ドコモのスマホを海外で使うなら「海外パケ・ホーダイ」プランがお得

ドコモのスマホなら海外でたっぷりパケットを使えるお得なプランがあるのでご紹介していきます。海外パケ・ホーダイの料金や条件・申し込み方法を詳しく説明していきます。海外でも安心してネットを使いたい方は是非チェックしてみてください。

  • 2020年4月27日
docomo公式
スマホ本体代を分割支払い時の頭金0円
dカード GOLD申込で最大合計13,000dポイント(期間・用途限定)!

グローバル化が進んでいるため、仕事やプライベートなどさまざまなシーンにおいて海外にてスマートフォンを使えることは重要です。

そこで、ドコモから提供されている「海外パケ・ホーダイ」が注目されています。

この記事では、「海外パケ・ホーダイ」とはどういった内容なのかを解説し、申し込み方法や利用方法などを紹介していきます。

画像引用元:海外パケ・ホーダイ | NTTドコモ

ドコモの海外パケ・ホーダイとは

ドコモ公式
ドコモの海外パケ・ホーダイとは、データ量を気にせずとことん使える最大1,980円プランで、速度制限なしの2段階定額が特徴です。

契約には指定の料金プランへ加入していることが条件となり、条件をクリアしていれば申し込みは不要となります。

適応対象の国も多いため非常に安心して利用できるサービスです。

では、利用料金や利用条件、対象国・地域などを見ていきましょう。

利用料金

海外パケ・ホーダイの料金プランは、20万パケット(約24.4MB)までとそれ以上で変わります。

海外パケ・ホーダイ料金表
20万パケットまで最大1,980円/日
制限なし最大2,980円/日

まず、20万パケット(約24.4MB)までの場合、上限は設けられていますが、1,980円という非常にお得な料金で利用できます。

SNSの利用や写真を楽しむなど、あまりインターネットを利用しない人には最適です。

一方で、上限なしのプランについては最大2,980円で、上限なく好きなだけ利用できます。

インターネットを使い調べ物をしたり、動画を視聴したりと通信量を気にせず使いたい人におすすめです。

利用条件

海外パケ・ホーダイの利用条件は、WORLD WINGを契約していることに加え、下記プランへの加入が必要です。

  • 5Gギガホ
  • 5Gギガライト
  • 5Gデータプラス
  • 5Gギガホ:法人定期
  • 5Gギガライト:法人定期
  • データプラス
  • ギガホ
  • ギガライト
  • ケータイプラン

もしくは、WORLD WINGの契約とインターネット接続サービスのSPモード・iモードなどの契約、そして下記のプランへの加入が条件となります。

  • パケットパック
  • パケット定額サービス
  • Xiデータ通信専用プラン
  • FOMA定額データプラン

対象国や地域について

海外パケ・ホーダイが利用できる地域は、世界各地が対象です。

海外パケ・ホーダイの対象地域
  • 北米
  • アジア
  • オセアニア
  • ヨーロッパ
  • 中東
  • 中南米
  • アフリカ

これら世界の広い地域にて対応しています。

一例として、各地域における利用可能な国が下記です。

北米
  • アメリカ(本土)
  • カナダ
  • サイパン
  • アラスカ
  • グアム
  • ハワイ
アジア
  • 韓国
  • 中国
  • 台湾
  • 香港
  • インド
  • シンガポール
  • フィリピン
  • ベトナム
  • マレーシア
ヨーロッパ
  • イタリア
  • イギリス
  • オランダ
  • ギリシャ
  • スペイン
  • ドイツ
  • ポルトガル
  • ロシア
中南米
  • アルゼンチン
  • ブラジル
  • コロンビア
  • ウルグアイ
  • メキシコ
  • ジャマイカ

上記以外にも、多くの国でドコモの海外パケ・ホーダイは利用できます。

ドコモ公式ホームページにて、対象国や地域が紹介されていますので、ぜひご確認ください。

>ドコモ公式で対象国を確認する

海外パケ・ホーダイが利用可能な状態か確認する方法

海外パケ・ホーダイが利用できる状態になっているかどうかは、My docomoで確認できます。

確認手順は下記です。

  1. My docomoにログインをする
  2. 「ドコモオンライン手続」を選択
  3. 「ご契約内容・変更」を選択
  4. 国際サービスを選択し「海外パケ・ホーダイ」の欄が「ご契約中」であるかを確認

機器操作が苦手で自分での確認が難しい場合は、電話もしくはドコモショップでも確認可能です。

画像引用元:海外パケ・ホーダイ | NTTドコモ

ドコモユーザー必見!年間4万円お得になる方法

dカード GOLD
画像引用元:dカード | dカード GOLDのご紹介

今ドコモの3サービスを併せて申し込むと、非常にお得に新規入会することができます!

