ドコモ ドコモの料金プラン
Pocket

読了時間:約 2

NTTドコモの完全通話定額制サービス「かけ放題」はとても魅力的に見えます。

これまで提供されていた「Xiカケホーダイ」はドコモに対してのみの完全定額制でしたが、「かけ放題」ではau・ソフトバンク・ワイモバイルなどの全キャリアに加えて固定電話・IP電話・PHSまでが完全通話定額となったのです。

電話をよく利用する方にとってはとてもありがたいサービスですね。ここからは「かけ放題」の詳しい内容と、どんな人が「かけ放題」に向いているのかについて解説してゆきましょう。

「かけ放題」ってどんなプラン?

「かけ放題」はホントにかけ放題?

最初に「かけ放題」の月額使用料金と通話料をお見せします。

なお、インターネットを利用するには別途spモード(月額使用料300円)の契約が必要となります。

月額基本使用料

2年定期契約あり 2,700円
2年定期契約なし 4,200円

国内通話料

ドコモ携帯電話宛 無料
他社携帯電話固定電話宛など 無料

データ通信料

パケットパック加入 データ通信利用量に合わせてパケットパックから選択
パケットパック未加入 Xi 0.6円/KB
FOMA 0.08円/パケット

SMS送信料

SMS(国内) 3円(3.24円)/回~、受信は無料
SMS(国際) 50円/回~、受信は無料

「かけ放題」とは、月額2,700円(2つ折り携帯は2,200円)で24時間いつでも国内通話が無料になるプランです。

ドコモ同士だけでなく、他社携帯や固定電話への通話も無料となる文字通りの「かけ放題」で、電話をよく掛ける方には、大変お得なプランとなっています。

これまでは、電話をよくかけるXiスマートフォンのユーザーにとって、ドコモ以外の通話が高額になってしまうところが悩みでした。

従来のFOMAプランのような無料通話分が利用できないため、ドコモ以外に電話をかけれは30秒20円の通話料金が丸々かかってしまっていたのです。

通話での利用が多いユーザーはXiに乗り換えずFOMAを利用し続けたり、フィーチャーフォンとデータプランのみのスマホやタブレットの2台持ちをしたりすることで、電話料金を抑える努力をしていました。

しかし「かけ放題」の登場で、そんな面倒から解放されることになったのです。

「かけ放題」+パケットパックが便利

「パケットパック」にはおひとり向けと家族向けの2つの契約が用意されています。

おひとり向けの場合
毎月のネット使用量を「2GB」「5GB」「20GB」「30GB」から選択
家族向けの場合
家族全体で毎月のネット使用量を「10GB」「15GB」「20GB」「30GB」から選択

それぞれについて詳しく見てゆきましょう。

ひとり向けのプラン

それぞれのプランと月額定額料金をご覧ください。

パケットパック名称
(利用可能データ量)
月額定額料 ずっとドコモ割
(15年以上の場合)
ウルトラデータ
LLパック
(30GB)
8,000円 -800円
ウルトラデータ
Lパック
(20GB)
6,000円 -800円
データMパック
(標準)
(5GB)
5,000円 -800円
データSパック
(小容量)
(2GB)
3,500円 -600円

通常のユーザーであれば、5GBのデータMパックがおすすめです。データSパック(小容量)(2GB)以外のプランは、使いきれずに余ったパケットを繰り越して次の月に使うことができるので、無駄になりません。

例えばGBのデータMパックのプランなら、今月3GBしかネットを使わなければ残りの2GBは翌月に繰り越して使うことができるのです。

なお、ウルトラデータLLパックとウルトラデータLパックを契約する場合、テザリングを利用するには事前の申込みが必要となり、月額定額料1,000円が発生します。

ただし、現在キャンペーン中のため申込み・定額料とも不要ですが、キャンペーン終了時期は未定です。申し込むなら今のうちですね。

また15年以上利用しているユーザーの方は「ずっとドコモ割」が適用されるのです。ドコモの利用年数に応じて自動的に割引されるので、さらにお得に利用できます。

家族向けのシェアパック

それぞれのプランと月額定額料金をご覧ください。

パケットパック名称
(利用可能データ量)
月額定額料 ずっとドコモ割
(15年以上の場合)
ウルトラシェアパック
100(100GB)
25,000円 -2,500円
ウルトラシェアパック
50(50GB)
16,000円 -1,800円
ウルトラシェアパック
30(30GB)
13,500円 -1,200円
シェアパック15
(標準)
(15GB)
12,500円 -1,200円
シェアパック10
(小容量)
(10GB)
9,500円 -1,000円
シェアパック5
(小容量)
(5GB)
6,500円 -800円

家族でムダなくパケットをシェアできるので、ご家族そろってドコモユーザーという方にはこちらをおすすめです。一回線ごとに利用できるデータ通信量を設定することもできます。

ただし、シェアはオプションとなっており、シェアパックのパケットを家族でわけあうには子回線1台ごとに月額定額料500円のシェアオプションに加入する必要があるのです。

また、パケット料をみんなで均等割して払うこともできます。

シェアパック定額料やずっとドコモ割の割引額、シェアオプション定額料などの合計額を、シェアグループ内の回線で均等割にできるので、離れて暮らしている家族の使用料を本人が支払いたいような時に便利です。

なお、ウルトラシェアパック100・ウルトラシェアパック50・ウルトラシェアパック30を契約する場合、テザリングを利用するには事前の申込みが必要となり、月額定額料1,000円が発生します。

ただし、現在キャンペーン中のため申込み・定額料とも不要ですが、キャンペーン終了時期は未定です。申し込むなら今のうちでにされるとよいでしょう。

また一人向けのプランと同様に、15年以上利用しているユーザーの方なら「ずっとドコモ割」が適用されるのです。

ドコモの利用年数に応じて自動的に割引されるので、さらにお得に利用できます。

ドコモ長期契約者を優遇するdポイントクラブのおトク度と注意点

「かけ放題」で得する人とは?

「かけ放題」は電話をよく使う人に大変お得なプランですが、具体的にどのくらい電話を使用すればお得になるのか計算してみましょう。

それぞれの通信会社の基本使用料に通話時間(20円/30秒)からおよその数値を出してみました。

auとソフトバンクにでは、それぞれau同士とソフトバンク同士の通話が無料となるのでそれも算入したところ、通話料金が2,700円以上となるひと月あたりの通話時間は次のようになりました。

  • ドコモ:49分以上
  • ソフトバンク:57分以上
  • Au:59分以上

次のページでは「かけ放題」で損する人の特徴を解説します。

1 2