Pocket

読了時間:約 2

これまでスマホは同じキャリアを長く利用するより、2年ごとにMNPで特典をゲットして乗り換えた方がおトクとされていました。そのなかで、ドコモは長期契約者を優遇するサービス「dポイントクラブ」をさらにおトクにリニューアルしたのです。ここからはdポイントクラブのおトク度と注意点について解説してゆきましょう。

リニューアルでドコモのdポイントクラブはどう変わった?

dポイントクラブが5月1日にリニューアルされました。リニューアルで今までのdポイントクラブはどのように変わったのでしょうか。

長期利用者のステージがアップ


ドコモを長く愛用している方に朗報です。これまでdポイントクラブの会員ステージは

  • ゴールドステージ
  • シルバーステージ
  • ブロンズステージ
  • レギュラーステージ

の4つでしたが、リニューアルで以下のような5つのステージに生まれ変わりました。

  • 1stステージ
  • 2ndステージ
  • 3rdステージ
  • 4thステージ
  • プラチナステージ

リニューアル後は、ドコモを15年以上利用している方は最上位クラスのプラチナステージへ優待されるのです。プラチナステージの方には最上位ステージ向けのサービスとして、豪華賞品が当たるプラチナクーポンなどの優待特典が用意されています。

ステージごとにおトクな特典アリ


リニューアルされたdポイントクラブでは、ステージごとにおトクな特典が用意されています。どのようなクーポンが当たるのかを少しだけご紹介しましょう。

プラチナクーポン

JAL旅行券(30,000円分)や全国百貨店共通商品券(30,000円分)をはじめ、限定デザインのポインコグッズが当たったりdミュージック1曲無料クーポンがプレゼントされたりします。

その他、宝塚歌劇のペアチケットやユニバーサル・スタジオ・ジャパンTMのスタジオ・パス(ペア)など豪華なラインナップです。なお、プラチナクーポンへの応募は、プラチナステージのお客様限定となっています。

スペシャルクーポン

スペシャルクーポンでもっとエンタメを楽しみましょう。スペシャルクーポンを利用すると、全国1,500店舗以上の映画館・遊園地・スポーツクラブ等のチケットを優待価格で購入できます。また、クーポン画面を提示することで優待価格での利用も可能です。

サービスを利用する際の支払いには通常のdポイントのほか、期間・用途限定のdポイントも利用できます。なお、スペシャルクーポンへの応募は、4thステージとプラチナステージのお客様限定でご購入やご利用いただけます。

会員みんなが使えるクーポンも

ステージに関係なく、dポイントクラブの会員ならだれでも使えるクーポンもあります。

チルド・予約商品以外のローソンウチカフェスイーツ各種30円引きや、マクドナルドの朝マックホットケーキセット(ハッシュポテト+ドリンクM)400円クーポンのほか、レストランや居酒屋、ショッピングセンターなどさまざまな施設で利用できる割引クーポンが用意されています。

特典を選べる「ずっとドコモ割プラス」


これまで長期利用者向け割引として「ずっとドコモ割」がありましたが、リニューアルで更に充実の「ずっとドコモ割プラス」となりました。

「ずっとドコモ割プラス」では、従来のパケットパック料金割引か新設されたdポイント進呈のどちらかを選ぶことができ、dポイント進呈を選択すると、料金割引額の1.2倍分のdポイントがもらえます。1ヶ月にもらえるポイント数の上限は3,000ポイントです。また、2年ごとに更新ありがとうポイントとして3,000ポイントが贈呈されます。

「ずっとドコモ割プラス」で料金割引ではなくdポイント進呈を希望する場合には、ドコモオンライン受付・インフォメーションセンター・ドコモショップのいずれかへ申請してください。

5月から!dポイントクラブリニューアル!変更点をご紹介
携帯の長期利用者優遇度合い|継続で一番得なのはどのキャリア?

