格安SIM|DTIモバイルで端末故障・ガラス割れスマホを修理するときの手順

  • 2020年6月12日
スマホのガラス割れ
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

格安SIMを利用している場合、端末が故障してしまったりガラス割れを起こしてしまったらどうしたら良いのでしょうか。

DTIモバイルでは端末保証のオプションが提供されていません。利用したい格安SIMに端末保証のサービスが提供されていない場合、どのようにスマホの故障に備えればいいかを詳しくご紹介します。

格安スマホへ乗り換える最高タイミング|後悔しないための事前に確認するポイント

オススメの格安スマホはこちら

DTIモバイルには端末保証が存在しない

DTIモバイル
画像引用元:DTI SIM|業界最安クラスの格安SIM

DTIモバイルで端末が故障してしまったりガラス割れを起こしてしまった時は、どうすればいいのでしょうか。

既に契約をしている方ならご存知でしょうが、DTIモバイルには端末保証のサービスが存在しません

DTIモバイルは業界最安クラスの格安SIMと銘打っているとおり、特に価格の安さに力を入れている事業者のひとつです。

他の格安SIMでは契約の際に端末も同時購入するセット割などがあり、その際に端末保証サービスに加入する人も多いでしょう。

もし自分で用意した端末での契約や他社で購入した端末そのままで乗り換えをした場合も加入できる端末保証オプションを提供している会社も少なくありません。

しかし、DTIモバイルではまったく端末の販売を行っていないこともあり、現在も端末保証サービスを提供していません。

もし乗り換えようと思っている格安SIMに端末保証のサービスが提供されていない場合、どのように端末の故障リスクに備えればいいのでしょうか。

端末保証が無いDTIモバイルを使いたい場合はどうする?

端末保証は必要?

大手キャリアではキャリアショップが近くにあり、多くの人が大手キャリアで端末を購入しスタッフから勧められるままに補償サービスに加入しているため、故障等が起こった場合はすぐショップへ持ち込むことで問題解決ができました。

しかし格安SIMはショップを持たない会社も多く、すぐに相談に行ける環境にはありません。もしDTIモバイルのような補償サービスの無い格安SIMを利用していて故障した場合、どのような方法で修理すれば良いのでしょうか。

メーカー保証期間でないかをチェックしよう

端末保証が無いDTIモバイルを利用していて端末が故障したりガラス割れを起こした場合は、まずメーカー保証期間でないかを確認しましょう。

新品の端末を購入して一定期間内は初期不良に備えてメーカー保証期間が設けられています。適用されるのは自然故障に限られますが、もし故障の原因が初期不良であった場合はメーカーで端末の交換や無料修理を受けることができるかもしれません。

端末は全体の数パーセントの割合で購入して間もなく故障してしまったり不具合が発生する場合があります。初期不良の端末が当たってしまった場合に無料で交換したり修理を行うのがメーカー保証期間です。

ただ落下による故障、ガラス割れ、水濡れなど、不注意での故障は自然故障に含まれないので保証期間内でも有償での修理になります。

現在加入している保険に携行品補償はないか確認する

携行品補償

もしメーカー保証期間を過ぎてしまっていた場合は、次に「携行品補償」に加入していないかを確認しましょう。

現在加入している自動車保険や傷害保険などにオプションで「携行品補償」がプラスされている場合があります。

月100円程度のオプションになりますが、もし加入していてスマホも対象になっていれば保険で修理代金は賄うことができるかもしれません。(自己負担額あり)

格安SIMや大手キャリアが提供している補償サービスに比べて遥かに安い掛け金で携行品の破損・盗難に備えることができますし、スマホだけでなくPC、タブレット、眼鏡、カメラ、時計 なども対象となります。保険によっては本人のみ、夫婦、家族全体など補償範囲も選ぶことができます。

