MNP スマホの使い方 格安SIM・格安スマホ 格安SIM乗り換えガイド
読了時間:約 2

格安SIMという言葉が認知されてきた現代では、携帯電話の料金を安く抑えている人も多いかもしれません。その中でも、格安SIMをまだ使ったことがない、使ってみたいけど詳しく知らない、どこの通信会社がいいのかわからない方も多くいます。

今回は格安SIMのおすすめ通信会社DTIモバイルについて詳しく書いていきます。

格安SIMとは

格安SIMを知らない方のために、格安SIMの概要を説明します。格安SIMとはその名前の通り、大手キャリア(au、ドコモ、ソフトバンク)よりデータ通信の月額料金が安いSIMカードです。

格安SIMはデータ料金は安いのですが、通話料金は基本的に有料の場合が多いので注意してください。

通話料は定額サービスがない?

前述したとおり、格安SIMは基本的に通話料金が有料です。各会社によってまちまちですが、大体30秒で20円ほどの通話料金が発生します。

ですが、定額サービスに近いものは存在しており、月額約800円ほど支払いを行うと一回の通話が5分以内なら何度でも無料といったサービスが存在します。

電話での通話が多いと格安SIMは損?

仕事やプライベートで電話での通話が長時間続いてしまうと、せっかくデータ料金が安くなたっとしても、通話料金がかさみ逆に割高になる場合もあるので注意が必要です。

自分の通話料金や通話時間がどれくらいなのかを把握してから格安SIMを検討することをおすすめします。

データ通信料金は格段に安い

データ通信は大手キャリアに比べて格段に安くなっています。こちらも各会社によってデータ容量と金額はまちまちですが、3Gの容量で通話機能付きが約1,500円ほどで利用できます。

大手キャリアと今回ご紹介するDTIモバイルの料金比較は、後述の「DTIモバイルの料金プラン」で詳しく書いていますのでご覧ください。

格安SIMのメリット

他にも格安SIMのメリットはたくさんあるので書いていきます。次のメリットが自分に当てはまるのか、まずはチェックしましょう。

・データ通信料金が安い
・2年契約や3年契約といった契約期間の縛りが無い、または緩い
SIMフリー端末ならどのスマホでも利用可能
・通話のデメリットはLINEやメッセンジャーでカバーできる

大まかにこれらが格安SIMのメリットです。安くて契約期間の縛りがゆるいので、他社のSIMにも乗り換えやすいです。
通話に関しては、LINEやFacebookのメッセンジャーのオンライン通話機能をメインで利用すれば問題ないでしょう。

格安SIMのデメリット

次に格安SIMのデメリットも理解しておきましょう。デメリットを理解すれば、対策も立てやすくなります。

・電話での通話料金に定額がない場合が多い
・スマホに何かトラブルがあっても相談する店舗が少ない、または店舗がない
・初期設定を自分でする必要がある
・スマホ本体の割引が受けられない場合が多い

ガジェット系に強い方なら、初期設定やトラブルに対応できる方も多いでしょう。しかし格安SIM初心者の方にとっては手間がかかる、難しそうと感じやすいポイントです。

最近は実店舗のある格安SIM業者もありますのでそちらを利用するのがおすすめです。仕事で使う方は、電話回線での通話がメインになります。そのときに格安SIMの料金形態だとデメリットとなってしまいます。

Androidの場合、端末とセット割引も存在しますが、iPhoneの最新機種や新しめのiPhoneは今のところ端末とセット購入で割引がないので注意が必要です。

おすすめの格安SIMはDTIモバイル

格安SIM選びで悩んでいるならDTIモバイルがおすすめです。インターネットプロバイダとして20年の実績があり、格安SIMへの参入も早い段階から行っています。

シンプルな料金プランや、さまざまなオプションで人気のある格安SIMの会社です。次からは、他の格安SIMの会社との比較やおすすめのプランをご紹介します。

DTIモバイルの料金プラン

まずは大切な料金プランの選び方です。自分の用途に合わせて、まずは3種類の中から選んでみましょう。

・音声プラン
音声プランは電話番号が割り振られた音声通話ができるプランです。通話もデータ通信も行うなら音声プランを選択してください。

DTIモバイルをメインに新規契約する方や、いま使用している番号そのままで格安SIMに乗り換えたいと思っている方におすすめのプランです。

・データ専用プラン
電話機能は不要で、データ通信のみ利用できるプランです。セカンドのスマホやタブレットを使用したり、Wi-Fiルーターようにする方はこのデータ専用プランで十分です。

試しにDTIを使ってみたい方も、データプランから利用してみるのがおすすめです。

・SMS機能付きデータプラン
SMSとはショートメッセージ機能の事で、このプランは電話番号が割り振られます。これはメッセージ用の電話番号なので通話はできませんので注意してください。

SMSはセキュリティの認証などに使用することがありますので、LINEのようなSMSで認証が必要なサービスを利用する場合はSMS機能付きのプランを選択しましょう。

電話をLINEのみと割り切る方には安くてSMSも使えるのでおすすめです。

DTIモバイルの料金は安い?

