間:約 2

ドコモからMNP(Mobile Number Portability)とは、携帯番号を変えずに、ドコモから他のキャリア(携帯会社)を変更する方法です。

もはやスマホは必需品。携帯料金も水道・電気並みに「必ず支払うもの」になりつつあります。

と、なれば、いかに節約して得する方法でスーマートフォンを維持するかがポイントになります。

唐突ですが、皆様はキャッシュバック規制というのをご存知でしょうか?

総務省がいきすぎた販売競争にストップをかけたのがキャッシュバック規制です。

2016年4月に施行され、以後「MNPすれば○万円もらえると」いう販売方法は禁止されました。携帯0円とか全て無料とかも禁止され、2017年の競争はサービス訴求の真っ向勝負となったわけです。

ドコモから他社へ|実はまだある携帯乗り換えキャッシュバック

キャッシュバックの直接支給は禁止されましたが、現金割引+ポイント贈与という方法で抜け道があります。

ドコモやauでは高額のキャッシュバックを見つけるのは難しいですが、ソフトバンクだけは他社から特定サイトを経由してMNP(乗り換え)する場合に限り、キャッシュバックが存在しているのです。

よって、ドコモ・auからソフトバンクにMNP(乗り換え)するパターンに限りキャッシュバックがあると考えてください。

それではそれらのサイトを具体的に見てみましょう。

サイト名 MNP先 推定割引 評判・評価
おとくケータイ.net ソフトバンク ★★★☆☆ ★★★★☆
ケータイ乗り換え.com ソフトバンク ★★★☆☆ ★★★★☆
SMARTPHONE STORE ソフトバンク ★★★★☆ ★★★☆☆
おトクのりかえドットコム ソフトバンク ★★☆☆☆ ★★☆☆☆
ソフトバンクオンラインショップ ソフトバンク ★☆☆☆☆ ★★★★★
名目 ドコモ au ソフトバンク
転出料 2,000 2,000 3,000
事務手数料 3,000 3,000 3,000
違約金 9,500 9,500 9,500

まず、公式のソフトバンクオンラインショップを除くと、ほとんどが、違約金(9,500円)+転出料(2,000円)+事務手数料(3,000円)の計14,500円程度の出費を補填できるだけのキャッシュバックがあります。

なのでMNPを上記の4社のどこで行っても、損をすることはありません。

ドコモから他社へ|違約金が発生しない月にMNPするとさらに得


MNPの転出と転入に関わる費用(5,000円)は必ず取られますが、違約金は免除されるタイミングがあります。

契約期限が切れた翌月〜2ヶ月間は違約金がかかりません。多くの場合、2年縛りだと思うので、25ヶ月目、26ヶ月目が違約金がかからない月となります。

ただ、長期にわたってMNPを繰り返していると、この違約金がかからない2ヶ月間のズレが発生しやすいので、それによって更新月がどんどんズレていきます。割と見落としがちなので、解約日は早めにチェックしておきましょう。

もし、2年縛りが終わっても放置すると「自動更新」で解約可能日から3ヶ月後には新しい2年縛りの契約が始まります。

そこからは再度、違約金がかかる期間となります。

ドコモでは3年目からいつでも止められる(MNPできる)フリープラン(300円)を用意しています。この場合、いつでも違約金0円でMNPできますが、代わりに長期割引の対象から外されます。

好きな機種がまだ発売していないから3ヶ月以上待ちたい。ただし必ずMNPする場合にはフリープランを選択しましょう。

なんども言いますが、そのままドコモを続ける場合、フリープランは全くメリットがないので注意して下さい。

上記にあげた違約金のかからない月にMNPすれば、出費が抑えられるので手元に残るキャッシュバック金が増える事になります。

10,000円近く多く手元に残るのですから、このタイミングを逃すのは非常にもったいないです。

ドコモの解約でベストタイミングとは?月末か月初か日割りか?

