読了時間:約 2

待ち望んだiPhone新モデルは2019年9月20日(金)に発売です。

iPhone 11/iPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxの3機種のうちiPhone 11は、昨年のモデルと比べても10万円以下となる比較的お値打ちな価格となっています。

そんなiPhone 11をドコモで機種変更される方に、最安で購入できる方法をご紹介します。

発売直後のiPhone 11をいかにお得に手に入れることができるか、思考中の方はぜひご覧ください。

2019年発売「iPhone 11」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

iPhone 11の機種変更に利用できるドコモのキャンペーン

発売直後のiPhoneは、型落ちモデルに比べると大型のキャンペーンや、代理店毎で行われる還元施策はあまり見かけません。

また、機種変更ともなるとのりかえの方よりも、お得に購入するのが難しいものです。

しかしドコモでは機種変更でも利用できる、公式のキャンペーンや割引プログラムが充実しています。まずはどのようなキャンペーンがあるのか確認していきましょう。

スマホおかえしプログラム

スマホおかえしプログラムとは、対象機種を購入し次の機種変更の際にお持ちの端末をドコモに返却することで分割の残りの機種代金の支払いを不要とするプログラムです。

更新月のタイミングで常にキャリア移動している方にはおすすめではありませんが、今後も2年毎にドコモで機種変更を予定している方は加入をおすすめします。

スマホおかえしプログラムの利用条件は大きく分けて2つ。

  1. 対象機種を36回分割払いで購入する。
  2. 次の機種変更の時にお持ちの端末をドコモに返却する。

次の機種変更のタイミングにもよりますが、最大で分割残金12回分の支払いが不要になります。

機種代金の1/3程がお安くなるイメージです。また、返却時に端末が返却基準を満たしている状態か査定があるので注意しましょう。

また、スマホおかえしプログラムは次回の機種変更の際に残りの分割金が不要となるので、端末購入時に機種代金から直接割り引かれるものではありません。

もちろん強制的に2年後の機種変更を誘導するものではありませんので、端末を3年、4年と長く利用しても大丈夫です。

また、スマホおかえしプログラムに加入していても、利用せず下取りプログラムを選択することも可能です。

下取りプログラムとスマホおかえしプログラムは基本的には併用できません。しかし初めてスマホおかえしプログラムに加入する際の手続き時は併用可能です。次回の機種変更の際にはどちらか一方のみ選択となります。

