キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

ドコモでiPhone 11とiPhone 8を買うならどちらが買いでしょうか?

最新の性能や機能を楽しめるiPhone 11と最後のホームボタン搭載モデルのiPhone 8、それぞれに特長があります。

この記事ではiPhone 11とiPhone 8の性能や価格の比較から、どちらがおすすめか、最安購入方法も含めてご紹介いたします。

画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

iPhone比較|サイズ・価格で総合おすすめは新型iPhone?旧モデル?

iPhone 11とiPhone 8どっちが買いか?性能や機能を比較

iPhone 8は2017年9月22日に発売したモデルで、現在まで継続販売されている息の長い人気モデルです。

ホームボタンが採用された最後のモデルで、両面ガラスパネルの美しいデザインが特長です。

一方、iPhone 11は2019年9月20日発売の現行モデル。性能は現在出ている全てのスマホの中でもトップクラス。

現行モデルの中では廉価モデルですが、廉価モデルとしては初めてデュアルレンズカメラを搭載しました。

以下は主な性能・機能の表です。細かい違いを確認してみましょう。

iPhone 11とiPhone 8の性能と機能の比較表
項目iPhone 11iPhone 8
画面サイズ6.1インチ4.7インチ
ディスプレイ液晶(1,792 x 828Pixel)液晶(1,334 x 750Pixel)
3D Touch非搭載搭載
ホームボタン非搭載搭載(感圧式)
リアカメラデュアル1200万画素(超広角・広角)
ナイトモード
次世代のスマートHDR
ポートレートモード
シングル1200万画素(広角)
フロントカメラ1200万画素(4K60動画撮影に対応)700万画素
SoCA13 BionicA11 Bionic
メインメモリ(RAM)4GB2GB
ストレージ容量64/128/256GB現在は64GBのみ
生体認証Face ID(顔認証)Touch ID(指紋認証)
耐水防塵IP68(水深2mまで)IP67(水深1mまで)
ワイヤレス充電Qi規格のワイヤレス充電に対応
Apple PayFelica、予備電源に対応した交通系エクスプレスカードFelica、交通系エクスプレスカード
バッテリービデオ再生の場合:約17時間 ビデオ再生の場合:約13時間
筐体の素材アルミ+強化ガラス
本体カラー6色(パープル、イエロー、グリーン、ブラック、ホワイト、レッド)3色(シルバー、スペースグレイ、ゴールド)
本体サイズ150.9×75.7×8.3mm(194g)138.4×67.3×7.3mm(148g)
公式ショップ>ショップへ>ショップへ

iPhone 11のおすすめポイントとその理由

iPhone11
画像引用元:iPhone 11 – Apple(日本)

iPhone 11のおすすめポイントをまとめてみました。

iPhone 11のおすすめポイント
  • 液晶画面がフル画面で大きい
  • リアカメラが広角と超広角のデュアルレンズカメラ
  • フロントカメラの画質も向上
  • 最新のA13 Bionic搭載で基本性能アップ
  • バッテリー持ち時間がiPhone 8より長持ち
  • ストレージ容量が選べる

iPhone 11は最新機種だけあってさまざまな面でiPhone 8から進化しています。

iPhone 11がiPhone 8と一番違う面はデザインです。フル画面(ノッチあり)で大きく見やすくなりました。

カメラ機能についても、iPhone 11は驚くほど進化しています。リアカメラは広角と超広角のデュアルカメラ。

ナイトモードで夜景も綺麗に撮影できますし、ポートレートモードでボケ味のある写真もかんたんに撮影可能です。

また、フロントカメラも画質向上していて、なんと4K60Pの動画撮影も可能です。画素数も1200万画素にアップしています。

SoCも最新のA13 Bionic搭載で、全体的な処理速度もアップしています。

スマホの性能を計測するベンチマークテストではiPhone 8と比較して2倍近い計測結果も出ています。

また、A13 Bionicは省電力で動くので、バッテリーの持ちも良くなっています。動画再生で約4時間も長く再生可能です。

ストレージ容量については64GB・128GB・256GBの3タイプから選べます。

iPhone 8は現在は64GBモデルしか選べません。

ストレージの大容量モデルを検討されている方はiPhone 11を選ばないと容量が選べない点を注意しましょう。

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone 11」を見る

ドコモ iPhone 11評価レビュー|買う理由と買わない理由

iPhone 8のおすすめポイントとその理由

iPhone 8
画像引用元:iPhone 8 | iPhone | NTTドコモ

次に、iPhone 8のおすすめポイントについてまとめました。

iPhone 8のおすすめポイント
  • 3D Touch
  • ホームボタンの搭載
  • 指紋認証機能の搭載
  • iPhone 11より小型・軽量
  • 今でも十分に使える性能・機能