ドコモのdポイントクラブでのおトク度

リニューアルされたドコモのdポイントクラブでは、長期契約者への優遇が手厚く変更されました。ここからはステージの決まり方や、ステージが上がるとどのくらいおトクになるのかについてみてゆきましょう。

dポイントクラブのステージはどのように決まる?


dポイントクラブの会員ステージは以下の表で示したように、「ドコモ回線契約年数」と「6ヶ月累計のdポイントの獲得数」で決まります。

ステージ

回線継続利用期間 dポイント獲得数

プラチナ

15年以上 10,000pt以上

4th

10年以上 3,000 pt以上
3th 8年以上

1,800 pt以上

2nd 4年以上

600 pt以上

1st 4年未満

600pt未満

従来のdポイントクラブのステージ判定は半年に一度でしたが、リニューアル後は毎月判定されるようになったため、これまで以上にステージアップがしやすくなりました。ドコモ回線継続利用期間による判定は、ステージ適用対象月の前月末時点における継続利用期間で決まります。

累計dポイント数での判定の場合は、ステージ適用対象月の前々月末時点における半年間の累計獲得ポイント数で決定され、例えば5月のステージは前年の10月から今年の3月の半年間に獲得したdポイントの累計で判定されます。

なお、ドコモ継続利用期とdポイント獲得数の双方でステージ判定基準を満たした場合には、より上位のステージが適用されます。

ずっとドコモ割プラスで割引額とdポイントはいくら?

割引額は従来と同じ

ずっとドコモ割プラスでは、従来のパケットパック料金割引かdポイント進呈のいずれかを選ぶことができるようになりました。ずっとドコモ割プラスでプラチナステージ以外のステージごとのシェアパック・データパックの料金に応じた割引額は、従来のずっとドコモ割と同額です。

2nd 3nd 4th プラチナ
ウルトラシェアパック100 1000円 1,200円 1,800円

2,500円

ウルトラシェアパック50 800円 1,000円 1,200円

1,800円

ウルトラシェアパック30 600円 800円 1,000円

1,200円

シェアパック15

600円 800円 1,000円 1,200円
シェアパック10 400円 600円 800円

1000円

シェアパック5

100円 200円 600円 800円
ウルトラデータLLパック 200円 400円 600円

800円

ウルトラデータLパック

100円 200円 600円 800円
データMパック 100円 200円 600円

800円

データSパック

600円
ケータイパック

300円

※1thステージは割引なし

dポイントなら1.2倍分のポイントがもらえる

続いてステージごとにいくらdポイントが贈呈されるかをみてみたいと思います。

2nd 3nd 4th プラチナ
ウルトラシェアパック100 1,200pt 1440 pt 2160 pt

3,000 pt

ウルトラシェアパック50

960 pt 1,200 pt 1440 pt 2160 pt
ウルトラシェアパック30 720 pt 960 pt 1,200 pt

1440 pt

シェアパック15

720 pt 960 pt 1,200 pt 1440 pt
シェアパック10 480 pt 720 pt 960 pt

1,200 pt

シェアパック5

120 pt 240 pt 720 pt 960 pt
ウルトラデータLLパック 240 pt 480 pt 720 pt

960 pt

ウルトラデータLパック

120 pt 240 pt 720 pt 960 pt
データMパック 120 pt 240 pt 720 pt

960 pt

データSパック

720 pt
ケータイパック

360 pt

※1thステージはポイント贈呈なし
ずっとドコモ割プラスでdポイント進呈を選択すると、料金割引額の1.2倍分のdポイントがもらえます。

パケットパック変更でおトク度はどう変わる?


