AQUOS zero2 SH-01M
ドコモユーザーなら最大50,000円以上お得になる公式ショップがおすすめ!
読了時間:約 2

スマホで楽しめるゲームは年々クオリティが上がってきており、それに伴いサクサク画面が動くハイスペックのスマホが求められています。

ここではスマホゲームが快適に遊べる、ゲーミングスマホをランキング形式でTOP5をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

画像引用元:AQUOS zero2 SH-01M|スマートフォン(4G)|製品|NTTドコモ

ドコモのおすすめゲーミングスマホランキングTOP5

ドコモのゲーミングスマホでおすすめしたい機種TOP5はこちらです。

各スマホの特徴や、何故ゲーミングスマホとしておすすめなのか、また買う理由・買わない理由も合わせてご紹介します。

1位:AQUOS zero2


画像引用元:AQUOS zero2 SH-01M|スマートフォン(4G)|製品|NTTドコモ

機種名AQUOS zero2
OS/CPUAndroid 10/Snapdragon 855
メモリ/ストレージ8GB/256GB
ディスプレイ/本体サイズ6.4インチ/約158(H) × 約74(W) × 約8.8(D)mm×141g
インカメラ/アウトカメラ8MP/広角12.2MP+望遠20.1MP
バッテリー3,130mAh
価格87,912円
発売日2020年1月30日
公式ショップ>AQUOS zero2を見る
  • 本体重量141gと軽量
  • 10億リッチカラーで表示速度、高精細な色彩表現が美しい
  • 本体価格8万円台とお手頃価格
  • 充電中でも発熱を抑えてくれるパラソル充電

ゲーミングスマホとしておすすめポイントは、10億リッチカラーで表示速度も非常に滑らかで高精細、各映像コンテンツの美しさをそのまま表現可能な点です。

また、4倍速ディスプレイが残像感を軽減し、毎秒240回のタッチ検出が可能なタッチパネルで、激しい動きのゲームでもしっかりハイスコアを狙うことができます。

買う理由

AQUOS zero2はハイスペックスマホの中でも、本体重量が141gと軽く、価格も10万円以下でコスパの高いスマホです。

ゲーミングスマホとして充分なスペックと特徴を持ちながら、お手軽な価格が非常に魅力です。

ハイスペックなスマホはどうしても高額なものが多いのですが、AQUOS zero2は8万円台とお安めの価格設定になっています。

また、6.4インチの大型ディスプレイでありながら、本体重量が146gと軽いのもポイントです。

長時間ゲームに没頭してしまっても、他のスマホに比べて重量が軽いので手首に負担がかかりにくいからです。

ゲーミングスマホとしてはもちろん、ドコモで購入できるスマホの中でコスパの高い機種をお求めの方にもおすすめです。

買わない理由

AQUOS zero2は、4Gまでの対応となり5Gには対応していません。

2020年3月25日から5Gサービスが開始されたことで、今後5Gに対応したコンテンツやゲームアプリの増加が予想されます。

スマホとしては魅力的な機種ですし、今出ているゲームアプリを楽しむ分には非常におすすめのスマホですが、先々のことを考えると今購入するのは得策でないと言えます。

今プレイしたいゲームがあるのか、目的をはっきりさせてから購入を検討しましょう。

>ドコモ公式オンラインショップで「AQUOS zero2」を見る

2位:Galaxy S20+ 5G


画像引用元:Galaxy S20+ 5G SC-52A|スマートフォン(5G)|製品|NTTドコモ

機種名Galaxy S20+ 5G
OS/CPUAndroid 10/Snapdragon 865
メモリ/ストレージ12GB/128GB
ディスプレイ/本体サイズ6.7インチ/約162(H)×約74(W)×約7.8(D)mm×186g
インカメラ/アウトカメラ10MP/12MP(超広角・広角)+望遠64MP+ToF
バッテリー4500mAh
価格未定
発売日2020年5月下旬以降予定
公式ショップ>Galaxy S20+ 5Gを予約する
  • メモリ12GB、ストレージ128GB、バッテリー4,500mAhで圧倒的ハイスペック
  • ベイパーチャンバー冷却システム搭載で、ゲーム中でもスマホが発熱しにくい
  • 最新の通信規格5G対応スマホ

