読了時間:約 2

格安SIMの中でも人気が高いmineo。乗り換えを検討している方は多いようですが、踏ん切りがつかないという声もよく聞かれます。その理由は、キャリアと格安SIMではかなり勝手が違うというところにあるようです。ここからは、mineoに乗り換えたいドコモユーザーに向けて、確認しておくべき手順や準備について解説してゆきましょう。

ドコモからmineoに乗り換える準備をしよう

これまでキャリア間で乗り換えてきたという方にとっては、格安SIMへ乗り換えるために何をすればいいのかよくわからないかもしれません。そこでこの章では、ドコモからmineoに乗り換えるために必要な準備について説明しておきたいと思います。

現在の端末が使えるかを確認する


現在使用中の端末をそのまま使い続けたい場合には、最初にmineoの対応機種に該当しているかどうかを調べておく必要があります。

格安SIMへの乗り換えは「SIMカードを差し替えるだけでOK」と思われているようですが、実際には現在使用している端末が使えないというケースもあるのです。

ご自分の端末がmineoの対応機種になっているかどうかの確認方法は、mineoの公式webサイト上部にある「動作確認端末一覧」タブから「ドコモプラン(Dプラン)」へ進み、お手持ちの端末情報を入力すればOKです。

新しく端末を用意する場合には「mineoセット端末(Android)」を購入すると、SIMカードを挿すだけで面倒なネットワーク設定をしなくても初期設定が完了します。

SIM解除は必要?


mineoでは、ドコモで販売されている端末ならSIMロック解除不要でそのまま使えるようになっています。したがって、お手持ちの端末が上記の動作確認端末に該当するなら、SIMロック解除の必要はありません

本人確認書類を準備する


乗り換えに必要な書類はシングルタイプ(データ通信専用SIM)とデュアルタイプ(データ通信+音声通話対応SIM)の別やMNPを利用するかどうかで違ってきます。

けれども、ドコモからmineoにMNPするのであれば必然的にデュアルタイプを契約することになるので、それに必要な書類を以下に挙げておきましょう。

  1. 本人名義のクレジットカード
  2. 本人確認書類
  3. MNP予約番号
  4. 確認用メールアドレスおよび電話番号

2の本人確認書類は、運転免許証・パスポート・個人番号カード・在留カード・外国人登録証明書・外交官等居住証明書のいずれかです。

携帯電話のカメラやデジタルカメラ、スキャナーなどでデータを読み取り、アップロードするだけで提出が完了します。有効期限の記載がない本人確認書類は、発行日から3カ月以内のものを用意しましょう。なお、データはカラーでアップロードしてください。

その他 注意したいこと


MNPを申込みする際に、「契約名義間違い」で受け付けてもらえないというケースが多くみられるそうです。加えてMNP予約番号取得時の契約名義とmineoサービス申し込み者の名義が違っていても、受け付けてもらえません

未成年(18歳・19歳)の方が申し込む場合には、親権者の同意が必要となります。また、 デビットカードやプリペイドカードは登録できないことがあるため、クレジットカードで登録を行いましょう。

ドコモからmineoへ乗り換える手順

ここまででドコモからmineoに乗り換える準備は整いました。この章からはいよいよmineoに乗り換えを申し込むことになります。では、手順をみてゆきましょう。

MNP(番号ポータビリティ)予約番号を発行


最初にしなければならないは、ドコモでMNP(番号ポータビリティ)予約番号を発行することです。

一般的にMNP予約番号の発行手続きは、電話か店頭で申し込むことになっています。けれどもドコモでは電話や店頭でのほか、ネットからも申し込みができるのです。それぞれの手順は以下のとおりです。

電話での手続き方法

ドコモ携帯からの場合は151、一般電話からは0120-800-000にダイアルします。いずれも通話料無料で、受付時間は9:00~20:00(年中無休)となっています。

ダイアル後、ガイダンスにしたがって手続きを進めてください。オペレーターにつながったら「MNP予約番号の発行をお願いします」と伝えたあと、本人確認とMNPの説明内容への同意を行えばMNP予約番号を取得できます。番号はSMSメールで送られてくるので、確認してください。

