dポイント投資って何?サービスの上手な使い方・投資のコツ・評価

  • 2020年6月12日
ご入会&エントリー&ご利用で最大合計18,000※dポイント(期間・用途限定)プレゼント!

長引く低金利で貯金はさっぱり増えないけれど、投資は難しそうだしなんだか不安…という方に朗報です。なんとドコモのdポイントを使って簡単に投資できる、dポイント投資というサービスが提供されているのです。ここからは、dポイント投資のサービス内容と上手な使い方のほか、投資のコツや評価などについて紹介します。

そもそもdポイント投資って何?

dポイント投資はれっきとした投資

一般的な投資は、株や投資信託などをお金で購入して行う資産運用のことを指します。

dポイント投資では、運用する資産がお金ではなくdポイントであること以外、通常の投資と同じです。

つまりdポイント投資とは、お金での代わりにdポイントを使った投資信託のことだと考えればOKです。

投資したdポイントは、ロボアドバイザー『THEO』を運営するフィンテック企業・株式会社お金のデザインが運用している投資信託の基準価格に連動して、毎日変動します。

dポイント投資で運用にまわしたポイントは、毎日17時頃に最新に更新されますが、土日祝日は市場そのものが動かないため、更新されてもポイント数に変化はみられません。

なおdポイント投資では、登録料や年会費、手数料などの支払いは一切不要です。

お金を使わないから安心

投資は元本が保障されません。「お金が半分に減ってしまった」というような失敗談を聞くと、どうしても投資に対して尻込みしてしまうものです。

けれどもdポイント投資でお金は使われず、dポイントを「運用ポイント」に交換したものを使って運用されます。

そのため、もし投資に失敗したとしても減ってしまうのは「運用ポイント」だけで、お金が減ることはありません。

なお「運用ポイント」は、いつでも1ポイント単位でdポイントに交換して引き出すことができます。

また、交換できるポイント数に上限はなく、dポイントとして引き出すと即時に「dポイント合計」に加算されます。

POINT

お金を使っていない点以外は通常の投資信託となんら変わりはなく、これまで投資に縁がなかったという方でも、dポイント投資なら気軽にチャレンジできますね。

たった100ポイントから投資を始められる


画像引用元:ポイント投資

dポイント投資では、dポイントを100ポイントから100ポイント単位で運用できます。

いくらdポイントを使った投資でも、せっかく貯めたポイントをいきなり大量に投入することはためらわれます。

けれどもたった100ポイントから始めることができるdポイント投資なら、やってみてもいいかな?と思えるのではないでしょうか。

なお、1日に追加できるポイント数の上限は2,000ポイントです。値上がりが期待できそうなときはできるだけ多くのdポイントを運用すれば、大きく増やすことができますよ。

残念!dポイント(期間・用途限定)は使えない

dポイント投資で「運用ポイント」に交換できるdポイントは通常のdポイントのみで、dポイント(期間・用途限定)を使ってのdポイント投資はできません

ただし、通常のdポイントには4年間の有効期限がありますが、dポイント投資で運用している間はポイント期限がなくなります

つまり、dポイント投資にdポイントを使った時点でdポイントの有効期限は一旦クリアされ、その後dポイントを元に戻した時点から改めて有効期限がスタートするのです。

POINT

dポイント投資をうまく使えばdポイントの有効期限が事実上なくなってしまうため、期限が切れてしまいそうになったdポイントの救済策としても活用できます。

dポイント投資で選べる2つのコース

dポイント投資では、「アクティブコース」と「バランスコース」の2種類から投資コースを選ぶことができます。

「アクティブコース」は、債券よりも株式にたくさん投資するプランで、ハイリスクとなりますがハイリターンが期待できるコースとなっています。

つまり「アクティブコース」は、大きく増える代わりに大きく減ってしまうこともあるというプランです。

「バランスコース」は株式よりも債券に比重が置かれたプランで、「アクティブコース」に比べると増減はゆるやかとなっています。

dポイント投資のプランでは、「アクティブコース」と「バランスコース」の両方を選択することはできず、どちらか一方を選びます。

けれどもコースの変更はいつでもOKなので、最初は「バランスコース」で手堅くスタートして、様子を見ながら「アクティブコース」に切り替えてもよいでしょう。

dポイント投資でサービスの上手な使い方

dポイント投資を始める手順

dポイント投資は、dポイントカードの会員でdポイントクラブのアカウントを持っている方であれば始めることができます

ドコモのケータイや光回線などを利用していなくてもOKですが、ドコモビジネスプレミアクラブ会員(法人契約の方)は対象外です。

加えて、ポイント共有グループの代表会員がポイント利用拒否設定をしているケースでのグループ会員は、dポイント投資を行うことはできません。

dアカウントは無料で取得でき、方法は次のとおりです。なお、docomo IDを持っている方は、そのままdアカウントとして利用できます。

  1. dアカウント登録ページにアクセス
  2. 「無料のdアカウントを発行」をタップ
  3. dアカウント発行入口画面に移動し、dアカウントを取得

dアカウントの発行手続きは、メールアドレス以外にもYahoo! JAPAN ID・Google+ID・Facebook IDなどでも可能です。

dアカウントを取得すれば、dポイント投資サービスを利用できるようになります。dポイント投資の手続きは、dポイント投資のサイトから以下のような手順で行います。

  1. dポイント投資のサイトにアクセス
  2. dアカウントでログイン
  3. 「初めての方はこちら」をタップ
  4. 規約などが表示されるので、「上記全ての内容に同意する」をタップ
  5. ポイント投資のコース設定画面からいずれかのコースを選択
  6. 投資するdポイント数を入力し、「確認する」をタップ
  7. 入力情報を確認し、「確定する」をタップすればOK