ゲーミングスマホとしておすすめのポイントは、とにかく圧倒的にハイスペックな点です。

メモリ12GB、ストレージ128GB、バッテリー4,500mAhと、負荷のかかる3Dグラフィックゲームのプレイもばっちりな構成になっています。

また、ベイパーチャンバー冷却システムを搭載し、ゲーム中でもスマホ本体が熱を持ちにくくなっています。

買う理由

Galaxy S20+ 5Gは、最新の通信規格5G対応で圧倒的ハイスペックなスマホです。6.7インチの大型ディスプレイもゲームを最大に楽しめるポイントとなっています。

現在リリースされているゲームアプリはもちろん、今後5Gを活用したゲームアプリに対しても充分満足できるパフォーマンスを発揮してくれるのではないでしょうか。

発売予定が2020年5月下旬でまだ本体価格も未定のため、コスパなど全体的なバランス評価は難しいですが、期待度の高いスマホとしてランキング2位でご紹介しました。

これから始まる5Gサービスを楽しむのにおすすめのスマホです。

買わない理由

Galaxy S20+ 5Gは、2020年3月時点では未発売のスマホです。正直、買いかどうかは価格を見てから判断した方が良いでしょう。

例年通りであれば、今年の後半にも新たなモデルが出ることが予想されます。5Gサービスも始まったばかりですし、少し様子を見た方が良いかもしれません。

>ドコモ公式オンラインショップで「Galaxy S20+ 5G」を予約する

3位:AQUOS R5G


画像引用元:AQUOS R5G SH-51A|スマートフォン(5G)|製品|NTTドコモ

機種名AQUOS R5G
OS/CPUAndroid 10/Snapdragon 865
メモリ/ストレージ12GB/256GB
ディスプレイ/本体サイズ6.5インチ/約162(H)×約75(W)×約8.9(D)mm×189g
インカメラ/アウトカメラ16.4MP/超広角48MP+12.2MP(望遠・標準)+ToF
バッテリー3,730mAh
価格111,672円
発売日2020年3月25日
公式ショップ>AQUOS R5Gを見る
  • 10億リッチカラーで表示速度、高輝度のPro IGZOディスプレイ
  • メモリ12GB、ストレージ256GB、バッテリー3730mAhのハイスペック
  • 最新の通信規格5G対応スマホ

ゲーミングスマホとしておすすめのポイントは、1位で紹介したAQUOS zero2の特徴を引き継いだまま、さらにハイスペックな進化を遂げている点です。

その上で、最新の通信規格5Gに対応。さらなる快適なゲームライフの主役になってくれるでしょう。

買う理由

ランキング1位で紹介した、AQUOS zero2のゲーミングスマホとして魅力的な特徴をそのままに、メモリ・ストレージ・バッテリーも全てスペックアップしています。

また、AQUOS R5Gの魅力はゲームの快適さだけではありません。カメラ機能も4眼レンズ搭載で、超高精細な8K動画や約4800万画素の写真撮影も可能です。

AQUOS zero2も2020年1月に出たばかりの新しい機種ですが、5G対応のスマホをお考えならば、AQUOS R5Gがおすすめです。

買わない理由

発売されたばかりのハイスペックスマホということもあり、本体価格が10万超えの111,672円と高額です。

また、今後5Gを活用したサービスやゲームがどんな展開をしていくのか、まだ未知数なところもあります。

Galaxy S20+ 5Gでも少し触れましたが、例年通りであれば今年の後半にも新しい機種が発表されるはずです。

高いお買い物ですし、5G対応スマホを買うにしても、もう少し選択肢を広げてからでも遅くはないでしょう。

>ドコモ公式オンラインショップで「AQUOS R5G」を見る

4位:Xperia5


画像引用元:Xperia5 SO-01M|スマートフォン(4G)|製品|NTTドコモ

機種名Xperia5
OS/CPUAndroid 9/Snapdragon 855
メモリ/ストレージ6GB/64GB
ディスプレイ/本体サイズ6.1インチ/約158(H) × 約68(W) × 約8.2(D)mm×164g
インカメラ/アウトカメラ8MP/12.2MP(広角・超広角・望遠)
バッテリー3,000mAh
価格87,912円
発売日2019年11月1日
公式ショップ>Xperia5を見る
  • ダイナミックな映像が楽しめる21:9のシネマワイドディスプレイ
  • メモリ開放の設定やプレイ画面の高速スクショなど、快適なゲームプレイをサポートする充実の機能
  • ハイレゾ音質対応で臨場感の溢れる音楽空間を実現

