キャリア公式オンラインショップなら頭金0円で在庫も充実しているので断然お得!
読了時間:約 2

ドコモ「あんしんパック」は本当に必要か


あんしんパックのケータイ保障サービスは加入しておけばスマホが故障した時など何かあった時のリスクに備えることができます。あんしん遠隔サポートはスマホの取扱いに慣れていない人にとってはとても心強いサービスでしょう。

あんしんネットセキュリティも手軽にセキュリティ対策ができるのでまとめて対策したい人にとっては便利なサービスです。そして3つとも利用する場合はどの端末を利用する場合も月額料金合計から380円引きになるのでお得といえるでしょう。

しかし、もし3つのうち必要ないものがある場合は個別に加入するほうが月額料金を抑えられる場合があります。

例えばケータイ補償サービス(500円/月)とあんしんネットセキュリティ(200円/月)のみ利用する場合はあんしんパックを利用するよりも個別に加入したほうが安くなりますし、シンプルにケータイ補償サービス(500円/月)のみで十分という方もいるでしょう。

あんしん遠隔サポートが必要かどうかがポイント

月額料金から考えて3つのサービスのうちあんしん遠隔サポート(400円/月)に加入するかどうかがあんしんパックを利用するかどうかの目安になるのではないでしょうか。

あんしん遠隔サポートは初めてスマホを利用する方や年配の方には便利なサービスですが、スマホの利用に慣れた方や使い方などを必要な時はネットで自分で調べることができる方には必要のないサービスといえます。

また、最初はスマホの利用に慣れていない人でも数か月も使えば利用方法等は一通りマスターしてしまうかもしれません。聞きたいことや困ったことが無くなった状態で延々とあんしんパックを契約し続けるのは勿体ないことではないでしょうか。

仮にケータイ補償サービスが500円/月の端末を利用している場合の料金を加入サービスの組み合わせごとに見てみましょう。

ケータイ補償サービス500円/月の契約の場合

ケータイ補償サービス500円/月500円/月500円/月500円/月
あんしん遠隔サポート400円/月400円/月××
あんしんネットセキュリティ200円/月×200円/月×
月額料金合計720円/月
(あんしんパック適用)
900円/月
あんしんパックより180円高い
700円/月
あんしんパックより20円安い
500円/月
あんしんパックより220円安い

あんしん遠隔サポート(400円/月)は必要と感じるならばケータイ補償サービス(500円/月)とあんしん遠隔サポート(400円/月)のみを個別に加入するよりもあんしんパックを利用したほうがあんしんネットセキュリティ(200円/月)も利用できるうえ価格的にもお得になります。

最初はあんしんパックに加入しても、慣れてあんしん遠隔サポートが必要無くなったと感じた時点でケータイ補償サービス(500円/月)のみ、またはケータイ補償サービス(500円/月)+あんしんネットセキュリティ(200円/月)へ変更するのをおすすめします。

iPhoneまたはiPadの場合は非対応のサービスがあるので注意


iPhoneまたはiPadの場合も、まずあんしん遠隔サポートが必要かどうかを考えてみましょう。

以前はあんしん遠隔サポートのサービスの中でもiPhoneまたはiPadの場合は遠隔操作でのサポートは非対応となっていましたが、2018年5月10日よりiPhoneまたはiPadでも遠隔サポートアプリが利用可能になりました。

あんしん遠隔サポートQ&Aサイトを利用するための遠サポQ&AアプリはまだAndroidTM 6.0以上の機種のみで利用可能ですが、遠隔サポートアプリが利用可能となったことで、以前よりはiPhoneの場合でもあんしん遠隔サポートを利用するメリットが高くなったと言えます。

あんしんネットセキュリティ 各機能のOS対応状況

スマートフォン・タブレットドコモ ケータイ
(spモード)
AndroidTMiPhone・iPad
あんしんスキャンセキュリティスキャン
×
×
プライバシーチェック
×
×
セーフブラウジング
×
※2
セーフWi-Fi
×
迷惑メールおまかせブロック
※1
データ保管BOXのウイルススキャン
×
あんしんナンバーチェック
※2
※2
※2

