ドコモ dカード
読了時間:約 2

日本ではまだまだ利用していない人も多いスマホでの電子マネー決済。AndroidのおサイフケータイとiPhoneのApple Payのどちらも、年々サービスが充実するとともに対応できる店舗が増えています。

さらに、各キャリアが運営しているクレジットカードと組み合わせると、現金での支払いよりおトクに使える場面も多いです。

本記事では、ドコモユーザーなのにdカードを持っていない方向けに、「持たないと損する10の理由」と題してポイントを解説していきます。ぜひスマホでの支払いと組み合わせて、スピーディかつおトクに買い物しましょう。

dカードを持たないと損する10の理由


おサイフケータイやApple Payといったスマホでの支払いには、決済に利用するカードの登録が必須です。ドコモユーザーであれば、ドコモが運営するdカードを登録するとよりおトクにスマホで買い物ができます

クレジットカードの審査が通らなかった方、カードを持てない年齢の方には、チャージ式のdカードプリペイドという選択肢もあるので、ドコモユーザーならdカードを1枚は持っておきたいところです。

1.年会費実質無料で使える

ベーシックなdカードは、年会費が1,250円に設定されていますが、初年度は無条件に年会費無料で、2年目以降は1度でも支払いに使用すれば無料になるため、実質無料で運用できます。

加えて、dカードを持っていれば支払いに使用しなくても、ドコモの携帯とドコモ光の利用料金の1%(1,000円ごと10ポイント)がdポイントとして還元されるので、ドコモユーザーならまさに持っていないだけで損するカードです。まずは年会費無料の1年間だけでも試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、dアカウントを発行すればドコモユーザー以外も申し込めます。年会費実質無料のクレジットカードとしては、ポイント還元率なども優秀なので他キャリアの方も一考の余地があります。

dカードの基本情報

■dカード
入会できる年齢 満18歳以上
年会費(税抜き) 1,250円(初年度無料、2年目以降は1回でも使用すれば無料)
ポイント還元 1%ポイント還元
ドコモの支払い 1,000円につき10ポイント
国際ブランド Mastercard / Visa
電子マネー iD
Apple Pay
dカードケータイ補償 購入から1年/最大1万円
お買い物あんしん保険 年間100万まで
年間利用額特典 なし
国内/海外旅行保険 なし
家族カード 1枚目:無料 2枚目以降:400円

ブランドはMastercardとVISAから選択できます。iPhoneのApple Payでの使用を考えている方は、Suicaへのチャージにも対応したMasetercardがおすすめです。

具体的に入会できる条件については、

  • 個人名義であること(法人名義ではお申込みできません。)
  • 満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
  • ご本人名義の口座をお支払い口座として設定いただくこと
  • その他当社が定める条件を満たすこと

となっています。

2.iPhoneでもAndroidでもiD決済が使える


dカードはApple Payとおサイフケータイの両方に対応していますので、iPhoneとAndroidのどちらでも使用できます。決済方法は電子マネーのiD(アイディ)。ただし、iD決済を利用するには端末にFeliCaを搭載している必要があるので、iPhoneは7/7Plus以降、Androidは国内メーカのものが中心になります。

使用するには事前にdカードの登録が必要で、iPhoneは「Walletアプリ」か「dカードアプリ」から、Androidはカード発行会社に申し込み後、「iDアプリ」からで登録可能です。

また、dカード自体にもiD決済機能が搭載されていますので、使用する端末がFeliCa搭載機種でなくてもキャッシュレスな買い物を実現できます。

iDの使い方

iDで決済するのは非常に簡単です。

  1. 店員に「iD」で支払う旨を伝える
  2. (Apple Pay)Touch IDもしくはFace IDで認証する
  3. リーダーにスマートフォンをかざす

Apple Payを使用する場合は、生体認証の手順が入りますが、Touch ID(指紋認証)・Face ID(顔認証)いずれもスピーディで、現金やクレジットカードでの支払いよりもスムーズ。dカード自体でiD決済する場合も手順は同様です。

iD決済は「iDマーク」を掲示している全国のお店で使えます。現在84万台以上使える場所があり、年々対応店舗が増加中。iDが活躍する場面もますます増えています。iD決済が使えるお店は以下のページから確認してください。

iD | 使えるお店を探す

3.いつでも1%ポイント還元

dカードは支払いに使用すると1%(100円につき1ポイント)のdポイントが付与されます。年会費実質無料で使えるクレジットカードとして、1%は高還元率です。

貯まったdポイントは1ポイント=1円として、ドコモやdポイント加盟店での支払いに使用可能。加盟店はローソン、マクドナルド、イオンシネマなど幅広く、数も多いです。そのほかdポイント加盟店については公式ページから確認できます。