下取りプログラム

機種変更の際に今お持ちの端末を下取りに出すと、購入代金などから今なら最大80,000円の割引が可能です。

今お持ちの端末がiPhoneでもAndroid、ドコモケータイなどでも受付ています。もちろん端末状態により査定金額が変わります。

下取りの方法は店頭・郵送のどちらでも可能です。しかし注意したいのが、その場で機種の購入代金から割引くには店頭で下取りする必要があります。

どうしてもその場で下取りに出せない方は後日郵送で下取りが可能ですが、査定後の金額はdポイントとして還元されます。

dポイントは「1ポイント=1円」として利用でき、dポイント加盟店でのお買い物の支払いや、月々の携帯料金の支払いに充当することもできます。

dカード GOLDでdポイント還元率が大幅アップする裏技を伝授

ギガホ割

ギガホ割とは、ドコモの新料金プランである「ギガホ」を契約した方が、最大6ヵ月携帯料金から毎月1,000円割引になるお得なキャンペーンです。

ギガホは月額6,980円(定期契約あり)で毎月最大30GBまで速度制限なしでデータ通信できるプランです。通話の基本料金も含まれています。

キャンペーン適用期間中は1,000円の割引なので毎月5,980円で利用できます。

申し込み受付期間:2019年5月22日(水)~2019年9月30日(月)まで

みんなドコモ割

みんなドコモ割は、ファミリー割引の新しいかたちの割引です。

同一ファミリー割引グループ内で、条件を満たした回線数に応じて、回線ごとに月額料金から毎月最大で1,000円割引になります。

割引の対象となるプランは「ギガホ」「ギガライト」の2つのみ。旧プランで利用されている方は対象外となりますので悪しからず。

回線数に応じた割引額は下記内容となります。

 1回線2回線3回線
割引額-500円-1,000円
割引適用後の料金
(ギガホの場合)
6,980円6,480円5,980円

はじめてスマホ割

はじめてスマホ割は、ドコモケータイ(フィーチャーフォン)からスマホへ変更をする方向けの割引です。

初回の適用月から最大12ヵ月間月額料金から毎月1,000円割引となります。

スマホの購入とともにドコモケータイ向けの料金プランから「ギガホ」「ギガライト」にプラン変更が必須条件です。

▶ドコモ公式オンラインショップで「iPhone 11」を見る

申し込み受付期間:2019年5月22日(水)~現在終了時期未定

iPhone 11の機種変更に利用できるドコモのキャンペーン
  • スマホおかえしプログラム…対象機種を購入し次の機種変更の際にお持ちの端末をドコモに返却することで分割の残りの機種代金の支払いを不要とするプログラム。機種代金の1/3程がお安くなるイメージ
  • 下取りプログラム…購入代金などから今なら最大80,000円の割引が可能
  • ギガホ割…ドコモの新料金プランである「ギガホ」を契約した方が、最大6ヵ月携帯料金から毎月1,000円割引に
  • みんなドコモ割…同一ファミリー割引グループ内で、条件を満たした回線数に応じて、回線ごとに月額料金から毎月最大で1,000円割引に
  • はじめてスマホ割…ドコモケータイ(フィーチャーフォン)からスマホへ変更をする方向け。初回の適用月から最大12ヵ月間月額料金から毎月1,000円割引
  • 下取りプログラムとスマホおかえしプログラムは基本的には併用できない

ドコモ iPhone 11評価レビュー|買う理由と買わない理由

ドコモユーザーは必見!「dカード GOLD」が圧倒的お得な理由

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード GOLD」はドコモケータイの特典がかなり充実しています。

dカード GOLDの特典をまとめると、

  • ドコモ携帯利用料金の10%がポイント還元
  • オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うとポイント2倍
  • 万が一でも安心のドコモケータイ補償が最大10万円
  • ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得
  • 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ
  • 国内とハワイの主要空港ラウンジが無料でつかえる
  • 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく

dカード GOLDはドコモ最強のクレカ!特徴やポイント還元率を解説

dカード GOLDの年会費は1万円(税抜)かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。

ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。

iPhone 11に全キャンペーンを適用した金額

ドコモで利用できるキャンペーンを、もし最大限活用した場合どのくらいお得になるのかチェックしてみましょう。

全キャリア比較!iPhone 11に機種変更で60,000円得する最安購入方法

iPhone 11の機種代金

9月13日(金)の予約開始とともにドコモでのiPhone 11の機種代金が発表となりました。

機種名一括払い分割払い(36回)スマホおかえしプログラム 実質負担額
iPhone 11/64GB85,536円2,376円/月57,024円
iPhone 11/128GB93,312円2,592円/月62,208円
iPhone 11/256GB104,976円2,916円/月69,984円

iPhone 11は2019年モデルの中でスタンダードモデルと言われ、昨年で言えばiPhone XSと同じ位置づけです。

しかし機種の価格はiPhone XSよりもお安く、昨年高すぎて躊躇したという方も今年は機種変更しようかなと手が出しやすい価格になったのではないでしょうか。

キャンペーン適用前・適用後比較

キャンペーン適用前・適用後で金額にどの程度違いがあるのか、iPhone 11の機種代金も含め総合計で比較していきましょう。

現在の契約内容や、お持ちの機種によって差異はありますが、前半でご紹介したドコモのキャンペーンを適用できた場合にいくらお得になるのかまとめました。

  • 条件:iPhone 7 128GBからの機種変更/旧プランから「ギガホ」にプラン変更/対象固定回線契約/同一グループ対象回線3回線以上
  • 機種名キャンペーン適用前キャンペーン適用後
    iPhone 11/64GB85,536円
    (2,376円×36回)
    85,536円
    (2,376円×36回)
    スマホおかえしプログラム57,024円
    (最大12回支払い不要時の実質負担額)
    下取りプログラム
    (iPhone 7 128GB)
    ー21,000円
    合計85,536円(総額)
    36,024円(最大実質負担額)

    ※スマホおかえしプログラムにより、2年後機種変更を行った前提で最大12ヵ月間の支払いを不要とし、実質負担額で計算しています。

     割引適用前割引適用後
    新プラン
    (データ+通話30秒20円)
    6,980円(30GB)6,980円(30GB)
    通話オプション
    ➀5分以内の国内通話無料
    ➁国内通話かけ放題
    ➀700円
    ➁1,700円
    ➀700円
    ➁1,700円
    みんなドコモ割
    (3回線以上)
    -1,000円
    固定回線セット割引-1,000円
    ギガホ割-1000円
    (最大6ヵ月まで)
    1年目6,980円~8,680円/月
    合計:83,760円~104,160円
    3,980円~5,680円/月×6ヵ月
    合計:23,880円~34,080円
    4,980円~6,680円/月×6ヵ月
    合計:29,880円~40,080円
    2年目6,980円~8,680円
    合計:83,760円~104,160円
    4,980円~6,680円/月
    合計:59,760円~80,160円
    合計
    167,520円~208,320円/2年113,520円~154,320円/2年

