ドコモのパケットパック海外オプションとは得?申し込み方法・使い方・注意点

  • 2021年1月17日

海外旅行中、お店を探したりなど現地情報収集にスマホは欠かせないアイテムです。しかし、日本国内とは違い、そのまま現地にスマホを持っていっても必ずインターネットに繋がるとは限りません。

渡航先によって事情は変わるものです。事前にどのような方法があるのかチェックしていきましょう。ここでは様々な方法の中からドコモのパケットパック海外オプションにフォーカスを当ててご紹介します。

海外でスマホをインターネットに繋ぐには

海外旅行中にスマホをインターネットに繋ぐには、以下の4つの方法があります。

  1. 海外用Wi-Fiルーターのレンタル
  2. 現地でSIMを購入する
  3. フリーWi-Fiスポットを利用する
  4. 携帯会社海外用パケットプランに加入

海外旅行に慣れている方であれば、どの方法を利用するかは渡航先や料金などで比較して判断ができるでしょう。しかし、初めての方や海外旅行にあまり慣れていない方には、Wi-Fiルーターの良し悪しを比較したり現地でSIMを購入するのはハードルが高いのではないでしょうか。

また、フリーWi-Fiスポットも必ずしも目的の場所にあるとは限りません。これらに比べ携帯会社の海外用パケットプランであれば、渡航前に自分が契約している携帯会社に相談することができますし、幾分かハードルが低く始めやすいでしょう。

特に今回ご紹介するドコモのパケットパック海外オプションは、簡単に手続きすることができるのでおすすめです。では、その特徴や利用方法を確認していきましょう。

パケットパック海外オプション

パケットパック海外オプションとは、日本国内で契約しているドコモ携帯の、パケット定額プラン内のデータ通信量を使い海外でデータ通信を行う海外用のパケット定額プランです。

2018年3月から始まったばかりの新しいプランですが、すでにパケットパック海外オプションは海外旅行者の中でも非常に使い易いと評判のサービスとなっています。

特徴

大きな特徴は、24時間単位での利用である点です。通常国内のパケット定額サービスは1ヶ月単位の利用ですが、パケットパック海外オプションは24時間980円(税抜)で利用することができます。

また、日本時間、現地時間関係なく利用開始してから24時間のカウントとなるのも特徴のひとつです。以前にも同じような24時間単位で利用できる「海外1dayパケ」(2018年3月をもって新規受付は終了)というプランがありましたが、こちらは30MBの利用で通信制限がかかってしまうものでした。

その点、パケットパック海外オプションは日本国内で契約しているパケットパックなどのパケット定額プランのデータ通信量内であれば通信制限はかかりません。

また、利用開始操作した後、24時間経てば自動的に通信ができなくなるため、自動的に更新し追加料金がかかることもありません。24時間経過したかどうかを気にせず使えるのもパケットパック海外オプションの大きな特徴です。

メリット

Wi-Fiルーターをレンタルしたり、現地でSIMを購入することに比べると手間が少なく簡単です。もちろんパケットパック海外オプションも事前に申し込みは必要ですが、ドコモショップ以外にも電話やWEBからも申し込みが可能です。

パケットパック海外オプションは24時間単位の料金プランですので、1泊、もしくは韓国など近場での日帰り海外旅行などにも無駄な費用がかからず安く押さえることができます。

また、長期滞在であっても場所によってはフリーWi-Fiスポットなどで間に合うこともあります。自動更新ではなく任意でその都度利用開始の操作を行うので、必要な日だけ利用することが可能です。

特徴としても紹介しましたが、日本国内で契約しているパケット定額プランのデータ通信量内であればどれだけ使っても通信制限はかかりません。国内利用時と変わらぬ使用感は魅力的です。

デメリット

メリットにも上げましたが、24時間単位の利用で都度利用開始の操作が必要になります。そのためタイミングによっては、インターネット利用している最中に通信が途切れてしまう可能性があります。

また、24時間単位で料金が発生するので、長期滞在で毎日通信を利用したい場合は割高です。例えば2週間滞在するとして、980円(税抜)×14日=13,720円(税抜)がかかります。費用を押さえたい場合は現地でのSIMを購入するなど別の方法を検討した方が良いでしょう。

パケットパック海外オプションは日本国内で契約しているパケット定額プランのデータ通信量を使用します。もともとデータ通信量の少ないプランにされている方は、海外渡航中に通信制限にかかってしまう可能性があります。

渡航中にどの程度通信するのか考慮して事前にプラン変更を行うか、自動的にデータ通信量を追加購入してくれるスピードモードオプションに加入しておくことをおすすめします。

海外パケ・ホーダイについて

ドコモで海外でのデータ通信プランについて調べると、パケットパック海外オプションの他に海外パケ・ホーダイというプランがあります。パケットパック海外オプションと何が違うのか比較するうえで、海外パケ・ホーダイについても知っておきましょう。

