キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

ドコモで出来るだけ安く機種変更したいのであれば、機種代金が値下げされた型落ちスマホがおすすめです。

型落ちというと、あまりスペックが良くないように聞こえますが、最近のスマホは少し世代が前の機種でも十分な性能が備わっています。

今回は、ドコモでお得に買える値下げされた機種、型落ちスマホのなかからおすすめTOP5を紹介しますので、参考にしてみてください。

なお、本記事に記載されている各機種の価格は2020年2月時点のものです。

2020年ドコモの機種変更を100%得する方法|おすすめ機種ご紹介

ドコモの型落ちスマホ【安い順】に並べると?

まずは、ドコモのスマホを安い順に並べてみます。

価格(分割価格)機種名(メーカー)備考
21,384円
(594円×36回)
Galaxy A20 SC-02M
(サムスン電子)
3,000pt付与
(オンラインショップ特典)
30,096円
(836円×36回)
AQUOS sense2 SH-01L
(シャープ)
31,680円
(880円×36回)
AQUOS sense3 SH-02M
(シャープ)
3,000pt付与
(オンラインショップ特典)
32,560円
(904円×36回)
iPhone 7 32GB
(アップル)
SPECIAL割引適用時
38,016円
(1,056円×36回)
LG style2 L-01L
(LGエレクトロニクス)
3,000pt付与
(オンラインショップ特典)
39,600円
(1,100円×36回)
Galaxy Feel2 SC-02L
(サムスン電子)
41,184円
(1,144円×36回)
TOUGHBOOK P-01K
(パナソニック)
3,000pt付与
(オンラインショップ特典)
46,728円
(1,298円×36回)
Google Pixel 3a
(グーグル)
3,000pt付与
(オンラインショップ特典)
49,896円
(1,386円×36回)
Xperia Ace SO-02L
(ソニーモバイル)
3,000pt付与
(オンラインショップ特典)

最も安いサムスン電子製のGalaxy A20は、2万円台前半という価格ながら、画面占有率の高いディスプレイ、800万画素のシングルカメラ搭載で使いやすい機種です。

次に安い機種が、シャープ製のAQUOS senseシリーズのsense2、sense3と続きます。こちらは後述のおすすめTOP5でも紹介している機種で、この価格帯にユーザーが求める機能がしっかり詰まっている高コスパ機種。

国内メーカーなので、サポートが安心という点も、スマホに明るくないユーザーにはメリットといえます。

アップル製としてはiPhone 7が最も安いですが、「スマホおかえしプログラム」を使うと5万円台で買えるiPhone XR、iPhone 11と迷いどころです。

価格を抑えながらある程度スペックも求めたい方は、グーグル製のPixel 3a、ソニーモバイル製のXperia Aceならそこそこのスペックが備わっています。

Pixel 3aは有機ELディスプレイと高性能AIを生かしたカメラ機能、Xperia Aceは高画質ディスプレイとハイレゾ対応などソニーの技術を生かした機能が魅力です。

オンラインショップ限定特典として、dポイント3,000ptが付与される機種も多いので、安さで選ぶならポイント還元も考えて購入したいですね。

ドコモの値下げ・型落ちスマホおすすめTOP5は?

ドコモショップ
画像引用元:オンラインショップのメリット紹介 | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ここでは、2020年2月現在でおすすめできるドコモの型落ちスマホTOP5を紹介します。

ドコモ 値下げ・型落ちスマホおすすめランキングTOP5
  1. iPhone 7
  2. AQUOS sense3 SH-02M
  3. Google Pixel 3a
  4. Galaxy S10 SC-03L
  5. LG style2 L-01L

