今さら聞けないスマホ決済
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカードゴールドキャンペーンバナー
読了時間:約 2

最近ではコンビニ等でスマホを使って支払いを済ませる姿が当たり前の時代になってきました。

颯爽とした姿を見て「スマホ決済をやってみたいけれど良くわからないし・・・」と躊躇してはいませんか?

今後も加速するキャッシュレス化の波に乗り遅れないように、電子マネー「iD」の使い方や注意点についてわかりやすくご紹介します。

スマホで使える電子マネー「iD」の特徴【今さら聞けないスマホ決済】

iDのマークが目印
画像引用元:電子マネー「iD」を使ってよかった20のこと

電子マネーとは、現金のかわりに予めチャージしたカードやクレジットカードでの自動引き落としを設定されたカードやスマホを使って、電子化されたお金で支払いを行う決済システムのことです。

例えばコンビニやスーパーで買い物をするとき、タクシーや電車に乗るとき、自販機で飲み物を買うときなどに現金ではなく電子マネーで支払えば、ピッとカードやスマホを専用端末にかざすだけなので小銭を準備したり数えて支払う手間も時間もかかりませんし、ポイントも貯めることができます。

電子マネーにはSuicaやPASMOなどの交通系、EdyやWAONなどの商業系などたくさんの種類がありますが、中でもスマホを使って支払いを行うことを「スマホ決済」といい、キャッシュレス決済手段のトレンドとなっています。

「iD」はiD搭載のカードやおサイフケータイ対応機種及びApple Pay対応デバイスで利用できるドコモの電子マネーです。

iD搭載のカードのままでも利用できますし、複数のカードをおサイフケータイ対応機種及びApple Pay対応デバイスに紐付けることでiPhoneやスマホで支払いを行うこともできます。

もともとはドコモの会員向けサービスでしたが、2016年からはおサイフケータイ機能があるSIMフリーのスマホであればドコモ以外のユーザー(auやソフトバンク、格安SIM MVNO)でも使用することが出来るようになりました。

一時期はおサイフケータイからiPhoneへ乗り換える人が増えたこととカードタイプの電子マネーが普及したことで低迷していましたが、iPhone 7以降はApple Pay(iPhoneに搭載されている決済システム)が日本でも利用できるようになったことでまた「iD」を利用する人が増えています。

支払い時に「iDで」と伝えて読取り機にかざすだけでスピーディーに決済することができるので、通常のクレジットカード払いと違いサインする手間がかからず、スピーディーに利用することができます。(一定額以上の支払いの場合は暗証番号入力で利用可能)

「iD」は他の電子マネーに比べて普及率が高く全国に加盟店があるので、ご近所から旅行先までどこでもスマホだけで身軽に出かけることができる使いやすさが魅力です。

「iD」の加盟店は日本全国84.3万台(2018年6月現在)

ジャンル店名
コンビニセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス、ポプラ、ローソンストア100、ローソンマート、デイリーヤマザキ
スーパー、
モール、百貨店
イオングループ、イトーヨーカドー、ザ・ダイソー、ドン・キホーテ、ビブレ、アピタ、メガマート
グルメマクドナルド、ミスタードーナツ、すき家、CoCo壱番屋、ガスト、ジョナサン、かっぱ寿司、牛角、とんかつ浜勝、はま寿司、プロント、コメダ珈琲店、タリーズ、魚民、白木屋、和民、笑笑
ドラッグストアツルハドラッグ、セイジョー、薬王堂、ドラッグセガミ、クスリのアオキ、くすりの福太郎、富士薬品ドラッグストアグループ
本、CD、その他紀伊国屋書店、啓文堂書店、TSUTAYA、タワーレコード、ブックオフグループ、エネオス、ヨドバシカメラ、ビックカメラ、エディオン、コジマ、ドコモショップ、シダックス、BIG ECHO

その他にもたくさんの店舗で利用可能です。詳しくは使えるお店をさがす|かざしてお支払い iDへ。

Apple Pay・NFC・Felica・おサイフケータイの違いは何?日本で便利なのは?