ゲーミングスマホとしておすすめのポイントは、画面いっぱいに大迫力の映像が楽しめるシネマワイドディスプレイと、高解像度の臨場感溢れるハイレゾ音質です。

ゲームの正解に没頭できる空間作りがXperia5の魅力です。

また、メモリ解放始め、高速スクショや、ゲーム画面録画、ボイスチェンジャーなど、よりゲームプレイを楽しめる様々な機能が充実しています。

買う理由

Xperia5は、ゲーミングスマホとして充分なスペックと、ディスプレイ・音質を搭載しながらも、本体価格が10万円以下のお手頃価格なコスパの良いスマホです。

本体価格はランキング1位で紹介した、AQUOS zero2と同じ87,912円となっています。

ここは好みの差にはなりますが、カメラ機能はXperia5の方が3眼レンズ搭載で性能が高く、SDカードにも対応しています。

ゲーミングスマホとしてはAQUOS zero2の方がよりおすすめですが、カメラ機能などもしっかり押さえたい方はXperia5の方がおすすめです。

買わない理由

買う理由でも触れましたが、本体価格はAQUOS zero2と全く同じです。

ゲーミングスマホとしてのスペックを重視するのであれば、AQUOS zero2の方がメモリも8GBと大きく、若干ではありますがバッテリー容量も上回ります。

カメラ機能もXperia5の方が充実しているとは言え、細かくこだわらなければAQUOS zero2も充分綺麗に撮影できます。

何をどこまで求めるかにもよりますが、単純にゲーミングスマホとしてだけであればAQUOS zero2の購入をおすすめします。

>ドコモ公式オンラインショップで「Xperia5」を見る

5位:Galaxy Note10+


画像引用元:Galaxy Note10+ SC-01M|スマートフォン(4G)|製品|NTTドコモ
※2020年4月現在ドコモオンラインショップでの販売は終了しています。「Star Wars Special Edition」のみ発売中となります。

機種名Galaxy Note10+
OS/CPUAndroid 9/Snapdragon 855
メモリ/ストレージ12GB/256GB
ディスプレイ/本体サイズ6.8インチ/約162(H) × 約77(W) × 約7.9(D)mm×197g
インカメラ/アウトカメラ10MP/超広角16MP + 広角12MP + 望遠12MP +ToF
バッテリー4,300mAh
価格121,176円
発売日2019年10月18日
公式ショップ>Galaxy Note10+ Star Wars Special Editionを見る
  • 6.8インチの大迫力の大型ディスプレイ
  • 4300mAhの大容量バッテリーとベイパーチャンバー冷却システムでスマホが熱くなりにくい
  • メモリ12GB、ストレージ256GBの圧倒的なハイスペック構成

ゲーミングスマホとしておすすめのポイントは、圧倒的にハイスペックな構成と大迫力の6.8インチの大型ディスプレイです。

Galaxy Note10+は手帳スマホとして、タッチペンの機能に注目が集まりがちですが、実は4G対応スマホの中では、ドコモ史上最大のハイスペックスマホです。

長時間ゲームを楽しんでも安心できる、大容量のバッテリーも魅力的です。

買う理由

Galaxy Note10+はとにかくハイスペックな点です。負荷のかかる3Dグラフィックのゲームも、さくさく動きます。

5G対応ではないものの、現時点でリリースされているゲームアプリを楽しむ上で、これほど頼りになれるスマホはないでしょう。

また、カメラ機能は4眼レンズ搭載、シリーズの人気機能であるタッチペンの性能もさらに向上し、繊細な書き心地は本物のペンのようです。

2020年3月現在、今すぐに購入できるハイスペックスマホをお求めの方におすすめです。

買わない理由

Galaxy Note10+はの最大の欠点は、本体重量が200g近くあり重い点と、本体価格が12万円台で高額な点です。

いくらハイスペックなスマホとは言え、12万円台はなかなか即決できない価格ではないでしょうか。

10万円を超える機種を今、購入するのであればこの際5G対応のAQUOS R5Gを検討してみた方が良いかもしれません。

また、現在は価格未定ですが、Galaxy S20+ 5GがGalaxy Note10+より安ければそちらの方がお得です。

タッチペン機能にこだわりがなければ、Galaxy S20+ 5Gの価格が発表されるまで様子を見てから、購入を検討しても遅くはないでしょう。

>ドコモ公式オンラインショップで「Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition」を見る

ドコモのゲーミングスマホランキングのまとめ
  • AQUOS zero2はハイスペックなのにコスパの高い機種でお得
  • Galaxy S20+ 5Gは5G対応機種でハイスペックだが価格次第
  • AQUOS R5Gは今すぐ購入できる5G対応ハイスペック機種
  • Xperia5はディスプレイ・音質が魅力のコスパの良い機種
  • Galaxy Note10+は4G対応機種の中でドコモ史上最大のハイスペック大画面機種

