au光 ソフトバンク光 ドコモ光
読了時間:約 1 minute

光回線と言えばNTTや電力会社系で契約するのが主流でしたが、今や携帯会社でのおまとめが当たり前になってきました。スマホなどの契約時にセットで契約すると、割引や特典がもらえるなどと必ず案内を受ける機会も多いのではないでしょうか。

携帯キャリアの乗り換えを検討する時も、合わせて光回線についても考えなくてはなりません。ここでは大手携帯キャリアのドコモ光・auひかり・ソフトバンク光の3つのサービスを徹底比較し紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

3社それぞれの光回線の概要

まずは、キャリアそれぞれの光回線の概要を確認していきましょう。

ドコモ光

ドコモ光とはNTTドコモが提供する光回線サービスで、フレッツ光回線やケーブルテレビの設備を使い各ご家庭、スポットへ提供しています。

プロバイダ料金一体型となっており、組み合わせることができるプロバイダーの種類も豊富です。

組み合わせできるプロバイダーの種類の中に現在利用中のプロバイダーがあれば、プロバイダーを変えることなくドコモ光にまとめることができます。

また、スマホのパケット定額サービスから一定の料金を割引く「ドコモ光セット割」も利用できます。

他にも映像提供サービスやサポートも充実しています。

長く利用し定期契約プランを更新する際には、「ドコモ光更新ありがとうポイント」でdポイントを3000ポイントもらうことができます。

ドコモ光|携帯キャリア固定回線の利用料金・速度・評判を徹底調査

ソフトバンク光

ソフトバンク光は、ドコモ光と同じくフレッツ光の設備を借り提供している光回線サービスです。

「おうち割 光セット」と呼ばれるスマホの月額料金を割引くサービスも利用できます。

ソフトバンク光の月額料金はプロバイダー料込みの金額です。また、プロバイダーが選べるドコモと違いソフトバンク光は「Yahoo!BB」がセットになっています。

インターネットサービス大手のYahoo!BBですから、サービスも充実していますし安心して利用できるプロバイダーです。

しかし、現在別のプロバイダーを利用している方は乗り換えの際に解約が伴いますので注意が必要です。

ソフトバンク光|携帯キャリア固定回線の利用料金・速度・評判を徹底調査

auひかり

au光とはKDDIによる光回線サービスで、関東圏に関してはドコモやソフトバンクとは違い光回線の設備そのものもは自社によるものです。

KDDIと東京電力の光回線事業である「TEPCOひかり」が統合し、サービス提供が行われた「ひかりone」が元の名称です。

自社による設備は関東圏のみで、その他の以外の地域はNTTの設備を利用しています。

auひかりはもともと「ブロ-ドバンドDION “F”with Bフレッツ」というサービスから始まったものです。

関東圏のみ東京電力と統合したことで設備は自社による設置が可能になりましたが、その他の地域は依然としてNTTの設備を借りて光回線のサービスを提供しています。

携帯の月額料金から割引きを行う「スマートバリュー」は業界最安値と割引サービスと言われています。

また、複数のプロバイダーから組み合わせを選ぶことが可能です。

au光|携帯キャリア固定回線の利用料金・速度・評判を徹底調査

光回線の比較ポイント

各キャリアのプロバイダーの概要を確認したところで、早速それぞれ比較していきましょう。比較する重要なポイントごとに紹介していきます。

毎月の月額料金

 戸建て(2年)マンション
ドコモ光・タイプA:5,200円(税抜)
・タイプB:5,400円(税抜)
・タイプC:5,200円(税抜)
・単独:5,000円(税抜)
※別途プロバイダー料が発生します。
・タイプA:4,000円(税抜)
・タイプB:4,200円(税抜)
・タイプC:4,000円(税抜)
・単独:3,800円(税抜)
※別途プロバイダー料が発生します。
ソフトバンク光・5年更新:4,700円(税抜)
・2年更新:5,200円(税抜)
3,800円(税抜)※2年更新のみ
auひかり・ずっとギガ得プラン(3年):1年目/5,100円、
2年目/5,000円、3年目/4,900円(※全て税抜)
・ギガ得プラン(2年):5,200円(税抜)
3,800円(税抜)

