NTT-docomo-logo
Pocket

読了時間:約 2

ドコモは高い。そんな既成概念が出来上がってますが、ドコモも競争社会で生き抜く携帯会社の一角です。

他社と比べて高すぎるならユーザは減り続けているはずですが、現実はそんな事ありません。

例えばMNP。機種代金0円表記で未だに総務省から注意が入るほどの過激なキャンペーンが多く、値引き額では一部ソフトバンクより安いことも少なくありません。

ここではドコモで機種変更するといかに安くなるかについて解説します。

どのキャリアでも乗り換えタイミングが重要


ドコモに限らずMNPも機種変更も乗り換えの絶好の時期を逃すと失敗します。

料金は間違いなく高くなり違約金が発生します。まずは、契約が切れる時期を確認しましょう。

契約はほとんどが2年縛り|つまり24ヶ月経過後

多くの場合、契約は24ヶ月(2年間)になっていると思います。この契約タイミングを逃すと多くの場合、デメリットしかありません。

例えば、2年縛りが解除される前にMNP(Mobile Number Portavility)してしまうと、違約金(解約金)の発生、残ったスマホの割賦金の支払い、割賦金の割引解除などなど、ペナルティ金額も多く、多少安いキャリアや高額キャッシュバックを受けても、損してしまう場合が多いのです。

こうした余計な出費を避けるためにも24ヶ月経過後、2ヶ月以内に移動しましょう。

2ヶ月すぎると再契約、自動更新が発生するため、再び解約金が発生します。

「2年定期契約」の場合、料金プランの変更、契約変更または解約のお申し出がない場合、自動更新となります。更新後の解約は9,500円。

更新後の解約手数料がかからないのは、解約契約満了月の翌月および翌々月のみです。

ドコモの機種変更は学割シーズンが最高にお得

学校の教室
学生ではない人でもドコモの学割シーズンが最高にお得です。もちろん学割対象であれば、ドコモの学割がお得です。

ドコモの学割が適用されるのは加入時25歳まで。2年契約だと実質27歳まではお得なか料金で加入可能となります。

このシーズン学割対象外でもキャンペーンが多い

まず、最初のポイントは学割シーズンに2017年冬・2018年春発売予定とされていた新機種が出揃うことです。

各機種ごとにお得な機種料金割引価格が設定されるので、この時期に買ったほうがキャンペーンプレゼントや、抽選型のポイント還元、プレゼント、割引額増加など、さまざまなお得ポイントがもらえます。

2018年春に行われたキャンペーン

機種ごとの割引キャンペーン

各新機種に割引額が設定されます。概ね50%の割引となり、端末を実売価格の半分で得られます。これは学割に限らず適用される金額です。

例えばXperia XZ1 SO-01Kは、 86,184円が−55,080円値引きされ、実質負担金31,104円まで安くなるのです。
さらに下取り機種があれば、実質負担金0円となるケースもあり端末の負担額は気にしなくて良いレベルに。

Xperia XZs SO-03Jは高評価の人気機種が0円〜2万円台になるのですからかなりお得です

学割シーズン本商戦の2月〜下取りプログラム金額見直し

下取りプログラムの金額見直しが入るのもこの時期です。

必ず下取り額が高くなるという保証はないですが、少なくても他社の金額より安かった・高かった修正は入りますので、ソフトバンクやauより条件が悪くなることはほぼありません。

例えばauで買ったiPhone6Sの場合、ドコモの下取り金額は17,496円、ドコモで買ったiPhone6Sがauでは17,280円など、微妙ではありますがきっちり差をつけています。

