読了時間:約 2

Google製のスマートフォンが日本でも発売されるということで大きな話題を呼んだ「Google Pixel 3 / 3 XL」。

その廉価版にあたる「Google Pixel 3a」が、ドコモの2019年夏モデルとして発売されます。

デザインや基本的な機能はそのままに、およそ半額で購入できるようになったPixel 3a。

本記事では、そんなPixel 3aのスペックや発売時期、注目ポイントなど最新情報をまとめました。

Pixel 3 / 3 XLとの違いについても触れていますので、どちらを買おうか迷っている方もぜひチェックしてみてください。

ドコモ 2019年夏モデル情報|おすすめ新機種と発売時期まとめ
トップ画像引用元:Google Pixel 3a | 製品 | NTTドコモ

「Google Pixel 3a / 3a XL」のスペック・発売時期・価格は?


日本国内では、2018年11月に初めて登場した「Google Pixel 3 / 3 XL」。キャリアではドコモとソフトバンクから発売されました。

スペックやカメラ性能の高さ、Googleアシスタント・GoogleレンズといったGoogle製アプリの相性の良さで注目を集めましたが、10万円前後という価格で見送った方も多かったのではないでしょうか。

そんな中、夏モデルとして登場するのがPixel 3の廉価モデルである「Google Pixel 3a / 3a XL」です。

ドコモでは「Pixel 3a」のみの取り扱いで、残念ながら大画面モデルの「Pixel 3a XL」の取り扱いはありません。

本体価格は46,656円(税込み)2019年6月3日より発売となりました。

まずは「Pixel 3a」のスペックから見ていきましょう。今回は比較対象として「Google Pixel 3」のスペックも載せています。

「Pixel 3a」と「Pixel 3」のスペック比較

Pixel 3a Pixel 3
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約 151.3 × 70.1 × 8.2 mm 約 145.6 × 68.2 × 7.9 mm
重さ 147g 148g
ディスプレイ 5.6インチ OLED(有機EL) 5.5インチ OLED(有機EL)
解像度 FHD+(2,220 × 1,080) FHD+(2,160 × 1,080)
OS Android 9.0 Pie
CPU Snapdragon 670 オクタコア Snapdragon 845 オクタコア
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
外部メモリ
バッテリー 3,000mAh 2,915mAh
アウトカメラ 約1,220万画素 / F値1.8
オートフォーカス
光学手ブレ補正
約1,220万画素 / F値1.8
オートフォーカス
光学手ブレ補正
スペクトルセンサー&フリッカーセンサー
インカメラ 約800万画素 / F値2.0 約800万画素 F値2.2(広角)
約800万画素 F値1.8(望遠)
Bluetooth Bluetooth 5.0
生体認証 指紋認証
おサイフケータイ
ワイヤレス充電(Qi)
防水・防塵 IP52 IP68
接続端子 USB Type-C(3.1) / イヤホンジャック USB Type-C(2.0)
カラー ジャストブラック、クリアリーホワイト ジャストブラック、クリアリーホワイト、ノットピンク

廉価モデルであるPixel 3aでは、Pixel 3よりもスペックが抑えられています

一番大きいのがスマホの頭脳であるCPU(SoC)の違い。同じクアルコム製のSnapdragonのなかでも、ハイエンド向けの800番台から、ミドルハイクラスの600番台へグレードダウンされています。

そのほか、アウトカメラの2種類のセンサーが省かれたり、USB Type-Cの規格が古かったり、ワイヤレス充電に非対応であったりと、細かい部分でスペックダウンが図られています。

一方で、大まかなカメラの構成やおサイフケータイ機能など、使い勝手に関わるスペックは共通する部分が多いです。

CPUもSNSや一般的なアプリゲームなどの使い方であれば、十分な性能を持っていますので、気軽にPixelシリーズを手に入れたいという方には、Pixel 3aのスペック・価格帯はピッタリといえます。

2019年夏発売「Google Pixel 3a / 3a XL」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

Google「Pixel 3a」の魅力は?


ここからは、Google Pixel 3aの具体的な魅力についてみていきます。

カメラ性能はPixel 3 / 3 XLと同等


画像引用元:Google Pixel 3a | 製品 | NTTドコモ

Pixel 3 / 3 XLといえば、AIのデジタル処理を生かしたカメラ性能の高さが注目を集めました。

GoogleはPixel 3aの「1,220万画素 F値1.8」のアウトカメラに、ほぼ同じ性能が備わっていることを謳っています。

Pixel 3 / 3 XLの特徴といえば、背景のボケ具合の細かい調節ができる「ポートレートモード」、暗いところでもフラッシュなしでノイズが限りなく少ない1枚を撮影できる「夜景モード」などの撮影機能。

撮影時に活躍する主要な機能は、Pixel 3aにも引き継がれていますので、同じ価格帯のスマホのなかでもPixel 3aは優れたカメラ性能を誇ることは間違いないでしょう。

そのほか、連射の中からベストショットを選んでくれる「トップショット」、画質の劣化を抑えた「超高解像ズーム」、被写体の情報を直接検索できる「Googleレンズ」といった機能は、Pixel 3aでも引き続き利用できます。

ただし、Pixel 3 / 3 XLに搭載されていたスペクトルセンサー&フリッカーセンサーは非搭載。環境に合わせて撮影設定を最適化する機能は省かれました。

インカメラは「グループ自撮り」機能が非搭載に


ディスプレイ側のインカメラに関しては、Pixel 3 / 3 XLが望遠カメラと広角カメラの2基を搭載していたのに対し、Pixel 3aはシングルカメラ構成。

そのため、広角カメラを利用した「グループ自撮り」機能が利用できなくなっています

画素数はどちらも800万画素と同等ですが、風景込みの自撮り機能が一般的なスマホカメラまでダウングレードされたのは、SNSに自撮りをアップすることがあるユーザーには残念なポイントです。

次のページも引き続き、Google「Pixel 3a」の魅力をご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2