料金を比較すると基本的には大きく変わりません。もちろん契約期間や選択するタイプによって若干異なりますが神経質になるほどの金額差はないといった印象です。

また、どこのキャリアを選択するかによって、スマホや携帯の月額料金の割引がことなるので、そこで初めて実質負担に差が出てくるでしょう。

ドコモ光の「単独プラン」は、別途プロバイダーの契約が必要です。ほとんどのプロバイダーはドコモの一体型の月額料金内で利用できますが、ローカルなプロバイダーや特殊な事情があった場合単独プランを選ぶ方もいます。

auひかりの「ずっとギガ得プラン」は3年契約となり、一年毎に100円安くなります。3年目以降は4,900円(税抜)で利用できるので長く利用される予定の方はお得になる可能性があります。

戸建てタイプの中ではソフトバンク光の5年更新のプランの4,700円(税抜)が最も安い月額料金です。戸建てであれば引っ越しによる切り替えを行う可能性も低いので選択する価値はあるでしょう。

しかし、スマホの切り替えに伴い他社へ乗り換えたい場合、スマホの契約が基本的には2年更新なことからタイミングが合わせにくく、解約金が発生する可能性も考慮しなくてはなりません。頻繁にキャリアを変更する可能性がある方は慎重に検討しましょう。

回線の速度

回線速度は、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりの3社ともに最大1Gbpsのサービス提供ですが、auひかりのホームタイプのみ2018年3月から最大回線速度5Gbpsと10Gbpsのタイプの申し込み受付が開始されました。

auひかりホーム5ギガであれば、1Gbpsのタイプと月額料金が変わりません。auひかりホームで申し込むなら、ぜひとも5Gbpsを利用したいところです。

ドコモ光とソフトバンク光はどちらもフレッツ光回線を借用してサービス提供を行っているため、この2社で設備による回線速度の差は考えにくいと言えます。

ただしあくまでも最大値の速度となりますので、実際の速度は設備、使用環境、プロバイダーによっても変わってきます。では、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりの3社の体感速度はどの程度違いがあるのでしょうか。

実際の利用者からの評判をまとめると意外な事実が浮き彫りになりました。

ドコモ光の場合

    ・ドコモ光は本当に遅い。出ても10Mbpsほど。
    ・速度が速い時もあるが月の後半になると動画が止まりがちでADSL以下!
    ・問題なくスムーズでさすが光回線。
    ・他社から乗り換えたが前より速くなった。

ソフトバンク光の場合

    ・ADSLから光にしたがそんなに変わらないむしろ遅い時がある。
    ・遅いとは思わないが、そこまで速いとも思わない。
    ・速度が安定していて充分速い。
    ・満足のいく速度が出ている。ストリーミング系の動画再生も非常にスムーズ。

auひかり

    ・マンションタイプで契約しているからか非常に遅い。
    ・独自設備と聞いて期待したがそこまで速さを感じない。
    ・とても速い。重いデータのアップロードもスムーズ。
    ・1Gと同じ料金で5Gの契約ができるのでお得でもちろんぐっと速くなった。

どのキャリアも遅いと感じる方、速いと感じる方がそれぞれ居て、特別意見が偏っているといった印象はありません。正直なところ「確実に速いキャリアはこれだ」と断言はできないのです。

例えば光回線は速くても契約しているプロバイダーが帯域制限や速度制限を厳しくしているところであれば遅くなります。月の後半に遅くなるといった意見はこのような制限によるものの可能性があります。

また、ADSLは阻害電波がなく基地局に近ければ近いほどスピードが速くなりますが、光回線の場合阻害電波の影響は受けにくいものの、基地局からの距離が近くても速度は変わりません。

そのため、ADSLの時に基地局が近く速度を感じていた方の中には逆に光回線の方が遅く感じる方も居ます。

光回線の速度比較は非常に難しいと言えるでしょう。どうしても速度を求める方は、契約条件が整っていればauひかりの5Gや10Gがおすすめです。特に5Gは1Gと月額料金が変わらないのでお得と言えるでしょう。

また、プロバイダーを選ぶ際にはプロバイダーが帯域制限が厳しいところなのか、速度制限を設けているかを確認してから契約する方が無難です。

契約回線のセット割引

携帯キャリアに光回線をまとめる最大のメリットは携帯・スマホの月額料金からのセット割引です。ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりそれぞれの割引額を簡単にまとめました。

