ドコモAQUOS sense3 SH-02M
キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

最近のドコモはミドルレンジスマホに力を入れているため、2019年発売の最新スマホの中にも安い人気機種が揃っています。

高スペックを求めていない人にとっては最新なのに購入しやすい価格のミドルレンジスマホは特におすすめ。

最新機種から人気の値下げ機種までを一覧にして安いプランと共にご紹介します。

画像引用元:AQUOS sense3 SH-02M

2020年 ドコモの機種変更を100%得する方法まとめ|おすすめ機種ご紹介

ドコモの安くて人気の5万円以下スマホを一覧でご紹介

ドコモは最新でも安い人気機種が勢ぞろい!安いスマホはどれ?
画像引用元:ドコモオンラインショップ ホーム | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ

2019年10月の改正電気通信事業者法の施行に伴い、ニーズはこれまでのハイエンドスマホから手に取りやすいミドルレンジスマホ主流へと変わってきています。

ドコモでもスマホの値引きは2万円までという条件に従い、2019年の最新機種では手に取りやすい価格帯のスマホがたくさん発売されました。

ハイエンドスマホに比べると性能が劣るのは仕方ありませんが、現在のスマホの機能をみんなが十分に使いこなしているかと言えば、実際にはそうではないでしょう。

そこまでの性能をスマホに求めないユーザーにとっては、高額なハイエンドスマホは月々の支払額が高くなるだけであまりメリットは無いのです。

スマホの分割支払金が少なくなれば、単純に月額料金が下がり支払いの負担も軽くなります。

今回はドコモオンラインショップで販売されている機種の中から、支払いの負担になりにくい5万円までの人気機種を一覧でチェックしてみましょう。

機種名発売日価格
AQUOS sense32019年11月1日総額31,680円
月額880円 x 36回
Google Pixel 3a2019年6月7日総額46,728円
月額1,298円×36回
iPhone 72016年9月総額43,560 円
月額1,210円×36回
Xperia Ace2019年6月1日総額49,896円
月額1,386円×36回
Galaxy A202019年11月1日総額21,384円
月額594円×36回
arrows Be32019年6月7日総額34,056円
月額946円×36回
LG style22019年7月12日総額38,016円
月額1,056円×36回

現在販売されている機種で、月々の分割支払金が1,000円以下に抑えられる機種が「Galaxy A20」「AQUOS sense3」「arrows Be3」と3機種もありました。

「AQUOS sense3」はバランスの良いコスパ最高の最新機種

AQUOS sense3
画像引用元:AQUOS sense3 SH-02M

国内のAndroidスマホの中でも最も人気のAQUOS senseシリーズの最新機種「AQUOS sense3」(2019年11月1日発売)。

4000mAhの大容量バッテリーと約5.5インチフルHD+(1080×2160ドット)IGZO液晶を搭載し、驚きの約1週間の電池持ちを謳っています。

AQUOS senseシリーズ初となるデュアルカメラ搭載で、カメラ性能もアップ。

AQUOS sense3 スペック
サイズ約147(H) × 約70(W) × 約8.9(D)mm
ディスプレイ約5.5インチ Full HD+/IGZO TFT
カメラアウトカメラ:
約1200万画素/約1200万画素
インカメラ:
約800万画素
通信速度受信時最大:350Mbps
送信時最大:75Mbps
PREMIUM 4G ®
バッテリー容量4000mAh
内蔵メモリRAM 4GB/ROM 64GB
その他・重量 約167g
・防水 防塵 IPX5/8 IP6X
・おサイフケータイ
・生体認証 指紋、顔
・ハイレゾ
公式ショップ>「AQUOS sense3」を見る

ドコモ AQUOS sense3の評価レビュー|買う理由と買わない理由

「Google Pixel 3a」はSnapdragon 670

Google Pixel 3a
画像引用元:Google Pixel 3a

Google Pixel 3より価格とスペックを抑えた機種で、Snapdragon 670RAM4GBを搭載し、普段使いであればまったく問題ないスペックです。

防水性能はIP52と弱めですが、Googleアシスタントを起動する「Active Edge」やFeliCaポート、高性能カメラで総額46,728円ならお得でしょう。