アップル製のiPhone、Google製のPixel、Android3機種とバランスの良く選びました。

いずれも価格の割にスペック・機能が優秀な高コスパ機種ばかりで、自信を持っておすすめできる機種となっています。

1位:iPhone 7 32GB


画像引用元:iPhone 7 32GB

ドコモのおすすめの型落ちスマホ第1位は、アップルから2016年9月9日に発売されたiPhone 7 32GBモデル

最新のiPhone 11の3世代前、発売年は4年前のモデルではありますが、CPUのA10 Fusionチップは性能が高く、要求スペックの高いアプリなどを動かさなければ今でも十分軽快です。

生体認証はTouch ID(指紋認証)が搭載されており、さらにiPhone 7からApple Payにも新たに対応していますので、機能面でも最新のiPhoneに近い形で利用できます。

これまで通りであれば、iOSアップデートにもあと3~4年は対応すると思われますので、ライトユーザーであれば、それまでは現役機種として使えると見ていいのではないでしょうか。

最新のiPhoneが欲しいというよりは、気軽にiPhoneシリーズを手に入れたいという方にはおすすめです。

また、ドコモでは2020年2月3日より、iPhone 7への機種変更を対象に11,000円の割引を提供しています。

iPhone 7 32GBのドコモでの販売価格は、43,560円から11,000円割引されて32,560円(904円×36回)

同じ型落ちiPhoneとしては、1世代後のiPhone 8が58,520円ですので、割引もあわせてコスパの高い1台になっています。

iPhone 7 スペック
サイズ約138.3mm×約67.1mm×約7.1mm
ディスプレイ4.7インチ Retina HDディスプレイ
カメラアウトカメラ:
約1,200万画素
インカメラ:
約700万画素
通信速度受信時最大:
375Mbps
送信時最大:
-
バッテリー容量1,960mAh(非公表)
CPUA10 Fusionチップ
内蔵メモリRAM 2GB(非公表)
ROM 32GB
その他・質量 約138g
・防水防塵 IP67
・Apple Pay
・生体認証(Touch ID)
公式ショップ>「iPhone 7」を見る

ドコモ iPhone 7の評価レビュー|型落ちのメリット・デメリット

2位:AQUOS sense3 SH-02M

AQUOS sence3
画像引用元:AQUOS sence3 SH-02M

ドコモのおすすめの型落ちスマホ第2位は、2019年11月1日に発売されたシャープ製のAQUOS sense3

2019年冬モデルなので厳密には型落ちではないですが、元の販売価格が安く、高コスパの機種として外せないので選びました。

CPUのSnapdragon 630はミッドレンジ向けのチップセットで、ほかにはXperia Aceなどにも搭載されています。

RAM4GB、ROM64GBと、内蔵メモリも十分。

そのほか機能面が充実していて、おサイフケータイ、防水防塵、生体認証(指紋、顔)と、国内でニーズの高い機能が漏れなく搭載されています。

型落ち機種としてAQUOS sense2がありますが、販売価格で見てもAQUOS sense3が31,680円(880円×36回)、AQUOS sense2が30,096円(836円×36回)。

1,000円弱しか差がありませんので、AQUOS sense3の方がお得です。

AQUOS senes3では、CPUとメモリの強化、カメラがシングルカメラからデュアルカメラに進化など、金額の差以上にスペックがアップデートされています。

AQUOS sense3 SH-02M スペック
サイズ約147mm×約70mm×約8.9mm
ディスプレイ約5.5インチ Full HD+/IGZOディスプレイ
カメラアウトカメラ:
約1,200万画素
約1,200万画素
インカメラ:
約800万画素
通信速度受信時最大:
350Mbps
送信時最大:
75Mbps
バッテリー容量4,000mAh
CPUSnapdragon630
内蔵メモリRAM 4GB
ROM 64GB
その他・質量 約167g
・防水防塵 IP68
・おサイフケータイ
・生体認証(指紋、顔)
公式ショップ>「AQUOS sense3」を見る

