AQUOS(アクオス) ドコモ 機種の評価・レビュー
Pocket

読了時間:約 3

2018年ドコモの夏シリーズであるSHARPの『AQUOS R2 SH-03K』。2017年夏シリーズのAQUOS R SH-03JがSHARPの名機と言われ人気が高いだけに、フラッグシップモデルのAQUOS R2 SH-03Kにも注目が集まっています。

今回のAQUOS R2 SH-03Kはとにかくカメラ機能の進化がカメラ重視のユーザーにはたまりません!SHARPの徹底したこだわりが詰め込まれており期待大です。もちろんスペックも高いので、美しい大画面でパフォーマンスの良いスマートフォンの購入を考えている方には是非候補に入れてほしい機種です。

今回の記事では、AQUOS R2 SH-03Kが実際にはどのようなものであるのか詳しくご紹介します!
ソフトバンク版のAQUOS R2の評価au版のAQUOS R2の評価は別記事もあります。併せてご覧ください。

ドコモ AQUOS R2 SH-03Kを購入するならドコモ公式ショップを利用しましょう。頭金や事務手数料が基本無料待ち時間なしで手続きすることができます。

ドコモ AQUOS R2 SH-03Kの詳細はこちら

AQUOS R2 SH-03Kのスペック一覧

AQUOS R2 SH-03Kのスペックは以下の通りです。

OS Android 8.0
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 845(SDM845)
2.6GHz(クアッドコア)+1.7GHz(クアッドコア) オクタコア
サイズ 約156(H)×74(W)×9.0(D)mm【最厚部約10.0mm】
本体重量 約181g
ディスプレイ 約6.0インチ
内蔵メモリ RAM 4GB/ROM 64GB
外部メモリ microSDXC 最大400GB対応
アウトカメラ 標準カメラ:有効画素数 約2260万画素/動画専用カメラ:有効画素数 約1630万画素
インカメラ 有効画素数約 1630万画素
バッテリー容量 3130mAh(内蔵電池)
通信速度 送信時最大75Mbps/受信時最大988Mbps
インターフェース USB Type-C
おサイフケータイ
ワンセグ/フルセグ 〇/〇
ハイレゾ
SIM nano-SIM
カラー Platinum White
Premium Black
Coral Pink

AQUOS R2 SH-03Kの発売日と価格


AQUOS R2 SH-03Kの発売日は、2018年6月上旬予定です。すでに2018年5月16日から予約が可能となっており、オンラインショップやドコモショップで予約受付が始まっています。店舗に実機も続々と配置されています。

機種代金は一括払いで95,904円。ただし毎月の利用料金から割引を行う月々サポートがあるため、実質負担金は以下の通り。(2018年5月時点)

月々サポート 実質負担金
機種変更 -1,944円×24回 2,052円×24回=49,248円
新規契約 -1,944円×24回 2,052円×24回=49,248円
MNP(乗り換え) ‐2,646円×24回 1,350円×24回=32,400円

月々サポート以外にも、自分の持っているポイントや店舗独自のキャンペーンなどにより実際の支払額は異なるので参考までに。

また、自分でスマートフォンの設定などができる方はドコモオンラインショップが頭金と事務手数料0円なのでオススメです。

ドコモオンラインショップで開通手続きなどの設定する方法はこちらの記事で詳しく紹介しています。ぜひ、参考にして試してください。

AQUOS R2 SH-03Kの8つのメリット


まずは、AQUOS R2 SH-03Kのメリットを見てみましょう。

写真用と動画用の2つのカメラ機能で大事な瞬間を逃さない!


画像引用元:http://www.sharp.co.jp/products/sh03k/camera.html
AQUOS R2 SH-03Kは世界初となる動作撮影中に写真も撮れるデュアルカメラを搭載。動画も写真もそれぞれのカメラの性能を最大限に使えます。AQUOS R2 SH-03Kでは動画専用のドラマティックワイドカメラ最大135度の超広角です。

135度とは人が両眼で見える範囲と同程度なため、臨場感あふれるダイナミックな撮影を楽しめます。ディープフォーカスも搭載されているため、元気よく遊んでいる子どもの姿や走り回るペットなど、被写体の動きにピントの合った動画が撮りたい方に魅力的な機能です。

また、野外で動画を取る時には風の音をノイズ除去できるので、話し声をしっかり録音できます。さらに注目したいのが、スマートフォンでは世界初のAI(人工知能)ライブシャッター機能です。動画撮影中に標準カメラで高クオリティな写真を自動で同時撮影してくれます。

被写体が動く場合、写真か動画のどちらで撮影しようか迷ったときに非常に便利!しっかりと記録を残したい大切な場面・ベストショットを残したい場面の利用にもおすすめです。さらに、標準カメラは2260万画素のAQUOS史上最高クラスの高画質。

ノイズの少ない美しい写真を撮ることができるため、ノイズの入りやすい夜景も明るく切れに撮影可能。AIオート機能で、写真を撮るシーンに応じたモードを自動で選んでくれます。モードは写真を撮ることの多い、人・猫・犬・料理・花・夕景・花火・QRコード・白板、の9つです。

犬&猫をかわいく撮影できるおすすめのスマホ10選とカメラ性能の評価
花火を綺麗に撮影したい!おすすめのスマホ設定と撮り方

長い動画も手軽に編集してショートムービーに

キレイに動画を撮れるので、つい長時間撮影してしまうことも。長い動画だと、SNSなどに投稿できない場合があります。しかし、AQUOS R2 SH-03Kではお気に入りの瞬間の前後5秒を簡単に切り取ることが可能。

