Xperia Ace SO-02L
スマホ本体代を分割支払い時の頭金0円
dカード GOLD申込で最大13,000ポイント
読了時間:約 2

2019-20の秋冬モデルが揃いつつあるドコモのスマートフォン。そんな中で機種変更をお考えの方も多いのではないでしょうか。

「スペックや機能ははほどほどで安いスマホがいい!」という方にはミドルスペックのスマホがおすすめです!

昔と違いミドルスペックであっても十分に使えるスマホが多く、その上で価格も安くなっています。

今回はそんなドコモのミドルスペックスマホの中からおすすめの機種でランキングを作成しました。お得な機種変更方法も書いているので最後まで要チェックです!

ドコモおすすめ最新携帯ランキング2020年|スマホ選びのポイント解説

ドコモのミドルスペックスマホおすすめランキングTOP5

早速ドコモのミドルスペックスマホを見ていきましょう。スペックの目安については後半に書いています。

発売時期は主に、今年の夏ですが機種によっては昨年のモデルもあります。

1位:Xperia XZ3 SO-01L

Xperia XZ3
画像引用元:NTTドコモ|Xperia XZ3 SO-01L

ドコモ Xperia XZ3のスペック・機能・価格
モデル名Xperia XZ3 SO-01L
発売日2018年11月9日
カラーボルドーレッド/ホワイトシルバー/ブラック/フォレストグリーン
ディスプレイ約6.0インチ(有機EL)
クアッドHD+
トリルミナスディスプレイfor mobile 有機EL
バッテリー3,200mAh
カメラアウトカメラ:約1920万画素
インカメラ:約1320万画素
メモリRAM:4GB
ROM:64GB
サイズ 約158×約73×約9.9mm
重さ約193g
防水・防塵防水:IPX5/8
防塵:IP6X
その他の機能おサイフケータイ
ワンセグ・フルセグ
生体認証
ハイレゾ
ワイヤレス充電
価格90,288円
60,192円:スマホお返しプログラム適用時(24か月目に返却する場合)
公式ショップ>ショップへ
特徴
  • Xperia初の有機ELディスプレイで映像美を楽しめる
  • 約1320万画素のインカメラで自撮りも綺麗
  • 約6.0インチの大画面でありながらスリムで持ちやすい

正直なところ、ミドルスペックスマホのランキングに、「Xperia XZ3」を入れるか迷いました。

しかし、発売時期が去年であること、RAMとROMが最新のハイスペックスマホと比べて劣ることからミドルスペックとしました。

それ以外についてはカメラ性能やバッテリー、ハイレゾ音源やフルセグなど機能性はハイスペックに負けず劣らずの機種です。

ドコモ Xperia 5の評価レビュー|買う理由と買わない理由

2位:LG style2 L-01L

LG style L-01L
画像引用元:NTTドコモ|LG style L-01L

ドコモ LG STYLE2のスペック・機能・価格
モデル名LG STYLE2 L-01L
発売日2019年7月12日
カラーゴールド/ブラック
ディスプレイ約6.0インチ
Full HD+
TFT
バッテリー容量3900mAh
カメラアウトカメラ:約1620万画素/約1310万画素
インカメラ:約810万画素
メモリRAM:4GB
ROM:64GB
サイズ縦158×約76mm×約8.5mm
重さ182g
防塵・防水防水:IPX5/8
防塵:IP6X
その他の機能おサイフケータイ
ワンセグ
生体認証(指紋)
ハイレゾ
価格38,016円
公式ショップ>ショップへ
特徴
  • 約3900mAhの大容量バッテリーで、安心して使える
  • 約1600万画素のアウトカメラで、綺麗に撮れる
  • 約6.0インチの大画面は操作しやすく、映像も見やすい

今年の夏モデルである「LG style L-01」はミドルスペックの割には、ハイスペックに近い機能性を持っています。

バッテリーやカメラ性能は、ハイスペックモデルと比べて遜色ないのにも関わらず、価格は約半額程度で機種変更できるのでおすすめです。

ドコモ「LG style2」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

3位:Xperia Ace SO-02L

Xperia Ace SO-02L
画像引用元:NTTドコモ|Xperia Ace SO-02L

ドコモ Xperia Aceのスペック・機能・価格
モデル名Xperia Ace SO-02L
発売日2019年6月1日
カラーパープル/ホワイト/ブラック
ディスプレイ約5.0インチ
Full HD+
トリルミナスディスプレイ for Mobile TFT
バッテリー容量2700mAh
カメラアウトカメラ:約1200万画素
インカメラ:約800万画素
メモリRAM:4GB
ROM:64GB
本体サイズ約140mm×約67mm×約9.3mm
重さ約154g
防水・防塵防水:IPX5/8
防塵:IP6X
その他の機能おサイフケータイ
生体認証(指紋)
価格49,896円(1,386円×36回)
公式ショップ>ショップへ