特徴

国内でのパケット定額プランに加入していることと、WORLD WINGに加入していれば事前申し込み不要で利用できます。1日単位(日本時間0時~23時59分まで)で、約24.4MBまでなら1,980円(税抜)、それ以上使っても通信制限なしで2,980円(税抜)で利用できます。

特別な操作はなく、データローミングをONにしておくだけで利用開始できます。データローミングをONにしている間はずっとデータ通信が可能です。

また、利用条件として日本国内パケット定額プランに加入していることが前提にはなりますが、海外でのデータ通信量はパケット定額プランのデータ通信量には含まれないため、どれだけ使っても減ることはありません。

メリット

料金の仕組みが2段階制になっており最大2,980円です。しかし1日のデータ通信量が約24.4MB以下で収まれば1,980円(税抜)で利用することが可能です。

使い過ぎても通信制限にかかることなく利用できます。海外用のデータ通信として用意されているので、国内で加入しているパケット定額プランのデータ通信量を使ってしまうことはありません。

利用方法も簡単で、データローミングをONにしておくだけですぐに利用することが可能です。また、データローミングをONにしている間は1日(日本時間0時~23時59分まで)が経過しても自動更新でそのまま2日目以降も通信ができるため、都度利用するための操作が必要ありません。

デメリット

通信制限を気にせず使えるのは魅力的ですが、1日あたり最大で2,980円の料金が発生します。長期滞在で毎日利用されるような方には高額になってしまうので、費用を安くおさえたい方にはおすすめできません。

また、自動更新なのでデータローミングをONのままにしておくと、2日目以降も料金が発生します。1日で利用を止めたい場合は時間が経つ前に自分でデータローミングをOFFにしないといけません。

現地時間ではなく日本時間でカウントされています。旅行中は腕時計など現地時間に調整する方も多いのではないでしょうか。そうなればデータ通信の時間だけを日本時間で把握しておくのはやや面倒です。

楽しい旅行中に時間を気にして止めるのは難しく、うっかり時間が過ぎてしまう可能性もあります。

事前申し込みは不要ですが、条件を満たしていないと利用はできないため、自分のプランが条件を満たしているかの確認は必要となります。

二つのプランの違い

パケットパック海外オプションと、海外パケ・ホーダイそれぞれの特徴、メリット、デメリットを確認したうえで、それぞれを比較してみましょう。

ドコモユーザー必見!dカード GOLDがお得な理由

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード GOLD」は、ドコモユーザーがお得になる特典が充実しています。

ドコモユーザーにdカード GOLDを本当におすすめしたい理由をまとめたので、ぜひ一度目を通してみてください!

dカード GOLDは10,000円(税抜)の年会費がかかかりますが、ドコモユーザーであればポイント還元で十分に回収できる仕組みになっています。

また回収できる以上のポイント還元も見込めるほか、全国・ハワイの空港ラウンジが無料で利用できたり、旅行保険が付帯しているのも嬉しいポイントです。

ドコモユーザーの方はこの機会にぜひ入会を検討してみてください!

dカード GOLD公式サイトを見る

料金とデータ通信量

パケットパック海外オプションは24時間980円(税抜)です。またデータ通信量は日本国内で契約しているパケット定額プラン内の利用になります。

しかし海外パケ・ホーダイは日本国内で契約しているパケット定額プランとは、全く別でデータ通信を行うため、契約しているパケット定額プランが1GBのデータ通信量が少ないプランであっても特に問題ありません。

ただし、1日あたりの金額が最大2,980円(税抜)と高いことから、費用をおさえたいのであればパケットパック海外オプションの方が安く済みます。

また、データ通信量が少ない場合でも、パケットパック海外オプションの方に利点があります。海外パケ・ホーダイは約24.4MB以下の利用であれば安く済みますが、それでも1日あたり1,980円(税抜)です。

日本国内でも海外でもデータ通信量の多い方は、海外パケ・ホーダイ、費用をおさえたい方はパケットパック海外オプションがおすすめです。

都度設定と自動更新

海外パケ・ホーダイは自動更新なので、データローミングをONにし続けていれば特に再設定も必要ありません。常に通信できる環境にしておくことができます。

その点、パケットパック海外オプションは、24時間経過すると自動的に通信が途切れます。途切れてしまえば再度利用開始の操作が必要です。操作自体は簡単なものですが、連日利用する場合毎度アプリを立ち上げるのことになります。

すぐにインターネットを利用したい時に、通信が途切れていては不便に感じる可能性もあります。都度設定や多少の不便さも我慢ならない方は、パケットパック海外オプションは向いていないかもしれません。