Google Pixel 3a スペック
サイズ151.3 mm x 70.1 mm x 8.2 mm
ディスプレイフルスクリーン 5.6 インチ
OLED
FHD+(2,220 x 1,080)
カメラアウトカメラ:
1220万画素
インカメラ:
800万画素
通信速度受信時最大:500 Mbps
送信時最大:75 Mbps
PREMIUM 4G ®
バッテリー容量3000 mAh
内蔵メモリ4 GB LPDDR4x RAM
64 GB
その他・重量  147 g
・防水 防塵 IPX2、IP5X 
・生体認証 指紋
・Felica搭載
公式ショップ>「Google Pixel 3a」を見る

2019年夏発売「Google Pixel 3a / 3a XL」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

「iPhone 7」は安心して長く使える

iPhone 7
画像引用元:iPhone 7 32GB

「iPhone 7」は最新機種ではないものの、4.7インチとコンパクトで手に馴染みやすく現在でも人気の機種です。

iPhoneの良いところは、もともとハイスペックでサポートが終了するまでは最新のiOSを安心して長く使えるという点でしょう。

iPhone 7 スペック
サイズ138.3(H) × 67.1(W) × 7.1(D)mm
ディスプレイ4.7インチ Retina HDディスプレイ
カメラアウトカメラ:
1200万画素
インカメラ:
700万画素
バッテリー容量1,960mAh
内蔵メモリRAM 2GB/ROM 64GB
その他・重量 138g
・防水 防塵 IP67等級
・FeliCa
・指紋認証(Touch ID)
・ハイレゾ
公式ショップ>「iPhone 7」を見る

ドコモ iPhone 7の評価レビュー|型落ちのメリット・デメリット

「Xperia Ace」はドコモでしか買えない機種

Xperia Ace
画像引用元:Xperia Ace SO-02L

「Xperia Ace」は約5.0型フルHD+ディスプレイの手に馴染みやすいサイズ感が特徴で、キャリアではドコモのみが販売している機種となります。

約120度の超広角インカメラや 防水IPX5/8、防塵IP6X、おサイフケータイにも対応。

Xperia Ace スペック
サイズ約140(H) × 約67(W) × 約9.3(D) mm
ディスプレイ約5.0インチFull HD+
トリルミナス®
ディスプレイ for mobile TFT
カメラアウトカメラ:
約1200万画素
インカメラ:
約800万画素
通信速度受信時最大 500Mbps
送信時最大 75Mbps
PREMIUM 4G ®
バッテリー容量2700mAh
内蔵メモリRAM 4GB
ROM 64GB
その他・重量 約154g
・防水 防塵 IPX5/8、IP6X
・おサイフケータイ
・生体認証 指紋
・ハイレゾ
公式ショップ>「Xperia Ace」を見る

ドコモ「Xperia Ace」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

「Galaxy A20」は分割だと月594円の最安スマホ

Galaxy A20
画像引用元:Galaxy A20 SC-02M

「Galaxy A20」のドコモオンラインショップでの販売価格は21,384円。この価格なら一括払いも難しくありませんが、36回払いにするとなんと月額594円で購入可能です。

おサイフケータイや防水・防塵機能(IPX5/8 IP6X)もついていますが、かなりスペックは低めなので使い勝手が良いとはいえません。

Galaxy A20 スペック
サイズ約150(H) × 約71(W) × 約8.1(D)mm
ディスプレイ約5.8インチ HD+/TFT
カメラアウトカメラ:
約800万画素
インカメラ:
約500万画素
通信速度受信時最:262.5Mbps
送信時最大:50Mbps
PREMIUM 4G ®
バッテリー容量3000mAh
内蔵メモリRAM 3GB/ROM 32GB
その他・重量 約151g
・防水 防塵 IPX5/8 IP6X
・おサイフケータイ
・生体認証 顔
公式ショップ>「Galaxy A20」を見る