ドコモユーザーは必見!「dカード GOLD」が圧倒的お得な理由

dカード GOLD(ゴールド) VISA ポインコ

ドコモが発行しているクレジットカード「dカード GOLD」はドコモケータイの特典がかなり充実しています。

dカード GOLDの特典をまとめると、

  • ドコモ携帯利用料金の税抜1000円につき10%還元
  • オンラインショップでドコモ端末代金をdカード GOLDで支払うとポイント2倍
  • 万が一でも安心のドコモケータイ補償が最大10万円
  • ローソン、マクドナルド、マツキヨで買い物するとお得
  • 国内・海外旅行保険がゴールドカードならではの手厚さ
  • 国内とハワイの主要空港ラウンジが無料でつかえる
  • 家族カードで家族全員にゴールドカードの特典がつく

dカード GOLDの年会費1万円を払う価値とメリット・デメリットまとめ

dカード GOLDの年会費は1万円(税抜)かかりますが、上記のように充実過ぎる特典やポイント還元率で年会費は簡単にペイできるはずです。

ドコモユーザーは、絶対に持つべきクレジットカードと言えるでしょう。

ドコモのゲーミングスマホをスペック・価格で比較

TOP5のゲーミングスマホをスペック・機能・価格で比較してみました。

どれもスペックはかなり数値が並んでいますが、機能や価格で自分いあったものを見つけましょう。

OS/CPUの比較表

ドコモのゲーミングスマホ OS/CPU比較
機種名OS/CPU
AQUOS zero2Android 10/Snapdragon 855
Galaxy S20+ 5GAndroid 10/Snapdragon 865
AQUOS R5GAndroid 10/Snapdragon 865
Xperia5Android 9/Snapdragon 855
Galaxy Note10+Android 9/Snapdragon 855

やはりどの機種も最新の「Snapdragon 855」以上となっているので、ゲームをするうえで欠かせないポイントでは差が出ていません。

メモリ/ストレージの比較表

ドコモのゲーミングスマホ メモリ/ストレージ比較
機種名メモリ/ストレージ
AQUOS zero28GB/256GB
Galaxy S20+ 5G12GB/128GB
AQUOS R5G12GB/256GB
Xperia56GB/64GB
Galaxy Note10+12GB/256GB

メモリは5GスマホとGalaxy Note10+が頭一つ抜けていくるようです。

しかし数値だけ見ると圧倒的な差のように感じますが、実際の6GBでも十分に最新のゲームが動作するので安心してください。

ディスプレイ/本体サイズの比較表

ドコモのゲーミングスマホ ディスプレイ/本体サイズ比較
機種名サイズ
AQUOS zero26.4インチ
約158(H)×約74(W)×約8.8(D)mm×141g
Galaxy S20+ 5G6.7インチ
約162(H)×約74(W)×約7.8(D)mm×186g
AQUOS R5G6.5インチ
約162(H)×約75(W)×約8.9(D)mm×189g
Xperia56.1インチ
約158(H)×約68(W)× 約8.2(D)mm×164g
Galaxy Note10+6.8インチ
約162(H) × 約77(W) × 約7.9(D)mm×197g

どの機種も横向きでゲームをすることを前提に考えられた縦長のサイズ感となっています。

特にXperia 5はゲームや映画を見るのに適したサイズを追求している機種なので、操作性としては好まれることが多いでしょう。

>ドコモ公式オンラインショップでゲーミングスマホを見る

カメラの比較表

ドコモのゲーミングスマホ カメラ比較
機種名インカメラ/アウトカメラ
AQUOS zero28MP/広角12.2MP+望遠20.1MP
Galaxy S20+ 5G10MP/12MP(超広角・広角)+望遠64MP+ToF
AQUOS R5G16.4MP/超広角48MP+12.2MP(望遠・標準)+ToF
Xperia58MP/12.2MP(広角・超広角・望遠)
Galaxy Note10+10MP/超広角16MP + 広角12MP + 望遠12MP +ToF