多くは20,000円〜30,000円という噂

あくまでも「噂」としておきます。最低でも20,000円程度のキャッシュバックはあるようです。

上に書いた通り、MNPには経費(実費)がかかるわけですから、節約目的のMNPでは最低限欲しい金額でしょう。

加えて、様々な条件もあり、30,000円〜40,000円というキャッシュバックもあります。

ただ、欲を出して高額のキャッシュバックに飛びつくと必要のないサービスやプランに加入して、1年後には赤字になるなど元も子もない場合がありますので、各社に問い合わせて必ず条件を聞きましょう。

ドコモからMNPしても基本ソフトバンクのキャンペーンは受けられる

手続き
例えばSMARTPHONE STOREの場合、Webにも書いてある通り
「SMARTPHONE STORE 初期特典」+「SMARTPHONE STORE 月額割引」+「ソフトバンク公式特典」といった具合に3重に特典を受ける事ができます。

これだと、SMARTPHONE STOREで乗り換えた方が得ですね。

キャッシュバック金額は問い合わせないとわからない

例えば、おとくケータイ.netでも「他社より高額と書いてありますが、それが幾らかは問い合わせしないとわかりません。

表に載っていないサイトは現状では怪しいかどうか確認が取れてないため掲載していません。

まずはおとくケータイ.netにメールフォーム
、で問い合わせて値段を確認した上で他社にその金額以上で出せるか打診するのが良さそうです。

おとくケータイ.net トップページ
ケータイ乗り換え.com トップページ
SMARTPHONE STORE トップページ

ドコモのMNP予約番号取得の方法


ドコモで発行されるMNP予約番号は電話番号そのままで他社キャリアにのりかえに必要な番号です。取得後15日間の利用期限があり利用しなかった場合は手数料も発生しません

ドコモ専用ダイヤルでの取得かWeb上での取得となります。Webは暗証番号とケータイの番号で取得できるので一番早く便利です。

暗証番号がわからなくなっていたり、プランの内容が不安でオペレーターに質問したいときなどは電話の方が確実です。

【電話でのMNP予約番号取得の方法】
・ドコモ フリーダイアル→0120-800-000
・ドコモケータイから(短縮番号 151
・受付時間が9:00~20:00です。
・日曜、祝日のお昼は待たされることが多いので平日に取って置くと便利です。

繋がったあとはガイダンスに従ってMNP予約番号をお願いしますとオペレーターに伝えるとOKです。

ドコモからMNP予約番号の取得するには?手数料や期限を確認

ソフトバンクは諸々安くて頑張ってる

相変わらず、誤解・混同を招くようなセールス手法で「ちょい悪キャリア」の印象を拭いきれませんが、しっかり読み込んだ上でうまく使えばソフトバンクは安く使えます。

auも料金面では頑張ってますが、auの場合は通信形式に問題があり自由度という点ではソフトバンクに勝てません。
(*ソフトバンクはドコモと同じ通信方式で世界的にもメジャーな方式を採用している。そのためSIMフリースマホなども選択肢が多い)

ドコモからiPhone8へ乗り換え(MNP)

例えばiPhoneの場合、月額の支払いが最も安いのがソフトバンクです。

iPhone8(64GB) ドコモ au ソフトバンク
本体価格 22,680円 91,440円 94,320 円
乗り換え(MNP)
(月々割適用後)
945円×24ヶ月(22,680円) 2,295円×24ヶ月(55,080円) 720円×24ヵ月(17,280円)

*ドコモはiPhone 8キャンペーン値段。(2018/3/13現在)

そのほか、ウルトラギガモンスター、SUPER FRIDAY、ソフトバンクの学割・家族割りもあり、新しいキャンペーンやサービスでは業界をリードしている会社と言えるでしょう。

ソフトバンクはドコモと横並び、auは安い

ソフトバンクの料金テーブル

iPhone X
24回 2,250円
スマ放題ライト 1,700円
データ定額(5GB) 5,000円
安心保障パック 1,600円
iPhone基本パック 500円
合計 11,050円

ドコモの料金テーブル

iPhone X
機種代金24回 2,835円
カケホーダイライトプラン 1,700円
データMパック(5GB) 5,000円
SPモード 300円
iPhone保証+Apple Care 1,650円
合計 11,485円