逆に下取りが安い場合もあるので要注意ではあります。

例えばauで買ったiPhone7の場合、ドコモの下取り金額は31,000円、ドコモで買ったiPhone7がauでは35,640円など、違いがあります。

MNPを意識した価格設定なのかもしれません。

家族まとめて割のシェア加入でポイント還元

2名以上の機種変更が条件となりますが1名あたり5,184円の還元があります。家族の機種変更のタイミングが合っているなら、同時期に乗り換えたほうがお得です。

仮にタイミングが合っていないなら、ドコモに限らず、どのキャリアでも家族の乗り換えタイミングを合わせておいたほうが後々お得になります

ポイントバックの特別枠|抽選でもらえる高額ポイント

毎年行っておりますが、今年は「50人に1人10,000ポイント」となっています。

5,400円以上の対象機種(iPhone、iPad、ドコモ スマートフォン、ドコモ タブレット、ドコモ ケータイ、ドコモ らくらくホン、ドコモ キッズ・ジュニア、データ通信製品)なので、ほぼすべての機種が対象となります。対象にならないのは「Apple Watch、ドコッチ、docomo select・オプション品、App Store & iTunesギフトカード、Apple Musicギフトカード」となります。

こちらも2月1日から。自動応募・自動抽選なので、この期間に購入するだけです。

新機種限定キャンペーン

2018年2月現在行っているキャンペーンだけでも「Xperia購入者限定 moraポイントクーポンプレゼント」「V30+を購入するとその場でGoogle Daydream View(VRゴーグル)がもらえる!」例えば「ドコモ 子育て応援プログラム(2018年2月15日〜)」「docomo AQUOS senseを購入すると家電が抽選でもらえる」「DM-01Kをご購入いただいた方限定!ドコモオリジナルデザインのタンブラー(限定非売品)」「M Z-01K購入で1,250名にdポイントプレゼント!」などなど新機種キャンペーンが豊富にあります。

dカードでdポイント購入還元

まずdカードがあれば端末料金の2%がポイント還元されます。dカードGOLDならさらに毎月10%還元されます。

dカードGOLDにしてしまうと年会費10,000円がかかりますが、10%還元効果で、ドコモユーザは実質負担がかなり少なくなります。

例えば家族のドコモ利用料が月10,000円の場合、10%還元で12,000ポイントバックされるので、2,000円分お得になります。

dカードGOLDのdポイント還元の損益分岐殿は、ドコモの利用料金が9,000円/月を超えているか、いないかになります。

9,000円超えているならdカードGOLD支払いがお得です。

dカード入会特典

dカードがない場合、dカードやdカードGOLDへこの機会に加入するのもお得です。

この時期にはカード登録特典が設定されます。dカードGOLDなら10,000円分、dカードなら5000円分。

特にdカードGOLDは上記に挙げたように月10%還元されますので、ドコモの利用料金が初年度は無条件で10%還元されます。これは相当お得です。

ドコモはドコモオンラインショップとの相乗効果がすごい


ドコモの場合、量販店や店舗(ドコモショップ)よりドコモオンラインショップのほうがはるかにお得です。

その理由を説明しいていきましょう。

ドコモオンラインショップだけが公式店舗

ドコモ直営店はドコモオンラインショップだけです。

店舗(ドコモショップ)は運営を委託しているだけなので、当然様々な経費が料金に反映されてしまいます。

「ドコモは高い」のイメージも一部はこの店舗運営の経費が上乗せされているからと言われています

ドコモオンラインショップで当選確率があがる

例えば「ドコモ 子育て応援プログラム(2018年2月15日〜)」加入者なら豪華賞品が3,000名に当たるキャンペーンをしていますが、ドコモオンラインショップで購入すると当選確率が10倍になります!?

豪華賞品(ダイソンクリーナやパナソニックの美容グッズなど)が当たるので、おまけとしては大きなプレゼント。

当たらなくても損があるわけではないので、時期を合わせるだけです。簡単ですね。

ドコモオンラインショップは諸経費がかからない

ドコモオンラインショップは頭金/事務手数料がかかりません。

なんで?って思われる方も多いと思いますが、実際、これらの経費は店舗側が設定したものでドコモの公式料金とは異なるからです。

ドコモでお得な機種変更方法

ドコモの機種変更でオススメの方法

  1. ドコモオンラインショップで契約する

    なんといっても最初にやりたいのがドコモオンラインショップでの契約です。ドコモオンラインショップでの契約に切り替えるだけで、機種変更の頭金と事務手数料が無くなります。1万円も得できるわけです。