あんしんネットセキュリティ(200円/月)のサービスでもセーフWi-Fi、迷惑メールおまかせブロック、データ保管BOXのウイルススキャン、あんしんナンバーチェックが利用可能ですが、Androidに比べて同じ料金のわりに利用できない機能もあるという点で割高感が残ります。

ケータイ補償サービス for iPhone & iPadについても、iPhoneまたはiPadの場合は購入時にApple社のAppleCare+ for iPhoneを選択することもできます。

iPhoneまたはiPadの場合、あんしんパックが必要かという程度の問題ではなく、ケータイ補償サービス for iPhone & iPad、あんしん遠隔サポート、あんしんネットセキュリティの全てのサービスについて本当に必要なのかを検討する必要があるということなのです。

ケータイ補償サービスの必要性と加入期間

あんしんパックの3つのサービスのうち、ケータイ保障サービスは端末の購入日を含め14日以内に申し込みをしないと加入することができません。

あんしん遠隔サポート・あんしんネットセキュリティについてはケータイ補償サービスに加入している場合は後日追加で加入することができますが、ケータイ保障サービスは端末購入時期を逃してしまうと後で加入したいと思っても加入することができないのです。

一般的に端末が故障した場合、修理するか機種変更するかを迫られることになります。故障の状態によっては安く修理することもできるかもしれませんが、もし修理代金が高くなる場合は修理するよりも機種変更したほうが安い場合もあります。

もし端末購入後2年経過している場合なら機種変更も考えますが、端末代金を分割で購入し月々サポートや端末購入サポートが適用されている状態での機種変更は選択しにくいと感じるのではないでしょうか。そんな場合にケータイ補償サービスが必要になってくるのです。

月々サポートを利用していて2年以内に機種変更した場合は、月々サポートを受けられなくなり残った端末代金を割引無しで支払わなければなりません。(新しい端末の月々サポートは受けることができます)

端末購入サポートを利用していた場合は、規定利用期間の12ヶ月以内に機種変更を行うと高額な解除料が発生してしまいます。

ですので端末購入時にドコモ「あんしんパック」は必要ないかも?と思っても、最低でも端末購入後1年間は急な故障に備えてケータイ補償サービスだけには加入するほうが安心なのです。

ケータイ補償サービスだけ残して解約する方法

端末購入時にあんしんパックに加入したけれど、ケータイ補償サービスだけ残してあんしん遠隔サポート、あんしんネットセキュリティを解約したい場合は解約方法に注意が必要です。

あんしんパックの解約は下記の3つの方法があります。

  • オンラインから解約申込みをする方法
  • 電話で解約申込みをする方法
  • 店頭で解約申込みをする方法

オンラインでの解約は「My docomo」から手続きを行います。ドコモ回線から確認する場合はネットワーク暗証番号、パソコンやWi-Fiから確認する場合はdアカウントを利用してログインし、現在の契約内容を表示させると、それぞれの契約内容の横に解約ボタンが表示されています。

まず、あんしんパックの表示と解約ボタンが表示され、その後にあんしんパックの内容として、ケータイ補償サービス・あんしん遠隔サポート・あんしんネットセキュリティの契約の有無と契約中の場合は解約ボタンが表示されています。

この解約ボタンを押すと契約を解除することができるのですが、その際にあんしんパックの解約ボタンを押して解約するとケータイ補償サービスまで解約してしまいますので、個別のサービスごとの解約ボタンを押してサービスを解約するように気を付けましょう。

 解約内容
あんしんパックの解約ボタン・ケータイ補償サービス
・あんしん遠隔サポート
・あんしんネットセキュリティ
3つ全てを解約する
ケータイ補償サービスの解約ボタンケータイ補償サービスのみ解約する
あんしん遠隔サポートの解約ボタンあんしん遠隔サポートのみ解約する
あんしんネットセキュリティの解約ボタンあんしんネットセキュリティのみ解約する

あんしんパックを解約しなくていいの?と思うかもしれませんが、個別の3サービスのうちのいづれかの契約を解除した場合、あんしんパックの契約条件である「3つのサービスに加入する」という条件から外れますので自動的にあんしんパックを解約することができるのです。

次のページではケータイ補償サービスはずっと契約すべきか考察します。


1 2 3