iPhone 8には搭載されている3D Touchやホームボタン、指紋認証機能はiPhone 11には搭載されていません。

3D Touchは画面を強く押し込むことでさまざまな操作が出来る機能です。

ホームボタンは画面の下にある丸いボタンですね。ここは指紋認証のセンサーにもなっています。

これら、iPhone 11にはない機能を利用したい方はそのままiPhone 8を選択する理由になります。

また、画面サイズが小さい分、iPhone 8の方が約46gも軽量です。片手で軽く操作したい方には向いています。

性能・機能面も、今でも十分に使えるレベルです。他のスマホと比較しても処理性能やカメラ機能など、上位クラスと言えます。

両者の特長をよく比較して、自分にあったiPhoneを選択しましょう。

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone 8」を見る

ドコモ iPhone 8の評価レビュー|型落ちのメリット・デメリット

iPhone 11とiPhone 8の購入価格をドコモオンラインショップで比較

次に、現在ドコモでiPhone 11とiPhone 8を購入した場合の価格を、ドコモオンラインショップの価格で比較してみます。

2019年12月19日現在のドコモオンラインショップ価格
ストレージ容量iPhone 11iPhone 8
64GBモデル
(支払総額)
87,120 円58,520 円
64GBモデルで36回分割
24ヶ月目にスマホおかえしプログラム適用時
58,080 円
( 2,420 円×24回)
スマホおかえしプログラム対象外
128GBモデル
(支払総額)
95,040 円-
128GBモデルで36回分割
24ヶ月目にスマホおかえしプログラム適用時
63,360 円
( 2,640 円×24回)
-
256GBモデル
(支払総額)
106,920 円-
256GBモデルで36回分割
24ヶ月目にスマホおかえしプログラム適用時
71,280 円
( 2,970 円×24回)
-
公式ショップ>ショップへ>ショップへ

支払い総額で比較をしてみると、iPhone 11はiPhone 8より28,600円~48,400円高いです。

iPhone 8は型落ちモデルですから、その分、値段が下がりお買い得です。

iPhone 8の性能・機能で十分、あるいはiPhone 8にしかない機能が欲しい方ならお得に購入できます。

一方、iPhone 11もスマホおかえしプログラムを使えば、iPhone 8に近い価格で購入できる事がわかります。

ドコモ iPhone 11に機種変更で最大10万円得する最安購入方法

スマホおかえしプログラムについて

ドコモのスマホおかえしプログラム
画像引用元:スマホおかえしプログラム|キャンペーン・特典|NTTドコモ

スマホおかえしプログラムは、条件を満たせばお得にスマホを購入できるプログラムです。

スマホおかえしプログラムの条件は以下の2点だけです。

  1. 対象のスマホを36回分割払いで購入すること
  2. その後ドコモにスマホを返却すること

スマホおかえしプログラムは、36回分割払いで購入することが前提です。

その後、ドコモにスマホを返却することで残りの分割支払金(最大12回分)を支払不要にしてくれます。

購入時にはドコモとの回線契約が必要ですが、その後、ドコモとの回線契約を解約してしまっても大丈夫です。

また、スマホおかえしプログラムに加入しても、同プログラムを利用するかどうかはユーザー側が選べます。

24ヶ月目以降も購入したスマホを継続して利用したい場合は、そのまま引き続き分割支払金を払えばよいだけです。

スマホをお得に買いたい方、分割払いで購入したい方、2年ごとにスマホを買い替える方にはメリットいっぱいのスマホおかえしプログラム。

しかし、デメリットもあります。

デメリットは以下の2点です。

  1. プログラム利用の際は必ずスマホをドコモに返却する必要がある
  2. 返却予定のスマホが故障している場合は追加で料金がかかる

使っているスマホがどんなに気に入っても、スマホおかえしプログラムによる残債免除を受けたい場合は、スマホを返さないといけません。

また、返却するスマホが壊れている場合、追加で料金が発生します。
(ケータイ補償サービスに加入している場合は2,200円、未加入の場合は22,000円必要)

メリットとデメリットを理解して、スマホおかえしプログラムを活用してお得にスマホを購入しましょう。

ドコモでiPhone 11とiPhone 8を買うならどっちが買いか?

