ドコモ 2019年夏モデル情報|おすすめ新機種と発売時期まとめ

  • 2020年6月12日
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!

ドコモユーザーの方向けに、2019年夏モデルのおすすめ新機種と発売時期の情報をまとめました。

最新のメーカーフラグシップモデルから、お得な機種まで幅広くラインアップされています。

ドコモユーザー以外の方でも、MNPを含む新規購入をご検討の方はぜひご覧ください。

2019年夏モデル総まとめ|おすすめ機種と買い控えた方がいい機種

ドコモ 2019年夏モデル


画像引用元:ドコモ公式サイト
ドコモの2019年夏モデルにおいて、スマホは下記の10機種がラインアップされています。

メーカー モデル
Sony Mobile Communications Xperia 1 SO-03L
Samsung Galaxy S10 SC-03L
Samsung Galaxy S10+ SC-04L
Samsung Galaxy S10+ Olympic Games Edition SC-05L
SHARP AQUOS R3 SH-04L
Sony Mobile Communications Xperia Ace SO-02L
富士通 arrows Be3 F-02L
LG LG style2 L-01L
Google Google Pixcel 3a
HUAWEI HUAWEI P30 Pro HW-02L

上記新機種の中でも、おすすめスマホ5点とその発売時期をまとめました。

おすすめ機種名 発売時期
Xperia 1 SO-03L 2019年6月14日
Galaxy S10+ SC-04L 2019年6月1日
AQUOS R3 SH-04L 2019年6月1日
Xperia Ace SO-02L 2019年6月1日
Google Pixcel 3a 2019年6月7日

以下では、おすすめ新機種を詳しく説明します。

ドコモ Xperia 1


画像引用元:ドコモ公式サイト Xperia 1 SO-03L
ドコモの2019年夏モデルで、一押しなのがソニーのフラグシップ最新モデルのXperia 1です。

発売時期は2019年6月14日で、既に発売中です。

Xperia 1 基本スペック

ドコモ Xperia 1 SO-03L の主なスペックは下記の通りです。

Xperia 1
OS Android9 Pie
CPU Snapdragon855 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4
RAM 6GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 約6.5インチ 有機EL 3,840×1,644(4K)
SIM nano
生体認証 指紋認証
カメラ アウト約1,220万画素+約1,220万画素+約1,220万画素
イン約800万画素
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver.5.0
バッテリー 3,200mAh
サイズ 167(H)×72(W)×8.2(D)mm
重量 178g
カラー ブラック/パープル
その他 防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)、おサイフケータイ機能

Xperia 1の特徴は、世界初の4K有機ELディスプレイおよびXperiaシリーズ初のトリプルレンズカメラを搭載した点にあります。

世界初の4K有機ELディスプレイは、下記の特徴を有しており、映画視聴に最適です。

  1. 美麗な4K有機ELディスプレイ
  2. ディスプレイ比率は21:9のシネマワイド
  3. 高画質化エンジン「X1 for mobile」でHDRリマスター機能を強化
  4. 忠実な色再現を可能にする「クリエイターモード」搭載

Xperiaシリーズ初の標準・望遠・超広角の3つのカメラは、下記の機能を可能にしました。

  • 背景をぼかして被写体を際立たせる「ぼけ」撮影
  • 少し遠くの被写体を撮影する際に便利な「光学2倍ズーム」
  • 暗い場所でも、明るくくっきり写る「高感度撮影」