もし運よく携行品補償に加入していて外出先でスマホを故障させてしまった場合は保険会社に連絡をして手続きをしましょう。

ただし、携行品補償ですので自宅での破損、バッテリー交換、置き忘れや紛失は補償対象外の場合が多いです。

携行品補償はパソコン・スマホ・カメラその他、被保険者が住宅外において携行している身の回り品が補償対象となります。

携行品補償は本来の保険(傷害保険や自動車保険など)にオプションとしてつけられるもの以外にも、クレジットカードや旅行保険にもついているものがあります。

携行品補償のオプションだけでは契約できませんが、もし利用している保険で安く携行品補償のオプションをつけられる場合には安い掛け金で手厚い補償が受けられるのでおすすめです。

古い端末や安価な端末の場合は潔く諦めよう

古い端末は諦める

故障した端末が古くメーカー保証期間を過ぎていて何の補償サービスにも加入していなかった場合は、潔く諦めて新しい端末の購入を検討してみましょう。

メーカーに修理依頼をして有償での修理を行ってもいいのですが、有償での修理はわりと高額になることが多いです。利用していた端末が高い機種だった場合は買い替えを悩むかもしれません。修理費用を払ってもこの端末を使いたいと思う場合は修理をするのも良いでしょう。

しかし、利用していた端末がそこまで高いものでなかった場合やそんなにこだわりがある機種では無い場合は、支払う修理代金で新しい端末を購入してしまったほうが良い場合もあります。

価格が2万円以下の端末の場合は、新しい端末に買い替えたほうが経済的でしょう。

そもそも端末保証は必要?もし必要な場合はどんな方法で備える?

自分のライフスタイルを知ってどの程度の補償が必要かを考える

スマホ水没

まず考えておきたいのが、本当に端末保証は必要なのかという点です。

大手キャリアでは端末購入時に「安心だから」と勧められて軽い気持ちで端末保証に加入してしまいます。確かに買ってすぐに故障した場合はショックが大きいかもしれませんが、自然故障の場合はメーカー保証期間であればメーカーが補償してくれます。

格安SIMの端末保証を契約している場合でもメーカー保証期間はそちらが優先されますので、格安SIM事業者ではなく各メーカーへの問い合わせをすすめられます。

自分のこれまでのスマホがどの程度の期間でどんな壊れ方をしたのかをよく思い出してみましょう。もし落として故障させたりガラス割れが多かった場合は、強化ガラスフィルムや保護ケースでしっかりカバーして気を付けて利用する程度で案外大丈夫な場合も多いのではないでしょうか。

最近のスマホは防水・防塵機能が強化されていて、多少濡れた程度では壊れないようになっています。案外、端末保証をかけ続けるよりもその分を貯めておいて、時期をみて新しい端末を購入したほうがお得かもしれません。

もし故障もせずに3年間月額500円の端末保証をかけ続けた場合、支払額は12ヶ月*3年*500円=18,000円。修理や交換を行うと更に自己負担金も上乗せされます。

年に何度も故障させてしまう人ならお得と感じるかもしれませんが、あまり故障させないタイプの人であれば支払い損になるかもしれません。

もしメーカー保証期間が過ぎてから故障した場合を考えても、数年前の古い機種にわざわざ交換したり修理をしてその後も使い続けるでしょうか?

端末保証に加入する時には最新機種の端末でも2年経ってしまえばどんどん新しい機種が発売されてもう見向きもされない機種になっていることでしょう。

最近では性能の良い格安スマホも増えています。もし安い端末でも気にならないタイプであれば尚更、端末保証で月額料金を支払い続けるよりも不具合が起こった時点で新しい端末に買い替えたほうが安く済むでしょう。

自分のライフスタイルやこれまでの故障歴を考えてみると、ケースや保護フィルムを利用して不注意での故障にだけ気を付ければ端末保証は必要ない人も多いのです。

格安SIM業者以外の補償サービスを検討してみる

端末保証が無いDTIモバイルを利用したいけれど、やはり不安だから端末保証は欲しいという場合はスマホ対応の保険を検討してみましょう。

これまで大手キャリアの端末保証しか利用した経験が無いと「スマホの保険はスマホの会社で」という固定概念から、端末保証だけを別の会社に依頼しようとは思わないかもしれません。しかし、現在はたくさんのモバイル向けの保険が提供されています。