以上の手順を踏むだけで、dポイント投資の口座を即日開設することができます。

運用ポイントは、dポイント投資サイトのトップページから確認でき、dポイントの追加や引き出しもdポイント投資サイトから簡単に実行&リアルタイムで反映されます。

dポイント投資のサービスを上手に使ってポイントを増やす方法は、次の章で詳しく紹介しましょう。

dポイント投資のコツってあるの?

dポイント投資だけの高確率で増やすコツ

一般的に預貯金より投資のほうがより高い金利を期待できるとされています。

けれども預貯金の金利は預けるときに確定されていますが、投資の金利はあくまでもこれまでの実績であり、元本割れすることさえありえるのです。

ところがdポイント投資の場合、「増やせる確率をかなり高くするコツ」というものがあるのです。

その秘密は、dポイント投資は当日の相場状況を確認した上で、ポイントの出し入れを決めることができることにあります。

ポイントの増減は当日の基準価額に合わせて午後5時頃に更新されるため、午後5時前に、前日のダウと当日の日経平均株価や為替状況を見て投資判断ができるのです。

具体的には、相場が下落しそうな場合にはポイントを引き出し、上がりそうな場合には追加を行います。

一般の投資では売り・買い注文を出してから実行されるまでにタイムラグがあるうえ、そのたび手数料が発生します。

けれどもdポイント投資ではリアルタイムでポイントの出し入れができて手数料も不要なので、いつでも好きなときに気軽にポイントの出し入れが可能です。

これらの条件を踏まえてdポイント投資を利用すれば、かなり高い確率で勝率を上げることができます。

より多くのdポイントを追加する方法とは

投資でより多く運用益を上げるための簡単な方法は、より多くの資金を投入しておくことです。

たとえば1株につき500円の値上がりが合った場合、その株を100株保有していれば5万円の収益を得られますが、1000株保有していれば50万円の収益を得られます。

dポイント投資では相場の状況をみることで値動きが予測できるため、上がりそうな場合にはできるだけ多くのポイントを追加しておくことで、さらにポイントを増やすことができるのです。

ところが2018年末にdポイントの1日あたりの追加量に制限が設けられ、2,000ポイントが上限となってしまいました。

この変更によって、下落を避けて全ポイントを引き出してしまうと、回復させるまでに多くの日数が必要となってしまったのです。

そこで、より多くのdポイントを効率よく追加するための方法として、THEO+docomoの積立設定をされることをおすすめします。

THEO+docomoとは、株式会社お金のデザインが提供している投資一任型運用サービスで、メールアドレス・dアカウント・マイナンバーがあれば簡単に口座を開設できます。

住信SBIネット銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・じぶん銀行からであれば、振込手数料無料でクイック入金が可能です。

もちろん通常の振込入金も可能で、ドコモ口座からの入金もできます。入金後、積み立て設定をONにすれば手続きは完了です。

THEO+docomoの積立設定をしておけば、1日に追加できるポイントの上限は10,000ポイントにまで引き上げられます。

なお土日祝日に市場の変動はありませんが、ポイントの追加・引き出しは可能です。

POINT

ポイントを追加したいときには、午後5時を過ぎた時点でdポイントを10,000ポイント追加して翌日さらに追加すれば、合計20,000ポイントを追加できるのです。

dポイント投資の評価は

dポイント投資に寄せられた評価は、以下のようにおおむね良好です。

  • ドコモユーザーでなくても口座を開設できる
  • 口座開設や運用に手数料は不要
  • ポイントの出し入れはスマホから簡単に行える
  • お金を使わずに投資を体験できる
  • 思ったより簡単にポイントが増やせる
  • dポイントを有効に使える
dポイント投資のまとめ
  • dポイント投資は、お金での代わりにdポイントを使った投資信託。
  • 登録料や年会費、手数料などの支払いは一切不要。
  • アクティブコース」と「バランスコース」の2種類から選べる。
  • 100ポイントから始められて、1日に追加できるポイント数の上限は2,000ポイント。
  • THEO+docomoの積立設定をしておけば、1日に追加できるポイントの上限は10,000ポイントにまで引き上げられる。

dポイント投資で気軽に投資デビュー

「dポイント投資って何?アプリの上手な使い方・投資のコツ・評価」と題して、dポイント投資についてさまざまに解説しました。記事を読まれて、投資に対する苦手意識が払拭されたのではないでしょうか。

公式サイトから簡単に行えるdポイント投資で、これまで以上にdポイントを有効活用していただければと思います。


キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカード GOLDのメリット
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDの特徴
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