  2. 月々サポートを利用する

    2年縛りとなりますが、それは全てのキャリアに言えることなので、問題は少ないと思います。月々サポートを利用するすることで、iPhone 最新機種(iPhone XやiPhone 8)で最大半額、Android 人気機種では最大70%割引となります。

  3. ドコモの学割を利用する

    ドコモの学割期間中の値引きキャンペーンは毎回強烈です。しかしながら期間限定なので3位としました。年齢制限もありますが、25歳までなら、学割適用受けないと損。SP+5分のかけ放題で月額280円(+端末代金|月々サポート)なので、1,000円代でもスマホが持てます。

    このように、文句無しで月額費用を格安スマホ以下に抑えることができる上に回線はドコモ!残念なのは期間限定・年齢限定なので誰でも受けられるキャンペーンではないことです。

  4. ドコモの家族割りを利用する

    特に4人家族なら絶対お得なのがドコモの家族割りです。試算すると、ソフトバンクやauより安くなります。といっても、1人最大でも1,000円程度ではありますが。家族で他キャリア使っている人がいるなら、この機会に乗り換えてしまうことも検討してみましょう。

  5. dカードGOLDを使う

    dカードやdカードGOLDへこの機会に加入するのもお得です。dカードGOLDなら10,000円分、dカードなら5000円分。
    特にdカードGOLDは月10%ポイント還元されますの。最初から安い契約料金なのと同じ効果があるので、かなりオススメです。

  6. 下取りプログラムを利用する

    ドコモに限らず、各キャリアの下取りプログラムを利用するれば簡単に値引きが受けられます。
    特にiPhoneは相対的に高め設定で下取りをしてくれるので、市場の下取り料金と大きな差はありません。古い端末を残しておく必要がないなら利用しましょう。

    ドコモの下取りプログラムの条件や傷・画面割れの悪品はどうなるのか?についても詳しく紹介しています。ドコモオンラインショップで傷あり・画面割れスマホを下取りできる?

忘れてはいけない+で得する方法

  1. 電話でMNPについて問い合わせる

    いわゆる引き止めポイントやうろうろポイントと呼ばれる手法。ただし、オペーレータをしていた人が言うには絶対ではないそうです。
    MNPを検討していると解約可能月に言うと、解約防止のために特別なポイントを提示してくれる可能性があります。絶対ではないので本当に解約にならないように注意してください。

  2. 解約時期の特別引き当てポイントを確認する

    契約更新月に3000円〜10000円程度のスペシャルポイントが付与される場合があります。これも確実ではありませんが通知が来ますので、確認してみましょう。

  3. 貯まっているポイントを確認する

    忘れがちなのがポイントの消化です。貯まっていないか、使い忘れがないか確認しましょう。MNPと比較する時も、このポイントの存在を忘れずに。MNPキャッシュバック額よりもポイントが多かったりしたら損です。

  4. 長期利用特典

    ドコモの場合2年目では長期利用特典の恩恵はありません。差が出始めるのは4年目以降。その後は更新していくだけでお得なので、切り替え時期以後の割引率(ポイント還元率)も考慮に入れたほうがいいでしょう。

  5. 更新ありがとうポイント

    長期利用特典の一部なのですがドコモでは「更新ありがとうポイント」というのがあります。更新時に3,000ポイント還元されます。これも値引きの一部と言えるでしょう。

  6. 実質大幅値引きのスマホを選択する

    実質1000円以下で一括購入できるスマホが数台は新機種の中にあります。加えてそのスマホも端末キャンペーンの対象機種だったりするので、端末にこだわりないなら検討してみましょう。

ドコモで売れているランキング

表彰台

2018年春モデルの売れ筋スマホランキング

  1. Apple iPhone 8

    iPhone8

    価格 4.0
    人気度 4.5
    評価 4.5
    実質負担額:
    1,296円~
    分割:
    24回の場合
    iPhone Xで話題となりましたが、価格が高すぎたことが最大の原因で、定番のiPhone 8にしました。
    iPhone 6Sと比べると全てがサクサクで、しかも洗練されています。確かに驚くような機能はありませんが、ケースやアクセサリも考慮に入れるとサイズも形状も変わっていないiPhone 8一択かなと思います。
    容量も64GBで十分かと。
    管理人のレビュー

