読了時間:約 1 minute

光回線と言えばNTTや電力会社系で契約するのが主流でしたが、今や携帯会社でのおまとめが当たり前になってきました。スマホなどの契約時にセットで契約すると、割引や特典がもらえるなどと必ず案内を受ける機会も多いのではないでしょうか。

携帯キャリアの乗り換えを検討する時も、合わせて光回線についても考えなくてはなりません。ここでは大手携帯キャリアのドコモ光・auひかり・ソフトバンク光の3つのサービスを徹底比較し紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

3社それぞれの光回線の概要

まずは、キャリアそれぞれの光回線の概要を確認していきましょう。

ドコモ光

ドコモ光とはNTTドコモが提供する光回線サービスで、フレッツ光回線やケーブルテレビの設備を使い各ご家庭、スポットへ提供しています。

プロバイダ料金一体型となっており、組み合わせることができるプロバイダーの種類も豊富です。

組み合わせできるプロバイダーの種類の中に現在利用中のプロバイダーがあれば、プロバイダーを変えることなくドコモ光にまとめることができます。

また、スマホのパケット定額サービスから一定の料金を割引く「ドコモ光セット割」も利用できます。

他にも映像提供サービスやサポートも充実しています。

長く利用し定期契約プランを更新する際には、「ドコモ光更新ありがとうポイント」でdポイントを3000ポイントもらうことができます。

ドコモ光|携帯キャリア固定回線の利用料金・速度・評判を徹底調査

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、ドコモ光と同じくフレッツ光の設備を借り提供している光回線サービスです。

「おうち割 光セット」と呼ばれるスマホの月額料金を割引くサービスも利用できます。

ソフトバンク光の月額料金はプロバイダー料込みの金額です。また、プロバイダーが選べるドコモと違いソフトバンク光は「Yahoo!BB」がセットになっています。

インターネットサービス大手のYahoo!BBですから、サービスも充実していますし安心して利用できるプロバイダーです。

しかし、現在別のプロバイダーを利用している方は乗り換えの際に解約が伴いますので注意が必要です。

ソフトバンク光|携帯キャリア固定回線の利用料金・速度・評判を徹底調査

auひかり

au光とはKDDIによる光回線サービスで、関東圏に関してはドコモやソフトバンクとは違い光回線の設備そのものもは自社によるものです。

KDDIと東京電力の光回線事業である「TEPCOひかり」が統合し、サービス提供が行われた「ひかりone」が元の名称です。

自社による設備は関東圏のみで、その他の以外の地域はNTTの設備を利用しています。

auひかりはもともと「ブロ-ドバンドDION “F”with Bフレッツ」というサービスから始まったものです。

関東圏のみ東京電力と統合したことで設備は自社による設置が可能になりましたが、その他の地域は依然としてNTTの設備を借りて光回線のサービスを提供しています。

携帯の月額料金から割引きを行う「スマートバリュー」は業界最安値と割引サービスと言われています。

また、複数のプロバイダーから組み合わせを選ぶことが可能です。

au光|携帯キャリア固定回線の利用料金・速度・評判を徹底調査

光回線の比較ポイント

各キャリアのプロバイダーの概要を確認したところで、早速それぞれ比較していきましょう。比較する重要なポイントごとに紹介していきます。

毎月の月額料金

 戸建て(2年)マンション
ドコモ光・タイプA:5,200円(税抜)
・タイプB:5,400円(税抜)
・タイプC:5,200円(税抜)
・単独:5,000円(税抜)
※別途プロバイダー料が発生します。
・タイプA:4,000円(税抜)
・タイプB:4,200円(税抜)
・タイプC:4,000円(税抜)
・単独:3,800円(税抜)
※別途プロバイダー料が発生します。
ソフトバンク光・5年更新:4,700円(税抜)
・2年更新:5,200円(税抜)
3,800円(税抜)※2年更新のみ
auひかり・ずっとギガ得プラン(3年):1年目/5,100円、
2年目/5,000円、3年目/4,900円(※全て税抜)
・ギガ得プラン(2年):5,200円(税抜)
3,800円(税抜)

