読了時間:約 2

iPhoneは持っているけれどiPadの大きな画面で動画や電子書籍を楽しみたいと思ったことはありませんか?

ドコモの2台目プラスなら、シェアパックを利用していなくても現在の契約にiPadを子回線のように追加して楽しむことができます。

ドコモでiPadを購入して2台目プラスを利用した場合の料金や維持費を徹底解説いたします。

MacBook Air vs iPad Pro 比較レビュー |普段使いに最適なのは?

ドコモの「2台目プラス」はひとりで利用するならお得なサービス

ドコモ「2台目プラス」とはどんなサービスなのか?

ドコモ「2台目プラス」とはどんなサービスなのか

ドコモの2台目プラスは、シェアパックを利用していなくてもiPadやタブレットを追加してシェアパックの子回線と同じような条件で持つことができるサービスです。

iPhoneやスマートフォンを利用していて、「やっぱり別途iPadやタブレットの大きな画面で利用したほうが便利だな」と思う場面はよくあります。

もともと家族全員ドコモでシェアパックを利用しているような場合は、簡単にiPadやタブレットを子回線として追加することが可能でしょう。

しかしひとり用のベーシックパックなどを契約していた場合は、シェアパックのようには回線を追加してデータ容量をシェアすることはできません。

そんな時に2台目プラスを利用すれば、iPadを子回線のように追加してデータ容量をシェアすることが可能となり、個別に契約するよりもお得に維持できます。

もしこれまでデータ容量を使い切れずに余らせていたなら、2台目プラスでiPadを利用すれば効率よくデータ容量を消費できるので便利でしょう。

2台目プラスの料金や維持費はどのくらい?

2台目プラスの料金や維持費はどのくらい?
画像引用元:もっと便利に・もっとおトクに | 料金・割引 | NTTドコモ

通常iPadやタブレットを利用するために契約を行うと、パケットパックとして最低でも月額2,900円(ステップ1は1GBまで)のベーシックパック料金が発生します。

2台目プラスを利用すれば、パケットパックを1台目のスマホと容量共有できるのでパケット料金をシェアオプションの月額500円で抑えることができます

2台目プラスの維持費
データプラン2年定期契約あり1,700円
2年定期契約なし3,200円
2台目プラス(シェアオプション定額料)500円
spモード300円

データプランは2年定期契約ありの場合なら月額1,700円ですので、2台目プラスのシェアオプション500円+spモード300円をプラスして維持費は月額2,500円となります。

通常契約する場合はスマホとiPadを合わせて1万円程の維持費が必要になりますが、2台目プラスを利用することで維持費を大幅に節約することが可能なのです。

ドコモ「2台目プラス」を利用する際の注意点

もともとシェアパックを利用しているなら、2台目プラスは必要ない

シェアパックを利用しているなら2台目プラスは必要ない
画像引用元:シェアパックのしくみ | 料金・割引 | NTTドコモ

2台目プラスを利用してiPadやタブレットを追加する料金と、利用中のシェアグループに子回線としてタブレットやiPadを追加する料金はまったく同じです。

もともとシェアパックを利用しているなら、そのままシェアパックにiPadを子回線として追加して利用するようにしましょう。

2台目プラスはあくまでシェアできないプランを利用中のユーザーが利用するためのサービスという位置付けとなっています。

使いすぎるとシェアする親回線もデータ不足に陥る

使いすぎるとシェアする親回線もデータ不足に陥る
画像引用元:ベーシックパック・ウルトラデータパック | 料金・割引 | NTTドコモ

もし親回線が利用可能データ容量に制限のあるプランを契約している場合は、使いすぎるとデータ不足に陥るので注意が必要です。

iPhoneやスマートフォンだけで利用していた時は余っていたデータ容量も、iPadやタブレットをプラスして2回線で利用するようになれば足りなくなるかもしれません。

もし利用可能データ量を超えてしまうと2台目プラスを利用しているiPadはもちろん主回線もデータ通信速度が低下し、128Kbpsのリミットモードの状態になります。

またベーシックパックなどの従量制プランを契約している場合は、使用量によってステップ1~ステップ4まで料金が上がっていくことになるので注意しましょう。

パケットパックデータ量月額料金
ベーシックパック<ステップ4>
〜20GB
7,000円
<ステップ3>
〜5GB
5,000円
<ステップ2>
〜3GB
4,000円
<ステップ1>
〜1GB
2,900円
最新iPad Proがおすすな理由|Apple Pencil対応でMacBook Proより優秀

2台目プラスはデータ契約のみ、同一名義での契約が必須

2台目プラスはデータ契約のみ、同一名義での契約が必須

2台目プラスは通常の音声契約にiPadやタブレットを利用するためにデータ契約を追加するサービスとなっており、通話のできる音声契約を追加することはできません

もしデータ契約で電話もしたい場合はIP電話のアプリを利用するようにしましょう。

どうしても音声契約を追加したい場合は、シェアパックを契約して子回線として追加する方法をおすすめします。

また、2台目プラスの契約は主回線となる音声契約と2台目プラスのデータ契約が同一名義でなければ適用されません。

もし2台目プラスの契約を行う場合は主回線と同一名義になるように気を付けましょう。

更に、2台目プラスは主回線に対して1回線のみシェア可能となっています。お得だからといってもう1回線増やすことはできません。

次のページは、「2台目プラスとiPadの購入を検討中なら5月末までに契約しよう」をご紹介します。

1 2