人気のSNSに投稿できる程よい長さで、他のアプリを使わなくても気軽にショートムービーが作成できます。カメラ映りが気になる女性の方も、動画撮影後にベストシーンをじっくり選べるので是非活用したい機能ですね。

インカメラも1630万画素と高性能

最近はインカメラの性能も高く、いわゆる”自撮り”がどのように写るかも注目ポイントです。多くの自撮りの場合、自分がどこにいるのかを写すことに重点を置き撮影します。その点、AQUOS R2 SH-03Kのインカメラは広角90度のレンズ。

1人だけでなく複数人での撮影や、周りの背景までしっかりと入れることが可能となります。また、アイキャッチセルフィー機能により、自撮りで失敗しがちな視線を自然とインカメラに誘導します。さらに、背景をぼかす機能もあり、より人物を引き立ててプロが撮ったような雰囲気のある写真を簡単に楽しめます。

ドコモで発売する2018年夏モデル最新機種のカメラ性能比較

6.0インチの大画面で大迫力の映像と音をとことん楽しむ


画像引用元:http://www.sharp.co.jp/products/sh03k/index.html
従来機種であるAQUOS R SH-03Jと端末本体の大きさはさほど変わらないのですが、ディスプレイの大きさが格段に違います。AQUOS R2 SH-03Kは6.0インチWQHD+(3,040×1,440画素)で、アスペクト比19:9という縦長の本体ぎりぎりまでの大画面。

もちろん、従来のホームキー(ソフトキーではなく物理的なタッチキー)に指紋認証センサーは健在です。大画面には欠かせない画質の良さについては、リッチカラーテクノロジーモバイルを採用。AQUOSテレビので培った技術を惜しみなく取り入れ、自分の目で見たままに近い色合いを表現します。

SHARPならではの画質の美しさはスマートフォンの中でもトップレベルです。また、HDR映像方式のDolby Vision(ドルビービジョン)を採用していて、大画面で迫力ある映像を見るにあたって気になる音に関しては、立体音響技術のDolby Atmos(ドルビーアトモス)を採用。

Dolby Atmosはイヤホンマイク端子からの出力のみに対応しているので、イヤホンを使うことで映画館のように動画の臨場感・世界観を体感できます。

ハイスピードIGZOでなめらかな操作性を実現


画像引用元:http://www.sharp.co.jp/products/sh03k/performance.html
防水スマートフォンでは、キッチンやお風呂などで使えるという利点がありますが、濡れた手での操作性の低さに悩む場合も。その点、防水仕様(IPX5/IPX8)のAQUOS R2 SH-03Kでは、応答速度が25%向上したハイスピードIGZOでヌルサクな操作が可能。

手が濡れていても誤作動にイライラすることなく快適に使えます。また、ハイスピードIGZOを採用したことでネット閲覧などのスクロール時に気になる残像が抑えられてより見やすく、応答時間も向上しレスポンスも申し分ありません。

スクロールオートで自動的に画面をスクロールする場合にも見やすく、目に優しい仕様となっています。さらに最新の高速通信(5CA)に対応しているため、操作性・通信環境がベストな状態でゲームや動画視聴もスムーズにストレスなく楽しめます。

処理能力の高さと放熱設計はヘビーユーザーにもおすすめ

スマートフォンにあまりアプリを入れていない・使わない、という方にはあまり気にならない処理能力ですが、アプリを同時に使う・重い動画やゲームを楽しむ、という方には死活問題。しかし、AQUOS R2 SH-03Kには最新のCPUであるSDM845を搭載

従来機種であるAQUOS R SH-03Jと比べても、CPUパフォーマンス・GPUパフォーマンスともに約30%アップしています。さらに、スマートフォンを使っているときに気になる熱も、効率よく放熱を行う設計のおかげで操作が重くなりにくくサクサクな動きが持続。

スマホを長時間使ったり複数のアプリを同時に使ったりすることが多い方に、安心して快適に使える機種です。

バッテリー消費についての工夫が満載

ハイスペック機種にありがちですが、機能が高い分電池消費の激しさも気になるところ。今回のAQUOS R2 SH-03Kでは、前述のハイスピードIGZOによりバックライトの透過性が高いため消費電力が少なくてもディスプレイの明るさを保つことができます。

さらに、液晶アイドリングストップ機能があり、ディスプレイを操作していないときの消費電力を抑えてくれます。また、電池の劣化を軽減するインテリジェントチャージを取り入れています。インテリジェントチャージは、充電を繰り返しても電池自体の寿命を長持ちさせることができるため、より長期間スマホが利用可能となります。

ベールビュー復活は実は大きなポイント

AQUOSシリーズのほとんどに搭載されているベールビュー機能ですが、従来機種であるAQUOS R SH-03Jにはありませんでした。これはAQUOSユーザーとしては残念な点でしたが、今回のAQUOS R2 SH-03Kではベールビューが復活!

画面が6.0インチと大きい分、周りからもよく見えて視線が気になってしまいますよね。せっかくのハイスペック機種なのに、使うのを躊躇する場面があるのは勿体ない!しっかりブロックしてプライバシーを保護しましょう。

ドコモ AQUOS R2 SH-03Kの詳細はこちら

次のページではS R2 SH-03Kの3つのデメリットについて解説します。

1 2