特徴
  • 約5.0インチのコンパクトデザイン
  • 3.5mmのオーディオジャック搭載でイヤホンが挿せる
  • FULL HD+で高精細な映像が楽しめる

今どきのミドルスペックスマホでも、珍しい約5.0インチディスプレイの「Xperia Ace SO-02L」。

一昔前だと大画面でしたが、今は小型の部類に入ります。このサイズはなかなかないので、欲しい人は大勢いると思います。

ソニーの機種らしく、カメラ性能やバッテリー性能もいいので、コンパクトサイズをお探しの人は迷わず買いの機種です。

ドコモ Xperia Aceの評価レビュー|買う理由と買わない理由

4位:AQUOS sense3 SH-02M


画像引用元:AQUOS sence3 SH-02M

ドコモ AQUOS sense3のスペック・機能・価格
モデル名AQUOS sense3 SH-02M
発売日2019年11月1日
カラーライトカッパー/シルバーホワイト/ブラック/ディープピンク
ディスプレイ約5.5インチ
Full HD+
IGZO TFT
バッテリー容量4000mAh
カメラアウトカメラ:約1200万画素/約1200万画素
インカメラ:約800万画素
メモリRAM:4GB
ROM:64GB
本体サイズ約147mm×約70mm×約8.1mm
重さ約167g
防水・防塵防水:IPX5/8
防塵:IP6X
その他の機能おサイフケータイ
生体認証
価格31,680円(880円×36回)
公式ショップ>ショップへ

特徴
  • 1週間もつ約4000mAhの大容量バッテリー
  • 実物に近い色みを放つIGZOディスプレイで写真も動画も見やすくする
  • 4色の落ち着いたカラーバリエーション

約4000mAhの大容量バッテリーを誇る「AQUOS sence3 SH-02M」。

スマートフォンの平均的な利用であれば1週間バッテリーが持つとされています。

TVのAQUOSで培った液晶技術を、スマホにも惜しみなく投入している1台なので、映像が楽しめるのはお墨付きです。

落ち着いたシンプルな色合いは、持っていてもミドルスペックスマホとは思わないほどなので、所有欲も満たされますね。

ドコモ AQUOS sense3の評価レビュー|買う理由と買わない理由

5位:Google Pixel 3a

Google Pixel 3a
画像引用元:NTTドコモ|Google Pixel 3a

ドコモ Google Pixel 3a のスペック・機能・価格
モデル名Google Pixel 3a
発売日2019年6月7日
カラージャストブラック/クリアリィホワイト
ディスプレイ約5.6インチ
Full HD+
OLED
バッテリー容量3000mAh
カメラアウトカメラ:約1220万画素
インカメラ:約800万画素
メモリRAM:4GB
ROM:64GB
本体サイズ約151.3mm×約70.1mm×約8.2mm
重さ約147g
防水・防塵防水:ー(防滴対応)
防塵:IP5X
その他の機能おサイフケータイ
生体認証(指紋)
価格46,728円
公式ショップ>ショップへ
特徴
  • 夜でも「夜景モード」を使えば、フラッシュいらずで綺麗に撮れる
  • 本体を握るだけで、Googleアシスタントが起動できる
  • 純正のAndroid 9搭載で使いやすい

Googleが出している「Google Pixel 3」の廉価版である「Google Pixel 3a」。しかし機能面は廉価版というには、もったいないほどです。

他のメーカーのAndroid機にあるように、余計なアプリや独自のUIがないので純粋にAndroidを楽しみたい人におすすめです。

特に暗い中でも綺麗に写真が撮れる「夜景モード」は、試したい機能の一つです。使っていて不満はほぼ感じないでしょう。

2019年夏発売「Google Pixel 3a / 3a XL」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

ドコモユーザーは必見!「dカード GOLD」が圧倒的お得な理由

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード GOLD」はドコモケータイの特典がかなり充実しています。

dカード GOLDの特典をまとめると、

  • ドコモ携帯利用料金の税抜1000円につき10%還元
  • オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うとポイント2倍
  • 万が一でも安心のドコモケータイ補償が最大10万円
  • ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得
  • 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ
  • 国内とハワイの主要空港ラウンジが無料でつかえる
  • 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく

dカード GOLDの年会費1万円を払う価値とメリット・デメリットまとめ

dカード GOLDの年会費は1万円(税抜)かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。

ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。

ミドルスペックスマホってどんなスマホ?

