読了時間:約 1 minute

毎月のスマホ料金をとにかく抑えたいとしたら、業界最安値をウリにしている「DTI SIM」を候補の1つとしておすすめします。

「DTI SIM」は株式会社ドリーム・トレイン・インターネットにより2015年からサービスを開始していますが、電気通信事業者としては長い歴史があります。回線はドコモの回線を利用しています。

現在提供している料金プランとしては、「通常プラン」の他に初めて「DTI SIM」を利用する方向けの「半年お試しプラン」や、「Youtube」や「Twitter」が見放題のプランなどが用意されています。

初めて格安SIMキャリアへの乗り換えや新規契約を検討している方にとって注目すべきキャリアとなっています。

音声通話と3GBのデータ通信の両方が使える料金プランと特長について詳しく見ていきます。

トップ画像引用元:DTI SIMとは|DTI SIM:【dream.jp】

DTI SIMの料金プラン

画像引用元:DTI SIM|業界最安クラスの格安SIM

「DTI SIM」が設定している料金プランを以下にまとめました。「DTI SIM」の特長が出ている音声通話と3GBのデータ通信を利用した場合についても合わせて注目していきます。

ある調査によれば、スマホ利用者のおよそ90%が毎月のデータ使用量は3GB以下とのことです。

音声通話についてもLINEなどのSNSを利用すれば通話は十分と考える利用者はまだまだ少なく、音声通話と3GBのデータ通信を利用できるプランが最も需要があるのが現状となっています。

通常プラン

まずは最もシンプルな料金プランである「通常プラン」についての料金は以下の表の通りとなります。

【通常プラン料金表】※税別

容量データプランデータSMSプラン音声プラン
1GB600円
750円1,200円
3GB※840円※990円1,490円
5GB1,220円1,370円1,920円
10GB※2,100円※2,250円※2,800円
15GB3,600円3,750円4,300円
20GB4,850円5,100円5,550円
ネット使い放題2,200円2,350円2,900円

「※」印は業界最安の価格です。データ容量が「15GB」と「20GB」の全ての料金プランは2018年3月より新規申し込み受付を停止していますので、10GBを超えるような使用状況であれば「ネット使い放題」を選択するべきでしょう。

ただ、「ネット使い放題」には注意が必要です。「DTI SIM」によれば通信料が他の利用者の平均を著しく超える場合には上り下り共に200kbps以下に一時的に通信速度を抑えるとのことです。

利用者の平均値がどの程度なのか不明なため、思わぬところでネット通信が遅くなり、不便に感じることが度々あるかもしれません。ネット通信の使いすぎに注意する必要があります。

【音声通話と3GBのデータ通信が使えるプラン】

料金表では、容量3GBの音声プランは1,490円とあります。

「データプラン」「データSIMプラン」の「※」印では業界最安価格を実現していますが、音声プランでは同じドコモ回線を利用している「ロケットモバイル(株式会社IoTコンサルティング)」が1,400円でサービスを提供しているため、残念ながら業界最安価格ではありません。

ただ、多くの格安スマホキャリアでは同条件で1,500円から1,700円程の価格帯のため、「DTI SIM」の料金は業界の中でも安い料金でサービスを提供しているといえます。

加えて、表中の料金以外に別途ユニバーサルサービス料が毎月かかります。

これは「090・080・070」から始まる電話番号が利用できるSIMカードは全て対象となっており、「音声プラン」はもちろんのこと、「データSMSプラン」でもSMSを利用するために以上のいずれかの番号で始まる電話番号が付与されるため、対象となります。

ただ負担金額は毎月2円ですので、それほど気にする必要はないでしょう。

半年お試しプランについて

初めて「DTI SIM」を利用する方限定で、半年間格安料金で通信サービスを利用できる「半年お試しプラン」が用意されています。

格安キャリアを初めて利用する方や、「DTI SIM」へ乗り換えを考えているスマホ利用者にとっては、まさに「お試し」として負担が少なく利用できるためオススメです。

サービス内容と料金は以下の通りです。

【半年お試しプラン料金表】※税別

プラン名1ヶ月目〜6ヶ月目まで7ヶ月目以降
でんわ定額プラン 3GB1,520円2,310円
データ半年お試しプラン 3GB0円840円
データSMS半年お試しプラン 3GB0円990円

データ容量は3GBに限定されているものの「データ半年お試しプラン」と「データSMS半年お試しプラン」については0円で半年もの間利用できるため、「お試し」の割には利用者にとってかなり贅沢な料金プランとなっています。

ただ、「DTI SIM」の利用を開始するための初期費用はかかりますので、全くの0円で始められる訳ではありません。加えて、上記でも触れました「ユニバーサルサービス料」が「データSMS半年お試しプラン」にはかかります。

7ヶ月目以降は「通常プラン」の料金となりますので、「DTI SIM」を半年間利用して見て、通信状況や容量に不満が無ければそのまま通常の料金で継続して利用する事も可能です。

【音声通話と3GBのデータ通信が使えるプラン】

音声通話を必要としている方で、3GBのデータ容量で十分な方にとっては「半年お試しプラン」の「でんわ定額プラン 3GB」がオススメです。

「通常プラン」のデータ容量3GBの「音声プラン」では、通話するほど料金が加算されていきますが、「でんわ定額プラン 3GB」では、「おとくコール10」のオプションが含まれており、10分以内の国内通話がかけ放題で利用できます。

10分を超えた通話分については、30秒につき10円が加算されます。

初めの半年間に限って言えば、「通常プラン」のみの料金と比べて30円の差額だけで10分間の通話無料が含まれるため、利用しない手はないでしょう。

お試し期間の終了が近づいてきたら、普段の通話状況を振り返り、「おとくコール10」を外した「通常プラン」のみにするか、そのまま「おとくコール10」のオプションを継続するか、どちらが自分にとってお得になるかよく検討するのが良いでしょう。

注意点としては「音声プラン」には12ヶ月間の最低利用期間が設定されている点です。利用開始月から12ヶ月が経過した月の末日までに解約やデータプランへの変更を行う場合は違約金として9,800円(税別)がかかります。

つまり、音声通話を利用する方で、お試し期間の終わりと同時に解約を考えている場合には、損にならないかどうか違約金も計算に入れる必要があります。

「半年お試しプラン」では、3GBのデータ容量以外の選択肢がありませんので、3GBでは足りない方にとって、容量を追加する場合には以下のチャージオプション代がかかります。

【チャージオプション料金表】※税別

容量チャージ料金
500MB380円
1GB600円

一般的には1GBの追加で1,000円程かかりますので、それに比べると割安な料金設定となっています。

1 2