電子マネー「iD」は支払いタイプ別3種類から選べる

選べる支払いタイプ別3種類
画像引用元:「iD」をはじめる|かざしてお支払い iD

「iD」の支払いタイプは、使った分だけ後払いの「ポストペイ型」、事前にチャージして使う(前払い)「プリペイド型」、口座残高の範囲内で使える(即時引き落とし)「デビット型」の3種類があります。

他の電子マネーでは事前にチャージして使う(前払い)プリペイド型が多く、「iD」のように3種類の支払い方法が選べ、自分のライフスタイルに合った使い方が可能なのが電子マネー「iD」の最大の魅力です。

店頭でのお支払い方法は1回払いとなりキャッシュカードでの決済のように2回払いやリボ払いなどはできませんが、複数の「iD」を設定することが可能なので、通常利用(メインカード)はプリペイド型で使い過ぎを防ぎ、大きな買い物の場合はポストペイ型を利用するなど使い分けることができます。

ポストペイ型iD(後払い)

ポストペイ型iD(後払い)
画像引用元:「iD」をはじめる|かざしてお支払い iD

あなたのクレジットカードにiDを搭載するポストペイ型iDなら、利用した分だけクレジットカード代金と一緒に請求されるので事前にチャージする必要もなく残高を気にせず利用できます。

iD対応クレジットカード会社は70社以上あり、カード型iDだけでなくApple Payやおサイフケータイと紐付けることでiPhoneやスマホ、ケータイでもiDが使えるようになります。

クレジットカードを使いたくない場合や未成年などクレジットカードを持てない場合でもドコモユーザーでおサイフケータイ対応機種を持っている場合のみ、dカード miniでもiDを利用することができます。(支払いはドコモ料金とまとめて請求)

プリペイド型iD(前払い)

プリペイド型iD(前払い)
画像引用元:「iD」をはじめる|かざしてお支払い iD

事前にチャージして使うプリペイド型なら、使い過ぎを防止できて安心です。「ソフトバンクカード」、「チケットレストランタッチ」、「d CARDプリペイド」で利用することができます。

iD加盟店以外にもソフトバンクカードはVisa加盟店、d CARD プリペイドはMasterCard加盟店で利用可能です。

デビット型iD(即時引き落とし)

デビット型iD(即時引き落とし)
画像引用元:「iD」をはじめる|かざしてお支払い iD

口座の残高内で使えるデビット型はわざわざATMに行く手間もなくチャージする必要もないので便利です。三井住友銀行のVisaデビットカード「SMBCデビット」で利用することができ、iD利用分はすぐに三井住友銀行の口座から引き落とされるので使い過ぎる心配がありません。

さっそく「iD」を始めよう【簡単スマホ決済】

iPhoneで「iD」を始める【Apple Pay対応デバイス】

Apple Payなら、iDで。
画像引用元:Apple Payなら、iDで。

iD対応カード発行会社のカードとiPhone 7以降があれば、Apple Pay(iD)を無料でカンタンに設定できます。

対応機種
iPhone X / iPhone 8 / iPhone 8 Plus / iPhone 7 / iPhone 7 Plus / Apple Watch Series2以降
※ご利用にはiOS10.1以降が必要です。

iPhoneで「iD」を始める
画像引用元:電子マネー「iD」を使ってよかった20のこと

  1. Walletアプリを開き、プラス記号(+)をタップ。
  2. ※WalletアプリはiPhoneにデフォルトで入っています。見当たらない場合はiPhone内のアプリ検索を行ってください。

  3. クレジットカードをカメラで読み込む。
  4. カードに記載された情報を入力・確認して次へ。
  5. 利用条件を確認して同意する。
  6. カードの追加を確認して完了。
  7. カード認証方法を選択し、入力。
  8. アクティベートが完了すると設定終了。

