Android iPhone スマホの使い方
Pocket

読了時間:約 2

2020年の東京オリンピックへ向け東京都では特に外国人観光客へ向けたサービスの充実化をはかっています。

その一つとしてフリーWi-Fiスポットなど観光客へ向けた通信サービスの提供は、デバイスを通して観光客と商店や施設等を直接つなぐ役割を果たし、観光客の消費活動にも強く関わるとされ対策が急務となっています。

ある調査によれば外国人観光客が日本国内でインターネットを利用する場合、半数以上がフリーWi-Fiを利用しているというデータもあり、観光客に対する必要不可欠なサービスであるのは間違いありません。

都内で利用できるフリーWi-Fiサービスはどういったものなのか、そしてその接続方法、さらにフリーWi-Fiの危険性についても併せて見ていきます。

空港など交通機関で利用できるフリーWi-Fi 6選

まずは交通機関で利用できるフリーWi-Fiを紹介します。空路、線路、道路のいずれかで東京都に訪れた際に利用できるフリーWi-Fiサービスがこちらです。

羽田空港のフリーWi-Fiサービス

羽田空港では国際線と国内線でフリーWi-Fiを利用することができます。1回の接続で3時間という時間制限があるものの、接続方法は簡単になっており多くの空港を利用する人々にとって便利なサービスといえます。

国際線ではターミナル館内全エリアでフリーWi-Fiに接続が可能ですが、もし接続しづらい場合は、表に記載していますフリーWi-Fiスポットを利用するのをおすすめします。

注意点として後ほど詳しく説明しますが、暗号化されていませんのでインターネットを利用する上でのセキュリティ面に関しては自己責任となります。

【羽田空港フリーWi-Fi(国際線)】

利用可能エリア・施設羽田空港国際線旅客ターミナル
SSIDHANEDA-FREE-WIFI
対応言語日本語、英語、簡体字、韓国語
登録の有無無し
接続方法1.ネットワーク名「HANEDA-FREE-WIFI」を選択。
2.WEBブラウザを起動
3.表示された画面の指示に従い、画面を進めるとインターネットに接続

羽田空港フリーWi-Fi(国際線):http://www.haneda-airport.jp/inter/premises/service/internet.html#lan

【羽田空港フリーWi-Fi(国内線)】

利用可能エリア・施設羽田空港国内線旅客ターミナル
SSIDHANEDA-FREE-WIFI
対応言語日本語、英語、簡体字、韓国語
登録の有無
無し
接続方法1.ネットワーク名「HANEDA-FREE-WIFI」を選択。
2.WEBブラウザを起動
3.表示された画面の指示に従い、画面を進めるとインターネットに接続


羽田空港フリーWi-Fi(国内線):http://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/service_facilities/digital_equipment/wireless_lan.html

成田空港のフリーWi-Fiサービス

成田空港でも羽田空港と同じく、簡単に利用できるフリーWi-Fiサービスが用意されています。羽田空港よりも対応している言語が多く、海外からの旅行者にとってはうれしいサービスとなっています。こちらも暗号化されていませんので、セキュリティに関しては自己責任となります。

【成田空港フリーWi-Fi】

利用可能エリア・施設成田国際空港ターミナル全域
SSIDFreeWiFi-NARITA
対応言語日本語、英語、繁体字、簡体字、韓国語、タイ語、スペイン語、フランス語、インドネシア語
登録の有無無し
接続方法1.ネットワーク名「FreeWiFi-NARITA」を選択
2.Wi-Fi接続画面が自動で表示、「利用規約・セキュリティについて」に同意
3.インターネット利用開始


成田空港フリーWi-Fi:https://www.narita-airport.jp/jp/service/svc_33_wire

JR東日本のフリーWi-Fiサービス

JR東日本が提供しているフリーWi-Fiサービスは2017年の時点で新幹線の17駅と在来線の70駅、加えて東京駅、新宿駅、成田空港駅、空港第2ビル駅、東京モノレール羽田空港国際線ビル駅内「JR東日本訪日旅行センター」で対応していました。

2018年5月より新幹線の車両内で利用できるフリーWi-Fiサービスがスタートし、東北・北陸・秋田新幹線において一部の編成で利用が開始されています。2019年5月までに全編成でサービスの提供を目指しています。

