ドコモ ドコモ 手続き ドコモオンラインショップ
Pocket

読了時間:約 2

連絡手段や社員の管理として、ビジネスの現場では必ず必要となる携帯電話。

ドコモや大手キャリアでは会社名義で携帯電話を購入する法人契約を利用する事が可能ですが、手続きや料金面での不安から利用を躊躇っているという方も多いはずです。

ここではドコモで法人契約をする際の必要書類や手続き方法をはじめ、オンラインショップを利用する際の注意点など関連情報を詳しくご紹介しています。

将来的に会社の設立を検討している方、そしてこれから法人契約をしようと思っている方は是非チェックしてみてはいかがでしょうか。

ドコモオンラインショップで法人契約|必要書類と手続き方法

ドコモでの法人契約


大手キャリアのドコモのHPでは、オンライン上でスマートフォンなどを購入する事が出来るドコモオンラインショップが運営されています。

24時間申込みが行えること・本来不必要であるオプションに加入しなくても良いなど多数のメリットを持つドコモオンラインショップは、個人契約だけでなく法人契約=会社として利用する事も可能なのです。

しかし、注意しなくてはならないポイントとして法人契約の際のオンラインショップ利用は機種変更や契約変更などに限られ、新規契約やMNPなどの際はドコモショップや法人営業を通してしか申込みできないという点があります。

その他ビジネス割引など一部のプラン申込みもオンラインショップは非対応となっているため、申込みを検討しているならよくあるご質問(FAQ)をしっかりと確認しておきましょう。

ドコモオンラインショップの法人契約注意点

  • 新規契約は申込み不可
  • MNPによる申込み不可
  • 一部プランの申込み不可

法人は1回線から契約可能

会社と一言で言っても、日本国内では株を発行して資金を集める株式会社や出資者全員が経営に関わる合同会社、その他に合資会社・合名会社という4つの種類があります。

もちろん、このような会社すべてでドコモの法人契約を行う事が可能です。

会社の種類や規模に関わらず、現在法人契約を検討している方は1回線以上~複数台の申込みを前提として考えているのではないでしょうか。

しかし、ドコモの法人契約は1回線から契約が可能となっており必要に応じて契約台数を追加していく事が出来ます。

個人と法人に料金的な違いはありませんから、試験的な意味で1回線のみ契約してみるというのも良いのではないでしょうか。

ドコモの法人契約と個人契約の違い

大企業・中小企業のうち比較的規模の大きい会社であれば個人の意思で法人契約を検討する事は難しいでしょうし、何より会社の規模にも大きな違いがあります。

このため、現在ドコモで法人契約を検討している方は、中小企業の中でも比較的規模の小さい会社を経営している方・もしくはその関係者ではないでしょうか。

既に個人で携帯の契約を結んでいる方であっても、法人契約がどのようなものであるか理解している方は多くはないはずです。

法人契約は個人契約よりも必要書類が多くなるほか、大きく下記のような違いがあります。

また、個人事業主や自営業者などは法人契約を行う事が出来ませんが、将来的に会社へ成り変わる「法人成り」を検討しているのであれば今の内に法人契約について理解しておく事は必要でしょう。

 個人契約法人契約
主な手続き場所ドコモショップ
ドコモオンラインショップ
ドコモショップ
ドコモオンラインショップ(新規・MNPなどは不可)
法人営業
主な必要な書類本人確認書類
支払いに必要なもの(クレジットカードなど)
本人確認書類
支払いに必要なもの(クレジットカードなど)
登記簿謄本・印鑑証明書
主な料金の支払い方法口座振替
クレジットカード払い
口座振替
クレジットカード払い
請求書払い
ポイントプログラムdポイントクラブドコモビジネスプレミアクラブ

ドコモで法人契約前の事前確認は?