利用単位

利用単位はそれぞれ、パケットパック海外オプションが利用開始操作後の24時間、海外パケ・ホーダイが日本時間で0時~23時59分です。

パケットパック海外オプションであれば、980円(税抜)で開始時間がいつであってもその後24時間丸々使うことができます。

しかし、海外パケ・ホーダイは例えばデータローミングをONにしたのが日本時間の23時頃だった場合、通信が発生してしまえばその後23時59分までの利用で1,980円~2,980円(税抜)がかかってしまいます。

開始時間も気にせず無駄なく利用したい方は、海外パケ・ホーダイは向きません。

どんな人に向いているのか

海外パケ・ホーダイとの比較でもわかるように、パケットパック海外オプションは、とにかく費用を安くおさえたい方、無駄なく利用したい方におすすめです。

自動更新でない点も一見不便に見えますが、必要なタイミングで再度利用開始を行うことができるので、「今日はWi-Fiスポットがある場所でしか過ごさないから必要ない」という場合、利用開始の操作を行わなければ料金は発生しません。

データ通信を利用したい日、不必要な日、と自分で管理して使い分けることができるのも、パケットパック海外オプションならではです。

パケットパック海外オプション利用方法

注意すべき点

パケットパック海外オプションを利用するには、事前に申し込みが必要です。申し込みをしていない状態で現地でデータローミングをONにしてしまうと、通信が発生してしまった時点で通信料金がかかります。

パケットパック海外オプションを利用するつもりが、海外パケ・ホーダイで料金が発生していた。などとならないよう申し込みは忘れず行ってください。

専用の「ドコモ海外利用」アプリのダウンロードも必要です。利用開始の設定もアプリから行えます。また、残りの利用時間の確認もこのアプリで見ることができるので非常に便利なアプリです。

24時間経過すると自動的にデータ通信が途切れます。気づいたらインターネットが使えなくなっていた。という状況になってしまうのが嫌な方はアプリで時間把握しておくと良いでしょう。

また、パケットパック海外オプション対象外の国でデータ通信を行うと、データ通信料金の請求が高額になってしまう可能性があります。
必ず渡航先がパケットパック海外オプションが対象の国かのチェックも行ってください。

パケットパック海外オプションと海外パケ・ホーダイは併用できません。パケットパック海外オプションを利用途中で廃止し、海外パケ・ホーダイに切り替えることはできますが、その場合パケットパック海外オプションと海外パケ・ホーダイそれぞれの定額料金が発生します。

申し込みについて

申し込みは「WEBで申し込む」「電話で申し込む」「ドコモショップで申し込む」の3つの方法があります。どの方法も申し込んだその日から利用することができます。

対面で直接で申し込みたい方はドコモショップでの手続きになります。もし事前にドコモショップに立ち寄ることが難しい場合でも、成田空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港、ハワイの5箇所であれば、ドコモワールドカウンターが用意されています。

空港についてからでも、手続きができるので安心です。

使い方について

使い方は非常に簡単です。出発前に「ドコモ海外利用」アプリをダウンロードしておきます。現地についたら、使いたいタイミングでスマホの設定画面でデータローミングをONにします。

あとは、アプリの利用開始ボタンを押すだけです。事前にパケットパック海外オプションを申し込んでいれば、データローミングをONにしても勝手に通信が発生することはありません。

ドコモ海外利用アプリの利用開始ボタンを押して初めて通信が発生します。また、データローミングをONにする方法は機種ごとに少し異なります。ドコモの公式サイトでも手順が記載されていますので、ぜひ確認してみてください。

機種別データローミング設定方法

今ならこんなキャンペーンも

パケットパック海外オプションを利用すると、今ならdポイントがもらえるキャンペーンが実施されています。キャンペーン期間は日本時間で2018年9月30日(日)までです。

キャンペーン期間中にパケットパック海外オプションを利用するだけで「利用料1回分相当のdポイント980ポイント」が付与されます。特に申し込み手続きは不要です。キャンペーン期間中に海外に渡航される予定の方は非常にお得なキャンペーンですのでぜひ活用してみてください。

通信環境を気にせず快適な海外旅行を

知らない土地へ行く高揚感は何度でも味わいたい感情です。スマホさえあれば言葉が通じなくても行きたい場所を調べ、翻訳だってしてくれます。そんな旅のお供であるスマホの通信環境はしっかり押さえておきたいポイントです。

パケットパック海外オプションであれば簡単に通信環境を手に入れることができ、定額料金も比較的安く使えます。ぜひこの機会に活用してみてはいかがでしょうか。

どなたでも使い易く、管理し易いパケットパック海外オプションは、快適な海外旅行を過ごすために一役かってくれることでしょう。


ドコモユーザーはdカード GOLDがお得!
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDのメリット
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ
この記事を書いた人
masyumaron
masyumaron
2匹の猫と暮らす、元某キャリアのショップスタッフ。現在もたまに家電量販店でバイト中。iPhoneに浮気しつつも、現在はAndroidの2台持ち。