新たに山形新幹線E3系や中央線特急「スーパーあずさ」(E353系、新型車両)でも2018年度中に順次サービスを開始していく予定です。1回の登録で3時間という時間制限は従来通りですが、エリアが車両内にまで拡大したことにより利便性が大きく高まっています。

【JR東日本フリーWi-Fi】

利用可能エリア・施設JR東日本の主要駅構内(山手線内全駅、新幹線停車駅等)の他、東京駅、新宿駅、池袋駅、羽田空港国際線ビル駅、成田空港駅、空港第2ビル駅にある「JR EAST Travel Service Center」内の一部エリア
SSIDJR-EAST_FREE_WiFi
対応言語日本語、英語、繁体字、簡体字、韓国語
登録の有無有り:メールアドレス
接続方法1.ネットワーク名「JR-EAST_FREE_WiFi」を選択
2.WEBブラウザを起動
3.表示された画面の指示に従い、画面を進めるとインターネットに接続


JR東日本フリーWi-Fi:http://www.jreast.co.jp/e/pdf/free_wifi_02_e.pdf

都営地下鉄のフリーWi-Fiサービス

2016年1月よりフリーWi-Fiサービスを開始した都営地下鉄ですが、現在浅草線、三田線、新宿線、大江戸線内の駅で計35駅が対応しています(2018年3月末)。駅だけでなく車両内でもフリーWi-Fiサービスが提供されていますが、現在ではまだ一部のみとなっています。

もともとオリンピックへ向けてスタートしたサービスですので、空港アクセス線でもある都営浅草線から駅や車両への導入を順次拡大し、平成32年3月までに全車両でフリーWi-Fiサービスが利用できるように目指していくと発表されています。

1回の登録で3時間までという時間制限があり、訪日外国人向けのサービスですが、ドコモとauのスマホユーザーはそれぞれ「docomo Wi-Fi」、「au Wi-Fi SPOT」などのアクセスポイントとしてフリーWi-Fiが利用できます。

【都営地下鉄フリーWi-Fi】

利用可能エリア・施設都営地下鉄主要駅、都営地下鉄の一部の車両(順次導入中)
SSIDToei_Subway_Free_Wi-Fi
対応言語日本語、英語、繁体字、簡体字、韓国語
登録の有無有り:メールアドレス又は所定のSNSアカウント
接続方法1.ネットワーク名「Toei_Subway_Free_Wi-Fi」を選択
2.メールアドレスを登録、又は所定のSNSアカウントでログイン
(利用可能なSNS:Twitter、Facebook、Google+、Weibo、Yahoo!Japan ID、dアカウント)
3.インターネットに接続(90日間再登録なしで利用可能)


都営地下鉄フリーWi-Fi:https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/kanren/wi-fi.html

都営バスのフリーWi-Fiサービス

空港、鉄道と見てきましたが、都内において観光の移動手段として便利なのが都営バスです。東京23区内を走り1日乗車券を500円で販売しているなど、上手く利用できれば交通費をかなり安く抑えることも可能です。

2013年より都営バス車内でのフリーWi-Fiサービスが開始され、訪日外国人にとってさらにメリットのある移動手段となっています。ただし、1回の登録で3時間までという時間制限はありますが1日何度でも利用が可能となってます。

また、国内のドコモユーザーであれば「docomo Wi-Fi」のアクセスポイントとしてフリーWi-Fiが利用できます。

【都営バス無料Wi-Fiサービス】

利用可能エリア・施設都営バス全路線
SSIDToei_Bus_Free_Wi-Fi
対応言語日本語、英語、繁体字、簡体字、韓国語
登録の有無有り:メールアドレス又は所定のSNSアカウント
接続方法1.ネットワーク名「Toei_Bus_Free_Wi-Fi」を選択。
2.メールアドレスを登録、又は所定のSNSアカウントでログイン
   (利用可能なSNS:Twitter、Facebook、Google+、   Weibo、Yahoo!Japan ID、dアカウント)
3.インターネットに接続(90日間再登録なしで利用可能)


都営バス無料Wi-Fiサービス:https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/bus/kanren/wi-fi.html

