読了時間:約 2

ドコモの2019年夏モデルのなかでも最注目の機種がサムスン電子製の「Galaxy S10 / S10+」

ドコモからは、フラッグシップモデルの「Galaxy S10 SC-03L(以下Galaxy S10)」と大画面モデルの「Galaxy S10+ SC-04L(以下Galaxy S10+)」の2種類が発売されます。

Galaxyシリーズ10年目の集大成として完成度の高い両機種。本記事では、とくに「Galaxy S10+」のスペックや発売時期、注目ポイントなど最新情報をまとめました。

夏モデルへの機種変更を考えているドコモユーザーの方は参考にしてみてください。

ドコモ 2019年夏モデル情報|おすすめ新機種と発売時期まとめ
トップ画像引用元:Galaxy S10+ SC-04L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Galaxy S10+のスペック・発売時期・価格は?


世界のスマホ市場ではシェア率1位を獲得し、アップルをも凌いでいるサムスン電子。

フラッグシップモデルの「Galaxy Sシリーズ」は日本国内でも高い人気を誇ります。

10周年の節目にリリースされた「Galaxy S10 / S10+」は、夏モデル最高水準のスペック・機能が詰め込まれた最注目機種です。

本体価格は「Galaxy S10 SC-03L」が89,424円、「Galaxy S10+ SC-04L」が101,088円で、両機種ともに2019年6月1日より発売されました。

まずは両機種のスペックから見ていきましょう。

Galaxy S10 / S10+のスペック


画像引用元:Galaxy S10+ SC-04L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Galaxy S10 Galaxy S10+
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約 150 × 70 × 7.8 mm 約 158 × 74 × 7.8 mm
重さ 約158g 約175g
ディスプレイ 約6.1インチ Dynamic AMOLED(有機EL) 約6.4インチ Dynamic AMOLED(有機EL)
解像度 QuadHD+(3,040 × 1,440)
OS Android 9.0
CPU Snapdragon855 オクタコア
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(ROM) 128GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
バッテリー 約3,300mAh 約4,000mAh
電池持ち時間 約122時間 約142時間
アウトカメラ 約1,200万画素 F値2.4(望遠)
約1,200万画素 F値1.5/2.4(広角)
約1,600万画素 F値2.2(超広角)
インカメラ 約1,000万画素 F値1.9 約1,000万画素 F値1.9
約800万画素深度カメラ F値2.2
生体認証 指紋認証 / 顔認証
おサイフケータイ
ワイヤレス充電(Qi)
防水・防塵 IPX5/IPX8、IP6X
接続端子 USB Type-C
カラー プリズムホワイト、プリズムブラック、プリズムブルー プリズムホワイト、プリズムブラック

両機種ともCPU・Snapdragon 855、メモリ8GB、ストレージ128GB、と夏モデルで最高クラスの処理性能を誇ります。

ディスプレイには液晶ディスプレイよりも上位とされる有機ELディスプレイを採用しています。

大きく異なるのはディスプレイのサイズで、Galaxy S10が約6.1インチに対して、Galaxy S10+が約6.4インチ

バッテリー容量、インカメラの構成、カラー展開も若干異なりますので、どちらかを選ぶ際のポイントになります。

Galaxy S10+の魅力は?


画像引用元:Galaxy S10+ SC-04L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

ここからは、Galaxy S10+の具体的な魅力についてみていきましょう。

ドコモ 2019年夏モデル「Galaxy S10」の最新情報・スペックと発売時期

「Infinity Display」の大画面はそのままにデザイン・使い勝手が向上


デザイン | Galaxy S10 and S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

iPhoneをはじめ、もはやハイエンドモデルでは常識となりつつある「ホームボタンなし、前面ほぼディスプレイ」のデザイン。

Galaxy S8以降のGalaxyシリーズでも「Infinity Display」と呼ばれる大画面ディスプレイを採用してきました。

Galaxy S10シリーズでは、新たに「Infinity-O Display」と名付けられ、インカメラを右上のパンチホールに配置する新しいデザインが取り入れています。

大画面で動画再生やゲームをプレイする際にも、画面上部の真ん中が欠けるノッチ型よりインカメラが邪魔にならず好印象です。

上下のベゼルも極限まで狭められ、サイズは従来モデルとほぼ同等ながら、画面はGalaxy S10が約6.1インチ、Galaxy S10+が約6.4インチまで大型化に成功しています。

同じく6.4インチディスプレイを採用したGalaxy Note9のサイズが「高さ:約162mm、幅:約76mm、厚さ:約8.8mm」に対し、Galaxy S10+のサイズが「高さ:約158mm、幅:約74mm、厚さ:約7.8mm」ですので、従来の大画面モデルよりもかなりコンパクトです。

指紋センサーはディスプレイ内蔵の超音波センサーに


「Infinity Display」を採用したGalaxy S8以降、画面側にあった指紋センサーは本体背部へと配置が変わっていました。

そのため指紋センサーに指が届きにくいという声もありましたが、Galaxy S10では、画面内部の超音波センサーを採用したことで、指紋センサーがディスプレイ側に戻っています。

これは顔認証ではなく指紋認証をよく使うユーザーには嬉しい仕様変更です。超音波センサーの反応も良好で、使い勝手が向上していると言えるでしょう。

ただし、インカメラのスペースが狭くなったことで、従来機には搭載されていた虹彩認証が非搭載となりました。

2019年夏発売「Galaxy S10+」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

有機ELも「Dynamic AMOLED」でより美しく色鮮やかに


デザイン | Galaxy S10 and S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

Galaxy Sシリーズの特徴のひとつが、液晶ディスプレイよりも色の再現性が高く美しいと言われる有機ELディスプレイ。

高品質なディスプレイに定評のあるGalaxy Sシリーズですが、Galaxy S10では従来の「Super AMOLED」から「Dynamic AMOLED」へとリニューアル

新たにHDR10+のコンテンツにも対応し、ブルーライトは従来機より42%削減。より高精細で目に優しいディスプレイへと生まれ変わりました。

動画再生やゲームプレイといったハードな使い方で、スマホを長時間利用する方にはベストバイな1台です。

次のページも引き続き、Galaxy S10+の魅力についてご紹介します。

1 2