読了時間:約 2

どちらかと言えば単身者向けと言えた格安SIMですが、最近ではファミリー層の獲得にも力を入れています。

家族で格安SIMを利用するなら、どんな特長を持つ格安SIMを選べば良いのでしょうか。

今回は家族間通話や家族割の有無を元に、おすすめの家族向け格安SIMをご紹介していきます。

家族みんなで格安SIMに乗り換えようと考えている方は是非参考にしてみて下さい。

家族間通話と家族割の存在が重要

大手キャリアでは当たり前の「家族間通話かけ放題」というサービスは、意外にも格安SIMには存在しません。

主流なのは「〇〇分かけ放題」、「月に○○分まで通話料無料」といった時間制限のある通話プラン・オプションとなっています。

そのため、家族間通話の有無を基準に格安SIM選びをすることは難しく、時間制限のある通話かけ放題サービスを展開する格安SIMを選ぶことになるでしょう。

また、格安SIMを家族で利用する際は家族割の有無も必ず確認しておきたいところです。

家族1人につきいくらかの月額基本料割引のある格安SIMを選べば、もっとお得に格安SIMを利用することが出来ます。

家族で使う格安SIMを選ぶ時は「家族間通話のしやすさ」および「家族割」を重視して、最適な格安SIMはどこなのか考えてみましょう。

実質家族間通話無料のLINEモバイル


画像引用元:LINEモバイル | スマホ代 月300円キャンペーン実施中!
LINEモバイルは流行りのカウントフリーサービスを武器にシェア拡大を続けている人気の格安SIMです。

他社と比べて料金が安い、人気機種をセット購入できるなどのメリットもあり、家族でLINEモバイルを利用している方だけでなく単身者の方にも支持されています。

LINEモバイルの家族間通話

LINEモバイルではどのプランに加入しても「LINE使用時のデータ通信量をカウントしない」というカウントフリーサービスが適用されます。

つまり、LINE電話を使って通話をする限り、通話料が掛かることも、データ量を消費することもないのです。

LINE電話はインターネット電話と呼ばれるインターネット回線を用いて通話を行うシステムであるため、通話時の安定性は通常の音声通話には及びません

しかし、格安SIMでも家族間通話がかけ放題となるのは大きな魅力と言えるでしょう。

家族で長時間電話をすることが多い方はLINEモバイルへの乗り換えをおすすめします。

LINEモバイルの家族割・家族向けサービス


残念ながらLINEモバイルに家族割の設定はありません。しかし、家族向けのサービスは他社に比べて充実しています。

余ったデータ量を家族にあげられる「データプレゼント」、大きなデータ容量プランを契約して家族みんなで使える「データシェア」などはその最たるものと言えるでしょう。

特にデータシェアの存在は大きく、家族1人だけがデータ容量の大きなプランを契約すれば良いため、料金を格段に下げることが可能です。

LINEモバイルの料金

LINEモバイルの最低料金はLINEフリープランでデータ通信専用SIMを選択した場合の500円(税抜)/月です。

同じくLINEフリープランで音声通話SIMを選択した場合の最低料金は1,200円(税抜)/月となります。

LINE使用時のデータ通信量がカウントフリーとなることも併せて考えれば、LINEモバイルの料金は格安です。

ただ、最低料金でLINEフリープランを契約した場合、データ容量は1GBとなってしまうため、大きなデータ容量が欲しいのなら他のプランを選択する必要があります。

具体的には、LINEだけでなくTwitterやInstagram、Facebookもカウントフリー対象になるコミュニケーションフリープランを選ぶことになるでしょう。

コミュニケーションフリープランでは3GB、5GB、7GB、10GBのデータ容量を選択できます。

最低料金はデータ通信専用SIMだと3GBコースの1,110円(税抜)/月、音声通話SIMだと同じく3GBコースの1,690円(税抜)/月です。

LINEフリープランと同じく、コミュニケーションフリープランもカウントフリーサービスが含まれる料金プランとしては料金が抑えられています。

家族で使う場合は主契約者が10GBコース(3,220円(税抜)/月)を契約し、他の家族がLINEフリープランを契約するという組み合わせがおすすめです。
次のページでは、IIJmioUQモバイルをご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2