読了時間:約 2

身近な旅行先として人気の高い台湾ですが、ドコモ・ソフトバンク・auの携帯を台湾で使う場合はどのようにすれば良いのでしょうか。また、電波状況は良好なのでしょうか。

国外で携帯を使う際には様々な不安がつきまとうものです。今回はそんな不安を払拭するために、ドコモ・ソフトバンク・auと相性の良い台湾のキャリア台湾の電波状況をご紹介します。

更に台湾で携帯を使う際に必要となる料金や、台湾で携帯を使う方法の種類についても解説するので、台湾へ行ってみたい・台湾へ行く予定があるという方は是非参考にしてみて下さい。

台湾でドコモ・ソフトバンク・auの携帯を使う方法

レンタルWi-Fi

国外旅行のお供としてレンタルWi-Fiを使う方は少なくありません。特にレンタルWi-Fiは複数の携帯を同時に接続することが出来るため、グループで海外旅行をする方に人気があります。

料金はレンタルWi-Fiを提供している会社によって違いますが、相場は台湾の場合だと1GB/日で1,300円前後と割安です。ただし、通信が安定しないことがある、グループでひとつのWi-Fiルーターを使用するとすぐ通信制限が掛かってしまうなどのデメリットがあります。

また、出来るだけ荷物を減らして行動したいのであればかさばりやすいため不向きと言えるでしょう。LINE通話を活用するなどの方法があるとは言え、音声通話が出来ないのもネックとなります。

総じて言えるのは、「レンタルWi-Fiは料金が安く済む代わりに使い勝手が悪い」ということです。常にルーターを携帯していなければならない関係上、国内で携帯を使う時と同じような感覚で、とはいきません。

データローミング

大手キャリアと契約しているスマホのほとんどはデータローミング機能に対応しています。データローミング機能とはキャリアが提携している国外の携帯会社の回線を使ってデータ通信を行う機能のことで、国内と同じような使い心地で台湾でも携帯を使うことが可能です。

料金は各キャリアの提供するパケット定額プランを利用した場合、1日辺り980円から2,980円の間となります。980円で済むケースは国内で使用しているデータプランのデータ残量を流用する場合のみとなりますが、レンタルWi-Fiより割安です。

しかし、国内で使用しているデータプランを使わない場合は1,980円から2,980円となってしまうためコストが膨らんでしまいます。

とは言え、音声通話が出来る・回線が安定している・データ制限が無いなどのメリットは非常に大きいため、レンタルWi-Fiでは無くデータローミングを活用する人は多いです。

プリペイドSIM


使っているスマホのSIMロックを解除しているのであればプリペイドSIMを使うという手もあります。プリペイドSIMとはその名の通り使い捨てのSIMカードのことで、予め決められたデータ容量分のみデータ通信が行える優れモノです。

台湾で使えるプリペイドSIMの相場は5日間データ通信し放題のもので965円と非常に安く、コストだけを考えるならばプリペイドSIMが最もお得と言えます。

欠点としては音声通話が出来ない点SIMロックを解除しなければ使えない点などが挙げられるでしょう。機種によってはそもそもSIMロックを解除できないこともあるため、その場合は他の方法を取らざるを得なくなります。

3つの使い方を比較する

 レンタルWi-FiデータローミングプリペイドSIM
料金1,300円/日程度980-2,980円/日物により大きく異なる
電波状況良くないケースがある非常に良好非常に良好
音声通話××
データ通信量制限あり制限なし一部なし

プリペイドSIMの価格は物により大きく異なるため、単純な相場を算出するのは難しいです。しかし、他の使い方が「1日辺りいくら」という料金であるのに対し、プリペイドSIMは「期限・容量辺りいくら」で販売されているため、コストを抑えやすくなっています。

電波状況に関しては現地のキャリアが提供する回線を使用しているデータローミング、プリペイドSIMが圧倒的に良く、少し都市部を離れると繋がりにくくなるレンタルWi-Fiは若干不安要素が拭えません。

音声通話が出来るのはデータローミングを利用した場合のみですが、高額なプリペイドSIMであれば通話に対応しているものも存在します。しかし、長期間の滞在でもない限りプリペイドSIMを使うよりはデータローミングを利用した方が安く済むでしょう。

気になるデータ容量ですが、レンタルWi-Fiは1日に使えるデータ容量が明確に決まっており、規定の容量を超えると通信速度が低下してしまいます。一方でデータローミングは基本無制限、一部のプリペイドSIMは期限内無制限です。

これらのことを踏まえて考えると、コスト重視の方はプリペイドSIMを、台湾でも国内と同じ使い勝手で携帯を使いたい方はデータローミングがおすすめと言えます。グループでの旅行であればレンタルWi-Fiを使っても良いでしょう。

ドコモと相性の良い台湾のキャリア


画像引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/

ドコモと相性が良いキャリア

ドコモと相性が良い台湾のキャリアはFETChunghwaの2つです。Chunghwaは1996年に民営化した通信会社で、それ以前は国営企業として活動していました。日本におけるNTTのような会社と考えれば分かりやすいでしょう。

台湾国内でのシェアは37%となっており人気の高さが伺えます。また、電波状況は元国営企業だけあってとても良く、データローミングでChunghwaに接続している際にストレスを感じることはほとんどありません。

FETはドコモが出資している携帯会社で、株式を5%保有しています。台湾国内では三番手となるキャリアではありますが、シェアは25%とそこそこの数字です。

電波状況はChunghwa同様良好で、繋がりにくい場所もほぼありません。データローミングの接続先としても優秀ですが、海外旅行者にはデータ容量が無くなるとアプリでチャージ出来るプリペイドSIMの方が人気です。

ドコモの携帯を台湾で使う際の料金

ドコモの携帯を台湾で使う際にはどれくらいの料金が掛かるのでしょうか。ドコモの提供する「海外パケ・ホーダイ」を使う場合は24.4MBまで1,980円/日、それ以上のデータ通信を行うと2,980円/日となります。

申し込みをする必要はありませんが、海外パケ・ホーダイを使うためには「WORLD WING」に加え「パケットパック」に加入していなければいけません。WORLD WINGは月額無料の海外でデータローミングを使うためのサービスです。

パケットパックとは「予め決められた上限までデータ通信を行えるサービス」のことを指します。スマホを使っている方であれば大半が加入しているため、パケットパックに加入していないから海外パケ・ホーダイが使えないという事態になることは無いでしょう。

ドコモには「海外パケ・ホーダイ」に加えてもう一つ海外で使えるパケット定額プランが用意されています。プランの名前は「パケットパック海外オプション」というもので、加入しているパケットプランのデータ容量が海外でも使えるようになるサービスです。

料金は980円/日とレンタルWi-Fiより安く、コストを抑えつつ台湾でも日本国内で使うように携帯を利用したい方にはうってつけのプランと言えるでしょう。ただ、使いすぎれば当然データ通信制限を掛けられてしまうため、その点には注意が必要です。

1 2