読了時間:約 2

ドコモの2019年夏モデルとして、LGエレクトロニクス製スマートフォン「LG style2 L-01L(以下LG style2)」が発売されます。

同じ夏モデルのなかでは、やはりソニーモバイル製「Xperia 1」やサムスン電子製「Galaxy S10/S10+」といったハイエンドモデルが目玉機種といえるでしょう。

ですが、ドコモの旧機種代金割引が廃止となった今、LG style2のような4万円を切る機種のニーズも増大しています。

本記事では、そんな「LG style2」のスペック、発売時期、利用できる割引・キャンペーンなど最新情報をまとめました。

ドコモ 2019年夏モデル情報|おすすめ新機種と発売時期まとめ
トップ画像引用元:LG style2 L-01L | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

LG style2のスペック・発売時期・価格は?


LGエレクトロニクス製のAndroidスマホ「LG style2」は、2018年に発売された「LG style L-03K」の後継機。

3万円台で購入できるエントリーモデルで、平均的な使い方で5日間持つ大容量バッテリーと、6.0インチの大画面を売りにしている機種です。

ドコモでの「LG style2」の発売日は2019年7月12日で、本体価格は38,880円(税込み)となっています。

LG style2のスペック


画像引用元:LG style2 L-01L | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

LG style2のスペックをまとめると以下の通り。

LG style2
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約 158 × 76 × 8.5 mm
重さ 約182g
ディスプレイ 約6.0インチ(液晶)
解像度 FHD+(2,160 × 1,080)
OS Android 9.0
CPU Snapdragon 450 オクタコア
メモリ(RAM) 4GB
ストレージ(ROM) 64GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
バッテリー 3,900mAh
アウトカメラ 約1,620万画素 CMOS/F値2.2
約1,310万画素 CMOS/F値1.9(広角)
インカメラ 約810万画素 CMOS
Bluetooth Bluetooth 5.0
生体認証 指紋認証
おサイフケータイ
ワイヤレス充電(Qi)
防水・防塵 IPX5、IPX8 / IP6X
接続端子 USB Type-C
カラー ゴールド、ブラック

CPUのSnapdragon 450、メモリ4GB、ストレージ64GBといったメインスペックは、前モデルのLG styleと一緒ですが、エントリーモデルとしては一般的なスペック

複数のアプリを起動したり、3Dアプリゲームをプレイするには不足していますが、外出先でのSNSチェックや、YouTubeなどの動画サイトの視聴といった使い方であれば十分なスペックです。

特筆すべきは大容量のバッテリーと高性能なデュアルカメラ。価格の安さの次は、電池持ちの良さやカメラ性能を重視するユーザーにぴったりの機種といえるでしょう。

また、海外製ながら国内で需要の高いおサイフケータイ、防水防塵機能に対応していますので、国内製スマホに負けない使い勝手の良さが備わっています。

ドコモ「LG style2」最新情報まとめ
  • LGエレクトロニクス製「LG style2」の発売日は2019年7月12日、本体価格は38,880円(税込み)。
  • CPUにSnapdragon 450、メモリ4GB、ストレージ64GB搭載。処理性能はエントリーモデルとして平均的。
  • 大容量のバッテリー、高性能なデュアルカメラ、おサイフケータイ・防水防塵対応といった点も魅力。
2019年夏発売「LG style2」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

LG style2の魅力は?


ここからは、LG style2の具体的な魅力についてみていきましょう。

5日間使える3,900mAhの大容量バッテリー


「LG style2」の特徴のひとつが3,900mAhの大容量バッテリー。前モデルの2,890mAhと比較すると大幅に増強されていることが分かります。

Xperia 1のバッテリーが3200mAh、Galaxy S10のバッテリーが3300mAhですので、今夏発売のハイエンドモデルよりも優れています。

ドコモとメーカーの調べでは、平均的なスマホの利用で5日間使用できるとのことで、電池切れの心配のないスタミナは、大きなメリットといえるでしょう。

ただし、その分本体の重量が約182gと前モデルよりも重くなりました。

スマホの中で特別重いということはありませんが、iPhoneでいうとiPhone XS(177g)よりも重く、iPhone XR(194g)よりも軽い、という位置づけになります。

約6.0インチの大画面ディスプレイを採用


画像引用元:LG style2 L-01L | スマートフォン/タブレット | LGエレクトロニクス・ジャパン

LG style2のディスプレイには約6.0インチの大画面液晶ディスプレイを採用。前モデルの5.5インチから約0.5インチの大型化に成功しています。

解像度はFHD+の2,160 × 1,080と高精細。ブラウジングやSNSチェックがより快適に、動画視聴も大画面で楽しめるようになりました。

ディスプレイのデザインについては、前モデルから大きな変更や、ベゼル(額縁)が大幅に狭くなったといったことはありませんので、単純に本体のサイズアップによるところが大きいです。

とくに前モデルからの機種変更という方は、重さと合わせて一度実店舗で確認してみるといいかもしれません。

カメラは高性能なデュアルカメラ構成に


エントリーモデルながら、カメラには約1,620万画素/F値2.2の標準カメラと、約1,310万画素/F値1.9の広角カメラの2基を搭載。

従来モデルには搭載されていなかった広角カメラを使えば、風景や野外での撮影にぴったりなワイドな画角で撮影できます

加えて、被写体に応じて最適なモードを選択してくれるAI撮影にも対応。より簡単に綺麗な写真を撮れるようになりました。

国内製に負けない使いやすさ


LG style2は、おサイフケータイや防水防塵(IP68)といった国内で需要の高い機能を備えています。

前モデルで採用されていた顔認証が省かれ、指紋認証のみとなったのは残念ではありますが、それでもエントリーモデルとしてはかなり高機能な端末といえます。

日本国内での使い勝手の良さとしても、国内製スマホに引けを取らないので、コスパに優れた機種を探している方は要チェックです。

次のページでは、ドコモの割引を利用するといくらになるのかをご紹介します。

1 2