それぞれに特徴や補償内容に差がありますので、しっかり比較して自分に合った保険を選びましょう。

DTIモバイルで検討したいスマホ向け保険3選

スマホ保険(justInCase株式会社)

スマホ保険
画像引用元:シンプル。90秒で申込可能なスマホ画面割れ保険 | 株式会社justInCase

「スマホ保険」はjustInCase株式会社が提供するスマホの画面割れ・水没・破損等の修理費用を補償する保険です。自動的に付帯される特約により盗難・紛失も補償されます。(バッテリー交換、経年劣化は対象外。1契約1台)

アプリをダウンロードして、アプリから保険に申し込むことができるので煩わしい手続きも無く簡単に加入できます。保険を使わなければ30%の割引があるほか、AI(人工知能)が安全スコアを計算し、スコアが高いほど更新時の保険料の割引が高くなるサービスも提供しています。

中古でも加入可能なので、大手キャリアで購入した端末で補償サービスの無い格安SIMへ乗り換えた場合にも加入が可能です。

モバイル保険(さくら少額短期保険株式会社)

モバイル保険
画像引用元:ホーム | モバイル保険

「モバイル保険」はさくら少額短期保険株式会社が提供する保険で、同一契約で3端末まで、年10万円までの修理費用を何度でも補償する保険です。 破損・損壊・水濡れ全損・故障・盗難に備えることができます。(紛失は対象外)

対象は国内で販売されたメーカーの純正製品で、スマートフォン、タブレット端末、ノートパソコン、スマートウォッチ、モバイル音楽プレイヤー、携帯ゲーム機、モバイルルーターなどが対象となり、月額700円の支払いで何回でも補償してもらうことができます。

最大3つまで端末を登録することができるので、家族で個別に端末保証に加入した場合と比べて安い掛け金で備えることができますし、保険期間中は端末の追加変更がいつでも可能なので機種変更などで端末が変わっても簡単に変更することができます。

モバイル補償(株式会社エム・アール・ジー)

モバイル補償
画像引用元:モバイル補償は全てのモバイルに安心を届けます。

「モバイル補償」は株式会社エム・アール・ジーが提供する保険で、シンプルコース、スタンダードコース、プレミアムコースと3つのコースから自分に合ったコースを選ぶことができるのが特徴です。(1契約1台)

シンプルコースでは400円、スタンダードコースは600円、プレミアムコースは800円。シンプルコース(年間補償限度額5万)とスタンダードコース(年間補償限度額10万)では年3回までと上限が定められており、プレミアムコース(年間補償限度額10万)は年間補償回数は無制限となっています。

全損(修理不能)、一部損、水濡れは保険の対象ですが、盗難、紛失、バッテリー交換は対象外です。

DTIモバイル以外の格安SIM業者を検討する

つながる端末保証
画像引用元:つながる端末保証 – DMM mobile

もしDTIモバイルでなくてはというこだわりが無く、別途保険に加入するのが面倒だという場合はDTIモバイル以外の格安SIM業者を検討するのが一番簡単です。

スマホ向けの保険では故障時に代替機の貸し出しを無料でしてもらえるサービスなどがありますが、保険の場合は代替機の貸し出しが無かったり修理対応のみで新しい端末への交換対応はしていない場合も多いです。

DTIモバイルにこだわりがないのであれば同じような料金携帯の格安SIM業者に乗り換えを行い、そこで端末保証オプションに加入するのがおすすめです。

格安SIM他社で提供している補償サービス

 サービス名月額料金対応自己負担金年間上限
楽天モバイル端末保証500円交換のみ機種によって
4,000~7,000円
2回
つながる端末保証500円交換・修理【交換】
1回目 4,000円(税抜)
2回目 8,000円(税抜)
【修理】
なし(上限5万)
2回
LINEモバイル端末保証450円交換・修理1回目 5,000円
2回目 8,000円
(上限5万)
2回
持込端末保証500円交換・修理1回目 4,000円
2回目 8,000円
(上限5万)
2回
DMMモバイル端末交換オプション350円交換のみ機種によって
3,000~7,000円
1回
つながる端末保証500円交換・修理【交換】
1回目 4,000円(税抜)
2回目 8,000円(税抜)
【修理】
なし(上限5万)
2回
mineo端末保証安心サービス370円交換のみ1回目5,000円
2回目8,000円
2回
持ち込み端末
安心保障サービス
500円交換・修理【交換】
1回目5,000円
2回目8,000円
【修理】
なし(上限4万)
2回