ここまで、iPhone 11とiPhone 8の性能や機能、価格について比較してきました。

iPhone 11は最新機種としての性能・機能を備えていますが、iPhone 8に比べるとやや高いです。

一方、スマホおかえしプログラムを利用すればiPhone 11の価格もiPhone 8に近くなりますが、条件があります。

条件別にiPhone 11とiPhone 8のどちらがおすすめかまとめましたので、購入時の参考にしてください。

ドコモでiPhone 11とiPhone 8を買うならどっちが買い?
  • 最新の性能・機能を使いたいなら最新機種のiPhone 11
  • カメラメインで使いたいならデュアルレンズのiPhone 11
  • 3D Touchやホームボタン、指紋認証を使いたいならiPhone 8
  • バッテリーの持ち時間重視ならiPhone 11
  • 画面の大きさならiPhone 11。小型軽量ならiPhone 8
  • コスパ重視なら性能も十分なiPhone 8
  • 2年ごとに買い換えるならスマホおかえしプログラムが利用できるiPhone 11

最新の性能・機能、カメラ機能やバッテリーの持ち時間など、性能重視ならiPhone 11がおすすめです。

スマホおかえしプログラムを活用することでiPhone 8に近い価格で購入することもできます。

一方、3D Touchやホームボタン、指紋認証が欲しい方ならiPhone 8がおすすめです。

処理性能やカメラ機能こそiPhone 11に劣りますが、今でも十分使えます。小型軽量で可搬性にも優れています。

コスパ重視の方にもiPhone 8はおすすめです。

それぞれの用途や条件に合わせて、最適なiPhoneを選んでください。

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone 11」を見る

>ドコモ公式オンラインショップで「iPhone 8」を見る

ドコモ iPhone 11とiPhone XRならどっちが買い?理由と最安購入方法

ドコモでiPhone 11やiPhone 8を最安購入する方法

ドコモオンラインショップ
画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

ここでは、ドコモでiPhone 11やiPhone 8を最安購入する方法についてご紹介します。

ドコモオンラインショップで購入する

iPhone 11とiPhone 8の最安購入方法に共通しているのは、ドコモオンラインショップで買う、ということです。

ドコモオンラインショップで買うメリットは、4点あります。

  1. 分割支払い時の頭金なし
  2. 事務手数料なし
  3. オプション加入などの勧誘なし
  4. 待ち時間なし

携帯業界の頭金は一般的な意味の頭金とは違い、それぞれのショップが本体価格に乗せている金額です。

ショップによって金額は違いますが、5,500円~8,800円ほど乗せているショップが多いです。

ドコモオンラインショップではこの頭金を取られません。その分安く買えます。

事務手数料は通常、新規・MNP・契約変更(ガラケーからスマホへの変更時など)は3,300円。

機種変更の際は2,200円を翌月の通信・通話料金と合算請求されます。

ドコモオンラインショップではこの事務手数料も取られません。

またショップによっては、必要のないオプションの加入などを勧誘されます。

ドコモオンラインショップならそういった面倒な勧誘もありません。

オンラインでの契約ですので、ショップで何時間も待つ、といったこともありません。

ドコモオンラインショップは価格・時間的にメリットばかりですが、デメリットもあります。

それは、UIMカード(SIMカード)の挿入やスマホの設定を自力で行う必要がある、ということです。

UIMカード(SIMカード)の挿入をされたことがない方や、スマホの設定が苦手な方は少し苦労するかもしれません。

メリット盛りだくさんのドコモオンラインショップを活用して、お得にスマホを購入しましょう。

ドコモオンラインショップで機種変更|購入→開通までの流れと注意点

スマホおかえしプログラムを活用する

価格比較の項目でご紹介しましたが、スマホおかえしプログラムを活用するのも手です。

最大12回分の分割支払金が不要になるのは大きなメリットです。

2年ごとに買い替え予定の方など、条件に合う方はプログラムの利用を検討しましょう。

下取りプログラムを活用する

ドコモでは機種変更や他社からの乗り換え(MNP)の際、利用中のスマホを下取りしてくれる、下取りプログラムがあります。

下取り価格は随時更新で、ドコモの公式サイトで確認できます。契約時にスタッフにも確認できます。

機種変更やMNPのあと、利用中のスマホを使う予定がない場合は下取りプログラムの利用を検討しましょう。

ドコモオンラインショップで機種変更|下取りプログラムの手続き方法
ドコモでiPhone 11やiPhone 8を最安購入する方法まとめ
  • ドコモオンラインショップで購入する
  • スマホおかえしプログラムを活用する
  • 下取りプログラムを活用する

iPhone 11とiPhone 8性能や価格を比較して自分にあった機種を最安購入しよう

iPhone 11とiPhone 8のどちらを購入すべきかをさまざまな面からご紹介してきました。

発売時期も個性も違う両機種なので、選ぶ基準が決まれば悩まず購入できると思います。

記事を比較検討、購入時の参考にしていただき、iPhone 11やiPhone 8を最安購入しましょう。