Android iPhone 格安SIM・格安スマホ 機種の評価・レビュー
Pocket

読了時間:約 2

SIMに取って代わる規格として有力視されている「eSIM」。名前の通りeSIMはSIMを発展させた規格ですが、具体的になどのようなものなのでしょうか。

eSIMの仕組みやSIMとの違い、海外旅行が便利になる理由に加え、eSIMを搭載したポケットWi-Fiのおすすめ機種をご紹介します。

最近話題のeSIMってどんな仕組みなの?


SIMより便利な規格として話題のeSIMについて詳しく解説していきます。海外旅行にポケットWi-Fiを持って行きたいと考えている人だけでなく、今後MVNOへの乗り換えを考えている方も必見です。

eSIMはSIMに代わる新しい規格

eSIMは簡単に言うと、埋め込み型のSIMのことです。従来のSIMカードはひとつのカードでは複数の通信事業者を利用できないという問題を抱えていました。そのため、通信事業者を変更したり、海外へ行ったりする場合はSIMカードの差し替えが必要となっていたのです。

一方でeSIMは予め通信事業者が決まっている規格ではなく、内部的な切り替えによって利用する通信事業者を変える規格なので、SIMカードの差し替えを必要としません。

eSIMを搭載した機器として代表的なのは「AppleWatch3」でしょう。AppleWatch3はスマートフォンとリンクして通信事業者の切り替えや契約内容の確認を行っています。

このようにeSIMはジワジワと普及しつつある規格です。SIM自体が既に国際規格であるため、SIMと互換性のあるeSIMは今後世界中で爆発的に広がっていくことが予想されます。

海外旅行を便利にするeSIMの魅力


eSIMは海外旅行を便利にする規格です。海外旅行の際に魅力となる点をご紹介していきます。

プリペイドSIMを買う必要がない


海外へポケットWi-Fiを持って行ったことのある方はご存知だと思いますが、国外でポケットWi-Fiを使うためにはプリペイドSIMが必要となります。そのため、海外旅行の際は現地で使えるプリペイドSIMを探し、予め購入しておかなければなりませんでした。

eSIMではプリペイドSIMが必要ないため、いちいちプリペイドSIMを買わなくてもよく、海外に到着したらすぐにポケットWi-Fiを使用することが出来ます

定額データパック・従量課金を利用して使える

海外でポケットWi-Fiを使用する際に用いられるプリペイドSIMは規定の通信量を超えると、通信が一切出来なくなるものが多くありました。また、通信ができたとしても、国内で通信制限を受けた時のように通信が低速になってしまいます。

しかし、eSIMの場合は使った通信量に応じて課金される従量課金制を導入していることが多いので、海外で通信制限を受けることがほとんどありません。

例外として、1日に10GBなどあまりにも多く使いすぎてしまった場合は通信制限を受ける可能性がありますが、通常利用で通信制限を受ける心配は無いでしょう。

また、従量課金では使いすぎによる高額請求が怖いという方に向けて、定額データパックを提供しているキャリアも存在します。ただ、現状では定額データパックを使用すると複数の現地回線を利用することが出来なくなることがあるため注意が必要です。

複数の現地回線を利用できる


△△のキャリアは○○にいると繋がりにくい」という話を聞いたことのある人は多いでしょう。アンテナ基地局の設置場所の関係でキャリアによって繋がりやすい、繋がりにくい場所というのは少なからず存在します。

この問題は日本に限らず世界中で見られる問題で、特にアメリカなどの大きな国や発展途上国ではその傾向が強いです。しかし、eSIMを使えばある程度キャリアの場所に対する得手不得手を緩和することができます。

というのも、eSIMはその時一番電波の強い回線を選ぶようセッティングすることが可能なので、場所による電波強度の問題を受けにくいのです。

eSIMを搭載したおすすめのポケットWi-Fi

eSIMを搭載したポケットWi-Fiにはどんなものがあるのでしょうか。現行機種で人気のあるおすすめのポケットWi-Fiをご紹介します。

WorldTouch


画像引用元:https://www.sekai-wifi.com/productdetail?productid=3&planid=0
WorldTouchは日本初のeSIM搭載型ポケットWi-Fiです。価格は19,800円(税別)と既存のSIMフリー端末と比較すると高価ですが、プリペイドSIMの購入が必要ない点を考えると妥当な価格と言えます。

対応している国は90ヵ国以上、現在も拡大中でいずれはほぼすべての国に対応するでしょう。もちろん国内でもWi-Fiルーターとして使用することが可能です。

また、WorldTouchは6,000mAhと一般的なスマートフォンの倍近いバッテリー容量を持っているため、長時間使用しても充電切れで使えなくなることがほとんどありません。

デメリットがあるとすれば、同時に接続できる端末の数が5台に限られてしまう点でしょうか。最近は同時に8台以上接続できるポケットWi-Fiも登場しているため、この点は些か力不足と言わざるを得ません。

WorldTouchの料金プラン

WorldTouchの料金プランは国内無制限プランと海外専用プランの2種類があります。それぞれ利用料金や使い勝手に大きな差があるため、自分にはどちらの料金プランが向いているのか考えてみて下さい。

 海外専用プラン国内無制限プラン
料金月額400円+800円/日月額3,800円(海外では800円/日)
通信容量300MB/日3GB/日(海外では300MB/日)
対応エリア90ヵ国以上90ヵ国以上

国内無制限プランは国内での通信に加え、海外へ行った際は海外専用プランの料金にて通信が行えるプラン、海外専用プランは国内で使えない代わりに月額が抑えられるプランです。

国内無制限プランは無制限と銘打たれてはいますが、実際には使いすぎると通信制限を受けることがあります。具体的には3GB以上の通信を1日に行うと、通信速度が終日512kbpsにまで落ちてしまうのです。

とはいえ、WorldTouch以外のポケットWi-Fiの多くは3GB/3日、通信制限を受けると通信速度が128kbpsにまで低下するため、それらと比較すると随分優遇されたプランと言えるでしょう。

海外専用プランは月額400円に加え、海外での通信1日につき800円の従量課金制となっています。レンタルWi-Fiに比べると安い価格設定となっていますが、デメリットがないわけではありません。

というのも、海外専用プランの月額料金は海外に行かなかった月も加算されてしまうのです。そのため、海外専用プランを利用するなら頻繁に海外へ行かなければ割高となってしまいます。

レンタルWi-Fiの料金を1,600円/日と考えた場合、海外に一週間以上滞在しなければレンタルWi-Fiより安くならないので注意しましょう。

G3000


画像引用元:http://broadline-jp.com/gwifi/
G3000もWorldTouchと同じく国内、国外で使用することができるポケットWi-Fiです。価格もWorldTouchと同様の19,800円(税別)であり、eSIM搭載型のポケットWi-Fiの中ではスタンダードな価格設定となっています。

対応している国は約70ヵ国とやや少なめですが、発展途上国では未だ主流となっている2G回線に対応しているなど、複数の回線を利用できるメリットを持っており、対応国であればどこでも通信を行うことが可能です。

G3000の最大の利点は軽さにあると言っても過言ではありません。通常、eSIM搭載型のポケットWi-Fiは200gを超えることが多く、サイズも大きくなりがちです。しかし、G3000はコンパクトなボディで重量は150gと非常に軽量でかさばることがありません。

ただし、軽くなった分バッテリー容量は2,800mAhと少なめになっています。連続使用では8時間程度しか充電が持たなくなるので、出先で常に通信を行うことが想定されるのならG3000以外のポケットWi-Fiを選んだ方が無難でしょう。

1 2