店頭での手続き方法

お近くのドコモショップの窓口で手続きします。本人確認のための書類(運転免許証・パスポートなど)を持って店頭に赴き、ドコモショップの店員さんに解約の旨を伝えればOKです。ショップが混雑していれば長時間待たされることもあります。

ネットからの手続き方法

ドコモでは、ユーザー用ポータルサイト「My docomo」からもMNP予約番号を取得でき、受付時間は9:00~21:30となっています。手順は次のとおりです。

  1. My docomoにアクセス後、「dアカウント」を入力してログイン
  2. 最初の画面の「住所や契約内容の変更手続きがしたい」をクリック
  3. 「ドコモオンライン手続き」画面から「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」をクリック
  4. 下方へスクロールし「解約お手続き」をクリック
  5. 注意事項(1/3)が表示されるので、「上記注意事項を確認しました」にチェックして「次へ」をクリック
  6. 注意事項(2/3)が表示される※ここでMNP転出時に必要になる手数料や2年契約の途中の方は解約金が確認できます。
  7. 「上記注意事項を確認しました」にチェックして「次へ」をクリック
  8. 注意事項(3/3)が表示されるので、「上記注意事項を確認しました」にチェックして「次へをクリック
  9. 番号の送付先(メールの種類)を選択したら「次へ」をクリック
  10. 内容を確認したら完了ボタンをクリック

このあと完了画面が表示され、MNP予約番号が表示されます。なお、MNP予約番号を発行した後は速やかに乗り換え手続きを行いましょう。MNP予約番号の使用期限は15日間で、この期間が経過すると自動的にMNP予約番号は無効となってしまいます。

またmineoでは、MNP転入申し込みの時点でMNP予約番号の有効期限が10日以上残っている必要があるのです。MNP予約番号の取得は、「ドコモからmineoに乗り換える準備をしよう」の章でご紹介した準備が完了してから行うことをおすすめします。

mineoにMNP転入を申し込む


ドコモでMNP予約番号を取得したあとは、mineoにMNP転入を申し込みます。手続きはすべてmineoの公式webサイトから行えるので、とても便利です。

プランを選ぼう

mineoにはたくさんのプランがありますが、ドコモからMNPで転入するケースであれば、必然的に「ドコモプラン(Dプラン)」+「デュアルタイプ( データ通信+音声通話 )」での契約となります。この他に決めなければならないのは、以下のものです。

  • 基本データ容量
  • 音声通話オプション
  • 端末・SIMカードの購入

それぞれについて、詳しくみてゆきましょう。

【基本データ容量】

はじめに基本データ容量別の月額基本料金をご覧ください。

基本データ容量 月額基本料金
500MB 1,400
1GB 1,500
3GB 1,600
6GB 2,280
10GB 3,220
20GB 4,680
30GB 6,600

容量が増えるにつれて、必要な料金も増えていきます。

多くの方が利用しているプランは、ドコモなどの大手キャリアで人気のある容量に近い3GBと6GBです。Wi-Fiを利用できる方なら1GBでも問題なく使用できるかもしれませんが、3GBとの料金差はわずか100円なので、3GBを選択されるとよいでしょう。

mineoでは手数料無料で毎月データ容量を変更することができます。さらに、余ったデータの繰り越しにも対応してくれるので、まずは3GBあたりからスタートされてみてはいかがでしょうか。

【音声通話オプション】

毎月の使用料が安いことで人気の格安SIMですが、唯一キャリアに劣っている点があります。それはキャリアでは一般的な、定額制の完全かけ放題プランがないことです。

mineoでも通常の音声通話料金は従量制となっていて、国内通話の場合30秒毎に20円の費用が発生します。音声通話をよく利用する方にとっては、頭の痛いところでしょう。

そこでmineoでは、次のようにおトクな通話サービスがオプションで用意されているのです。

  • mineoでんわ 国内通話:10円(税込)/30秒
  • mineoでんわ 10分かけ放題(月額850円)
  • 通話定額30/60(月額840円~)

「mineoでんわ 国内通話」は、10円(税込)/30秒で利用できる通話オプションです。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2