 ケータイ割引標準データプラン大容量データプラン
ドコモ光ー500円ー1,400円(20GB)ー1,600円(30GB)
ソフトバンク光ー500円ー1,000円(50GB)
auひかりー934円ー1,000円(20GB)ー2,000円(30GB)

上記表は、1人で契約用データ定額サービスプランでの割引額です。データ定額の容量によって様々で、ドコモ光とauひかりに関しては代表的なプランをピックアップしてまとめています。

ソフトバンクは現在新規受付可能なデータプランが大容量のものだと、”ウルトラギガモンスター+(50GB)”のみです。その他のウルトラギガモンスター、おてがるプランは2018年10月を以って新規・変更受付を終了していますので今回はご紹介していません。

ソフトバンク光に関しては非常にシンプルでスマホでの契約であれば-1,000円の割引です。また、家族全員でまとめているのであればそれぞれの契約回線から-1,000円割り引かれます。これはauひかりの場合も同じです。

ドコモ光の場合は、光回線とまとめる代表回線1台みの割引になります。そのため光回線をまとめる時は、一番大きいデータ容量を使う家族を光回線とまとめた方がお得と言えるでしょう。

また、より大きい割引を求めるのであれば、データ定額プランの契約を家族でデータを分け合って使う”シェアパック”の契約をおすすめします。シェアパックで契約した場合のセット割引は下記になります。

    ベーシックシェアパック(5GB~30GB):-800から-1,800円
    ウルトラシェアパック30GB:-2,500円
    ウルトラシェアパック50GB:-2,900円
    ウルトラシェアパック100GB:-3,500円

また、ドコモ光はスマホ回線を契約し続ける限りずっと割引されます。(ケータイの場合は最大1年間のみ)、ソフトバンク光はスマホ、ケータイ問わず対象プランを契約し続ける限り割引されます。

auひかりの場合データ定額プランにもよりますが、3年目以降の割引額が変更になるものもあります。例えば、データ定額30は最大2年間毎月-2,000円の割引を受けることができますが、3年目以降の毎月の割引額は-934円となります。

選べるプロバイダの種類

ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりそれぞれでの取り扱いプロバイダーをご紹介します。

キャリアプロバイダー名
ドコモ光ドコモnet・GMOとくとくBB・plala・biglobe・DTI・hi-ho・BB-excite・
エディオンネット・SYNAPSE・楽天ブロードバンド・Qit・OCN・ASAHINET
・So-net・TCOM・@nifty・TNC・01光コアラ・ANDLINE・U-Pa!
ソフトバンク光Yahoo!BB
auひかりau one net・So-net・BIGLOBE・@nifty・@TCOM・DTI・ASAHINET

ソフトバンク光は対応プロバイダーが1社のみです。それに比べauひかりは7社、ドコモ光は種類豊富です。もちろん対応一覧にないプロバイダーも契約し使用することは可能です。

しかしその場合紹介した月額料金にさらに+でプロバイダー料が別途発生します。プロバイダーに強いこだわりがあれば別ですがあまりおすすめしません。

プロバイダーの種類に関しては、月額料金内で組み合わせの選択肢が多いドコモ光に軍配が上がります。

各種キャンペーン

光回線の新設、乗り換えと言えばキャンペーンが気になりますよね。各社の公式キャンペーンをチェックしていきましょう。

 新規・乗り換え転用
ドコモ光20,000ポイント(dポイント)5,000ポイント(dポイント)
ソフトバンク光・最大24,000円のキャッシュバックor月額料金から割引
・他社解約金全額キャッシュバック
※どちらも乗り換えのみ
5000円分商品券
auひかり・最大37,500円還元(新規・ホーム)
・最大30,000円還元(新規・マンション)
・解約金相当額還元(乗り換え)
-

ドコモ光は新規・乗り換えに関してはdポイントで20,000ポイントの還元です。特別なポイント還元なので利用期間などは限定されますが、dポイントは使用できるパターンが多いので貰ってうれしい特典です。

ソフトバンク光は他社からの乗り換えで最大24,000円分の還元があり、キャッシュバックを選択した場合は普通為替でキャッシュバックされます。割引を選択した場合は月額料金から1,000円×最大24ヵ月の割引を受けることができます。

