読了時間:約 2

機種変更から新規契約まで、ほとんどの手続きがオンラインでできる「ドコモオンラインショップ」。ドコモショップが混雑しがちなこともあり、新しいスマートフォンの購入もオンラインで済ませる方が増えてきました。

そこで困るのがスマートフォンの初期設定です。ショップではデータ移行なども含め、すぐに使える状態で端末を受け取れますが、オンラインで購入した場合は、ある程度自分で設定しなければなりません。

本記事では、ドコモオンラインショップで購入したAndroid端末が使えるようになるまでを完全サポート

ドコモオンラインショップを初めて利用した方も本記事を読み進めながら設定してみてください。

ドコモの最新機種に機種変更するならオススメのスマホをまずはチェック!
ドコモの最新スマホに機種変更|おすすめスマホはコレ!2018年夏・秋モデル

届いた商品を確認する


ドコモオンラインショップで商品を注文したら、まずは届いた商品の内容を確認しましょう。機種変更なら2~3日程度、新規契約・乗り換え(MNP)なら10日程度で商品が到着します。

商品は主に「スマートフォン本体、オプション品、UIMカード」の3種類。新規契約やUIMカードのサイズが変わる場合は、UIMカードが同封されます。UIMカードが同封されている場合は、新たに電話開通手続きが必要で、同封されていない場合は、旧端末からカードを差し替えるだけで大丈夫です。

UIMカードとは?

UIMカードは、ドコモ用のSIMカードの名称で、呼び名が違うだけで中身はSIMカードと一緒です。ドコモ回線を利用した通信に必要なので、スマートフォンの必需品。SIMカードと同じく3種類のサイズがあり、混同しやすいので注意しましょう。

UIMカードの種類

一番大きいのがドコモUIMカード(miniSIMカード)。Android、iPhoneともに2007年~2011年の間に発売された機種に対応しているものが多いです。1回り小さいのがドコモminiUIMカード(microSIMカード)で、2010年以降に発売された端末に使われています。

さらに小さいのがドコモmicroUIMカード(nanoSIMカード)で、iPhone Xをはじめ、2018年現在の最新機種のほとんどが採用しているサイズです。

【Android→Android】間でデータを移行する


ここからは、新旧端末を使った具体的な手順を説明していきます。まずはこれまで使っていた端末のデータのバックアップと移行についてです。データの引継ぎをしないという方は、読み飛ばしてください。

現在はアプリやクラウドサービスが充実しているので、データ移行にもいろいろな方法があります。本記事では【Android→Android】の機種変更には「ドコモデータコピー」アプリを使用します。

「ドコモデータコピー」とSDカードでバックアップ&復元

SDカードを利用している場合は、旧端末の「ドコモデータコピー」でバックアップして、新端末で復元するのがおすすめです。対象となるデータが多く、失敗時のバックアップにもなります。また、スマートフォンではないドコモケータイからのデータ移行にも使用できます。

対象となるデータは以下の通りです。

  • 電話帳 / メッセージ / スケジュール・メモ / 画像・動画 / 音楽 / メール / トルカ / ブックマーク / 通話履歴 / ユーザ辞書

バックアップ手順

  1. 旧端末でアプリを起動し「バックアップ」をタップ
  2. バックアップしたいデータを選択し、「バックアップ開始」をタップ
  3. SDカードにバックアップデータが保存される

バックアップが完了したら、新端末で保存したデータを復元します。

バックアップ復元手順

  1. 新端末にSDカードを挿入する
  2. アプリを起動し「バックアップ&復元」から「復元」をタップ
  3. 復元するデータと、「追加」か「上書き」を選択し、「復元開始」をタップ
  4. 復元が完了したら、「トップに戻る」をタップ

