Android MNP ドコモ ドコモ MNP
Pocket

読了時間:約 2

新生活の始まりとして、心機一転してMNPでドコモのAndroidに乗り換えを考える人もいるのではないでしょうか?

そんな時、知っておきたいおすすめのドコモスマホがあります。

新機種といえばスペック重視の人が目立つ中、MNPをした際の安さも必須条件ですよね。

今回は、ドコモに乗り換え(MNP)で安くなるおすすめAndroidスマホをランキング形式でご紹介します。

MNPでお得なドコモのAndroidランキング

表彰台
ドコモといえば、iPhoneXが発売され話題となっていますが、Androidモデルの魅力についても知らなければ損です。

最近では、「格安SIMに変えて毎月のスマホ使用料を安く抑えたい」という人が増えています。

そんな時にも、MNP手続きをすることでご希望のスマホがお得に手に入ります。

下記に、おすすめのドコモAndroidスマホトップ5をご紹介します。
(参考:ドコモオンラインショップ)

★以下、表作成願います。

MONO MO-01J

docomo MONO MO-01J
他社からの乗り換えで最もお得なAndroidは、MONO MO-01Jでしょう。

MNPで契約する場合、端末代金は驚きの648円です。

ドコモオンラインショップで通常購入する場合、端末代金は32,400円かかりますが、端末購入サポートが入ることで最大31,752円分の割引が入ります。

気になるMONO MO-01Jのスペックは、以下の通りです。

MONO MO-01J スペック

カメラ画素数 約1330万画素
液晶画面サイズ 約4.7インチ
OS Android7.1
バッテリー容量 2440mAh(内蔵電池)

ビジネスシーンでも十分に使えるスペックですし、安心の防水機能付きです。ハイレゾオーディオを搭載している為、音楽も生演奏のような高級感をもって聴けます。

MONO MO-01J 評判・口コミ

価格.comから、MONO MO-01Jをビジネスシーンで利用している人の評判がうかがえます。利用して10ヶ月目になっても、使い方によってバッテリーは最大3日間はもつとのこと。

他の面から見た口コミは、以下の通りです。

携帯性
作業服の胸ポケットにもすんなり収まる。良好。
操作性
押し間違いが時々あるが、慣れれば問題なし。
通話音質
普通。同じ機種間の通話であれば音質は良い。
使用した感想
1日20件の通話、気象情報の確認5~6回、数秒間の動画鑑賞5~6回、写真撮影数枚といった使い方をすると、充電せずに2日目でバッテリーが50パーセントになる。

Nexus 5X

docomo Nexus 5X
Nexus 5Xは、元々の端末代金が93,312円という高額なモデルですが、端末購入サポートを利用することで割引後は648円で購入可能です。

ただし、端末購入サポートの割引は、最大で92,664円となります。必ずしも、誰でも最大割引が適用されるとは限りませんので、ご注意ください。

こうした面を見た時、「気軽に求めやすいモデル」という面ではMONO MO-01Jの方が有利かと思います。

Nexus 5X スペック

カメラ画素数 約1235万画素
液晶画面サイズ 約5.2インチ
OS Android6.0
バッテリー容量 2700Ah(内蔵電池)

Nexus 5X 評判・口コミ

携帯性
薄型で手にフィットしやすく良好。
操作性
至って普通。
通話音質
普通。雑音などの問題も特になし。
使用した感想
セキュリティアップデートも定期的に行えて、バージョンも最新のもので使える点が良い。ただし、ヘビーユーザーにはおすすめ出来ない。

AQUOS EVER SH-02J

docomo AQUOS EVER SH-02J
AQUOS EVER SH-02Jも、MNP割引適用後の端末代金が5,832円からとお得です。端末代金は分割購入も可能ですので、そうした場合は月々243円×24ヶ月払いとなります。

さらに、「家族まとめて割」を適用すると、最大で5,184円(税込)を還元するというお得なキャンペーンも行っているモデルです。

AQUOS EVER SH-02J スペック

カメラ画素数 約1310万画素
液晶画面サイズ 約5.0インチ
OS Android7.0
バッテリー容量 2700mAh(内蔵電池)

ランキング第1位と第2位に比べると、AQUOS EVER SH-02Jのスペックは均整がとれていると言えるでしょう。

搭載しているカメラも1300万画素数を超えているので、写真好きな人にも申し分ない質の写真が撮れますし、液晶画面の大きさも程よいです。

AQUOS EVER SH-02J 評判・口コミ

携帯性
良好。移動中にも全く邪魔にならないサイズ感。
操作性
フリーズすることもなく、レスポンスが良い。
通話音質
普通。
使用した感想
バッテリー容量のスペックを見て感じていた期待値に比べると、バッテリーのもちはさほど良くない。ただ、大容量コンテンツを頻繁に送受信したりするユーザーでなければ、支障なく使える。液晶の見やすさや操作性に関しては、最高。