ドコモ Galaxy A20の評価レビュー|買う理由と買わない理由

「arrows Be3」は頑丈で画面割れしにくい

arrows Be3
画像引用元:arrows Be3 F-02L

「arrows Be3」は2019年6月7日に発売された富士通の日本製スマホです。

arrowsはもともと頑丈で洗えるスマホとして有名ですが、「arrows Be3」はarrows初のアスペクト比18:9の有機ELディスプレイが特徴です。

年配の方にも嬉しいかんたん機能はケータイからスマホへの乗り換えをしたばかりの方にもおすすめ

arrows Be3 スペック
サイズ約147(H) × 約70(W) × 約8.9(D) mm
ディスプレイ約5.6インチFull HD+/有機EL
カメラアウトカメラ:
約1220万画素
インカメラ:
約810万画素
通信速度受信時最大 150Mbps
送信時最大 50Mbps
バッテリー容量2780mAh
内蔵メモリRAM 3GB ROM 32GB
その他・重量  約145g
・防水 IPX5/8 防塵
IP6X
・おサイフケータイ
・ワンセグ
・生体認証 指紋
・ハイレゾ
公式ショップ>「arrows Be3」を見る

ドコモ「arrows Be3」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

「LG style2」は大容量バッテリー

LG style2
画像引用元:LG style2 L-01L

2019年7月12日に発売された「LG style2」は、3900mAhの大容量バッテリー6インチの大画面が特徴のスマホですが、約182gとちょっと重め

でも、デュアルカメラにおサイフケータイ、防水・防塵機能もついてコストパフォーマンスの良い機種といえるでしょう。

LG style2 スペック
サイズ約158(H) × 約76(W) × 約8.5(D) mm
ディスプレイ約6.0インチFull HD+/TFT
カメラアウトカメラ:
約1620万画素
約1310万画素
インカメラ:
約810万画素
通信速度受信時最大 262.5Mbps
送信時最大 50Mbps
PREMIUM 4G ®
バッテリー容量3900mAh
内蔵メモリRAM 4GB ROM 64GB
その他・重量 約182g
・ 防水 IPX5/8 防塵 IP6X
・おサイフケータイ
・ワンセグ
・生体認証 指紋
・ハイレゾ
公式ショップ>「LG style2」を見る

ドコモ「LG style2」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

安いスマホを購入時に利用できるドコモの割引サービスは?

スマホおかえしプログラム
画像引用元:スマホおかえしプログラム | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

ドコモでは現在スマホを購入する際には利用できる割引サービスがいくつか存在します。

その中でよく利用されるのは「スマホおかえしプログラム」ですが、この「スマホおかえしプログラム」は価格の安いスマホでは対象外となり利用することができません。

そのためほとんどの場合は安いスマホを割引サービス無しで購入するか、少し高くても「スマホおかえしプログラム」対象のスマホを購入するかの2パターンになるでしょう。

安いスマホを買うか?「スマホおかえしプログラム」でお得に買うか?は考え方次第

iPhone 11
画像引用元:iPhone 11 | iPhone | NTTドコモ

「スマホおかえしプログラム」の対象機種は販売価格のみを見ると高いと感じるかもしれませんが、プログラム適用後の価格を見るとそこまで高くないことに気付きます。

逆に考えると、プログラムを利用すれば安いスマホを購入する金額に少し付け足すだけで、ハイスペック機種を手に入れられるという事です。

月額支払いを500円程度アップさせるだけでハイスペックの人気機種を利用できるので、長く使いたい人やある程度のスペックが必要な使い方をする人にはおすすめです。

特に「iPhone XR」は2018年発売ですが、2019年の最新iPhoneの発売に伴って価格改定された値下げ機種です。

そのため高スペックなのに「スマホおかえしプログラム」を最大限に利用するとほぼ5万円という価格で購入することができます。

機種名価格スマホおかえしプログラム
適用時
iPhone XR
(64GB)
75,240円
月額2,090円×36回
(のうち24回分支払うと50,160円)
ほぼ5万円!
iPhone 11
(64GB)
87,120円月額2,420円×36回
(のうち24回分支払うと58,080円)
iPhone XRと月330円差!
Xperia 587,912円月額2,442円×36回
(のうち24回分支払うと58,608円)

その他の購入時に利用できる割引サービス

はじめてスマホ購入サポート
画像引用元:はじめてスマホ購入サポート | キャンペーン・特典 | NTTドコモ

他にもドコモオンラインショップではスマホを購入する時に利用できる割引サービスとして「端末購入割引」「25歳以下限定割引」「はじめてスマホ購入サポート」が存在します。

