Android iPhone ドコモ 手続き ドコモの料金プラン
Pocket

読了時間:約 2

スマホが突然動かなくなった、落としてしまったり、水没させてしまいスマホを故障させてしまった。

スマホが使えないと困る、でもどこに問い合わせたら良いのか分からない、修理にどのくらいの費用がかかるのか分からない、修理している間のスマホはどうなるのか。

今回はドコモのスマホの修理に関する手続きや費用、期間などの確認するべきことについて詳しく解説していきましょう。

修理が必要な場合の流れを確認しよう

ドコモでは、使用しているスマホの機種や、故障の種類によって対応の方法が違います。

それでは、ドコモではどのような流れで修理の依頼を受け付けているかを見ていきましょう。


画像引用元:https://www.nttdocomo.co.jp/support/trouble/repair/troubleshooting/

まずは、故障してしまったスマホの機種とどのような故障なのかをはっきりとさせたうえで問い合わせ、依頼が本当に必要なのかを確認したのちに、必要ならば修理依頼を行う流れです。

面倒なように見えますが、しっかりと確認をすることで余計な時間を取ってしまったりお金を無駄にすることなく、スムーズに解決することができるはずです。

場合によっては修理の必要もなく、改善できる場合もありますので、自身で故障と判断するのではなく、確認事項を網羅した上で修理の依頼をすることが必要となります。

スマホの機種を確認しよう

基本ではありますが、まずは自身が使用しているスマホの機種を確認しましょう。

iPhoneやAndroid端末など、問い合わせやお店に行った際は必ず聞かれる点となるので、事前にチェックしておきましょう。

  • iPhoneかiPhone以外の機種か
  • iPhone以外の場合、メーカーや機種名を確認

機種によっては既にサポートを終了していて、修理の受付ができないものもありますので注意してください。気になる方は下記サイトから確認することができます。
ドコモ 修理受付対応状況

どのようにして故障したのかを確認しよう

問い合わせや店舗に行った際には必ず「どのようにして」「どのような状態」になったのかを尋ねられます。

そういった場合にスムーズに回答できるように、故障する前にやっていたことや、何をきっかけに故障してしまったのかを再確認しておきましょう。

ドコモとの契約内容を確認しよう

契約内容によっては、無償で機器の修理及び交換対応を行ってくれる場合がありますので、活用しない手はありません。その為にまず、どのような契約内容が確認しておきましょう。

ここで、特に注意して確認するポイントは
「ケータイ補償サービス」「ケータイ補償お届けサービス」
このどちらかに加入しているかです。

ケータイ補償サービス、ケータイ補償お届けサービスとは、故障した際や、紛失した際に補償を受けることができるサービスとなっていて、期間内であれば無償でスマホを交換してくれたり、修理の場合の代金サポートを受けることができます。

ドコモとの契約をしてから時間がたっている方は契約時の内容を思い出すことが難しいかもしれません。
そのような場合は以下を参考に契約内容を確認しましょう。
契約時の書面が残っている
⇒書面を確認してください。

書面は残っていないが「dアカウント」を所持している
⇒My docomoサービスから契約内容の確認ができますので、dアカウントをご用意の上ログインして確認しましょう。

スマホが故障しているが、なんとか電話機能は使用できる
⇒契約している電話からのダイヤルであれば「151」に発信することで契約内容の確認することができます。※受付時間午前9時~午後8時

「ケータイ補償サービス」「ケータイ補償お届けサービス」に加入していると故障した際に大きなメリットがあります。

2014年冬モデル以降のスマホであれば、月々の携帯料金にプラス500円~750円(機種によって差があります)でサービスを受けることができますので、これから契約される方は、有事の際に備えて加入をしてみては如何でしょうか。

本当に修理が必要かもう一度確認しよう


修理で時間やお金を使う前にもう一度本当に修理が必要なのか確認しましょう。ここで解決できれば修理代や、時間の節約になりますので、一つ一つ確認することが大切です。

【電源が入らない】充電の状態をもう一度確認しよう

スマホは充電ができていないと動作しないというのは当たり前かもしれませんが、充電ケーブルの故障などで充電がうまくできていない場合も考えられます。

普段使用しているものとは別のケーブルがあればそのケーブルでもう一度充電を試してみましょう。

ただし、ここで注意して頂きたいこととして、「水濡れでの故障の場合、絶対に充電ケーブル刺さないでください」ということです。
水濡れの場合の対処法は次項で説明させて頂きますので、ケーブルを刺したり、操作はせずに次をお読みください。

