読了時間:約 2

動画配信とオンラインゲーム事業で有名な最大手企業DMM.comが格安スマホに参入、サービス展開しています。

業界最安値の利用料金と、安定した通信速度、来店不要のネットのみでの契約手続きが可能である点をアピールして、ユーザーを増やしています。月々のスマホ料金を安くしたい人は、乗り換えの検討をおすすめします。

トップ画像引用元: https://mvno.dmm.com/

DMMモバイルに乗り換えて、お得にスマホを使おう!

日々の生活にスマホは必要不可欠ですが、月額使用料金が高いことに頭を悩ませている利用者が多いのも事実です。スマホの料金を少しでも安くして、家計を安定させるために、格安スマホへの乗り換え希望者が増加しています。

格安スマホ事業に参入する会社が増えていますが、なかでもNTTドコモの回線を借りてサービス提供しているDMMモバイルに注目が集まっています。

DMMモバイルの料金プランの安さの理由

DMMモバイルは、オンラインゲームや動画配信などで有名なDMM.comが運営する、格安スマホの通信会社です。大手携帯キャリアと違って実店舗を持たない分、店舗にスタッフを配置するために必要な人件費や店舗を維持するコストが必要ありません。

手続きは来店の必要もなくインターネットでの受付となるので、人件費などがかからないため価格を抑えたサービスを提供することが可能となっています。

仕入れや運用のコストを下げるための策として、DMMモバイルはドコモの通信設備を借りているので、自社での設備投資が不要で、サービスの単価を下げるために一度に大量の通信量を電波帯を借りているキャリアから購入することで安価な料金プランの設定が可能になります。

大手携帯キャリアでは実現できない、低料金をかなえるためのノウハウをDMMモバイルは持っているのです。

DMMモバイルは、業界最多プラン数と全料金プラン業界最安値水準を前面に押し出しています。2016、2017年とプランの値下げが実施されたことで、安い維持費でスマホを使用したいと願う方にとっては朗報となりました。

LINEやメール程度でシンプルに利用したいユーザーのための低価格プランもありますので、ユーザーのライフスタイルに合った料金プランを選ぶことも可能です。

DMMモバイルをおすすめしたいユーザーは?

DMMモバイルは、料金プランの種類が豊富です。選べるデータ量の数も多く、使用状況によって変更可能なところも嬉しい点です。普段、スマホを使う頻度が少なくデータ量をあまり消費しないユーザーのために、とても割安な料金の1GBのプランもあります。

格安スマホユーザーの4割は、1ヶ月1GBも通信を使用していません。範囲を2GBに広げると、実に6割のユーザーの通信使用量が2GB未満となります。他社のプランは最低でも3GBからの料金プランとなりますので、データを使用しないユーザーにとっては月額使用料が割高となってしまいます。

DMMモバイルでは月間1GB、2GBの少ないデータ量のプランを選べることが、安い料金でスマホを利用したい方におすすめできるポイントとなります。

ドコモなど、大手キャリアの料金が割高に感じているのであれば、乗り換えを検討するのも節約のための一つの方法でもあるといえます。自分のデータ使用量を確認して、更に安い料金プランへの見直しをおすすめします。

ドコモからDMMモバイルへの乗り換え手順は?

国内の最大手携帯キャリアのドコモは、サービス内容の知名度が高く、老舗ブランドとして安心感を持っている方が大半を占めています。

長期利用ユーザーに支持されている点もドコモの強みともいえますが、最近ではドコモの料金プランに割高さを感じるユーザーが、格安スマホへ乗り換える、または乗り換えを検討するといったことが多くなっています。

ドコモからDMMモバイルへ乗り換えて、更にお得にスマホライフを楽しむ方法を紹介します。

MNP予約番号の発行および取得方法について

現在、ドコモの契約でお使いの電話番号を、DMMモバイルでも引き続き使用する場合は、 MNP予約番号の取得が必要です。MNP予約番号の取得方法は、ドコモショップ窓口、Webページの「My docomo」からの申し込み、インフォメーションセンターにて電話で申込の3パターンがあります。