Apple Payの使い方|docomo iDとdカードで上手にdポイントを貯めて安く買うコツ

Androidで「iD」を始める【おサイフケータイ対応機種】

スマートフォンで初めてidアプリを使うには
画像引用元:スマートフォンではじめて「iD」アプリを使う|かざしてお支払い iD

iD対応カード発行会社のカードを準備して、iDアプリにカード情報を設定すれば「iD」を利用することができます。(「おサイフケータイ」アプリからも設定できます。)

※iDアプリを利用するにはおサイフケータイの初期設定が必要です。

iDアプリを起動

  1. アプリを起動し、「はじめてiDを使う方」を選択
  2. 「iD対応のクレジットカードで登録する」を選択
  3. 登録するカードを選択
  4. 事前にカード発行会社から通知されたアクセスコード、パスワード(暗証番号)などを用いて登録を行う。
  5. 注意事項をよく読み、「はい」を選択。
  6. 「登録が完了しました」が表示されれば、「iD」の登録は完了です。

Androidのおサイフケータイの設定方法と注意点|対応カードのポイントと使い方

「iD」で便利に賢くポイントを貯めよう

便利な「iD」で賢くポイントを貯めよう
画像引用元:かざしてお支払い iD

「iD」を利用する楽しみのひとつが手軽にポイントが貯まるという点です。

「iD」自体にはポイントシステムはありませんが、「iD」を利用すれば各クレジットカードやプリペイドカードのポイントを貯めることができます。

現金で支払うと1ポイントも得をしませんが、「iD」で支払うと利用しているカード発行会社のポイント対象となりお得にお買い物を楽しむことができるのです。

更に気を付けたいのはカードの選び方です。「iD」対応クレジットカード会社は70社以上あります。

ポイントが貯まるといっても全てのカードで同じようにポイントが貯まる訳ではありません。カードごとにポイント還元率が違いますし、貯めたポイントの利用しやすさもカードごとに様々です。

例えば三井住友VISAカードでiD利用すると、1000円につき1ポイント、dカードでiD利用すると、100円につき1ポイント貯まることになります。

クレジットカードによってポイントの貯まりやすさが違ってきますし、ポイント以外にもキャッシュバックや利用するお店によっても違いが出てきます。

ドコモユーザーであればdカードやdカード GOLD(ゴールド)を利用することで効率よくポイントを貯めることができますし、いつもローソンで買い物をするという方もdカードなら請求時に3%OFF+クレジットカード利用1%OFF+dポイント加盟店1%OFFで合計5%OFFになるのでお得です。

新しくiD対応のクレジットカードを申し込む時は頻繁に行くお店でお得にポイントを貯めることができるか、貯めたポイントを利用しやすいかをよくチェックして選びましょう。

おサイフケータイ|docomo iDとdカード GOLD(ゴールド)を使い倒してとことん得する方法

「iD」はもしもの時のためのセキュリティも万全

セキュリティも安心
画像引用元:かざしてお支払い iD

「iD」は手軽に持ち歩けるスマホを利用した決済だからこそ、セキュリティは万全です。クレジットカードを利用する場合に比べてサインが不要なので不正利用が心配になるかもしれませんが、一定額以上のショッピングを利用する場合は暗証番号を入力することで安全性を高めています。

またクレジットカードの紛失・盗難補償が受けられるため、もしも不正利用の被害にあっても遡って被害額を補償してくれるので安心です。

更に、おサイフケータイ対応機種ならスマートフォンの方は「おサイフケータイロック機能」、iモード携帯電話の方は「ICカードロック機能」を事前に設定しておけばスマホを落としたり、置き忘れてしまっても不正利用を防ぐことができます。スマホの種類によっては遠隔操作でロックすることも可能です。

スマートフォン用のiDアプリではパスワードの設定機能はありませんが、おサイフケータイロック(ICカードロック)を利用することができます。おサイフケータイロックが完了すればiDの読み取り機にかざしてもお支払いはできません。