ハイスペックスマホよりは劣るミドルスペックスマホですが、機能面での差は年々小さくなってきています。

少し前ならハイスペックだったものでも、今はミドルスペックになるほど進化しているので、普通に使う分には困りません。

中には現行のハイスペックスマホと、機能によってはほぼ変わらない点もありますが、ミドルスペックスマホの目安を表で示しました。

あくまで目安ですが、ハイスペックスマホは、主にメモリとインカメラの画素数がアップしているモデルが多いです。

スペックハイスペックミドルスペック
メモリRAM:6GB
ROM:128GB
RAM:4GB
ROM:64GB
バッテリー容量約4000mAh前後約3000mAh前後
カメラアウトカメラ:約1200万画素(最大約4000万画素)
インカメラ:約1000万画素
アウトカメラ:約1200万画素(最大約4000万画素)
インカメラ:約800万画素
ディスプレイQuad HDがメインFHD+がメイン

メモリ

LG style L-01L
画像引用元:NTTドコモ|LG style L-01L
メモリは、「RAM」と「ROM」に分けられます。それぞれGBで表し、数字が大きければ性能も高くなります。

簡単に説明すると、「RAM」はアプリなどを動かしたりする作業領域を表します。

容量が大きければ大きいほど、アプリがサクサク動いたりするなど、スマホの使いやすさに直結します。

目安は最低でも4GB以上あると日常使いには困らないでしょう。3Dゲームなどをする場合はより大きな容量が必要です。

「ROM」は写真などを保存したりする保存場所を表します。

大きい方がたくさん写真の保存が可能になりますが、Android機ではSDカードでの増設も可能です。

とはいえ容量が大きくて困るということはないので、64GB以上を目安に考えておきましょう

バッテリー容量

ハイスペックスマホ、ミドルスペックスマホ共に、そこまでの差はなくなってきていますが容量は大きい方が絶対いいですよね。

ミドルスペックスマホであれば約3000mAh以上は目安にしておきたいところです。

たとえバッテリー容量がそこまで多くなくても、「バッテリーセーブ機能」などが付いている機種が多く、電池持ちは良くなっています。

カメラ

Xperia Ace SO-02L
画像引用元:NTTドコモ|Xperia Ace SO-02L
カメラの画素数自体では差別化がしにくくなっています。中には約4000万画素以上などの機種もありますがそれは別格と考えます。

最近は広角で撮れたり、より遠くまで撮ることができる望遠機能などが、ハイスペック機種に搭載されている印象です。

普段撮った写真を、スマホ上か普通サイズの印刷でしか見ないのであれば、約1200万画素以上を目安にしておきましょう。

ディスプレイ

ハイスペックスマホは、Quad FHDが搭載されてより高精細化が進んでいます。

ミドルスペックスマホではFHD+がメインですが、そもそもスマホの小さな画面ではFull HDでも十分に綺麗です。

メモリやカメラの他のスペックと比べると、そこまで気にしなくてもいい部分ではあります。

2020年ドコモの機種変更を100%得する方法|おすすめ機種ご紹介

機種変更ならドコモオンラインショップがお得

ドコモオンラインショップ
画像引用元:ドコモオンラインショップ
ここまでミドルスペックスマホを中心に見てきましたが、気になるモデルがあったのではないでしょうか。

ハイスペックモデルと比べると価格は約半額、そしてミドルスペックでも十分に使えるのであれば機種変更しない手はないですよね。

そんな人に、機種変更ならドコモオンラインショップが確実にお得だということをお伝えします。その理由は4つあります。

ポイント
  • 分割支払い時の頭金0円
  • 事務手数料がかからない
  • 2750円以上で送料無料
  • オンラインなので待ち時間0分

店頭で機種変更しようとすると、頭金や事務手数料がかかります。頭金は5,000円〜からというショップが多いのではないでしょうか。

また機種変更において事務手数料は、2,000円(もしくは3,000円)かかってしまいます。できることなら節約したいですよね。

ドコモオンラインショップならそれが叶います!

機種変更であれば分割での本体購入があるので 2,750円以上となり送料無料。そして長い長い待ち時間もオンラインは0分です。

さらに機種によっては、ドコモオンラインショップ独自のキャンペーンが展開されていることもあるので、要チェックです!

ミドルスペックスマホをドコモオンラインショップで機種変更した場合

では、店頭と比べてドコモオンラインショップがどう違うのか。

ミドルスペックスマホの「Google Pixel 3a」を、オンラインショップで機種変更した場合のシュミレートしてみます。

「Google Pixel 3a」の価格は46,728円。36回払いの分割の場合、月1,298円×36回となります。この価格は店頭でも変わりません。

しかし、頭金と契約事務手数料がかからないので、約7,000円お得です。(頭金:5,000円事務手数料:2,000円の場合)

さらに「Google Pixel 3a」は、「Welcome Google Pixel 3a」と題したキャンペーンが行われています。

ポイント
  • 購入期間に「Google Pixel 3a」を購入。
  • 購入期間【2019年11月22日(金)〜2019年12月15日(日)】
  • 応募期間内に所定の応募フォームから応募。
  • 応募期間【2019年11月22日(金)〜2019年12月29日(日)】

条件を満たせば、Googleストアで使えるクレジット5,000円分がプレゼントされます。これはドコモオンラインショップ限定です。

このキャンペーンも含めると、「Google Pixel 3a」の場合、約12,000円お得です!

ミドルスペックスマホもおすすめ

ミドルスペックスマホでも十分に使え、かつ価格もハイスペックスマホと比べると半額程度と、かなり魅力的です。

普段使いできればいい、高機能は必要ないという人には、かなりいい選択肢になると思いますよ。