ドコモ AQUOS sense3を10万円得する機種変更方法と選ぶべきキャンペーン

3位:Google Pixel 3a

Google Pixel 3a
画像引用元:NTTドコモ|Google Pixel 3a

第3位は2019年6月7日に発売されたGoogle製のPixel 3a。Pixelシリーズのなかでも価格を抑えたモデルになります。

AQUOS sense3と同様、スマホおかえしプログラムの対象外ですので、割引を利用せず安く機種変更したいという方に向いています。

CPUにはミドルレンジ向けで新しめのSnapdragon 670を採用し、メモリも4GBと処理性能は十分でしょう。

ミッドレンジながらFHD+の有機EL(OLED)ディスプレイを搭載しているのも高評価で、ディスプレイ性能を重視する方にもおすすめできます。

Pixel 3aのドコモでの販売価格は46,728円(1,298円×36回)と、スマホおかえしプログラムを利用できなくてもお買い得です。

Google Pixel 3a スペック
サイズ約151.3mm×約70.1mm×約8.2mm
ディスプレイ約5.6インチ
OLED / FHD+
カメラアウトカメラ:
約1220万画素
インカメラ:
約800万画素
通信速度受信時最大:500Mbps
送信時最大:75Mbps
バッテリー容量3000mAh(内蔵電池)
CPUSnapdragon 670
内蔵メモリRAM 4GB
ROM 64GB
その他・質量 約147g
・防水 防塵 防滴対応、IP5X
・おサイフケータイ
・生体認証(指紋)
公式ショップ>「Google Pixel 3a」を見る

ドコモ Google Pixel 3aを最大3万円得する機種変更方法と選ぶべきキャンペーン

4位:Galaxy S10 SC-03L(スマホおかえしプログラム対象)

Galaxy S10 SC-03L
画像引用元:Galaxy S10 SC-03L

第4位は2019年6月1日発売のサムスン製Galaxy S10 SC-03L

ディスプレイには有機ELを採用し、前面はノッチが限りなく狭い全画面ディスプレイになっています。

CPUには最新のSnapdragon 855、メモリ8GBとハイエンドモデルとしても申し分ない処理性能を誇ります。ハイスペックなAndroidを求める方にはおすすめの1台です。

販売価格は90,288 円(2,508 円×36回)で、スマホおかえしプログラムを利用すれば60,192 円(2,508 円×24回)まで安くなります。

Galaxy S10 SC-03L スペック
サイズ約150mm×約70mm×約7.8mm
ディスプレイ約6.1インチ
Quad HD+ /
Dynamic AMOLED有機EL
カメラアウトカメラ:
約1200万画素
約1600万画素
約1200万画素
インカメラ:
約1000万画素
通信速度受信時最大:1576Mbps
送信時最大:75Mbps
バッテリー容量3300mAh(内蔵電池)
CPUSnapdragon855
内蔵メモリRAM 8GB
ROM 128GB
その他・質量 約158g
・防水 防塵 IPX5/8、IP6X
・おサイフケータイ
・ワンセグ、フルセグ
・生体認証(顔、指紋)
・ワイヤレス充電
公式ショップ>「Galaxy S10」を見る

ドコモ Galaxy S10を3.5万円得する機種変更方法と選ぶべきキャンペーン

5位:LG style2 L-01L

lg style2
画像引用元:LG style2 L-01L

第5位は2019年7月12日に発売されたLG製のLG style2

約6.0インチの大画面ディスプレイと、3,900mAhの大容量バッテリーが特徴の機種になります。

バッテリーは平均的な使い方で5日間使えるパワフルさを誇りますので、外出先で動画を見ることが多いユーザーにぴったりです。

CPUはSnapdragon 450とエントリー向けではありますが、SNS、ブラウジングなど普段使いで困るシーンはありません。

LG style2のドコモでの販売価格は38,016円(1,056円×36回)と手を伸ばしやすい価格です。

LG style2 L-01L スペック
サイズ約158mm×約76mm×約8.5mm
ディスプレイ約6.0インチ Full HD+/TFT液晶ディスプレイ
カメラアウトカメラ:
約1,620万画素
約1,310万画素
インカメラ:
約810万画素
通信速度受信時最大:
262.5Mbps
送信時最大:
50Mbps
バッテリー容量3,900mAh
CPUSnapdragon450
内蔵メモリRAM 4GB
ROM 64GB
その他・質量 約182g
・防水防塵 IP68
・おサイフケータイ
・生体認証(指紋)
・ワンセグ
公式ショップ>「LG style2」を見る