加盟店 | d POINT CLUB

4.ドコモユーザーなら月額利用料の1%ポイント還元

また、ドコモユーザーであればドコモケータイおよびドコモ光への支払い額の1%(1,000円につき10ポイント)のdポイントが付与されます。

このポイントは、支払いにdカードを使用しなくても適用されるのが特徴です。電話番号を登録してあれば、ドコモのケータイと自動で紐付けられ、カード1枚につき1回線に限り、ポイント還元の対象となります。

日頃の買い物などにdカードを使用しているのであれば、年会費無料の条件もクリアできますので、ドコモへの支払いには別のクレジットカードを使用すれば、使用したカードのポイントも重ねて獲得可能です。

5.ローソンでの買い物が実質5%おトク


画像引用元:https://info.d-card.jp/std/topics/la/la_off.html

dカードを使用してローソンで買い物をすると非常におトクです。通常の1%のポイント還元に加え、支払い時にdカードを提示すると1%上乗せ。さらに請求時に3%の割引を受けられるので、普通に買い物するよりも実質5%分おトクになります。

セブンイレブンが発行している「セブンカードプラス」や、ファミリーマートの「ファミマTカード」でも還元率は1.5%なことを考えると、dカードは圧倒的な高還元率です。

毎日コンビニを利用する方は、行くコンビニをローソンに変えて、dカードあるいはdカードを登録したスマホで支払うと、毎月バカにならないポイントが貯まります。ぜひ積極的に利用したいところです。

6.マツモトキヨシでポイント3倍


画像引用元:https://d-card.jp/st/index.html

ローソンに加え、マツモトキヨシでの買い物もdカードでの支払いがおトク。通常の1%のポイントに2%上乗せで合計3%のdポイントが付与されます。ポイント還元率だけ見ると、ローソンより1%もおトクです。さらに、1%のマツモトキヨシポイントも貯まるので、最大で4%のポイント還元率になります。

7.そのほかポイントがおトクな特約店多数

ローソンやマツモトキヨシのほかにも、支払いにdカードを利用すると高いポイント還元を受けられる「dカード特約店」が多数あります。

お店によってクレジットカードとしてのdカード払いと、電子マネーのiD決済のどちらかのみを対象としている場合がありますので、それぞれ使い分けましょう。主なdカード特約店と対象となる決済は以下の通りです。

特約店 最大ポイント還元率 対象となる決済
ローソン 5%(3%割引) dカード / iD
ノジマ 5%(3%割引) dカード
マツモトキヨシ 3% dカード / iD
ENEOS 2% dカード / iD
オリックスレンタカー 6% iD
JAL 2% dカード
dトラベル 2% dカード
JTB 3% dカード(専用ナビダイヤルから申し込み)
クラブメッド 9%(5%割引) dカード(バカンスダイヤルから申し込み)
高島屋 3% dカード
三越伊勢丹 2% dカード(新宿店、立川店、松戸店、浦和店、相模原店、府中店)
タワーレコード 3% iD
紀伊國屋書店 2% iD
AOKI 3% dカード
洋服の青山 2% iD
紳士服のコナカ 3% dカード / iD
紳士服のフタタ 3% dカード / iD
THE SUIT COMPANY 2% iD
第一園芸 3% dカード / iD( ゲートシティ大崎店、田園調布店、ホテル日航姫路店、ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル店、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ店、ANAクラウンプラザホテル金沢店、ホテル日航金沢店、帝国ホテルプラザ店、日本橋室町店)
リンベル 5% dカード
ドコモオンラインショップ 2% dカード
スターバックスカード 4% dカード
ドトールバリューカード 4% dカード(2,000円以上のチャージで5%以上のDVCポイント)
十徳グループ 4% iD
ビックエコー 3% iD
東京無線タクシー 2% dカード / iD
サカイ引越センター 4% dカード(段ボール最大50箱まで無料サービス/ガムテープ最大2つ無料サービス布団袋最大2つ無料サービス/訪問見積時お米プレゼント/ハンガーケース5箱レンタル)

これだけあれば日々の買い物の大部分をカバーできるのではないでしょうか。高還元率な特約店を活用して、dポイントを効率よく貯めましょう

普段の買い物は財布を出す必要もないスマホ決済が便利ですが、dカードの提示でポイントが還元されるお店もあります。そういうお店では、スマホをかざしてdカードを見せるのも手間ですので、dカードでiD決済も済ませるとスムーズです。同じiD払いでも、カードとスマホも場面によって使い分けましょう。