    売れ筋をウォッチしていると、iPHone 8の累計販売台数はiPhone Xを超えているようです。確かにiPhone Xは希少品にはなりそうですが、保つために必要な変化が大きすぎて抵抗ある人も多いのかも。

    関連記事:ドコモのiPhone8を最安で購入するためのキャンペーンと利用方法

  2. Apple iPhone X

    Apple iPhone X

    価格 3.0
    人気度 4.0
    評価 3.5
    実質負担額:
    2,835円~
    分割:
    24回の場合
    Apple iPhoneファンじゃないと買えない商品とも言えます。当初の入手しにくさや、評判、サプライヤーの準備不足など、ドタバタが影響しています。
    持ってみると、確かにすごいけど、ここまで必要ないかもと、賛否両論ありますが、私は滑らかで使いやすいところがいいと思います。顔認証は、あんまりこだわってません。
    管理人のレビュー

    カメラやジェスチャーの使いやすさ、有機ELの美しさは一級品。でも毎日使うスマホを宝石のように扱わなければいけないのは、ちょっと考えものですね。

  3. Xperia XZ Premium SO-04J

    NTT docomo Xperia(TM) XZ Premium SO-04J

    価格 3.5
    人気度 4.5
    評価 4.0
    実質負担額:
    1,647円~
    分割:
    24回の場合
    まず、カメラが綺麗。iPhoneを選ぶ人は、写真のきれいさで選ぶという人もいますが、Xperiaも引けをとらない綺麗な画像・ムービーを撮ることができます。海外旅行などでも、携帯だけで充分なほどです。
    画面も画像、動画、テレビ、を比較すると色が鮮やかで奥行きがあってとても画質がきれいで、明らかな違いがわかります。
    管理人のレビュー

    AndroidならXperiaは確実に定着しつつあります。iPhoneにこだわりなければ、大型サイズかつ、最高スペックのXperia XZ Premium SO-04Jがオススメ。
    画面もカメラも機能充実の文句無しハイエンドです。新色の赤が出たことによりさらに売れているようです。

  4. Xperia XZ1 SO-01K

    NTT docomo Xperia(TM) XZ1 SO-01K

    価格 4.0
    人気度 4.5
    評価 5.0
    実質負担額:
    1,296円〜
    分割:
    24回の場合
    可もなく。不可もなく。でもこれが私には重要です。Androidはとにかくハズレも多いので。もちろん、カメラや音楽機能は大満足です。
    最先端CPUが搭載されているのでアプリの起動がすごくスムーズです。それにアプリを起動している時もフリーズする事がほとんどないので快適に利用する事が出来ます。
    管理人のレビュー

    定番のXperiaが2機種もランクイン。日本国内でのXperiaの認知度はすごく高くなってきていますね。海外はともかく、国内でiPhoneに対抗できるのはXperiaくらいなんじゃないかと。

  5. Galaxy Note8 SC-01K

    NTT docomo Galaxy Note8 SC-01K

    価格 2.5
    人気度 3.5
    評価 3.5
    実質負担額:
    3,186円~
    分割:
    24回の場合
    待ち受け画面を一度見たただけでわかるほどの解像度たかさで、友人達も「画面がキレイ」と驚いていました。また、ペンが使えるのもユニークで割と使いやすい。
    機能的には文句ないのですが、分割しても価格が高すぎてiPhone X以上に高額なのが。。Android好きなのでiPhoneを買うことはないですが。。
    管理人のレビュー

    ドコモは面白いスマホをたくさん用意してくれますが、人気が高くユニークなのはGalaxyくらいでしょう。なかなかの完成度でした。ただ、高いですね^^;

Pocket

ドコモ公式ショップを利用すると、実店舗(ドコモショップ)でかかる事務手数料や基本無料待ち時間なしで手続きが可能です。↓↓↓