3種類のプランから自分に合ったものがわかったら、次はデータの容量を選びましょう。今使っているスマホのプランが何ギガで、毎月その容量を使い切っているのか、余っているのかを知ることが重要です。

DTIモバイル料金プラン

まずはDTIモバイルの料金表を見てみましょう。

画像引用元:DTIモバイル公式サイト

3GBのデータプランとデータSIMプラン、10GBのプランは業界最安値となっています。これは、2017年7月28日、DTIモバイルにおいて行ったインターネット検索による結果ですので、現在が最安値という保証ではありませんので注意しましょう。

それでもデータSIMプランに関しては、毎月3GBで1,000円を切る安さなのでサブ端末用に利用するメリットは大きいといえます。

容量の大きい10GBのデータプランでも月額税抜き2,100円と非常に低価格のプランなので、3GBをまず利用してから不便なところがなければ10GBに移行する方法が一番いい方法です。

DTIモバイルと他社の料金比較

DTIモバイルが現状どれだけ安いのか、他社の価格と比較してみましょう。対象は他社の格安SIM業者と大手キャリアを分けて比較しています。

格安SIMの楽天モバイル

楽天市場は日本でも有名なインターネットショッピングサイトで、利用している方も多く格安SIMに参入したことで大きな話題となりました。

楽天モバイルの料金表は次の通りです。

画像引用元:楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルには3GBのプランに0.1GB追加された3.1GBプランが提供されています。データSIMの料金比較は、60円差、SMS機能付きの場合は180円差、音声機能付きは110円差ですべてDTIモバイルが安くなっています。

そこまで大きな差はないものの、スマホはずっと使い続ける可能性が高いものなのでこれから先のことを考えると大きな節約になるといえます。

大手キャリアとの差は?

現在格安SIMに移行しようか迷っている方の中には大手キャリアであるau、ドコモ、ソフトバンクの方も多いでしょう。

次は大手キャリアであるドコモを新規契約した場合の月額料金をシミュレーションしてみました。機種代金が込みになってしまっていますが、差し引いて比較します。

画像引用元:ドコモ公式サイト

3GBの契約でカケホーダイライトプランを選択しました。カケホーダイライトプランは一回の通話が5分以内無料になるサービスで、格安SIMでよく見かける通話定額サービスに似ています。

このシミュレーションの契約期間は2年間です。2年縛りを解除することもできますがその場合、月額料金が税込3,456円と料金が高額になる点は注意が必要です。

機種代金を一括で支払ったとしても毎月税込4,860円が必ず必要になります。DTIモバイルで同じく3GBの音声通話を利用した場合は、月額税込1,610円ですのでその差は3,250円と結構大きな差額となります。。

これが2年間続くと、約78,000円の差が出てくるので、DTIモバイルで契約した方が遥かに安くなるのが一目瞭然です。

今解約料金が高額なので解約時期を待っている方も、支払料金を算出してみましょう。もしかしたら解約料金を払って格安SIMに乗り換えたほうが結果安くなる場合があります。

DTIモバイルのオプションサービス

DTIモバイルはさまざまなオプションサービスがラインナップされており、自分の使い方に合わせて選ぶことができます。次は、DTIモバイルのおすすめオプションを2つピックアップしました。

1.おとくコール10

おとくコール10は、月額税込886円で10分以内の電話が何度でもかけ放題になるサービスです。格安SIMの弱点でもあるかけ放題がカバーされるオプションです。

一度の通話時間が短い方やかける回数が多い方は必ずこのオプションに申し込みましょう。格安SIMにしたのに料金が高いという方の原因の一つに、うっかり長電話をしてしまったという理由があります。

うっかり長電話を防止するためにもおすすめのオプションです。ただ利用には専用のアプリから発信する、もしくは電話番号の先に0063をつけなければオプションに加入していても割引が適用されないので注意しましょう。

2.music.jpがお得に利用できる

DTIモバイルとmusic.jpのコラボオプションで、料金は月額税込540円です。DTIモバイルユーザーだけのスペシャル特典があり、映画や音楽好きにピッタリのオプションです。

特典内容は次の通りです。

・初月500円分のポイントが無料でもらえる
・初月は無料で利用可能
・毎月640塩円分のポイントがもらえる
・毎月1,500円分の動画ポイントが貰える

ポイントバックの特典が多く、特に動画用のポイントが1,500円分もらえるのは非常に大きなメリットと言えます。他にもアニメやコミックにもポイントが利用できるので、自分の趣味に合わせて使えるのもうれしいサービスです。

以上のことからDTIモバイルは、エンタメ系サービスに強いことがわかります。通勤時間や休憩時間の暇つぶしを充実させるならmusic.jpのオプションは必須で追加したいところです。

YouTubeとTwitter好きはDTI見放題SIM

DTIモバイルの看板プランとも言えるのが、YouTubeとTwitterのデータ通信がカウントフリーになるDTI見放題SIMです。さらにradikoやマイナビもカウントフリーで利用できます。

注意点はYouTubeやTwitterから外部ホームページを利用する場合やTwitterのライブストリーミング動画(Periscope)はカウントフリーの対象外となりますので注意してください。

またこのプランはデータ専用SIMとなりますので、Wi-Fiルーターでの利用のみとなり電話番号やSMS機能付きのサービスは利用できません。

DTI見放題SIMの料金は7GBで月額税込2,625円となっており、YouTubeが見放題と考慮するとかなりお得な料金形態でしょう。

おすすめの組み合わせはDTIモバイルの1GB音声プランにこのDTI見放題SIMを組み合わせて、実質8GBにYouTubeとTwitterをカウントフリーで楽しむやり方です。

DTIモバイルの解約の条件は?