2018年5月25日からは、新しいパケットパックとして「ベーシックシェアパック」「ベーシックパック」が提供されることになりましたが、これにともない「シェアパック5/10/15」「データSパック/Mパック」の新規申し込みは5月24日をもって終了となります。新しいパケットパックでdポイントクラブのおトク度はどのようになるのかをみてみましょう。

データ量 割引前料金 ずっとドコモ割プラスでの料金割引額
2nd 3rd 4th

プラチナ

ベーシック

シェアパック

ステップ4

(~30GB)

15,000円 600円 800円 1,000円 1,200円
ステップ3

(~15GB)

12,000円 600円 800円 1,000円

1,200円

ステップ2

(~10GB)

9,000円 400円 600円 800円 1,000円
ステップ1

(~5GB)

6,500円 100円 200円 600円

900円

ベーシック

パック

ステップ4

(~20GB)

7,000円 100円 200円 600円 800円
ステップ3

(~5GB)

5,000円 100円 200円 600円

800円

ステップ2

(~3GB)

4,000円 600円
ステップ1

(~1GB)

2,900円

200円

※1stステージは割引なし

ずっとドコモ割プラスでdポイント進呈を選択される方は、料金割引額の1.2倍のポイント付与となります。おトクさでいえば、これまでの「シェアパック5/10/15」「データSパック/Mパック」とほとんど変わりません。

「ベーシックシェアパック」「ベーシックパック」は段階制プランとなっているため、使ったデータ分だけ料金を支払えばOKです。データ使用量の少ないユーザーにとってはおトクなプランといえるでしょう。

ただし、うっかり使いすぎてしまった場合には、ベーシックパックで7,000円・ベーシックシェアパックで15,000円にまで料金が上がってしまうのです。この点にはしっかり注意して置かなければなりません。

けれどもそんなことにならないためのサービスとして、データ量をメールで通知してくれる「データ量到達通知サービス(月額使用料無料)」が用意されているので、忘れずに申し込んでおきましょう。

ドコモのdポイントクラブでの注意点

ドコモのdポイントクラブのリニューアルで変わった点は、最上級の優待クラスであるプラチナステージが増設されたことと、dポイントがたくさんもらえるようになったことです。しかし、もらえるdポイントについてはいくつかの注意ずべき点があるのです。

付与されるdポイントは期間・用途限定ポイント


ずっとドコモ割プラスで付与されるdポイントは期間・用途限定ポイントとなっているため、ドコモの利用料金に充当することはできません。利用期間は2年間なので、うっかり失効となってしまわないように注意したいものです。

用途も限定されているため、これまでポイントをあまり使ったことがない方に向けて主な使い道をご紹介しておきましょう。用途限定とはいえ、以下のように結構広い用途があるのです。

  • 街のお店での支払い
  • dマーケット(個別換金サービス)料金への充当
  • dケータイ払いプラス(ネットショップなどでの買い物代金)
  • ギフトコ(少額ギフト券プレゼントサービス)での使用
  • ドコモ商品の購入
  • ドコモサービス(メールストアなど)での利用

街での使用でもっとも身近で便利なのは、ローソンで買い物をしたときの支払いでしょうか。その他マクドナルドやイオンシネマでの映画鑑賞のも使えます。

またdケータイ払いプラスを利用すれば、Dトラベルや無印良品、メルカリなどの支払いにも充てられるのです。どうしても期間までに使い切れない場合には、ギフトコを利用して自分自身にギフトコードを贈るという手もあります。

dポイント贈呈は別途申し込みが必要


ずっとドコモ割プラスについては申し込み不要で条件を満たしていれば自動的に適用され、シェアパック・データパックの料金に応じた割引を受けられます。しかしdポイント進呈を希望する場合にはドコモオンライン受付かインフォメーションセンター、またはドコモショップに申し込まなければ適用されません。

更新ありがとうポイントは自動的には付与されない


ずっとドコモ割コースで契約を契約している方は、2年定期契約を更新するたびに「更新ありがとうポイント」としてdポイント3,000ポイントがプレゼントされます。しかし、更新ありがとうポイントは自動的に付与されるものではありません。自分で手続きしなければもらえないうえ、手続きせずに6ヶ月が経過すると権利が消失してしまうのです。