その他にもたくさんの格安SIM業者が端末保証オプションを提供しています。年間利用上限はほとんどが2回ですが、それぞれ自己負担金や利用上限金額に差があるので、加入の際はどの端末保証オプションが自分に合っているのかしっかり検討しましょう。

格安SIM業者によっては同じ端末保証オプションでもAndroidでは交換・修理対応、iOSでは修理対応のみなど、補償内容に差がある場合があります。iPhoneなどを利用している場合は故障依頼をする際に対象外で困らないよう補償内容を確認してから加入しましょう。

また、ほとんどの端末保証オプションでの交換対応は原則として故障端末と同じ機種・カラーの新品かリフレッシュ品となり、最新機種やその他の機種への変更を指定することはできません。

もし同じ機種の端末の在庫が無い場合は違う機種への変更や違うカラーへの変更となりますが、どの機種になるかは格安SIM業者が決定することになります。

いま格安スマホへ乗り換えるならどこがおすすめ?速度・プラン・キャンペーン別に比較

まとめ

DTIモバイルで端末保証

最近のスマホは高機能で便利になってきた反面、販売価格や修理代金も高額になってしまう傾向にあります。高い端末を購入したのに、すぐに故障してしまったらどうしよう・・・と不安になってしまうのも当たり前の事でしょう。

そういう時のために端末保証や保険が提供されているのですが、やみくもに加入すれば安心という訳ではありません。格安SIMで提供されている端末保証では盗難や紛失は補償対象外となる場合が多く、そのような理由で端末が無くなってしまった場合などは端末保証に入っていても対応できません。

通常の自然故障やガラス割れなどの故障の場合も補償可能回数を超えてしまえば実費での修理になりますし、そもそも補償限度額を超えれば差額は実費となってしまいます。

もしこれまでに何度も水没させたり故障させるような使い方をしている場合は、利用回数に限度がない保険に加入するほうがメリットが大きいですし、何度も紛失してしまう場合は盗難・紛失も補償対象になる保険でなければ意味がありません。

逆にこれまでも安心だからと端末保証に加入し続けてきたけれど、故障時には新機種に買い替えてばかりで一度も補償を利用したことがない方にはコストパフォーマンスを考えると端末保証は必要ない可能性が高いです。

また月500円程度の保険でも家族4人で加入すれば1ヶ月2,000円。1年で24,000円にもなってしまいます。もし家族内で加入したい人が複数いる場合は個別で加入せずに家族全員が補償される保険にまとめて加入したほうがお得に備えることができるでしょう。

自宅での故障は補償対象外になりますが「携行品補償」のオプションがつけられるなら、キャリアが提供する端末保証よりそちらのほうがはるかに月額料金が安く、PCやカメラなどいろいろな携行品が対象となるので便利です。

端末保証が無いDTIモバイルを利用する場合には、本当に自分には端末保証が必要なのかどうかをしっかり見極めてスマホのガラス割れや故障に備えることが大切です。

格安SIM|DTIモバイルの料金プラン比較と機種変更・乗り換え・解約手順

オススメの格安スマホはこちら

キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカード GOLDのメリット
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDの特徴
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
naccya
naccya
夫とこどもと猫の3人+2匹家族。スマホはAndroid派。ハイスペックは使いこなせないので安くて使い勝手が良いほうが嬉しいライトユーザー。かわいいもの好きのこどもとスマホの取り合いをしないため、カラーはダークカラーを選びがち。 猫を常時愛でるために、自宅に籠って仕事しているといっても過言ではない。