読了時間:約 2

NTTドコモは、2019年夏モデルとしてサムスン電子製のフラッグシップ機「Galaxy S10 SC-03L」と、その上位モデルにあたる「Galaxy S10+ SC-04L」を発売しました。

大画面の有機ELディスプレイや最新のCPU、ディスプレイ内指紋センサーなど、サムスン電子の技術が詰まった夏モデル最注目な機種です。

本記事では、そんな「Galaxy S10 SC-03L」のスペックや発売時期、注目ポイントなど最新情報をまとめましたので、ハイエンドモデルへの機種変更を検討中の方はぜひチェックしてみてください。

2019年夏モデル総まとめ|おすすめ機種と買い控えた方がいい機種

トップ画像引用元:Galaxy S10 SC-03L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Galaxy S10のスペック・発売時期・価格は?


元々ハイスペックなスマホを求めるユーザーの支持を集めていたGalaxyシリーズ。

10周年の集大成ともいえる「Galaxy S10」はその完成度の高さで夏モデル最注目機種と目されています。

本体価格は「Galaxy S10 SC-03L」が89,424円、「Galaxy S10+ SC-04L」が101,088円で、両機種ともに2019年6月1日より発売されました。

まずは両機種のスペックをチェックしておきましょう。

Galaxy S10 / S10+のスペック


画像引用元:Galaxy S10 SC-03L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

Galaxy S10 Galaxy S10+
サイズ(高さ×幅×厚さ) 約 150 × 70 × 7.8 mm 約 158 × 74 × 7.8 mm
重さ 約158g 約175g
ディスプレイ 約6.1インチ Dynamic AMOLED(有機EL) 約6.4インチ Dynamic AMOLED(有機EL)
解像度 QuadHD+(3,040 × 1,440)
OS Android 9.0
CPU Snapdragon855 オクタコア
メモリ(RAM) 8GB
ストレージ(ROM) 128GB
外部メモリ microSDXC(最大512GB)
バッテリー 約3,300mAh 約4,000mAh
電池持ち時間 約122時間 約142時間
アウトカメラ 約1,200万画素 F値2.4(望遠)
約1,200万画素 F値1.5/2.4(広角)
約1,600万画素 F値2.2(超広角)
インカメラ 約1,000万画素 F値1.9 約1,000万画素 F値1.9
約800万画素深度カメラ F値2.2
生体認証 指紋認証 / 顔認証
おサイフケータイ
ワイヤレス充電(Qi)
防水・防塵 IPX5/IPX8、IP6X
接続端子 USB Type-C / イヤホンジャック
カラー プリズムホワイト、プリズムブラック、プリズムブルー プリズムホワイト、プリズムブラック

現行最高スペックのCPU・Snapdragon 855に加え、メモリ8GB、ストレージ128GBを搭載したハイエンドモデルらしい構成。

ディスプレイには、液晶ディスプレイよりも表現力に優れた有機ELディスプレイを採用しています。

Galaxy S10とGalaxy S10+でほぼ共通したスペックが備わっていますが、画面の大きさはS10の約6.1インチに対し、S10+は約6.4インチ。

S10+の方はiPhoneでいうところのPlus/Maxシリーズのような大画面モデルにあたります。

先行して海外版が発売されていましたが、日本で販売するにあたっておサイフケータイやワンセグ/フルセグにも対応しています。

Galaxy S10の魅力は?


画像引用元:Galaxy S10 SC-03L | スマートフォン | 製品 | NTTドコモ

ここからは、Galaxy S10の具体的な魅力についてみていきましょう。

新たに生まれ変わった「Dynamic AMOLED」ディスプレイ


画像引用元:パフォーマンス | Galaxy S10 and S10+ | スマートフォン – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

有機ELディスプレイは、従来の液晶ディスプレイよりも色の再現性が高く、より鮮やかで美しい画質を実現できるため、iPhone XSをはじめとするハイエンドスマホに採用されているディスプレイ。

Galaxy Sシリーズも、早くから高品質な有機ELディスプレイを採用しており、ディスプレイの美しさには定評があります。

最新のGalaxy S10ももちろん有機ELディスプレイを採用していますが、従来の「Super AMOLED」から、新たな「Dynamic AMOLED」へと進化を遂げました。

新ディスプレイでは、最新のHDR10+コンテンツに対応し、より高精細な画質を実現。さらにブルーライトは従来機より42%削減されています。

2019年夏発売「Galaxy S10」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

ノッチ型のインカメラと画面内センサーで大画面を実現

Galaxy S10では、インカメラを画面右上のパンチホールに配し、指紋センサーをディスプレイに内蔵した超音波センサーにすることで、ベゼル(額縁)が限りなく狭い大画面ディスプレイを実現。

生まれ変わった「Dynamic AMOLED」の美しい画質を、より没入感高く楽しむことができます。

インカメラは画面上部のノッチ(切り欠き)に配置する機種が多い中、画面右上のパンチホールはなかなか新鮮な印象を受けます。

一方で、インカメラの領域を狭めたことで、従来機に搭載されていた虹彩認証が非搭載になり、生体認証は顔認証と指紋認証の2種類になりました。

画面を占める割合的にはあまり変わらないので、どちらが邪魔にならないかは、好みの問題になりそうです。

次のページも引き続き、Galaxy S10の魅力をご紹介します。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2