ゲーミングスマホでもやはり今主流のカメラ性能はしっかりと高性能となっています。

特にAQUOS R5GとGalaxy Note10+はカメラの性能で選びたい方でも目につくレベルなので、ゲームと写真を同時に楽しみたい方は重要なポイントですね。

バッテリーの比較表

ドコモのゲーミングスマホ バッテリー比較
機種名バッテリー
AQUOS zero23,130mAh
Galaxy S20+ 5G4500mAh
AQUOS R5G3,730mAh
Xperia53,000mAh
Galaxy Note10+4,300mAh

外でゲームを楽しみたい方は絶対に外せないバッテリーの容量。

数値としてはGalaxyシリーズが安心の容量となります。しかしAQUOSは前シリーズからの省エネ性能をさらに向上させているため、数値以上に長持ちするといわれています。

>ドコモ公式オンラインショップでゲーミングスマホを見る

価格の比較表

ドコモのゲーミングスマホ 価格比較
機種名価格
AQUOS zero287,912円
Galaxy S20+ 5G未定
AQUOS R5G111,672円
Xperia587,912円
Galaxy Note10+121,176円

価格はやはり4GスマホのAQUOS zero2、Xperia5が8万円台と比較的安くなっています。

スペックの違いもそこまでないので、金額で選ぶならこの2機種でしょう。

しかし、金額が高いとはいえ5Gを早く体感したい方はやはり若干高めのAQUOS R5Gを選ぶのがいいでしょう。

ドコモのゲーミングスマホを買うならオンラインショップがお得

docomo Online Shop
画像引用元:ドコモオンラインショップホーム|ドコモオンラインショップ|NTTドコモ

ご紹介したゲーミングスマホを購入・予約するなら、ドコモオンラインショップがお得です。

何故、お得なのか理由は大きく分けて5つあります。

  1. 頭金0円で無料
  2. オプション強制加入なし
  3. 事務手数料無料
  4. 2,750円以上の購入で送料無料
  5. 限定のキャンペーンがある

店頭でドコモのスマホを購入すると、頭金の支払いや、オプションの加入を勧められます。

頭金はお店によって3,000円〜10,000円ほどかかる可能性があり、オプション加入はその頭金を割り引く条件で半ば強制的に加入が必要になってきます。

しかし、ドコモのオンラインショップなら頭金が0円なので、オプションの加入も自分で意志で自由に選択できます。

しかも事務手数料も無料、気になる送料も2,750円以上のお買い物で無料になります。スマホの購入であればほぼ必然的にクリアできるので問題ありません。

また、一番魅力的なのはオンラインショップ限定のキャンペーンです。最近では下記のようなキャンペーンが展開されています。

  • Galaxy S20 5G予約キャンペーン:予約&応募でワイヤレスイヤホンが貰える
  • Xperia SPRINGキャンペーン第2弾:Xperia 1 Ⅱの購入でオリジナルMOLESKINEポーチが貰える

※タイミングによっては既に終了している場合があります。

上記以外にもオンラインショップでは、様々なドコモの公式キャンペーンを利用することができます。ぜひ活用しましょう。

>ドコモ公式オンラインショップでゲーミングスマホを見る

ドコモユーザーは必見!「ドコモ光」と同時利用ならお得な理由

ドコモ光

ドコモ光は「ドコモのスマホ」と「dカード GOLD」と同時利用するとお得になります。

ドコモ光のメリットをまとめると。

         
  • ドコモ光利用料金が1,000円(税抜)につき10%還元
  • 「ドコモ光セット割」で家族全員のドコモスマホの月額が永年1,000円割引
  • 新規契約で最大25,000円キャッシュバックあり!
  • 新規契約なら工事料が無料

2020年ドコモ光を100%お得に契約する方法|おすすめのプロバイダ紹介

ドコモ光セット割と月々の利用料10%ポイント還元で、毎月7,000円程度お得になります!

ドコモユーザーは、絶対に選ぶべき光回線と言えるでしょう。

ドコモのゲーミングスマホで快適なゲームライフ

今回、ドコモのゲーミングスマホランキングでご紹介したスマホの中には、まだ未発売のものもあります。

現在絶賛予約受け付け中なので、気になる方はぜひドコモオンラインショップでチェックしてみてください。

ドコモでお得にゲーミングスマホをGETして、快適なゲームライフを楽しみましょう。