各エリアで提供されているフリーWi-Fi 4選

東京都では都が独自に提供しているフリーWi-Fiサービス「FREE Wi-Fi & TOKYO」を始めとして、様々なエリアや施設において無料のWi-Fiサービスが提供されています。

観光中にふと立ち寄ったカフェや公園、さらにはあちこちに設置された自動販売機など、さまざまな場所がフリーWi-Fiスポットとして機能しています。

都営のフリーWi-Fiサービス

東京都では都の運営によるフリーWi-Fiサービス「FREE Wi-Fi & TOKYO」が2016年3月よりスタートし、当初は新宿・上野エリアの案内標識周辺23ヶ所がWi-Fiスポットとして運用されていましたが、2016年12月には都立施設35ヶ所が新たにWi-Fiスポットとして加わりました。

フリーWi-Fiスポットを兼ねた案内標識の設置場所も徐々に拡大し、現在では新宿、渋谷、上野、銀座、六本木、お台場など、多くの訪日外国人が訪れる場所をカバーしています。訪日外国人だけでなく、日本人旅行者も利用が可能で時間制限が無いのも特徴となっています。

【FREE Wi-Fi & TOKYO】

画像引用元:http://www.wifi-tokyo.jp/ja/index.html

利用可能エリア・施設都立の公園、庭園、動物園、自然公園、文化施設、都庁舎、観光案内標識・デジタルサイネージ周辺等
SSIDFREE_Wi-Fi_and_TOKYO
対応言語日本語、英語、繁体字、簡体字、韓国語
登録の有無有り:メールアドレス又は所定のSNSアカウント
接続方法(1)

メールアドレスで登録する場合
1.ネットワーク名「FREE_Wi-Fi_and_TOKYO」を選択
2.WEBブラウザを起動
3.「メールアドレスで登録する」か所定のSNSアカウントで登録するかを選ぶ
4.「メールアドレスで登録する」場合は、入力画面にメールアドレスを登録し、「利用規約」と「セキュリティレベルについて」に同意
5.仮登録が完了した後のメールに記載されたURLをタップして接続完了
接続方法(2)

SNSアカウントで登録する場合
1.ネットワーク名「FREE_Wi-Fi_and_TOKYO」を選択
2.WEBブラウザを起動
3.アカウントを使用するSNSを選択
4.「利用規約」と「セキュリティレベルについて」に同意
5.選択したSNSにログインすると接続完了。


FREE Wi-Fi & TOKYO:http://www.wifi-tokyo.jp/ja/mail.html

ソフトバンクのフリーWi-Fiサービス

全国約40万ヶ所にアクセスポイントが用意され、日本一のWi-Fiスポット数を誇るフリーWi-Fiサービスです。

ソフトバンクにより提供されていますが、訪日外国人向けのサービスとなり国内の携帯電話では利用できません。一度の登録で14日間利用でき、期間後も再登録すれば利用可能です。

【ソフトバンクFREE Wi-Fi PASSPORT】

利用可能エリア・施設ソフトバンクが提供するサービス。カフェ・ホテルなど、全国約40万アクセスポイント。Wi-Fiスポット数では国内第1位。
SSID.FREE_Wi-Fi_PASSPORT/.FREE_Wi-Fi_PASSPORT_J
対応言語英語、繁体字、簡体字、韓国語
登録の有無有り:通話料無料の専用ダイヤルへの発信のみ
※国内事業者携帯電話はメールアドレスでも登録可
接続方法1.ネットワーク名「.FREE_Wi-Fi_PASSPORT」を選択
2.ログイン画面より「初めての方はこちら」をタップ
3.表示された電話番号へ発信し、パスワードを確認。
4.再度、Wi-Fi設定画面でネットワーク名「.FREE_Wi-Fi_PASSPORT」を選択
5.「利用登録」を確認
6.性別、年代等を入力し、登録へ
7.「接続できました」が表示されれば接続完了


ソフトバンクFREE Wi-Fi PASSPORT:https://www.softbank.jp/biz/nw/wifispot/freewifi/

自動販売機がアクセスポイントのフリーWi-Fiサービス

タケショウ株式会社により提供されているフリーWi-Fiサービス「Free Mobile」では、Wi-Fi機能を搭載した自動販売機などのアクセスポイントから半径50mのエリアでフリーWi-Fiを利用できます。

1 2