「My docomo」での手続きはパソコン、携帯のどちらでも可能で、都合のよい時間帯や場所で申し込みができますので、おすすめの方法です。

MNP予約番号を取得するにあたり、いちばん簡単で確実に手続きができる方法はドコモショップに出向くことですが、季節や時間帯によって大変混雑する場合があります。

新規加入や機種変更が最も多い3月、4月は待ち時間が長くなることもあるので注意が必要です。最近では来店予約が可能となっていますので、来店の際には予約を取って来店をすれば時間の節約にもなります。

インフォメーションセンターでの手続きでは、ドコモショップに来店する手間が省けて、待ち時間のストレスもない楽な方法ともいえます。MNP予約番号をメモする必要はありますが、疑問・不明点があれば、オペレーターに都度質問することも可能です。

ドコモショップ、インフォメーションセンターでは手続きの方法などを専任のスタッフから聞くこともでき、Webでの申し込みに自信がないと感じる方にはおすすめです。ご自身にとって利用しやすい方法で、MNP予約番号を取得してください。

なお、MNP予約番号には有効期限が設けられています。DMMモバイルへの乗り換えには有効期限まで10日以上の日数が残っていることが必須となります。有効期限まで日数が少ない、または期限を超えた場合はMNP予約番号の再発行の手続きを行ってください。

乗り換えの際にはMNP手数料として、2,160円(税込)が必要となります。また、現在使用している機種の使用期間が2年に満たない場合には違約金が発生する事もありますので、ドコモショップなどで問い合わせをしておくことをおすすめします。

MNP予約番号取得後は、SIMカード発行を忘れずに

MNP予約番号を取得したところで、ドコモを解約したとはいえません。正式に解約手続きが完了するのは、DMMモバイルのサイトより新規申し込み後、SIMカードが発行されてからとなります。このような乗り換え手続きをもって、DMMモバイルのサービスが利用できるようになります。

SIMカードは、スマホやタブレットなどのモバイル端末で、インターネットや音声通話を行うために必要な小型のICカードの一種です。端末に挿入して使用することができます。SIMカードには、利用者の電話番号などの個人情報が登録されています。

SIMカードのサイズには現在3パターンがあり、標準SIM、microSIM、nanoSIMのサイズ展開となります。SIMのサイズはご使用の端末によって異なります。スマホやタブレットによっては、他社のSIMカードの使用制限(SIMロック)されている端末もありますので事前に確認しておくことをおすすめします。

使用制限がかかっていない、「SIMフリー」端末もありますが、大手携帯キャリアで販売されている端末は、基本的には「SIMロック」がかかっています。また、ドコモの端末をDMMモバイルで使用する場合には「SIMロック」の解除が不要となります。

DMMモバイルではドコモの通信回線を借りて営業しているためです。

また、DMMモバイルの申し込み前にWebページ内の「動作確認端末一覧」より、お手持ちの端末が引き続き使用可能かどうかを確認することが最も確実です。申し込みの際、現在使用中の端末が一覧に入っている場合は、そのまま手続きを進めて問題ありません。

新規申し込みは、DMMモバイルWebページのトップにリンクがあります。データ専用SIMプラン、音声通話付きSIMプランの二つが表示されますので、音声通話付きSIMプランの「乗り換えで申し込む」を選択してください。

次に、DMM会員であるかの確認項目が表示されますので、まだ会員ではない方は会員登録に進んでください。

その後、MNP予約番号の入力、申し込むプラン内容を選択します。現在ご使用の端末情報を入力後、SIMカードのサイズが自動で選択されます。DMM会員情報として使用するメールアドレスとパスワードを入力後、氏名や住所などの個人情報を入力して登録完了です。

登録の際には、新規契約手数料に別途消費税が加算されます。新規契約手数料は3,240円(税込)となります。間違えの無いように、料金プランの再確認も忘れないようにしましょう。

SIMカード到着後に初期設定が必要

SIMカードは到着するまで3日前後の日数を要します。最近では、DMMモバイルのMNP転入の方法が変更されたことで、SIMカードが届くまでの間もスマホを使用することが可能になりました。SIMカードが届くまでスマホが使えないといった不便さが解消されたので、MNPがより容易になりました。

SIMカード到着後、使用できるようにするためにAPN(アクセスポイント名)の設定を行う必要があります。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2