もし適用条件があえば、それらのサービスを利用すると更にお得に購入することができます。

しかし、2019年11月1日からはドコモオンラインショップのみ、それぞれの適用方法が割引からdポイント還元へと変更になりました。

還元されたdポイントは期間・用途限定のポイントになるので、使うのを忘れて消滅させないように注意しましょう。

 はじめてスマホ購入サポート端末購入割引25歳以下限定割引
条件契約変更(FOMA→Xi)
または
他社3G回線からXiへののりかえ(MNP)
他社(3G回線以外)からXiへののりかえ(MNP)利用者が25歳以下の
契約変更(FOMA→Xi)
割引額最大20,000円(税抜)
※機種によって違う
最大20,000円(税抜)
※機種によって違う
15,000円(税抜)
ドコモオンラインショップの場合購入の翌々月に割引金額相当のdポイント(期間・用途限定)付与
期間2019年11月22日(金曜)~2019年11月1日(金曜)~2019年11月22日(金曜)~

ドコモの一番安いプランは「ギガライト(~1GB)」

安いスマホ一覧をチェックしたら、次は現在契約可能なドコモの安いプランを確認してみましょう。

ドコモで一番安いスマホとプランを契約した場合は、月々の支払いはどのくらいになるのでしょうか?

現在契約できるドコモのプランは「ギガホ」と「ギガライト」のみ

現在契約できるドコモのプランは「ギガホ」と「ギガライト」のみ
画像引用元:ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ

現在契約できるドコモの料金プランはネット使い放題の「ギガホ」と使った分だけの「ギラライト」の2つです。

料金プランギガホ(定額)ギガライト(従量制)
データ通信量30GB1GB~7GB
定期契約2年契約定期契約なし
(170円アップ)
2年契約定期契約なし
(170円アップ)
料金6,980円7,150円2,980円~5,980円3,150円~6,150円
解約料1,000円なし1,000円なし

もしドコモで一番安いプランを契約したいなら、従量制のギガライトで1GBまでに抑えれば2,980円(定期契約なしの場合は3,150円)となります。

ドコモの一番安いスマホ「Galaxy A20」と一番安いプラン「ギガライト(~1GB)」なら月額料金は2,574円

ドコモの安いスマホと安いプランで月額料金はいくらになる?
画像引用元:これからは、シンプル2択。ギガホ、ギガライト | 料金・割引 | NTTドコモ

もしドコモで一番安いスマホの「Galaxy A20」を分割で購入し、一番安いプランの「ギガライト(~1GB)」を利用した場合、月々の支払額はどうなるでしょうか。

「みんなドコモ割(3回線以上)」「dカードお支払割」を適用できれば、通常なら月額1,980円がドコモでの最安プランとなります。

ただ、今の時期はドコモの学割が利用できれば1年間は更に1,000円割引の月額980円で利用可能です。

そこへ分割支払金の594円を加えると月額2,574円となり、格安スマホ並みの金額で利用することが可能です。

一番安い
「ギガライト~1GB)」の場合
通常ドコモの学割を使える場合
プラン月額料金
(定期契約なし)
3,150円3,150円
dカードお支払割-170円-170円
みんなドコモ割
(3回線以上)
-1,000円-1,000円
ドコモ光セット割
※ギガライト(~1GB)には
適用不可のため
ドコモの学割
※最大12ヶ月-1,000円
-1,000円
分割支払金
(Galaxy A20)
594円×36回の場合
594円594円
合計月2,574円月1,574円
公式ショップ>「Galaxy A20」を見る
ドコモの安いスマホと安いプランはこれ!
  • ドコモで一番安いスマホは「Galaxy A20」月額594円
  • ドコモで一番安いプランは「ギガライト(~1GB)」月額1,980円
  • 「Galaxy A20」と「ギガライト(~1GB)」で月々の支払額2,574円
ドコモのミドルスペックスマホおすすめランキング|お得な機種変更方法

ドコモなら安いスマホと安いプランで格安スマホ並みの料金になる

ドコモには最新機種から人気の値下げ機種まで、安いスマホが豊富に揃っています。

安いスマホと安いプランを上手に利用して、ドコモで格安スマホ並みの料金を実現しましょう。