    キャンペーン適用前と適用後で、機種代金は約50,000円ほど、月額料金は2年間合計で54,000円ほど金額に差が出ています。

    全部合わせると合計で最大で約10万円もお得になっています。あくまでも2年利用することでの比較ですが、かなり差が出ているのではないでしょうか。

    ▶ドコモ公式オンラインショップで「iPhone 11」を見る

    iPhone 11の購入はドコモオンラインショップ

    発売直後のiPhoneに機種変更する場合、最もお得に機種変更できるのは「ドコモオンラインショップ」です。

    何故ドコモオンラインショップがおすすめなのかは下記理由があります。

    該当に公式キャンペーンをフル活用

    ドコモオンラインショップでの購入なら、公式キャンペーンをしっかりフル活用できます。

    ドコモオンラインショップで機種変更の際に適用可能なキャンペーンの案内も確認できるので、漏れなく申し込むことができます。

    また、手続きにご不安な方はチャットサポートなどを利用するのもおすすめです。事前に見積もりをドコモショップもしくは151窓口に相談しておくのも手です。

    頭金の支払いが必要ない

    ドコモオンラインショップが一番気楽なメリットは、頭金の支払いの必要がない点です。

    ドコモショップや家電量販店、街のケータイショップで購入する場合、頭金の支払いがほとんどと言っていいほど付いてまわります。

    これは特に不正な販売ではないので、拒否することはできません。代理店毎にある程度の価格変更は認められているからです。

    価格変更とは言っても、公式のプログラムや割引プランに影響させることはできませんので、頭金として案内されている部分は分割払いに組み込めずその場で支払うことになります。

    家電量販店なら3,000円~5,000円ほどで設定されている場合が多いのですが、ドコモショップやケータイショップだと10,000円ほどで設定されているケースも見られます。

    高いし払いたくないけど避けられません。しかし、ドコモオンラインショップなら頭金の支払いは0円です。

    事務手数料が無料

    ドコモオンライショップでの機種変更は事務手数料がかかりません。

    名目ドコモ
    転出料2,000円
    新規契約事務手数料3,000円
    機種変更事務手数料
    「Xi⇒Xi」「FOMA⇒FOMA」
    2,000円
    契約変更事務手数料
    「Xi⇒FOMA」「FOMA⇒Xi」
    3,000円
    解約金9,500円

    上記表はドコモで発生する手数料一覧です。基本的にスマホからスマホへの機種変更は、事務手数料が2,000円です。(契約変更ではない場合)

    店頭で機種変更などの契約をした場合、事務手数料は必ず発生します。翌月末に携帯料金と一緒に請求されます。

    店頭の場合スタッフの方が手続きをしてくれるため、事務手数料が発生するのも致し方ないことなのかもしれません。

    しかし、のりかえ・新規契約と違い、機種変更は手続き工程はそこまで複雑ではありませんので、ぜひここはドコモオンラインショップで手続きし費用を抑えましょう。

    過剰なオプション加入が不要

    ドコモオンラインショップで機種変更する場合、オプションの加入は自由です。加入してもしなくても機種代金やキャンペーンに影響はありません。

    店頭で機種変更を行う場合は、頭金の割引やキャンペーン適用の条件としてオプション加入の案内をされることがあります。

    入るだけで安くなるならと加入したものの、解約するを忘れて支払いが発生したり、複数加入しためオプションを外すのが大変という経験をされた方も多いのではないでしょうか。

    また、加入を案内されるオプションは無料期間があるものばかりではなく、当月から支払いが発生するものもあります。

    頭金5,000円割引のために加入したオプションが、全部で3,000円分の支払いが発生してしまい差額2,000円しか得しなかったということも。解約の手間を考えたらあんまり得した気はしませんよね。

    ドコモオンラインショップは上記のような煩わしさはなく、お得に機種変更できる上に気兼ねなくシンプルに手続きを進めることができるのです。

    ▶ドコモ公式オンラインショップで「iPhone 11」を見る

    早速ドコモでiPhone 11を最安で購入しよう

    ドコモでiPhone 11を最大限お得に購入する方法をご紹介しましたが、今後年末年始や来年の春頃には代理店毎のキャンペーンが活発になり可能性があります。

    もし購入時期をまだ先送りにされる予定の方は、最安購入方法が変わるので改めてキャンペーン比較・見積もりが必要です。

    しかし待てば待つだけ後から色んなキャンペーンが出てくるのは毎年のこと、価格・スペックともに魅力的なiPhone 11をすぐに手に入れたい方はぜひドコモオンラインショップで購入をおすすめします。

    スマホ機種変更時のデータ移行・バックアップ完全ガイド
    キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!