NTT-docomo-logo
ドコモ ドコモオンラインショップ 機種変更
Pocket

読了時間:約 2

ドコモは高い。そんな既成概念が出来上がってますが、ドコモも競争社会で生き抜く携帯会社の一角です。

他社と比べて高すぎるならユーザは減り続けているはずですが、現実はそんな事ありません。

例えばMNP。機種代金0円表記で未だに総務省から注意が入るほどの過激なキャンペーンが多く、値引き額では一部ソフトバンクより安いことも少なくありません。

ここではドコモで機種変更するといかに安くなるかについて解説します。

ドコモの機種変更で損をしないために契約内容の確認は必須です。とくに2年縛りとプランの解約月など時期を外すと違約金が発生し大きな出費になります。
詳しくは、ドコモの携帯機種変更でベストタイミングはいつ?2年縛りと解約月

どのキャリアでも乗り換えタイミングが重要


ドコモに限らずMNPも機種変更も乗り換えの絶好の時期を逃すと失敗します。

料金は間違いなく高くなり違約金が発生します。まずは、契約が切れる時期を確認しましょう。

契約はほとんどが2年縛り|つまり24ヶ月経過後

多くの場合、契約は24ヶ月(2年間)になっていると思います。この契約タイミングを逃すと多くの場合、デメリットしかありません。

例えば、2年縛りが解除される前にMNP(Mobile Number Portavility)してしまうと、違約金(解約金)の発生、残ったスマホの割賦金の支払い、割賦金の割引解除などなど、ペナルティ金額も多く、多少安いキャリアや高額キャッシュバックを受けても、損してしまう場合が多いのです。

こうした余計な出費を避けるためにも24ヶ月経過後、2ヶ月以内に移動しましょう。

2ヶ月すぎると再契約、自動更新が発生するため、再び解約金が発生します。

「2年定期契約」の場合、料金プランの変更、契約変更または解約のお申し出がない場合、自動更新となります。更新後の解約は9,500円。

更新後の解約手数料がかからないのは、解約契約満了月の翌月および翌々月のみです。

ドコモの機種変更は学割シーズンが最高にお得

学校の教室
学生ではない人でもドコモの学割シーズンが最高にお得です。もちろん学割対象であれば、ドコモの学割がお得です。

ドコモの学割が適用されるのは加入時25歳まで。2年契約だと実質27歳まではお得なか料金で加入可能となります。

このシーズン学割対象外でもキャンペーンが多い

まず、最初のポイントは学割シーズンに2017年冬・2018年春発売予定とされていた新機種が出揃うことです。

各機種ごとにお得な機種料金割引価格が設定されるので、この時期に買ったほうがキャンペーンプレゼントや、抽選型のポイント還元、プレゼント、割引額増加など、さまざまなお得ポイントがもらえます。

2018年春に行われたキャンペーン

機種ごとの割引キャンペーン

各新機種に割引額が設定されます。概ね50%の割引となり、端末を実売価格の半分で得られます。これは学割に限らず適用される金額です。

例えばXperia XZ1 SO-01Kは、 86,184円が−55,080円値引きされ、実質負担金31,104円まで安くなるのです。
さらに下取り機種があれば、実質負担金0円となるケースもあり端末の負担額は気にしなくて良いレベルに。

Xperia XZs SO-03Jは高評価の人気機種が0円〜2万円台になるのですからかなりお得です

学割シーズン本商戦の2月〜下取りプログラム金額見直し

下取りプログラムの金額見直しが入るのもこの時期です。

必ず下取り額が高くなるという保証はないですが、少なくても他社の金額より安かった・高かった修正は入りますので、ソフトバンクやauより条件が悪くなることはほぼありません。

例えばauで買ったiPhone6Sの場合、ドコモの下取り金額は17,496円、ドコモで買ったiPhone6Sがauでは17,280円など、微妙ではありますがきっちり差をつけています。

逆に下取りが安い場合もあるので要注意ではあります。

例えばauで買ったiPhone7の場合、ドコモの下取り金額は31,000円、ドコモで買ったiPhone7がauでは35,640円など、違いがあります。

MNPを意識した価格設定なのかもしれません。

家族まとめて割のシェア加入でポイント還元

2名以上の機種変更が条件となりますが1名あたり5,184円の還元があります。家族の機種変更のタイミングが合っているなら、同時期に乗り換えたほうがお得です。

仮にタイミングが合っていないなら、ドコモに限らず、どのキャリアでも家族の乗り換えタイミングを合わせておいたほうが後々お得になります

ポイントバックの特別枠|抽選でもらえる高額ポイント

毎年行っておりますが、今年は「50人に1人10,000ポイント」となっています。

5,400円以上の対象機種(iPhone、iPad、ドコモ スマートフォン、ドコモ タブレット、ドコモ ケータイ、ドコモ らくらくホン、ドコモ キッズ・ジュニア、データ通信製品)なので、ほぼすべての機種が対象となります。対象にならないのは「Apple Watch、ドコッチ、docomo select・オプション品、App Store & iTunesギフトカード、Apple Musicギフトカード」となります。

こちらも2月1日から。自動応募・自動抽選なので、この期間に購入するだけです。

新機種限定キャンペーン

2018年2月現在行っているキャンペーンだけでも「Xperia購入者限定 moraポイントクーポンプレゼント」「V30+を購入するとその場でGoogle Daydream View(VRゴーグル)がもらえる!」例えば「ドコモ 子育て応援プログラム(2018年2月15日〜)」「docomo AQUOS senseを購入すると家電が抽選でもらえる」「DM-01Kをご購入いただいた方限定!ドコモオリジナルデザインのタンブラー(限定非売品)」「M Z-01K購入で1,250名にdポイントプレゼント!」などなど新機種キャンペーンが豊富にあります。

dカードでdポイント購入還元

まずdカードがあれば端末料金の2%がポイント還元されます。dカード GOLD(ゴールド)ならさらに毎月10%還元されます。

dカード GOLD(ゴールド)にしてしまうと年会費10,000円がかかりますが、10%還元効果で、ドコモユーザは実質負担がかなり少なくなります。

例えば家族のドコモ利用料が月10,000円の場合、10%還元で12,000ポイントバックされるので、2,000円分お得になります。

dカード GOLD(ゴールド)のdポイント還元の損益分岐殿は、ドコモの利用料金が9,000円/月を超えているか、いないかになります。

9,000円超えているならdカード GOLD(ゴールド)支払いがお得です。

dカード入会特典

dカードがない場合、dカードやdカード GOLD(ゴールド)へこの機会に加入するのもお得です。

1 2