料金を比較すると基本的には大きく変わりません。もちろん契約期間や選択するタイプによって若干異なりますが神経質になるほどの金額差はないといった印象です。

また、どこのキャリアを選択するかによって、スマホや携帯の月額料金の割引がことなるので、そこで初めて実質負担に差が出てくるでしょう。

ドコモ光の「単独プラン」は、別途プロバイダーの契約が必要です。ほとんどのプロバイダーはドコモの一体型の月額料金内で利用できますが、ローカルなプロバイダーや特殊な事情があった場合単独プランを選ぶ方もいます。

auひかりの「ずっとギガ得プラン」は3年契約となり、一年毎に100円安くなります。3年目以降は4,900円(税抜)で利用できるので長く利用される予定の方はお得になる可能性があります。

戸建てタイプの中ではソフトバンク光の5年更新のプランの4,700円(税抜)が最も安い月額料金です。戸建てであれば引っ越しによる切り替えを行う可能性も低いので選択する価値はあるでしょう。

しかし、スマホの切り替えに伴い他社へ乗り換えたい場合、スマホの契約が基本的には2年更新なことからタイミングが合わせにくく、解約金が発生する可能性も考慮しなくてはなりません。頻繁にキャリアを変更する可能性がある方は慎重に検討しましょう。

回線の速度

回線速度は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりの3社ともに最大1Gbpsのサービス提供ですが、auひかりのホームタイプのみ2018年3月から最大回線速度5Gbpsと10Gbpsのタイプの申し込み受付が開始されました。

auひかりホーム5ギガであれば、1Gbpsのタイプと月額料金が変わりません。auひかりホームで申し込むなら、ぜひとも5Gbpsを利用したいところです。

ドコモ光とソフトバンク光はどちらもフレッツ光回線を借用してサービス提供を行っているため、この2社で設備による回線速度の差は考えにくいと言えます。

ただしあくまでも最大値の速度となりますので、実際の速度は設備、使用環境、プロバイダーによっても変わってきます。では、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりの3社の体感速度はどの程度違いがあるのでしょうか。

実際の利用者からの評判をまとめると意外な事実が浮き彫りになりました。

ドコモ光の場合

    ・ドコモ光は本当に遅い。出ても10Mbpsほど。
    ・速度が速い時もあるが月の後半になると動画が止まりがちでADSL以下!
    ・問題なくスムーズでさすが光回線。
    ・他社から乗り換えたが前より速くなった。

ソフトバンク光の場合

    ・ADSLから光にしたがそんなに変わらないむしろ遅い時がある。
    ・遅いとは思わないが、そこまで速いとも思わない。
    ・速度が安定していて充分速い。
    ・満足のいく速度が出ている。ストリーミング系の動画再生も非常にスムーズ。

auひかり

    ・マンションタイプで契約しているからか非常に遅い。
    ・独自設備と聞いて期待したがそこまで速さを感じない。
    ・とても速い。重いデータのアップロードもスムーズ。
    ・1Gと同じ料金で5Gの契約ができるのでお得でもちろんぐっと速くなった。

どのキャリアも遅いと感じる方、速いと感じる方がそれぞれ居て、特別意見が偏っているといった印象はありません。正直なところ「確実に速いキャリアはこれだ」と断言はできないのです。

例えば光回線は速くても契約しているプロバイダーが帯域制限や速度制限を厳しくしているところであれば遅くなります。月の後半に遅くなるといった意見はこのような制限によるものの可能性があります。

また、ADSLは阻害電波がなく基地局に近ければ近いほどスピードが速くなりますが、光回線の場合阻害電波の影響は受けにくいものの、基地局からの距離が近くても速度は変わりません。

キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
1 2