完全に新規でソフトバンク光を申し込んだ場合のキャンペーンは今のところ目立ったものはないようですが、ADSLからの切り替えで新規申し込みされるのであれば回線工事費が無料のキャンペーンを行っています。

auひかりはドコモ光やソフトバンク光のように転用という切り替え方法がありませんので、キャンペーンは新規・乗り換えのみです。新規の申し込みの際に発生する工事料金相当額を、月額料金から最大60ヵ月かけて割引されます。

ホームタイプの新規であれば37,500円ほどの金額の割引を受けられるので非常にお得ですが、60ヵ月光回線を利用していないと全額割引を受けられないので注意が必要です。

また、乗り換えであれば他社で発生した解約金相当額の還元を受けることができます。こちらはau WALLET プリペイドガードへのチャージ入金、または郵便為替にて還元されます。

公式でのキャンペーンだけでも還元が大きいので安心して申し込めます。その他の代理店などで申し込むようであれば、また+αで様々な還元を行っている場合があります。

結局はどこで契約するのがおすすめなのか

ドコモ光・ソフトバンク光・auひかりの3社それぞれの比較ポイントを紹介してきましたが、結局はどこで契約するのがおすすめなのでしょうか。総括していきます。

乗り換え特典ならau光・ソフトバンク光

光回線をすでに利用しているご家庭は多いでしょう。そう考えれば、光回線をまとめるうえで一番気になるのは費用面ではないでしょうか。転用で済むのであればまだしも、他社を解約して乗り換え新規となれば発生する費用もそれなりにかかります。

費用を押さえるには乗り換え先でどのくらいキャッシュバックなどのキャンペーンを受けられるかが重要です。そうなると一番のおすすめは金額的にもauひかりが一番大きくお得です。

auひかりには転用がありませんので、基本的には全て乗り換え新規です。他社解約金、そして初期工事費用もほとんど還元されますので気軽にまとめることが可能です。

還元方法も為替かau WALLET プリペイドガードなので、何か別のお買い物代金の支払いにも使い易く便利です。ソフトバンクも解約金相当額の還元と工事費用の負担として最大24,000円の還元を受けることができるので侮れません。

しかし、ソフトバンク光は選択プロバイダーがYahoo!BBのみ、auひかりも対応しているのが7社のみなのでプロバイダーにこだわりがあり、今契約しているところを維持したい場合は合計の月額料金をしっかり比較してから検討しましょう。

スマホのセット割引がポイント

まとめる契約回線(家族回線)が多い方は、セット割引でもauひかりのスマートバリューがおすすめです。代表からしか割引されないドコモ光と違いauひかりは家族それぞれの契約回線の月額料金から割引されます。

ソフトバンク光もまとめている契約回線それぞれから割引されますが、割引金額がauの方が大きいのがポイントです。ただし3年目以降はauひかりの月額料金からの割引額が変わりますので、あくまでも最初の2年間の比較です。

ただし、セット割引のお得さでの比較ですので、スマホで契約しているデータ定額サービスを何で契約するかなど、スマホと光回線と合わせた総合計の月額料金で比較することが重要です。

例えば家族全員あまりスマホでデータ通信を行わないのであれば、ドコモのシェアパックでまとめてしまった方が例え代表回線だけしか割引を受けられないとしても安く収まる可能性があります。

ですので、例えとしてごくごく一般的なデータ通信を行う、もしくはデータ通信量が多い方は、auでスマホを契約し光回線をまとめて家族それぞれの契約回線からスマートバリューで割引を受ける方がお得と言えます。

キャンペーンや割引での比較が大きなウェイトを占めますが、速度に関しては環境によるもので一長一短ありますので、やはりここは料金に関する部分で比較した方が賢明でしょう。ぜひ参考にしてみてください。

光回線のおまとめは総合的な判断を

光回線をまとめるにあたり工事料金などはキャンペーンや割引の仕組みで、負担を軽くすることができます。まとめることにデメリットは正直ありません。スマホの月額料金を安くできるのでぜひおまとめを検討してみましょう。

また実際光回線をどの程度ご自身が利用するのかも考えましょう。あまり使わないのに光回線の料金やキャンペーンに重点を置いてしまってスマホのプランや機種代金が高くついてしまっては本末転倒です。

見積もりをしっかり行い総合的な判断で選択しましょう。

Pocket