読了時間:約 2

2019年現在、ドコモ回線の格安SIMを使うのならどこが一番良いのでしょうか。

ここでは料金や通信速度別におすすめのドコモ回線を使っている格安SIMをランキング形式でご紹介しています。

格安SIMに乗り換えるならドコモ回線のキャリアが良い、ドコモ回線の格安SIMについて詳しく知りたいという方は是非目を通して見て下さい。

料金が安いドコモ回線のおすすめ格安SIM


格安SIMへ乗り換える方にとって最も気になるのは料金と通信速度の2つでしょう。まずは料金の安いドコモ系格安SIMのランキングをご紹介していきます。

音声通話プラン or データ通信専用プラン
  • 音声通話プラン…電話をしたい場合、大手キャリアから利用している電話番号を引き続き利用する(MNP)予定であればこちら。
  • データ通信専用プラン…2台目として使用したり、通話アプリを利用したIP電話やLINEの無料通話のみ利用する予定であればこちら。

データ通信のみのプランの場合

1位:b-mobile


画像引用元:b-mobile ホーム|スマホの月額料金を安く。世界初のMVNO-日本通信
b-mobileはメジャーな格安SIMほどの知名度はないものの、選べるプランが豊富で料金も抑えられているので、出来るだけ毎月の携帯料金を抑えたい方に人気があります。

気になる料金は1GBのデータ容量パックが付属したプランで500円(税込)/月からとかなり格安です。

これだけ安い料金で利用出来るキャリアはau回線やソフトバンク回線を含めてもほとんどありません。

データ容量の少ないプランを探している、サブスマホを運用するキャリアを探しているのならb-mobileを選ぶことをおすすめします。

2位:OCN モバイル ONE


画像引用元:OCN モバイル ONE|格安SIM・格安スマホ | NTTコミュニケーションズ 個人のお客さま
古参のプロバイダーであるOCNが運営するOCN モバイル ONEは格安SIMでは主流のデータ容量6GBプランが安いことで有名です。

6GBプランの料金は1,450円(税別)/月、データ通信のみのプランの中ではかなり安い部類でしょう。他社の4~5GBプラン並と言っても過言ではありません。

これだけ安い料金であればスマホをセット購入したとしても毎月の携帯代は3,000円程度に抑えられます

LINE等で通話することが多く、音声通話機能が必要ない方にとっては後述するBIGLOBEモバイルと並んで最適なキャリアです。

3位:BIGLOBEモバイル


画像引用元:【公式】格安SIM/スマホのBIGLOBEモバイル
OCNと同じく大手プロバイダーのBIGLOBEが運営するBIGLOBEモバイルもデータ通信のみのプランが安く使える格安SIMのひとつです。

6GBプランの料金はOCN モバイル ONE と同額の1,450円(税別)/月ですが、6GB以上のプランになると料金はやや高めになってしまいます。

OCN モバイル ONEとどちらを選ぶかは悩みどころですが、セット購入をするならスマホのラインナップを比較して好みのスマホを販売している方を選ぶと良いでしょう。

スマホを持ち込んで契約する場合はどちらを選んでも料金の負担は変わりませんが、6GBプラン以外を選ぶのなら他の格安SIMも候補に入れて比較するのがおすすめです。

料金がで選ぶドコモ回線のおすすめ格安SIM
(音声通話が出来るプラン)
  • nuroモバイルは、2GBプランだと1,400円(税抜)/月、4GBプランだと1,800円(税抜)/月。カウントフリーサービスがないので、特定の動画サイトやSNSを利用することが少ない型におすすめ。
  • IIJmioは、3GBプランで1,600円(税抜)/月、12GBプランで3,260円(税抜)/月。特に12GBプランの料金は破格。ゲームアプリや動画視聴などでデータ通信をすることが多いのならIIJmioがおすすめ
  • 楽天モバイルは、10GBプランの料金で2,960円(税抜)/月。『楽天でんわ 10分かけ放題 by 楽天モバイル』のオプションもあるので、音声通話をよく利用する方におすすめ。

音声通話が出来るプランの場合

1位:nuroモバイル


画像引用元:nuroモバイル
nuroモバイルは独自のシステムやプランを導入していることで広く知られている格安SIMです。

特にデータ容量いっぱいまで通信を行っても翌月のデータ容量を使うことのできるサービスや端末代金の支払いをスキップできるサービスは好評となっています。

料金も低く抑えられており、2GBプランだと1,400円(税抜)/月、4GBプランだと1,800円(税抜)/月で利用することが可能です。

利用者の多い4GBから6GBのデータ容量プランで料金が2,000円を切る格安SIMはかなり珍しく、メインのスマホを運用するキャリアにも向いています。

流行のカウントフリーサービスが無い点は残念ですが、特定の動画サイトやSNSを利用することが少ないのなら4GBでも充分快適にデータ通信を行えるでしょう。

2位:IIJmio


画像引用元:格安SIM/格安スマホ・インターネットサービスのIIJmio
格安SIM黎明期から高い知名度を誇るIIJmioは、500以上の格安SIMが誕生した今でもシェア2位の座を堅持する人気の高いキャリアです。

IIJmioの魅力を一言で説明するならバランスが良いという言葉が最適でしょう。IIJmioは料金、通信速度、サポートのどこを取っても質の高いサービスを提供しています。

肝心の料金は3GBプランで1,600円(税抜)/月、12GBプランで3,260円(税抜)/月です。3GBプランも充分安いですが、12GBプランの料金は破格と言えます。

というのも、大容量プランに対応していて、料金がここまで低い格安SIMはほとんど無いのです。IIJmioほどサービスの質が高いキャリアとなれば尚更でしょう。

ゲームアプリや動画視聴などでデータ通信をすることが多いのならIIJmioをおすすめします。

3位:楽天モバイル


画像引用元:楽天モバイル:安心・お得な格安スマホ(スマートフォン)/格安SIM
楽天モバイルもnuroモバイルと同じく独自のサービスを展開しているのが特長の格安SIMです。

例えばスーパーホーダイプランの特典である『通信制限中でも最大1Mbpsで通信可能』などのサービスは楽天モバイルならではのものと言えるでしょう。

使えるデータ容量の低いプランの料金は格安という程ではありませんが、10GBプランの料金は2,960円(税抜)/月とかなりリーズナブルな料金設定になっています。

『楽天でんわ 10分かけ放題 by 楽天モバイル』を使えば10分以内の通話をする際の通話料が無料となるので、音声通話をよく利用する方にも楽天モバイルはおすすめです。

料金で選ぶドコモ回線のおすすめ格安SIM
(音声通話が出来るプラン)
  • nuroモバイルは、2GBプランだと1,400円(税抜)/月、4GBプランだと1,800円(税抜)/月。カウントフリーサービスがないので、特定の動画サイトやSNSを利用することが少ない型におすすめ。
  • IIJmioは、3GBプランで1,600円(税抜)/月、12GBプランで3,260円(税抜)/月。特に12GBプランの料金は破格。ゲームアプリや動画視聴などでデータ通信をすることが多いのならIIJmioがおすすめ
  • 楽天モバイルは、10GBプランの料金で2,960円(税抜)/月。『楽天でんわ 10分かけ放題 by 楽天モバイル』のオプションもあるので、音声通話をよく利用する方におすすめ。

次のページでは通信が速いドコモ回線のおすすめ格安SIMを紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2