ドコモの3サービス
  • ドコモケータイ
  • ドコモ光
  • dカード GOLD

金額にすると初年度は年間4万円もお得になりますが、実際にそれだけお得にするには契約する順番が重要です。

  1. dアカウントを作成する
  2. dポイントクラブ会員に登録する
  3. dカード GOLDに新規入会する
    ・dカード GOLDの年会費が発生する:‐10,000円
    ・dカード GOLDの入会特典が受け取れる:13,000円
  4. ドコモ光に新規入会する
    ・ドコモ光の入会特典が受け取れる:20,000円
  5. ドコモオンラインショップでドコモケータイを購入する
    ・dカード GOLDで購入するとポイント2倍:2,000円(※1)
    ・ドコモ光セット割が適用される:1,000円
  6. dカード GOLDでドコモ光とドコモケータイの料金を支払う
    ・利用料金1,000につき10%還元される:15,000円(※2)
※1 100,000円の端末を購入したと仮定。
※2 ドコモ光の料金を5,000円、ドコモケータイの料金を10,000円と仮定。

上記の手順で契約すると、初年度はdカード GOLDの年会費を差し引いても年間4万円お得になります。

また2年目以降でも、ドコモケータイとドコモ光の料金をdカード GOLDで支払えば、還元されるdポイントで年会費分を簡単にペイできます

ドコモの三種の神器で年間8万円得する方法|携帯・ドコモ光・dカード

この機会に是非、ドコモ3サービスへの新規入会を検討してみてください。

dカード GOLD公式サイトを見る

ドコモの海外パケ・ホーダイ利用方法や申し込み方法

ドコモ公式
画像引用元:WORLD WING Wi-Fi | NTTドコモ

ドコモの海外パケ・ホーダイの利用方法や申し込み方法を見ていきましょう。

申し込み方法について

ドコモの海外パケ・ホーダイは、とくに申し込みが必要ありません。

手軽に利用できる点は高評価に繋がっており、海外でも使える設定をするだけで良いです。

下記が、iPhoneとAndroidスマホ、タブレットなどの利用方法になります。

iPhoneの場合

iPhoneの場合の利用方法は以下の流れです。

  1. 「設定」を選択
  2. 「モバイル通信」を選択
  3. 「通信のオプション」を選択
  4. 「データローミング」をオンにする

モバイルデータ通信がオフになっている場合は、オンに切り替えてください。

スマートフォン・タブレット・spモードケータイの場合

スマートフォン・タブレット・spモードケータイの場合、利用方法は下記です。

  1. ホーム画面にて「アプリ」を選択
  2. 「設定」を選択
  3. 「その他の設定」を選択
  4. 「モバイルネットワーク」を選択
  5. 「データローミング」をオンにする

機種によって多少操作に違いはありますが、大枠は同じなので参考にしてみてください。

なお、iモードケータイに関しては利用開始の操作は不要で、メールの送受信はそのまま利用できます。

iモードサイトを閲覧するにはiモード海外利用設定が必要です。

日本で使っているケータイから、iモード海外利用設定をする場合は下記の方法で行ってください。

  1. 「imenu」を選択
  2. お客様サポートから「お申込・お手続き」を選択
  3. 「海外利用のお申込・お手続き」を選択
  4. 「海外利用設定」を選択
  5. 「iモード海外利用設定」を選択