ドコモ LG style2を最大6.6万円得する機種変更方法と選ぶべきキャンペーン

ドコモの型落ちスマホおすすめTOP5まとめ
  • 1位iPhone 7:価格の割にデザインやスペックが優秀。今なら11,000円割引でさらにお得。
  • 2位AQUSO sense3:型落ち機種ではないがコスパが高いスマホ。前の世代のAQUOS sense2と価格が1,000円弱しか変わらないのでsense 3の方がおすすめ。
  • 3位Pixel 3a:Google謹製スマホ。ミッドレンジながら有機ELディスプレイ、AIカメラ機能が搭載されている点が高評価。
  • 4位Galaxy S10:サムスンが誇るフラッグシップモデル。ディスプレイ、パフォーマンス、機能面、どれをとっても最高クラスのAndroid。
  • 5位:LG style2:大画面ディスプレイと大容量バッテリーが魅力のエントリーモデル。
ドコモおすすめ最新携帯ランキング2020年|スマホ選びのポイント解説

今型落ちスマホがおすすめな理由!

今型落ちスマホをおすすめする理由としては、以下の2点が挙げられます。

  • 新料金プラン以降、ドコモの機種代金割引が使いにくくなった
  • 価格が安くても十分使える機種が増えている

それでは詳しく見ていきましょう。

新料金プラン以降、ドコモの機種代金割引が使いにくくなった

2019年よりスタートしたドコモの新料金プラン「ギガホ」「ギガライト」では、毎月の利用料金と機種代金を完全に別にする「分離プラン」が採用されました。

これにより、「月々サポート」「端末購入サポート」といった利用料金と紐づけられた割引も廃止となりました。

料金体系がシンプルで分かりやすくなった点はメリットですが、一方で、機種代金は相対的に値上がりしたように見えます。

新たに登場した「スマホおかえしプログラム」は、端末を返却することで最大で機種代金の1/3が免除されるサービスです。

しかし、端末を返却したくないユーザーや誤って端末を故障させてしまったユーザーが利用しづらいという面があります。

ドコモの機種代金割引が使いづらくなったので、元から機種代金が値下げされた機種を買う方がいい、というのが型落ちスマホをおすすめする一つ目の理由です。

もちろん、対象機種に入っているのであれば、型落ちスマホ+スマホおかえしプログラムでさらに安く機種変更することも視野に入れるのが良いでしょう。

価格が安くても十分使える機種が増えている

スマホの性能が全体的に底上げされた結果、最近では価格が安いエントリー~ミッドレンジに位置する機種でも十分な性能を持っている機種が増えています。

SNSや動画視聴、人気のアプリゲームといった一般的な使い方であれば、十分快適に動作する機種がほとんどです。

ということで、スマホでやりたいことのほとんどは型落ちスマホでもできる、というのが2つ目の理由になります。

近年のHuaweiやOPPOといった中華系メーカーの台頭や、2020年春にアップルが価格を抑えたiPhone SE2(仮称)をリリースすることからも、今後、安い機種の需要がさらに増えてくることが予想されますね。

>ドコモ公式オンラインショップを見る

ドコモオンラインショップならさらにお得に!

機種購入の際は、ドコモオンラインショップを利用することで、実店舗では必要になる頭金(3,000円~10,000円程度)と、機種変更時の事務手数料(2,000円)が無料になります。

加えて、ドコモオンラインショップ限定のdポイント還元や割引が受けられることがありますので、さらにお得に機種変更できます。

型落ちスマホで機種変更するなら、オンラインショップも活用してさらに安く済ませましょう。