ドコモ「カケホーダイ」と「パケあえる」のおすすめ最安パターン

auの料金テーブル

iPhone X
機種代金24回 2,670円
アップグレードプログラム 390円
au ピタットプラン+スーパーカケホ(5GB) 6,480円
電話基本パック 300円
AppleCare+ & au端末サポート 1,180円
合計 10,630円

以上の様にauが最も安く、ドコモとソフトバンクの通信料金には大きな差がありません。

機種を含めるとソフトバンクはドコモよりわずかに安く、その差は24ヶ月で10,440円の差となります。これでMNPの手数料を捻出できる程度の得にはなりました。

しかし、大きなプライスダウンは一人では難しく、かつ家族割りでもドコモと大きな差は無いのでMNPのメリットはキャッシュバック価格の金額次第になります。

実際の所、パッケット料金の違いが最も大きいので、一人でiPhoneだと大きな差をみつけるのが難しいと言うのが現状です。

auはドコモと比べると814円/月安く、24ヶ月で19,560円の差となります。

auの場合、ピタッとプラン効果でパケットをあまり使わない人なら、もっと安く抑えられるので、現時点ではお得なキャリアとなります。

auとソフトバンクの差も19,560円-10,440円=9,120円auが得なのと、ビッグニュースキャンペーンで1,000円*12回の割引が受けられるので、21,120円もソフトバンクよりauが得となります。

ドコモからauに乗り換えるために確認するべき手順と準備

キャッシュバックが幾らになるかが鍵

上記のようにドコモユーザーならau、ソフトバンクにMNPすることで無条件に安くなりますが、auユーザーがソフトバンクにMNPするメリットはありません。

また、ドコモから乗り換える時もドコモの方が得という計算になってしまいます。

しかし、ソフトバンクにはMNPするとキャッシュバックがもらえる方法があります。

auへMNPがソフトバンクに比べて21,120円も得ですが、ソフトバンクMNPして30,000円以上のキャッシュバックが得られれば、圧倒的に一番得するキャリアとなるのです。

このように、細かに見ていくとauより安いところが出てくるので、ソフトバンクに乗り換える人も多いのです。

ラストチャンスかもしれないキャッシュバック

現在のキャッシュバックは総務省の指導の抜け道を利用したもので、いつ禁止されてもおかしくはない状況です。

実際に業界内でもそういう噂は出ているようです。キャッシュバックを大きく言わなくなった業者もあります。

なので近く契約が切れるドコモ、auユーザーにとって、今年はソフトバンクで得するラストチャンスになるかもしれません。

予定があるなら、違約金がかからない期間に早めにMNPすることをオススメします。

MNPキャッシュバックを比較|おすすめオンラインショップと注意点

iPhone Xを48回払いにするとさらに得

48回払いとは4年契約を意味し、とても勇気がいる決断に思えますが、キャッシュバックが禁止されるなら今がチャンスとなります。

その後のMNPのメリットがなくなるので2年でも4年でも大きな問題になることは少ないと思われます。

そこで48回払い、ただし好きな機種に25ヶ月目に変更可能な、実質機種2年縛りで計算すると以下まで下げることができます。

ソフトバンクの料金テーブル

iPhone X
24回 1,125円
スマ放題ライト 1,700円
データ定額(5GB) 5,000円
安心保障パック 1,600円
iPhone基本パック 500円
合計 9,925円

10,000円を切りました。これなら、諸々含めて、圧倒的にドコモからソフトバンクへMNPするのが特になります。

ドコモとの差額は2年間でトータル27,000円。毎月2,000円以上の長期継続ボーナスをドコモからもらってないなら、即乗り換えても損はないですね。

この機会に、是非ご検討してみてはいかがでしょうか?

次のステップ

ドコモからソフトバンクにMNP|乗り換え費用と手続き方法は?

ドコモからソフトバンクへ乗り換えはMNPでキャッシュバック特典が受けれる大チャンスです。ドコモを解約してソフトバンクにMNPする方法と費用を誰にでもわかるように解説しています。

Pocket

ソフトバンク公式ショップを利用すると、実店舗でかかる頭金が無料待ち時間なしで手続きが可能です。↓↓↓