「iD」を入れたスマホを紛失してしまったら

「iD」を入れたスマホを紛失してしまったら

「iD」を利用している携帯電話やスマートフォン、クレジットカードを紛失してしまったら、まずは利用中の「iD」対応クレジットサービスを提供するクレジットカード発行会社へ連絡し、サービスの利用停止依頼を行いましょう。

その後速やかにスマホを利用している通信会社(ドコモなど)へ連絡し、サービスの利用一時中断を行います。

クレジットカードは手元にあるのでスマホの通信会社だけに連絡をして通信サービスを利用停止すれば大丈夫と思いがちですが、アプリは利用可能なのでWi―Fiに繋げば利用することが可能です。紛失に気付いたらすぐにクレジットカードの利用停止依頼を行いましょう。

ドコモの場合は『おまかせロック』
ドコモに連絡するだけで、ケータイ本体やスマートフォンの画面にロックをかけることができます。(事前の申し込みは不要。ご利用料金無料。)

パソコンでMy docomoから設定を行うこともできますが、dアカウントの2段階認証を設定している場合は端末紛失時には端末宛に送信されるセキュリティコードを確認することができず、My docomoにログインできない場合があります。その場合、お電話かドコモショップから申込みましょう。

もしスマホをなくしたら
0120-524-360(24時間受付、通話料無料)

詳しくは『おまかせロック』をご確認ください。

これからは電子マネー「iD」を賢く便利に利用しよう

今さら聞けないスマホ決済

スマホ決済はとてもスピーディーで便利なサービスです。

お財布から現金を出したりおつりを受け取ったりする時間と、スマホをかざして一瞬で決済を行う時間とではスピードがまったく違います。

毎日の支払いのたびにその時間を短縮できたら、どのくらいの時間の節約になるのでしょうか。

これまで日本では「お財布を落としてもそのまま戻ってくる」というような治安の良さや、ATMの普及など利便性の良さでいつでも現金を手にすることができたため、キャッシュレス化がなかなか進みませんでした。

日本人の「現金に対する高い信頼」からか、現金で支払うことにまったく不便さを感じていないことも原因のひとつでしょう。

更に「クレジットは使いすぎてしまうから」という点でも利用を控えてきた人も多いのではないでしょうか。

スマホで支払い|デビットカードなら使いすぎ心配なし。利用限度設定と各社の対応

お財布の中にあるだけしか使えない現金のほうが使いすぎる心配もなく安心だという気持ちはわからなくもありませんが、2018年4月には経済産業省を中心に『キャッシュレス・ビジョン』も発表され、今後も日本全体でキャッシュレス化の波は更に高まっていくと予想されます。

スマホで利用する電子マネー「iD」は、使った分だけ後払いの「ポストペイ型」、事前にチャージして使う(前払い)「プリペイド型」、口座残高の範囲内で使える(即時引き落とし)「デビット型」の3種類から選択して利用することができる便利な電子マネーです。

使い過ぎが心配ならプリペイド型での利用をメインにすれば心配する必要はありませんし、他の電子マネーのようにチャージするのが面倒という場合はポストペイ型を利用すればスムーズに支払いをすることができるうえにポイントも貯めることができます。

プリペイド型はチャージをするのが面倒だけれどポストペイ型は使い過ぎが心配という方は、デビット型にすればチャージも必要なく使い過ぎも防げます。

これは支払い方法が3パターンある電子マネー「iD」だからこその利便性でしょう。

iDは電子マネーの中でも利用可能店舗数が多く、ほとんどのコンビニやスーパーなどのあらゆる店舗で利用できます。

これまで「スマホ決済をやってみたいけれど良くわからないし・・・」と躊躇していた人も、電子マネー「iD」なら自分のライフスタイルに合った使い方を発見できるのではないでしょうか。

今後は更に電子マネーを利用できる店舗は増えてキャッシュレスが当たり前の状態になっていきます。

いつまでも「よく知らないから」と尻込みせず、あなたも電子マネー「iD」を利用して、時間もお金も節約しながら賢く便利にポイントを貯める生活を始めてみませんか?

dカードとdカード GOLDを徹底比較|利用別に持つべきカードを考察