DTIモバイルはデータSIMとSMSデータSIMは縛りの期間がないため、いつでも解約が可能です。そのため、ためしにDTIモバイルを使ってみたい場合は、データ系のプランを利用してみるのがおすすめです。

音声通話機能のSIMカードの最低利用期間は12ヶ月で、税込10,584円の解除手数料が発生するので注意してください。

新規契約や機種変更の方法

DTIモバイルで新規契約や機種変更の場合、スマホ本体の販売はありません。そのためスマホ本体は自分で用意する必要があります。

DTIモバイルはドコモ回線を利用しているので、今使っているスマホがドコモのものであればそのまま利用することができます。auやソフトバンクで購入したものであれば、まず店頭でSIMロック解除をおこなってスマホをSIMフリーの状態にしておきましょう。

SIMロック解除が面倒だったり、他の機種を利用したいなら中古のスマホを購入して機種の準備をしておいてください。中古ショップでドコモで販売されていたものか、SIMフリーの端末かの確認だけは必須です。

MNPの方法

今使っている会社からDTIモバイルに乗り換える場合は、MNPの転出届を準備しましょう。方法は大手キャリアなら店頭で申し出れば準備してくれます。その際に手数料として、約3,000円ほどかかります。

インターネットでMNPの転出手続きをすれば無料になる場合がありますので、利用してみましょう。DTIモバイルから他の会社に転出する際は、MNP手数料として税込5,400円が必要となります。

DTIモバイルで使えるおすすめ機種

前述した通りDTIモバイルではスマホの購入ができないので、自分で用意する必要があります。DTIモバイルで利用できるおすすめの端末を3つご紹介します。

1.Huawei P20

画像引用元:Huawei公式サイト

Huaweiから発売されている、P20はライカのダブルレンズカメラを採用し、発売前から評価の高いスマホです。

写真撮影にはAIプロフェッサーを利用して美しいボケ味を演出してくれるので、素人でもプロ並みの写真が撮影可能でユーザーからも評判は上々となっています。

バッテリーの充電もHuaweiスーパーチャージャーにより30分の充電で約58%の充電が可能となっています。独自のkirin 970システムのおかげで省電力にも優れたスマホです。

Amazonでの価格は約65,000円ほどで、ハイスペックのスマホとしては納得の価格です。機能面から長期利用を前提として購入しても満足の1台と言えるでしょう。

2.Oppo R11s

画像引用元:Amazon

OPPOは日本では聞き馴染みのないメーカーですが、最近は格安SIMのスマホ売り場には展示されていることが多くなりました。OPPOは中国のスマホメーカーで、機能面が充実していてSIMフリー端末として人気が上昇しているブランドで、最近はよく注目されています。

このR11sは2,000万画素ダブルレンズ搭載で撮影時に被写体をしっかり写し、周りをしっかりぼかしてくれます。他にも顔を美しく写すためのビューティーモードや、スリムな有機ディスプレイで快適に使用できるスマホといえるでしょう。

価格はAmazonで約60,000円弱で購入可能です。初心者の方からSIMフリースマホヘビーユーザーの方まで満足できるのがOPPOのR11sです。

3.Moto G6 Plus

画像引用元:モトローラ公式サイト

モトローラから販売されているMoto G6 Plusはデュアルカメラ搭載、5.93インチの大画面、大容量バッテリーを搭載したハイスペックなスマホです。

モトローラは日本でも認知度が高く昔から人気のあるメーカーで、最近はDSDSという2枚のSIMカードが利用できることで注目されています。

Moto G6は持ちやすいデザインと、ハイスペックなCPUで快適性も抜群、価格もAmazonで約38,000円と買いやすい価格が魅力的といえます。購入価格を抑えたいけど、ある程度のハイスペックスマホがほしい方にはこのMoto G6 Plusは特におすすめの商品です。

DTIモバイルは料金節約にもぴったり

DTIモバイルは他社と比べても料金が安く、格安SIM業界内でもトップクラスの価格帯です。ドコモ回線を利用しているので、速度も安定しており初心者でも使いやすい格安SIMであるといえるでしょう。

特に、YouTubeとTwitterがカウントフリーになるSIMカードもあるので、使い方次第ではどの会社よりもお得に利用できます。初めての格安SIMに悩んでいる方は、DTIモバイルを利用してみましょう。

2018年|格安SIM・格安スマホ徹底比較|主要10社のメリット・デメリット・評判まとめ

Pocket