一度バックアップを取ったデータは、いつでも復元できますので、その他の手続きを終えてからデータ移行することも可能です。

「ドコモデータコピー」と新旧端末で移行

SDカードを持っていない場合は、新旧端末を並べて直接データを移します。両端末に「ドコモデータコピー」アプリをインストールしてから、最新バージョンであることを確認してください。データ移行の対象となるデータは以下の通りです。

  • 電話帳 / メッセージ / スケジュール・メモ / 画像・動画 / 音楽
  1. 両端末で「ドコモデータコピー」を起動
  2. 両端末で「データ移行」>「はじめる」をタップ
  3. 旧端末で「今までのスマートフォン」、新端末で「新しいスマートフォン」をタップ
  4. 両端末で「Android」をタップ
  5. 端末に表示されたQRコードをもう一方の端末で読み取る
  6. 旧端末で移行するデータを選択し、「移行開始」をタップ
  7. データ移行が完了するまで待つ
  8. 旧端末で「トップに戻る」、新端末で「次へ」をタップ
  9. 新端末で「トップに戻る」をタップ

電話帳・メモ・カレンダーのデータは新端末に上書きされます。「追加」に変更する場合は「移行開始」をタップ後に変更しましょう。

【iPhone→Android】間でデータを移行する


逆もしかりですが、iPhoneからAndroidへのデータ移行はなかなかに困難。データの形式などが異なるため移行できないものがあるので注意が必要です。

本記事の【iPhone→Android】の機種変更では「ドコモデータコピー」と「Google ドライブ」を使用した例を紹介します。対象となるデータと手順を確認して、どちらかから選んでください。

「ドコモデータコピー」でデータ移行

「ドコモデータコピー」の対象となるのは以下のデータです。

  • 連絡先・画像・動画・カレンダー

手順はAndroid間のデータ移行とあまり違いはありません。ですが、端末を間違えないように注意しましょう。

  1. 両端末で「ドコモデータコピー」を起動
  2. 両端末で「データ移行」>「はじめる」をタップ
  3. コントロールセンターが開いたら、Wi-FiをON、BluetoothをOFFにし、「次へ」をタップ
  4. 旧端末で「今までのスマートフォン」、新端末で「新しいスマートフォン」をタップ
  5. 旧端末で「iPhone / iPad」、新端末で「それ以外」をタップ
  6. 端末に表示されたQRコードをもう一方の端末で読み取る
  7. 旧端末で移行するデータを選択し、「移行開始」をタップ
  8. データ移行が完了するまで待つ
  9. 旧端末で「トップに戻る」、新端末で「次へ」をタップ
  10. 新端末で「トップに戻る」をタップ

「Google ドライブ」からバックアップ&データ移行

Wi-Fi環境で「Google ドライブ」を利用する方法もあります。他キャリアや格安SIMへの乗り換えでも利用できるので、「Google ドライブ」を利用する方が一般的かもしれません。

「Google ドライブ」では「連絡先 / カレンダー・メモ / 写真・動画」のバックアップ&データ移行ができます。手順は以下の通りです。

  1. iPhoneに「Google ドライブ」アプリをインストール
  2. アプリを起動し、Googleアカウントでログイン
  3. サイドメニューから「設定」>「バックアップ」をタップ
  4. バックアップするデータを設定し、「バックアップを開始」をタップ
  5. バックアップが完了する
  6. 新端末で同じGoogleアカウントにログイン
  7. 自動的にGoogleアカウントに同期される

Android端末は初期設定時にGoogleアカウントの入力がある場合も多いので、そのタイミングでログインするか、あるいはバージョンによって多少異なりますが「設定」>「アカウントの追加」からもログインできます。そのほか音楽やアプリについては個別で対応が必要です。

音楽・アプリデータの移行、注意点


iPhoneアプリのデータは基本的にAndroid端末へ移行するのが難しいです。App StoreとGoogle Playに同じアプリがあったとしても、データに互換性がないこともしばしばあります。一方で、TwitterなどのSNSアプリは、アカウント単位で管理しているので、新端末でログインするだけで簡単に移行可能です。

1 2