ドコモ ドコモ 手続き ドコモオンラインショップ
Pocket

読了時間:約 2

営業マンを多く抱える企業だと、会社から外出している社員が多く、社員同士の連絡はもちろん、お客さんから連絡があった場合など、携帯電話を使って連絡をとる機会が多くなるでしょう。

しかし、中には、プライベートな携帯でやり取りすることに抵抗のある従業員も多くいるはずです。そんなとき、企業の待遇として考えたいのが、携帯電話の支給についてです。

近年では、出勤・退勤のタイムカードを、スマートフォンアプリで行っている企業も増えており、GPSを使って営業や業務の効率化を図るという観点からも、従業員への携帯電話支給を検討する会社も増えてきています。

そんな会社におすすめなのが、ドコモが運営するドコモオンラインショップでの法人契約です。個人での契約しかできないと思われているドコモオンラインショップですが、法人契約もすることができます。

今回はインターネット手続きができる、ドコモオンラインショップで法人契約をする場合に必要な書類や手続きの方法を詳しくご紹介します。

ドコモの機種変更に必要なものをまとめた記事はこちらでも紹介しています。
ドコモの機種変更に必要なもの|名義人・契約者以外の証明は?

ドコモ公式ショップ

1回線からでもドコモの法人契約は可能!

法人契約というと、ある程度の回線数が必要だというイメージはありませんか?従業員が少ない企業だと、法人で携帯を契約することに躊躇される社長もいるようですが、ドコモの法人契約は1回線から契約が可能です。

まずは社長が契約し、その後従業員用の回線を増やすという対応も可能です。法人だからといって特別に費用がかかるわけでもないので、個人で携帯を契約するのと近い感覚で法人契約を行うことができるでしょう。

法人契約なら携帯料金の一括請求にも対応

法人で携帯を契約するメリットの1つに、携帯料金の一括請求・支払いが可能ということが挙げられます。法人で携帯を契約する場合、代表番号に紐付けして回線数を増やすことができるので、全ての携帯料金を合算で支払うことが可能です。

経理上の手間が省けることはもちろん、法人契約の際にdポイントが貯まるようにしておけば、短期間でかなりのdポイントが貯まるようになるでしょう。

ドコモオンラインショップで法人契約する場合の5つのステップ

いざ、ドコモオンラインショップで法人契約をすると決めても、申し込む前に色々と決めるべき5つのステップがあります。社長自らが申し込みをする場合は良いですが、代理で申し込みを行う場合でも、いざ申し込みを始めてみたら社長に確認しないとわからないことが多いでしょう。

そのため、事前に5つのことをしっかりと確認した上で申し込みを行うことをおすすめします。

1.契約する機種のチェック

まずは、どの機種を契約するのかを選びましょう。iPhoneやAndroidでも、機能に差があるので、どの機種を選ぶのかは意外と重要なポイントとなります。

ガジェット系の記事を紹介する会社などは、プライベートでiPhoneを使っている人には会社からAndroidを支給するなど、目的によって選ぶようにしましょう。

2.料金プランを決める

次に、料金プランを決めましょう。おすすめは、カケホーダイ&パケあえるです。これらは、個人の契約プランと一緒で、家族向けに作られたプランが、そのまま会社でも適用される形となります。

社員同士の通話はもちろん、クライアントへの通話も無料となるので、営業が多い会社ではカケホーダイは必須だと言えるでしょう。パケあえるに関しては、使い方によってはとても便利なプランです。どのような目的で法人携帯を導入するのかによって、最適なプランを選びましょう。

ドコモ「カケホーダイ」と「パケあえる」のおすすめ最安パターン

3.毎月の支払い予想金額を算出する

契約機種と料金プランが決まったら、毎月の支払いがどのくらいになるのかシミュレーションをしてみましょう。ドコモのホームページのシミュレーターで、数字を入力するだけで毎月の予算の試算をしてくれます。

逆に言えば、毎月の予算を事前に決めておくことで、選ぶ機種や料金プランを選択するという考え方もあるでしょう。どちらにせよ、毎月の予算は事前に決めておき、会社の経営を圧迫するような無理な契約はしないようにしましょう。

4.業務を効率化させるためのあんしんマネージャーサービスを導入

法人契約の場合、ドコモのサービスとして「あんしんマネージャー」というものを導入することができます。

これは、法人契約したスマホなどを、管理者が一元管理できるようなものとなっており、例えば私的な使用を禁止したり、設定などを管理画面から一括で行うことができるようなサービスとなっています。

業務効率のために導入したスマホが、結果として社員に悪影響を与えないように、きっちりと管理・運用することも、携帯電話を法人契約するためには必要な要素となります。

1 2