読了時間:約 2

ドコモは2018年12月1日より、新「ドコモの学割」の受付をスタート。

対象となるのは25歳以下のユーザーとその家族で、最大13か月間の1,500円割引と3,500円相当のdポイント進呈の2つの特典を提供します。

昨年より約1カ月早い実施となった「ドコモの学割」

本記事では、対象となる契約適用条件などの詳しい内容、そして学割に申し込む手順と注意点を紹介します。

子どもにスマホを持たせる予定のある方や、家族でドコモと契約してお得に運用したい方はひと通りチェックしてみてください。

ドコモの学割|2019年のキャンペーン内容と料金を解説

新「ドコモの学割」の内容は?


画像引用元:ドコモの学割 | 料金・割引 | NTTドコモ

新「ドコモの学割」の受付期間は2018年12月1日~2019年5月31日まで。期間内に条件を満たすと以下の2つの特典が受けられます。

  • 特典1:最大13か月間、毎月の基本使用料から1,500円割引
  • 特典2:2,500ポイントのdポイント(期間・用途限定)の付与
    ※早期契約(~2019年2月1日)で1,000ポイント上乗せ

特典1の1,500円割引については、学割対象者本人に適用され、特典2のdポイント進呈については、本人+同一シェアパック内の家族にも適用されます。

また、早期契約特典として2019年2月1日までに開通手続きが完了すれば、dポイントが1,000ポイント上乗せになります。

たとえば、父と母の2人でシェアパックを契約しているところに、2月1日までに新たに子ども1人を「ドコモの学割」適用で契約すると、1,500円割引×13ヵ月(19,500円分)に、3,500円のdポイント×3人分(10,500円分)で、総額30,000円分お得です。

ドコモの学割が適用されるデメリットはありませんので、学割対象者が家族にいる場合は積極的に利用しましょう。

対象となる契約は?


ドコモの学割の対象となるのは、新たなXi契約かつ「カケホーダイ&パケあえる」に加入する契約。少しわかりづらいですが、以下の4つの契約が対象となります。

  • 新規契約
  • 乗り換え
  • 契約変更(FOMA→Xi)
  • プラン変更(旧Xiプラン→新Xiプラン)

新たなXi契約なので、基本的に機種変更は対象契約に入っていません。他社からの乗り換えやガラケーからの乗り換え、旧プランからのプラン変更などが伴う場合は機種変更でも「ドコモの学割」が適用されます。

25歳以下のユーザーで、ガラケーを使っていたり、旧Xiプランを契約していたりするユーザーは限りなく少ないと思われますので、実質25歳以下のユーザーの新規契約と乗り換えが対象と言えるでしょう。

ただし、キッズケータイを利用している場合はFOMA契約ですので、キッズケータイからスマホへの機種変更では「ドコモの学割」の対象になります。

FOMAからXiへの契約変更の場合は、購入した機種を18ヵ月以上利用していることも条件となっていますので、注意しましょう。

適用される条件は?


ドコモの学割の適用条件としては、利用者年齢が25歳以下で、かつ「対象プラン+対象パケットパック+spモード」で契約することが条件になります。対象プラン・対象パケットパックは以下の通りです。

対象プラン カケホーダイプラン(スマホ/タブ)、カケホーダイライト(スマホ/タブ)、シンプルプラン(スマホ)
対象パケットパック ベーシックパック、ウルトラデータLパック、ウルトラデータLLパック、ベーシックシェアパック、ウルトラシェアパック30、ウルトラシェアパック50、ウルトラシェアパック100

spモードはスマホでネットを利用するなら必須の契約。対象プラン・対象パケットパックも現在契約できる料金プランをほぼカバーしていますので、あまり気にする必要はないでしょう。

dポイント進呈はシェアパックのみ対象

特典2のdポイント進呈についても、ほぼ同様の条件となっています。ですが、家族(シェアパック)向けの特典ですので、対象パケットパックが「ベーシックシェアパック」か「ウルトラシェアパック30/50/100」に限られる点で異なります。

条件を満たすと、対象の25歳以下のユーザーと、同一シェアグループ内のユーザーに2,500ポイントのdポイント(期間・用途限定)が受け取れます。

加えて、2019年2月1日までに開通が完了した場合は、早期契約特典として1,000ポイント上乗せされます。

ドコモのシェアパック|家族で最大限に得する使い方を教えます

「ドコモの学割」の注意点は?


「ドコモの学割」を利用する際には注意点がいくつかありますので、確認しておきましょう。

学生以外も利用できる

“学割”となっていますが、25歳以下であれば社会人も利用できます。

申し込み時点で25歳以下であれば継続して割引を受けられますので、もうすぐ26歳という方は誕生日が来る前に契約するとお得ですね。

機種変更は基本的に対象外


上述したように機種変更については「ドコモの学割」の対象外となります。

より詳しく言うならば、既にXi契約を結んでいるユーザーの機種変更には「ドコモの学割」が適用されません。

Xiはスマホ向けの契約全般を指すので、FOMA契約のガラケーユーザーや、旧プランで契約しているユーザーに限り、機種変更+契約変更でドコモの学割の対象となります。

ありそうなケースで言えば、キッズケータイ(FOMA契約)からスマホへの機種変更であれば学割の適用が可能です。

ただし、「ウェルカムスマホ割」の対象であればそちらが優先的に契約されますので、ガラケーからスマホへの機種変更で学割が適用されるケースは少ないでしょう。割引額としてはどちらが適用されても同額です。

「docomo with」「ウェルカムスマホ割」と併用不可

「ドコモの学割」は、docomo with」と「ウェルカムスマホ割」との併用はできません

条件を満たしている場合は、両割引の方が優先的に適用されるのであまり心配いりませんが、「ドコモの学割」よりも「docomo with」+「ウェルカムスマホ割」の方がお得になります。

「docomo with」は対象機種を購入すると、その機種を利用している間ずっと1,500円割引が受けられるサービスで、「ウェルカムスマホ割」はFOMAからXiへの契約変更(ガラケーからスマホへ機種変更)で最大13ヵ月の間1,500円が割引されるサービスです。

つまり、ガラケーからスマホへの機種変更で、「docomo with」対象機種を選ぶと最大3,000円の割引が受けられますので、「ドコモの学割」よりも割引額が大きくなります。

1 2