読了時間:約 2

ドコモショップや家電量販店など、代理店で機種変更した場合に頭金を取られますよね。

実はこの頭金、本当は支払う必要がないお金なのです。

「機種変更の頭金は全店共通じゃないの?」「頭金はどこも同じ金額を請求されるんでしょ?」と疑問に思う人もいるでしょう。

そんな声にお応えする為、今回はドコモの機種変更時の頭金の必要性について解説します。

頭金ってそもそも何?

ドコモの機種変更をする際、頭金の支払いについて理解していない人も少なくありません。

端末購入代金を分割払いにする人は、手続きをする上で知っておくべきです。

頭金が不要な店舗を探す前に、まずそのしくみについて学びましょう。

頭金とは?

頭金とは、ドコモショップで機種変更をし、支払方法を分割にした際にかかるお金です。

通常は、1機種につき3,000円前後かかります。

ドコモショップといっても代理店ですから、ドコモオンラインショップなど公式サイトで機種変更しない限り頭金は請求されます。

家電量販店やドコモ製品を扱っている代理店全般は、このしくみを導入していますね。

なぜドコモの代理店は頭金を請求するの?

ドコモオンラインショップのような公式サイト以外では、なぜ頭金がかかるのでしょう?

「それじゃ機種変更が気軽に出来ないじゃない!」と腹を立てる人もいますよね。

不満はごもっともですが、代理店も店舗売上を伸ばす為に施策を導入する必要があります。

だから、頭金のしくみを利用して利益追求に走るのです。

ドコモユーザーからしたら、少しでも安く機種変更をしたいという思いがあるでしょう。

ただ、代理店側の言い分もあるということです。

ドコモショップの頭金の金額は統一されていないの?

同じドコモショップの看板を掲げていても、頭金の金額は違います。

なぜなら、運営元がそれぞれ異なるからです。

違う会社が運営しているのですから、当然ながら頭金の設定金額も千差万別です。

よく「ドコモショップ=全店舗NTTドコモが運営している」と勘違いをする人がいますが、あくまで運営元は代理店になります。

頭金の設定額が異常に高いドコモショップもある…。

「うちの近所にはドコモショップが1店舗しかないわ」というケースもありますよね。

競合店が近くにない場合、頭金を最大10,000円前後まで引き上げる代理店もあります。

最初にお伝えした3,000円という金額より7,000円も高額なわけですから、機種変更するだけでもかなり出費がかさみます。

それでも、他に機種変更を頼める店舗が近くになければ、必然的にドコモユーザーはその代理店を利用するわけです。

こうして高額な頭金で荒稼ぎしているドコモショップも少なからずあるのです。

一括払いなら頭金はかからない?

分割払いを選んだ人にかかる頭金…。

これは、一括払いの場合はかかりません。

機種変更手続きをする店舗によって設定される頭金の金額が違うと知っている人は、思い切って一括払いで端末購入をしています。

頭金不要にする方法があるってホント?

3,000円~10,000円まで大きな幅で設定される頭金は、機種変更手続きを望む人たちの脅威とも言えるでしょう。

「頭金なんて絶対払いたくない!」というドコモユーザーの為に、機種変更時の頭金を不要にする方法をご紹介します。

頭金不要のドコモオンラインショップで機種変更手続きをする

ドコモ製品を扱うところすべてが、頭金の支払いを必須としているわけではありません。

その証拠に、ドコモオンラインショップでは頭金も事務手数料も無料です。

しかも、ドコモショップのように待ち時間もありませんので、お好きなタイミングで機種変更することが出来ます。

dカードを使ってお得に端末購入をすることも出来ますし、配送先も自宅・コンビニ・ドコモショップから選べますので便利です。

その他にもドコモオンラインショップにはたくさんのメリットがあります。詳しく知りたい方はドコモの機種変更をオンラインショップでするメリットと手順をご覧ください。

機種変更端末を一括払いで購入する

こちらの方法は、まとまった金額を用意出来る人に限りますが、機種変更端末を一括払いで購入するのも1つの方法です。

分割払いだと発生してしまう頭金も、一括払いなら一切余計な費用は取られません。

頭金はただの価格競争の一環

ドコモ直営のオンラインショップであれば頭金は発生しませんが、運営元が違う代理店であれば、価格競争の一環として頭金の設定金額もバラバラです。

同じドコモの製品といえど、同じ価格で販売しなければならないというルールはありません。

よって、頭金の設定金額が代理店によって異なるのは、ごく自然なことであって違法ではありません。

頭金が設定されるようになったキッカケは?

ドコモユーザーの中には、「あれ?前に機種変更した時は頭金がなかったような…」と疑問に思っている人もいるでしょう。

その通りで、頭金が設定されるキッカケとなったのは、独占禁止法です。

iPhoneなど3大キャリアが共通して販売する製品などは、同じ価格だと価格競争が出来なくなります。

その為、独占禁止法に則って自由な価格競争をおこなえるようになったのを機に、多くの代理店でも頭金を設定して利益追求に走ったというわけです。

1 2