【水濡れ】水濡れのスマホでやってはいけないこと

スマホが水に落ちてしまったり、水をかけてしまった場合はどうすればよいのかを解説します。

まずは、やってはいけないこととして、「すぐに電源ボタンを押す」「電源ケーブルを刺す」ことは絶対にしないでください。

水にぬれた場合も確実に故障して使えなくなる、ということではありません。よくあるケースが、水に濡れた時点では実は故障していなかったけれども、内部が水に濡れている状態で電源を入れたことにより内部がショートを起こし、故障してしまう、というものです。

水に落とした場合はまずは落ち着いて、電源ボタンなどを押さずにおきましょう。

また、ドライヤーで乾かそうとすることもNGと言われています。理由としては、ドライヤーで熱を与えることで、かえって内部が熱くなりすぎてしまい、故障することがあるからです。

スマホの水没は非常に怖いですし、すぐに大丈夫か確認をしたくなる気持ちはわかりますが、そこをぐっとこらえることが故障をさせない近道になるかもしれません。

そして、次項でスマホが水没した際にやるべきことを解説します。

【水濡れ】水濡れのスマホでやるべきこと

スマホを水に濡らしてしまった場合、以下のことを実践することで復活することがあるようです。

・SIMカードや電源パック、SDカードなどを抜きとり、乾かす
⇒内部に水が浸食しやすい部分を取り外して乾かすことで復活することがあるようです。

・スマホを天日干しする
⇒先ほどドライヤーは使用してはいけないというお話をしましたが、天日干しであれば内部が熱くなりすぎる心配も少ないので、スマホ全体を乾かす際は天日干しにしましょう。

・スマホを乾燥剤と一緒にジップロックに入れる
⇒天気が悪い日では天日干しもできないので、スマホを乾燥剤と一緒にジップロックで密封しましょう、そうすることで比較的早くスマホを乾燥させることができます。

完全にスマホが乾いたら再び電源を入れてみましょう、復活していれば万々歳です。

しかし、もちろん故障してしまっている場合もあるので、その場合は修理が必要となります。
【参考】https://camphack.nap-camp.com/11

ドコモのスマホを修理に出す際の準備、注意事項


ここからは、修理前の確認を一通り終え、故障であることがはっきりした際に、実際に修理出すまでの流れを解説していきます。

故障したスマホの機種や、契約内容によっても行く場所や、問い合わせる先、費用が変わってきますので注意してください。

そもそも、スマホを修理にだすべきか、交換した方がいいのかの判断はドコモでないと判断はつきにくいものです。参考となる故障原因と対処法を別記事で紹介していますので参考にしてください。

スマホの修理を依頼する際に必要なもの

まずは、スマホの修理を依頼する際に必要なものを解説します。

必要なものは、法人契約、個人契約で違い、かつ個人契約でも契約者本人なのかそうでないのかによって変わります。
表にまとめたものが以下となります。

個人契約で契約者ご本人がご来店の場合
• 故障・破損された携帯電話本体
(充電に関する故障の場合は、お使いの充電器(ACアダプタ・卓上ホルダなど)もご用意ください。)
• 修理代金(有償修理の場合)
• 商品購入時の領収書
また、ドコモの回線契約が確認できない場合は、来店者の本人確認書類が必要となります。

代理人のお客様がご来店の場合 上記の「ご用意いただくもの」に加えて、以下3点
• 契約者の本人確認書類(コピー可)
• 代理人(ご来店者様)の本人確認書類(原本)
• 契約者ご本人の記名、捺印のある委任状
(もしくは契約者ご本人に電話確認をさせていただきます。)

法人契約のお客様がご来店の場合 上記の「ご用意いただくもの」に加えて、以下2点
• ご来店者様の本人確認書類(原本)
• 「法人」との関係がわかるもの(委任状・社員証・名刺など)

故障した携帯本体を持っていくのはもちろんですが、領収書も必要になるようです、もし契約時の領収書などがない場合は、契約確認のための身分証明書が必要になりますので注意してください。

スマホの修理を依頼する前にやっておくべきこと

修理を受け付けてもらうための書類とは別に、大切なこととして、「バックアップを事前に取得しておく」ということです。

修理で新品と交換になった場合、元のiPhoneに入っていたデータ等はリセットされてしまいます、そのため必ずバックアップを取ったうえで修理に出すようにしましょう。

これを忘れてしまうと、修理が終わった後にすべてのデータが削除された状態になってしまいます。バックアップ取得の方法は使用しているスマホによって変わりますので、ドコモの以下ページで確認をしましょう。
https://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/backup/index.html

iPhoneの修理依頼先、修理料金、期間


ここからはiPhoneでの修理の依頼先や料金、修理にかかる期間などを解説していきます。

同じiPhoneでも料金が変わったり、修理を受け付けている窓口が複数ありますので、自身の環境にあった窓口を利用して、スムーズに修理ができるようにしましょう。

1 2