Xperia(TM)XZs SO-03J

docomo Xperia(TM)XZs SO-03J
お手頃価格で高速通信を可能にしたい人は、ドコモのXperia(TM)XZs SO-03Jがおすすめです。

端末購入代金は、割引適用後も10,368円からですが、MNPの分割購入なら月々432円×24回払いとなります。

Xperia(TM)XZs SO-03J スペック

カメラ画素数 約1920万画素
液晶画面サイズ 約5.2インチ
OS Android8.0
バッテリー容量 2900mAh(内蔵電池)

多少の端末購入代金がかかったとしても、カメラ性能やOSのバージョンにこだわりがある人は、Xperia(TM)XZs SO-03Jが最もおすすめ出来る機種です。

MNP手続きをする場合のみ、端末代金がここまで下がりますのでお得に購入出来ます。

バッテリーのもちに関しても、リーズナブルな価格で2900 mAh(内蔵電池)を実現出来るモデルはなかなかないでしょう。

Xperia(TM)XZs SO-03J 評判・口コミ

携帯性
良好。デニムの後ろポケットにも余裕で入る。
操作性
ホームボタンがタッチパネルの為、元iPhoneユーザーだと慣れるのが大変。
通話音質
普通。
使用した感想
カメラの解像度が良く、「スーパースロー撮影」や「先読み撮影」など機能が豊富で便利。指紋認証の感度も良好で、ストレスフリー。元iPhoneユーザーがAndroidに切り替えるならXperiaがおすすめ。

Galaxy S8 SC-02J

docomo Galaxy S8 SC-02J
Galaxy S8 SC-02Jは、割引適用後の端末代金が15,552円からで、24回分割にすると月々648円からとなります。

MNP乗り換えで端末を購入する場合、Xperia XZ Premium SO-04Jと同等の価格ですが、レビュー評価に関してはGalaxy S8 SC-02Jの方が上ですね。

Galaxy S8 SC-02J スペック

カメラ画素数 約1220万画素
液晶画面サイズ 約5.8インチ
OS Android7.0
バッテリー容量 3000mAh(内蔵電池)

Galaxy S8 SC-02Jのスペックを見てわかる通り、バッテリー容量(内蔵電池)がずば抜けています。

長時間の会議など、ビジネスシーンでは欠かせないバッテリーの持ちの面では、全く心配する必要はないでしょう。

画面も大きくて見やすい特徴があります。

WORLD WING対応機種なので、国内だけでなく海外でもフル活用出来るのも魅力的です。

Galaxy S8 SC-02J 評判・口コミ

携帯性
良好。旧モデルのGalaxy S8+SC-03Jに比べて携帯性に優れている。
操作性
画面の端の方でタップした際、時折ボタンが反応しないことがある。
通話音質
普通。
使用した感想
1日を通して使用しても、バッテリーが持つ。ワイヤレス充電にも対応している機種の為、電源の取れない場所でも充電に困らない点が良い。寝室などの暗闇でも虹彩認証が利用できる点も便利。

ドコモのAndroidにMNPする際の機種選びのポイントは?


ドコモのAndroidに乗り換えを検討している多くの人は、現段階ではiPhoneを使っている傾向があります。

あるいは、他キャリアのガラケーやAndroid、格安SIMのいずれかを使っていることがほとんどですね。

ここで考えたいのが、「機種選びのポイント」です。

現状使っているモデルと、MNP後に使う予定の機種とで、使い勝手にどのような違いがあるのかをきちんと下調べしましょう。

そうでないと、いくらお得にMNP出来たとしても、機能やスペックの面で不満が出てしまいます。

iPhoneとAndroidの違いと機種選びのポイント

iPhoneユーザーが、ドコモのAndroidに乗り換える際に一番気になる点は、バックアップの取り方の違いや付属品関連のことではないでしょうか。

iPhoneの場合は、SDカードに対応していない分、バックアップを取る際はパソコンが必要になります。

一方、AndroidならSDカードにデータを保存出来るので、難しい操作は一切必要ないのです。

データ移行がラクになる代わりに、ケースなど付属品の種類はAndroidの方が種類は少なめです。

その分、Androidなら本体側部にストラップが付けられますから、携帯性を考えると利便性は上がるのではないでしょうか。

毎月の料金面に関しては、iPhoneからAndroidにMNPをしてもさほど高額になったという印象は受けにくいでしょう。

ドコモのおすすめ高スペックスマホはどれ?docomo with対象が凄い!

ガラケーとAndroidの違いと機種選びのポイント

ガラケーを利用していた人が、ドコモのAndroidにMNPをした直後の感想は、「操作方法がまるでわからない!」かと思います。

液晶画面は約2倍のサイズ感になりますし、操作はほとんどタッチパネルで完結します。

1 2