iPhone ドコモ 最新 iPhone予約
Pocket

読了時間:約 2

新機種が出るたびにメディアでも取り上げられ、注目を集めるiPhone。日本国内のiPhoneのシェア率は7割に迫る勢いで、本家本元のアメリカを上回っています。

さらに近年では、各キャリアのオンラインショップが充実し、オンラインで端末を購入する方も増えてきました。そこで意外と手間取るのが、iPhoneの初期設定。毎年ユーザーの数が増えているiPhoneだけに、データ移行アクティベーション(利用開始設定)に手間取っている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、ドコモのオンラインショップで購入したiPhoneの設定方法を解説します。旧端末からのデータ移行などもれなくフォローしていますので、ガイドが必要な方はチェックしてみてください。

いよいよ発売!新型iPhoneの関連情報はこちら!
噂|2018年モデルの新型iPhone X・9の発売日はいつ?最新情報まとめ

iPhoneを使うための事前準備


まずは、新iPhoneを起動する前の準備から見ていきます。iPhoneの同梱物を確認した後、一連の手順の前にバックアップを取っておくと、データ移行もスムーズに行えるのでおすすめです。

バックアップは、旧端末がiPhoneの方は「iTunes」「iCloud」、Androidの方は「ドコモデータコピー」アプリを利用すると簡単です。

iPhoneシリーズの同梱物

【iPhone X / 8 / 8 Plus / 7 / 7 Plus】

  • iPhone 本体
  • EarPods with Lightning Connector
  • Lightning USBケーブル
  • Apple USB電源アダプタ
  • Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

【iPhone 6s / 6s Plus / 6 / 6 Plus / SE】

  • iPhone 本体
  • EarPods with 3.5mm Headphone Plug
  • Lightning USBケーブル
  • Apple USB電源アダプタ

データバックアップ【iPhone編】

iPhoneのバックアップは「iTunes」か「iCloud」を使うのが簡単。「iTunes」でのバックアップにはApple IDとPC、「iCloud」でのバックアップにはApple IDとWi-Fi環境がそれぞれ必要です。

Apple IDが不明な場合はサインインしているアプリから確認できます。iCloudはオンラインストレージを利用しますので、Wi-Fi環境が必須です。

iCloudを利用したバックアップ

iCloudでのバックアップは以下の手順で進めます。

  1. iPhoneを電源に接続する
  2. iPhoneをWi-Fiに接続する
  3. 「設定」アプリを起動する
  4. 「iCloud」をタップする
  5. Apple IDを入力し「サインイン」をタップする
  6. 「バックアップ」をタップする
  7. 「iCloudバックアップ」をオンにする
  8. 「今すぐバックアップを作成」をタップする
  9. 前回のバックアップが更新されれば、バックアップ完了

iCloudにバックアップ分の空き容量があることも確認しておきましょう。無料で5GB利用でき、50GB、200GB、2TBのプランにアップグレードできます。

iCloudでバックアップできるデータ
  • App データ / Apple Watch のバックアップ / 通話履歴 / デバイスの設定 / HomeKit の構成 / ホーム画面とAppの配置 / iMessage、テキスト (SMS)、MMS メッセージ / iPhone、iPad、iPod touch 上の写真とビデオ / Apple サービスからの購入履歴 (音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど) / 着信音 / Visual Voicemailのパスワード (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)

iTunesを利用したバックアップ

iTunesでのバックアップは、データの重複などを防ぐために、iPhoneを接続する前に自動同期をオフにしてから行います。

  1. PCでiTunesを起動し、「設定」>「デバイス」へ進む
  2. 「iPod、iPhone、およびiPadを自動的に同期しない(P)」をチェックして「OK」をクリックする
  3. iPhoneをPCに接続する
  4. 「iPhone」をクリックする
  5. 「今すぐバックアップ」をクリックする
  6. 最新のバックアップが更新されれば、バックアップ完了
iTunesでバックアップできるデータ

・iCloudと共通

  • App データ / Apple Watch のバックアップ / 通話履歴 / デバイスの設定 / HomeKit の構成 / ホーム画面とAppの配置 / iMessage、テキスト (SMS)、MMS メッセージ / iPhone、iPad、iPod touch 上の写真とビデオ / Apple サービスからの購入履歴 (音楽、映画、テレビ番組、App、ブックなど) / 着信音 / Visual Voicemailのパスワード (バックアップ時に使っていた SIM カードが必要)

・iTunesのみ

  • カメラロールの写真と動画 / 連絡先(よく使う連絡先を含む) / カレンダーアカウント / Safari ブックマーク / メールアカウント / 通話履歴 / 壁紙など

◎PCを持っている方はiTunesでのバックアップがおすすめ

iCloudは、日ごろiPhoneから自動でバックアップを取るのに適しています。データ移行の際、PCがある場合はiTunesでのバックアップがおすすめ。バックアップの対象となるデータも多く、データ容量が大きくても対応できます。

データバックアップ【Android編】

Androidでのバックアップは「ドコモデータコピー」のアプリを使うと簡単にバックアップが取れます。

  1. 「ドコモデータコピー」を起動する
  2. 「バックアップ・復元」>「バックアップ」を選択する
  3. バックアップするデータを選択し、「バックアップ開始」をタップ

UIMカードを取り付ける

iPhoneでドコモの回線を利用するには、ドコモ版のSIMカードであるUIMカード(nano UIMカード)を取り付ける必要があります。取り付けには、付属のSIM取り出しツールかペーパークリップを使います。平らなところにiPhoneを置いて作業しましょう。

  1. UIMカードトレイの穴にSIM取り出しツールか、ペーパークリップを挿し込む
  2. UIMカードトレイを引き出して、UIMカードを入れる
  3. UIMカードトレイを入れ直す

ドコモでの電話機開通手続き


新しいiPhoneを利用するには、電話機開通の手続きが必要です。ウェブサイトと電話のどちらからも手続きできます。

開通手続きの期限

契約の種類 手続きの期限
機種変更 商品出荷日から20日以内
新規契約 商品出荷日から15日以内
乗り換え(MNP) MNP予約番号有効期限内

「機種変更・新規契約」では、手続きの期限が切れると自動で開通手続きが行われます。「乗り換え」は、前の携帯会社で発行したMNP予約番号の有効期限内で手続きしてください。期限は発行日を含めた15日間です。期限を過ぎた場合は、予約番号の再発行が必要になります。

ドコモオンラインショップの開通手続き期限。しないとどうなる?

ウェブサイトでの開通手続き

ウェブサイトでは、ドコモオンラインショップから手続きできます。

  1. 「お申込み履歴」をクリックする
  2. 「電話機の開通手続き」をクリックする
  3. 「開通前のご連絡事項」を確認する
  4. メール送信先を選び、「次へ」をクリックする
  5. 内容を確認し「ご注文を確定する」をクリックする

「機種変更・新規契約」は24時間いつでも、「乗り換え(MNP)」は午前9時~午後9時までが受付時間です。

1 2