8.dポイントクラブのランクが上がる


dアカウントを持っている人はdポイントクラブに加入でき、ドコモ回線の継続利用年数と6ヵ月のdポイント獲得数に応じて「1st、2nd、3rd、4th、プラチナ」の5つのステージに分けられます。ステージ決定には、より上位の基準を満たしている方が適用されます。

各ステージの判定基準は以下の通りです。

dポイントクラブのステージ
プラチナ 継続利用年数15年以上 / dポイント獲得数10,000pt以上
4th 継続利用年数10年以上 / dポイント獲得数3,000pt以上
3rd 継続利用年数8年以上 / dポイント獲得数1,800pt以上
2nd 継続利用年数4年以上 / dポイント獲得数600pt以上
1st 継続利用年数4年未満 / dポイント獲得数600pt未満

ステージが上がれば上がるほど特典が充実していきます。たとえば、ドコモユーザーの方であれば、毎月料金割引かdポイント進呈を選べる「ずっとドコモ割プラス」でステージに応じて割引を受けられます。

ドコモを個人で契約しているプラチナステージのユーザーの場合、プランに応じて200円~800円の割引か、240pt~960ptのdポイント進呈のどちらか選択可能です。

ただし、1%のポイント還元で考えると、6ヵ月で10,000pt貯めるには100万円の買い物が必要ですので、特約店等を利用してもプラチナはなかなか難しいかもしれません。

9.プリペイドカードがある

クレジットカードの審査に不安がある方や、18歳未満の方には、チャージ式のdカード プリペイドがおすすめです。中学生以上かつ12歳以上で、dアカウントを持っていれば誰でも発行できます。

買い物時のポイント還元率が0.5%(200円につき1ポイント)、カード残高上限が30万円、おサイフケータイに非対応と、dカードと異なる部分もありますが、カードを使ったiD決済、Apple Pay、Mastercard加盟店では使用でき、特約店のポイント上乗せも適用されるので、使用感はdカードとあまり変わりません

審査不要で発行でき、残高が管理しやすいなどプリペイドカードならではのメリットもありますので、自分の使い方に適した方を選択してください。

10.dカード GOLD(ゴールド)でさらにおトクな特典

■dカード GOLD(ゴールド)
入会できる年齢 満20歳以上
年会費(税抜き) 10,000円
ポイント還元 1%ポイント還元
ドコモの支払い 1,000円につき100ポイント
国際ブランド Mastercard / Visa
電子マネー iD
Apple Pay
年間利用額特典 100万円以上で10,800円相当、200万円以上で21,600円相当のクーポン
dカードケータイ補償 購入から3年/最大10万円
お買い物あんしん保険 年間300万まで
国内/海外旅行保険 最大5,000万/1億円
家族カード 1枚目:無料 2枚目以降:1,000円

ドコモユーザーの方であれば、特典が充実したdカード GOLD(ゴールド)もおすすめ。ベーシックなdカードと異なるのは年会費ドコモの支払いのポイント還元率です。

dカード GOLD(ゴールド)は、年会費が10,000円かかりますが、ドコモへの支払いの還元率が10%ですので、「ドコモケータイ+ドコモ光」の支払いが毎月9,000円以上の方は「9,000円×10%×12カ月=10,800円」と、年会費分の元を取れます

年間利用額特典のクーポンや、旅行に行く際の保険、空港のラウンジの利用が無料などが付帯していますので、年会費をペイしつつ、ゴールドカードならではの特典を受けることができます。

ただし、ドコモ支払いの10%ポイント還元は、dカードと同様にカード1枚につき1回線に限られますので、家族の支払いをdカード GOLD(ゴールド)にまとめても、1回線分しか還元されません。

家族カードでさらにおトク

家族にドコモユーザーがいる方は、家族カードを発行するとさらにおトクです。家族カードは、利用額特典こそないものの、ドコモへの支払い10%分のポイント還元が受けられます。1枚目の発行は年会費が無料ですので、家族カードの10%ポイント還元分は丸々得することができます。

ドコモユーザーならdカードを1枚は持っておこう


dカードやスマホを使ったiD決済は、現金やクレジットカード払いよりスピーディで、ポイント還元率も高く、現状メリットしかありません

dカードはクレジットカードに限らず、審査不要のプリペイドカードもありますので、ドコモユーザーなら1枚は持っておきましょう。カード自体でもiD決済ができますので、スマホがFeliCa搭載端末でなくても、電子マネーが使えるのも便利です。

また、電子マネー決済を利用したことがない方も、「dカード+iD決済」で電子マネーデビューして、キャッシュレスでおトクな買い物を実現しましょう。

おサイフケータイ|docomo iDとdカード GOLDを使い倒してとことん得する方法

トップ画像引用元:https://d-card.jp/st/

Pocket