iモード海外利用設定を行う際はiモードパスワードが必要です。

iモード海外利用設定をしておくことで、現地の情報や日本のニュースなどを収集できます。

また、海外でiモード海外利用設定をするとパケット通信料がかかりますので、日本で事前に行っておくことがおすすめです。

WORLD WING Wi-Fiとは

WORLD WING Wi-Fiとは、海外パケ・ホーダイを利用している人が、海外のWi-Fiスポットでインターネットを接続できるサービスです。

WORLD WING Wi-Fiを活用することで、動画や写真のアップや地図を見ての検索、さまざまな調べ物などを快適に行えます。

WORLD WING Wi-Fiが使える国は下記です。

  • アメリカ(本土)
  • カナダ
  • 韓国
  • 台湾
  • 中国
  • 香港

まだ世界各地で使えるわけではありませんが、サクサクとネット検索ができるので、ぜひ活用してください。

なお、WORLD WING Wi-FiはSIM認証を使い簡単に接続できます。

事前に設定をしておくことでIDとパスワードを入力することなく、対象エリアに入ると自動接続をして使えます。

SIM認証は対応機種でのみ利用できる機能です。

ドコモの海外パケ・ホーダイを解約したい場合

ドコモの海外パケ・ホーダイは申し込みが不要で、データローミングをオンにするだけで利用できるのが特徴。

つまり、申し込みが不要なので解約も特別な手続きをする必要はありません。

海外パケ・ホーダイの解約方法は、帰国したらデータローミングをオフにするだけです。

面倒な手続きがないため、気軽に利用できます。

ドコモのパケットパック海外オプションも要チェック

ドコモ公式
画像引用元:パケットパック海外オプション | NTTドコモ

パケットパック海外オプションとは、24時間から7日間までのプランがあり、利用時間が経過すると自動でパケット通信が止まるというサービスです。

契約者は200万人を突破しており、滞在期間にあわせてプランを細かく選べる点が評価されています。

パケットパック海外オプションのプランと料金は下記です。

パケットパック海外オプション料金表
プラン料金1日あたりの料金
24時間プラン980円980円
1時間プラン200円-
3日間プラン2,480円約827円
5日間プラン3,980円796円
7日間プラン5,280円約754円

パケットパック海外オプションは、データローミングがオンになっている場合でも、利用開始操作をしなければ通信は発生しません。

また、パケットパック海外オプションには下記のメリットがあります。

パケットパック海外オプションのメリット
  • 国をまたいでも追加料金なしで使える
  • 好きなタイミングで利用開始できる
  • 自動でデータ通信がストップするので使い過ぎの心配がない

パケットパック海外オプションは、海外パケ・ホーダイと違い申し込みは必要です。

また、利用方法の流れは以下になります。

  1. 使用中の機種が渡航先で使えるかを確認する
  2. WORLD WINGの契約があるかを確認する
  3. 利用条件を確認する
  4. パケットパック海外オプションを申し込む
  5. ドコモ海外利用アプリをダウンロードする
  6. 渡航先で利用を開始する

なお、パケットパック海外オプションの申込方法は、My docomo・電話・ドコモショップのいずれかで手続きをしてください。

あとは、自分が使いたいタイミングでデータローミングをオンにして、アプリもしくはWEB画面にて利用開始ボタンを押すだけです。

ドコモの海外パケ・ホーダイなら簡単・安心して利用できる!

ドコモの海外パケ・ホーダイは、海外でのインターネット利用において、パケット通信を2段階定額で使える便利なサービスです。

ドコモユーザーに超おすすめのdカード GOLDは海外での利用・補償もメリットが豊富です。ぜひこの機会にクレジットカードもチェックしてみてはいかがでしょうか。

上限がないプランを選択することで、データ量を気にせずネットを使い調べ物をしたり、動画を視聴したりなどが楽しめます。

申し込みは不要でデータローミングをオンにするだけで使えるので、面倒な手続きは必要ありません。

故に、帰国後はデータローミングをオフにするだけなので、手軽に使える点は大きなメリットといえるでしょう。

海外に行く機会が多い人は、ぜひ活用してみてください。


スマホ本体代を分割支払い時の頭金0円
dカード GOLD申込で最大合計13,000dポイント(期間・用途限定)!
ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
アバター
記助
IT・転職・ライフハック・Wi-Fi・回線・FX・不動産・投資・金融・トレーニング・家電製品など、さまざまなジャンルにおいて、計5年半から6年ほど記事執筆に携わっております。 記事を閲覧される皆さまにとって、喜ばれる記事を執筆することは勿論のこと、プラスアルファの要素を少しでも多く盛り込んでいけるよう励んでまいります。