ドコモの法人契約前は、特に機種・プラン・毎月の支払額の3点を確認しておくのが良いでしょう。

新規の法人契約はドコモショップか法人営業を利用する事になりますが、事前にポイントを確認しておく事でより最適なプランを選択できるようになるはずです。

機種の選択


画像引用元:TOUGHBOOK P-01K | 製品 | 法人のお客さま | NTTドコモ

ドコモの法人契約で選べる機種は、ドコモ公式HPの「法人のお客様/製品」よりチェックする事が可能です。

ビジネスの現場で導入されるパソコンは特に堅牢さや重量が重視されますが、この点はスマートフォン・携帯電話もまったく同じではないでしょうか。

ドコモの法人向けスマホは頑丈な作りで壊れにくい「TOUGHBOOK P-01H」をはじめ、一般向けのガラケーやスマートフォンを選ぶ事ももちろん可能です。

最新のiPhone Xsなども選択する事が出来ますが、故障や不具合のリスクを考えるとガラケーやビジネス向け携帯の方が適していると言えます。

機種は会社の業務内容や費用、人員なども含めて総合的に検討するのが良いでしょう。

プランやオプションの選択

ドコモの個人契約では基本プラン+パケットパック+インターネット接続サービスが基本的な組み合わせとなっており、これに端末代金やオプション・割引などを加えて月々の請求額が決定されます。

法人契約ではカケホーダイや低用量のパケットパックなど個人契約で提供されているプランを選択する事も出来ますが、法人向けに最大3000Gまでの大容量のビジネスシェアパックが用意されている点は見逃せません。

その他、ビジネス向けのオプションプランとしては情報漏えいや盗難などのリスクに備えた専用プランが用意されています。

選択するプランによっては国内通話無料&大容量のパケットパックを低価格で導入できるでしょうから、通信費の削減という意味でも大きなメリットとなるでしょう。

料金プランの詳細は、ドコモHP上の「カケホーダイ&パケあえる」を参考にすると良いでしょう。

毎月の支払額の確認


機種とプランを選択したら、最終的に毎月どれくらいの支払額となるかシミュレーションしておく事も大切です。

特に人員の少ない小規模の会社では、通信費の大小が会社の経営にも関わってくる重要なポイントとなるのではないでしょうか。

毎月の支払額のシミュレーションは、ドコモ公式HPの法人向けページから簡単に行う事が可能です。

試算後のページでセット割などのサービスも紹介されていますから、忘れずにチェックするようにしましょう。

必要書類と手続き方法は?


ドコモで法人契約を新規で結ぶ場合、ドコモショップへの来店または法人営業が基本となります。

しかし、どちらを利用するにしても必要となる書類や手続き方法に大きな違いはありません。ここでは、新規での法人契約とオンラインショップを利用した手続き方法などをチェックしていきましょう。

必要書類

ドコモの法人契約の際必要となる書類は個人・法人の違いでも少し触れていますが、より詳細にご紹介すると下記の表のようになります。

登記等謄本などは発行までに時間がかかってしまいますが、事前に知っておく事で申込みの段階で慌てなくて済むのではないでしょうか。

この他、委任状などはドコモの公式HPからダウンロードする事が出来ます。書類に不備がある場合は申込みが出来ませんし、新たに書類を揃える時間を含めて余計な手間暇がかかってしまいます。

必要書類や内容に不安があったら、法人契約専門のダイヤル「ドコモ・コーポレートインフォメーションセンター/0120-808-539」に電話で確認しておく事をおススメ致します。

内容必要書類の種類
「法人に関する確認書類」登記簿謄本
または印鑑証明書
本人確認書類運転免許証
マイナンバーカード
など
法人との関係がわかるもの委任状または
社員証または
名刺など
支払い手続きに必要なものクレジットカード
キャッシュカード
預金通帳
補助書類(運転免許証・マイナンバーカード以外の提示で必要)公共料金領収証または
マイナンバーの印字が無い住民票

手続き方法やドコモオンラインショップについて

必要書類が揃ったら続いて申込みを行いましょう。上記でご紹介した機種・プラン・毎月の支払額の確認が終わっていれば、後は実際に手続きを行うだけとなります。

手続きは申し込み後書類の不備がないかなどをドコモ側がチェックして契約となりますが、個人契約よりも確認事項が多いため場合によっては1日で手続きを終えられない可能性があるでしょう。

ドコモショップに行く時間がない方は、携帯に関する悩みをビジネス的な視点から解消してくれる「ドコモ法人営業」を利用するのも一つの手ではないでしょうか。

1 2