スマホのガラス割れ
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

格安SIMを利用している場合、端末が故障してしまったりガラス割れを起こしてしまったらどうしたら良いのでしょうか。

DTIモバイルでは端末保証のオプションが提供されていません。利用したい格安SIMに端末保証のサービスが提供されていない場合、どのようにスマホの故障に備えればいいかを詳しくご紹介します。

格安スマホへ乗り換える最高タイミング|後悔しないための事前に確認するポイント

オススメの格安スマホはこちら

DTIモバイルには端末保証が存在しない

DTIモバイル
画像引用元:DTI SIM|業界最安クラスの格安SIM

DTIモバイルで端末が故障してしまったりガラス割れを起こしてしまった時は、どうすればいいのでしょうか。

既に契約をしている方ならご存知でしょうが、DTIモバイルには端末保証のサービスが存在しません

DTIモバイルは業界最安クラスの格安SIMと銘打っているとおり、特に価格の安さに力を入れている事業者のひとつです。

他の格安SIMでは契約の際に端末も同時購入するセット割などがあり、その際に端末保証サービスに加入する人も多いでしょう。

もし自分で用意した端末での契約や他社で購入した端末そのままで乗り換えをした場合も加入できる端末保証オプションを提供している会社も少なくありません。

しかし、DTIモバイルではまったく端末の販売を行っていないこともあり、現在も端末保証サービスを提供していません。

もし乗り換えようと思っている格安SIMに端末保証のサービスが提供されていない場合、どのように端末の故障リスクに備えればいいのでしょうか。

端末保証が無いDTIモバイルを使いたい場合はどうする?

端末保証は必要?

大手キャリアではキャリアショップが近くにあり、多くの人が大手キャリアで端末を購入しスタッフから勧められるままに補償サービスに加入しているため、故障等が起こった場合はすぐショップへ持ち込むことで問題解決ができました。

しかし格安SIMはショップを持たない会社も多く、すぐに相談に行ける環境にはありません。もしDTIモバイルのような補償サービスの無い格安SIMを利用していて故障した場合、どのような方法で修理すれば良いのでしょうか。

メーカー保証期間でないかをチェックしよう

端末保証が無いDTIモバイルを利用していて端末が故障したりガラス割れを起こした場合は、まずメーカー保証期間でないかを確認しましょう。

新品の端末を購入して一定期間内は初期不良に備えてメーカー保証期間が設けられています。適用されるのは自然故障に限られますが、もし故障の原因が初期不良であった場合はメーカーで端末の交換や無料修理を受けることができるかもしれません。

端末は全体の数パーセントの割合で購入して間もなく故障してしまったり不具合が発生する場合があります。初期不良の端末が当たってしまった場合に無料で交換したり修理を行うのがメーカー保証期間です。

ただ落下による故障、ガラス割れ、水濡れなど、不注意での故障は自然故障に含まれないので保証期間内でも有償での修理になります。

現在加入している保険に携行品補償はないか確認する

携行品補償

もしメーカー保証期間を過ぎてしまっていた場合は、次に「携行品補償」に加入していないかを確認しましょう。

現在加入している自動車保険や傷害保険などにオプションで「携行品補償」がプラスされている場合があります。

月100円程度のオプションになりますが、もし加入していてスマホも対象になっていれば保険で修理代金は賄うことができるかもしれません。(自己負担額あり)

格安SIMや大手キャリアが提供している補償サービスに比べて遥かに安い掛け金で携行品の破損・盗難に備えることができますし、スマホだけでなくPC、タブレット、眼鏡、カメラ、時計 なども対象となります。保険によっては本人のみ、夫婦、家族全体など補償範囲も選ぶことができます。

もし運よく携行品補償に加入していて外出先でスマホを故障させてしまった場合は保険会社に連絡をして手続きをしましょう。

ただし、携行品補償ですので自宅での破損、バッテリー交換、置き忘れや紛失は補償対象外の場合が多いです。

携行品補償はパソコン・スマホ・カメラその他、被保険者が住宅外において携行している身の回り品が補償対象となります。

携行品補償は本来の保険(傷害保険や自動車保険など)にオプションとしてつけられるもの以外にも、クレジットカードや旅行保険にもついているものがあります。

携行品補償のオプションだけでは契約できませんが、もし利用している保険で安く携行品補償のオプションをつけられる場合には安い掛け金で手厚い補償が受けられるのでおすすめです。

古い端末や安価な端末の場合は潔く諦めよう

古い端末は諦める

故障した端末が古くメーカー保証期間を過ぎていて何の補償サービスにも加入していなかった場合は、潔く諦めて新しい端末の購入を検討してみましょう。

メーカーに修理依頼をして有償での修理を行ってもいいのですが、有償での修理はわりと高額になることが多いです。利用していた端末が高い機種だった場合は買い替えを悩むかもしれません。修理費用を払ってもこの端末を使いたいと思う場合は修理をするのも良いでしょう。

しかし、利用していた端末がそこまで高いものでなかった場合やそんなにこだわりがある機種では無い場合は、支払う修理代金で新しい端末を購入してしまったほうが良い場合もあります。

価格が2万円以下の端末の場合は、新しい端末に買い替えたほうが経済的でしょう。

そもそも端末保証は必要?もし必要な場合はどんな方法で備える?

自分のライフスタイルを知ってどの程度の補償が必要かを考える

スマホ水没

まず考えておきたいのが、本当に端末保証は必要なのかという点です。

大手キャリアでは端末購入時に「安心だから」と勧められて軽い気持ちで端末保証に加入してしまいます。確かに買ってすぐに故障した場合はショックが大きいかもしれませんが、自然故障の場合はメーカー保証期間であればメーカーが補償してくれます。

格安SIMの端末保証を契約している場合でもメーカー保証期間はそちらが優先されますので、格安SIM事業者ではなく各メーカーへの問い合わせをすすめられます。

自分のこれまでのスマホがどの程度の期間でどんな壊れ方をしたのかをよく思い出してみましょう。もし落として故障させたりガラス割れが多かった場合は、強化ガラスフィルムや保護ケースでしっかりカバーして気を付けて利用する程度で案外大丈夫な場合も多いのではないでしょうか。

最近のスマホは防水・防塵機能が強化されていて、多少濡れた程度では壊れないようになっています。案外、端末保証をかけ続けるよりもその分を貯めておいて、時期をみて新しい端末を購入したほうがお得かもしれません。

もし故障もせずに3年間月額500円の端末保証をかけ続けた場合、支払額は12ヶ月*3年*500円=18,000円。修理や交換を行うと更に自己負担金も上乗せされます。

年に何度も故障させてしまう人ならお得と感じるかもしれませんが、あまり故障させないタイプの人であれば支払い損になるかもしれません。


1 2