更新ありがとうポイントがもらえる時期になるとドコモからのSMSメッセージが届くので、これを見逃さないようにして、できるだけ早めに手続を済ませましょう。更新ありがとうポイントは獲得期限と利用期限が同じ6ヶ月間となっているので、獲得が遅くなれば利用できる期間も短くなってしまうのです。

更新ありがとうポイントを獲得するには、dポイントクラブのwebサイトのトップページにある「ためる」から「更新ありがとうポイント獲得専用サイトに入って手続きを進めるか、専用ダイヤル(*8118)まで電話してください。

コース選択にも注意が必要


契約更新の際に「ずっとドコモ割コース」と「フリーコース」が選択できます。ずっとドコモ割コースでは2年定期契約中にドコモを解約すると9,500円の違約金が発生しますが、3,000円分の更新ありがとうポイントがもらえ、ずっとドコモ割プラスが継続適用されるコースです。

一方フリーコースでは2年定期契約の解約金がない代わりに、更新ありがとうポイント・ずっとドコモ割プラスは適用されません。特に手続きをしなければずっとドコモ割コースで更新されますが、他社への乗り換えを検討している方は記憶にとどめていただければと思います。

ずっとドコモ割コースからフリーコースへの変更は、契約更新期間中のみ可能ですが、フリーコースからずっとドコモ割コースへの変更はいつでもできます。継続利用年数はそれぞれのコースを通算してカウントします。

なお「シェアパック」および「2台目プラス」の子回線を利用されている場合、代表回線がずっとドコモ割コースを契約中であればフリーコースへの変更はできません。
なお、ポイント進呈時点でdポイントクラブを退会していた場合にポイントは進呈されません。

dポイントクラブのおトク度を最大化させるには

ドコモを利用し続けるなら、dポイントクラブはとてもおトクなプログラムです。ところでdポイントクラブのおトク度をもっと大きくしたいなら、とっておきの方法がありますのでご紹介しましょう。

ドコモ光でよりお得に


ドコモ光を利用している方の場合、パケットパック利用料の割引額がプラチナステージより大きくなるケースがあります。例えばベーシックシェアパックのステップ2の方は1,200円、ステップ3・4の方は1,800円が割り引かれ、プラチナステージの方より多くの割引が受けられるのです。その他、ドコモ光とドコモスマホのセット割などもあるので、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

dカード GOLDでよりお得に


dカード GOLDを利用している方は、ドコモおよびドコモ光の利用料金に対して10%のポイントが還元されます。この場合、ずっとドコモ割プラスの料金割引を選択するとその分料金が減ってしまって、付与されるポイント数も減ってしまうのです。

しかし、料金割引ではなくdポイント贈呈を選択しておけば、毎月のポイント付与対象料金が上がり還元されるポイント数も増えるのです。よりおトクにdポイントをゲットしたいなら、dカード GOLD×ずっとドコモ割プラスdポイント贈呈の合わせ技をおすすめします。

ドコモを利用するならdポイントクラブへ


dポイントクラブのリニューアルに伴って変更となったずっとドコモ割プラスは、dポイントクラブのステージによって特典や料金割引額・dポイント進呈数が決定されるのですが、ステージは継続利用年数だけでなく、dポイントの獲得数でも決まります。

dポイントを獲得するには、クレジット決済をdカードにすることやポイント交換を利用するなどドコモ以外のサービスを利用することもできるので、ステージを上げることは意外と簡単なのです。

とはいえ、ドコモのスマホを利用し続けていれば毎月確実に継続利用年数とdポイントの両方が増えていくので、ドコモのユーザーならdポイントクラブを利用しない手はありません。光回線やdカード GOLDも併用しながら、もっとおトクにdポイントを使いこなしていただければと思います。

Pocket

ドコモ公式ショップを利用すると、実店舗(ドコモショップ)でかかる事務手数料や基本無料待ち時間なしで手続きが可能です。↓↓↓