その他、特徴的なカメラ性能は下記の3点です。

  1. ハイブリッド手ブレ補正
  2. BIONZ X for mobile
  3. Cinema Pro

トリプルレンズカメラには、ソニーのデジタル一眼カメラ「αシリーズ」の技術を集結させた「BIONZ X for mobile」が搭載されています。

「BIONZ X for mobile」は、αのアルゴリズムを取り入れた、画像処理エンジンであす。

また、「αシリーズ」と同様、目にピントを合わせる瞳AFにも対応し、より素早く、高精度に被写体をとらえることができるようになりました。

この瞳AF機能は、スマホではXperia 1が初搭載となります。

「Cinema Pro」とは、ソニーの映画撮影用プロフェッショナルカメラ開発チームが画作り、操作画面を監修したシネマ撮影専用機能です。

映画さながらの画作り・質感・色表現を再現できますが、トリプルレンズの切り替えやフォーカスなどの諸設定は制作者自身で切り替えて利用する必要があります。

自動で手軽に映画撮影が出来るわけではない点には注意が必要です。

それでも、知識のある方が使いこなすならば、Xperia 1一台で、映画の映像作りすら可能となる素晴らしい機能といえます。

また、インカメラにおいても、F値2.0かつ800万画素の広角レンズを搭載しており、暗い場所や大人数でもきれいにセルフィーを撮影することが出来ます。

Xperia 1は動画視聴のみならず、写真や動画撮影においても優れた機種といえましょう。

ドコモ Xperia 1を4万円得する機種変更方法と選ぶべきキャンペーン

ドコモ Galaxy S10+


画像引用元:ドコモ公式サイト Galaxy S10+ SC-04L
2019年夏モデルでは、Samsungの技術の粋を集めたフラグシップスマホGalaxy S10+もおすすめです。

発売時期は2019年6月1日で、既に発売中です。

Galaxy S10+ 基本スペック

ドコモ Galaxy S10+ SC-04L の主なスペックは下記の通りです。

Galaxy S10+
OS Android 9 Pie
CPU Snapdragon855 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4
RAM 8GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 約6.4インチ 有機EL 3,040×1,440(Quad HD+)
SIM nano
生体認証 指紋認証・顔認証
カメラ アウト約1,200万画素+約1,200万画素+約1,600万画素
イン約1,000万画素+約800万画素
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver.5.0
バッテリー 4,000mAh
サイズ 158(H)×74(W)×7.8(D)mm
重量 175g
カラー プリズムブラック
その他 防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)、おサイフケータイ機能

Galaxy S10+ の特徴は、超音波指紋センサーで、画面埋め込み式の指紋認証を実現している点と、アウトとインで5つのカメラが搭載されている点です。

特定の位置に配置された従来型の指紋センサーではなく、画面に触れて生体認証を行うことが可能となりました。

アウトカメラは1,600万画素の超広角レンズ、各1,200万画素の広角レンズ、望遠レンズのトリプルカメラを採用しています。

超広角カメラはパノラマ風景を捉え、デュアルアパチャーが搭載されている広角カメラでは、暗所の撮影も綺麗に映し出します。

デュアルアパチャー機能とは、明るさを検知して自動でF値(F値1.5とF値2.4)を識別・切り替えを実行する機能です。

その為、明るい場所でも暗い場所でも、鮮明な写真を撮影することができます。

また、インカメラにはデュアルピクセルとRGB深度の2つのカメラとなります。

2つのインカメラはパンチホールで対応し、ノッチによるカメラ配置よりも、ディスプレイの占有率を高めています

ドコモ 2019年夏モデルでは、Galaxy S10+のみでなく、Galaxy S10も登場していますが、2機種の違いはほとんどありません

最大の相違点はインカメラの数で、Galaxy S10+は上述のようにデュアルカメラを搭載していますが、Galaxy S10は1つのみです。

それ以外は、本体のサイズとそれに伴ったバッテリー容量の違いがあるくらいで、機能面にさほど差異はないと言えます。

しかし、Samsungの最新フラグシップ機種を手にするのなら、インカメラも充実し、大画面で利用できるをGalaxy S10+をおすすめします。

2019年夏発売 Galaxy S10の評価レビュー|買う理由と買わない理由

ドコモ AQUOS R3


画像引用元:ドコモ公式サイト AQUOS R3 SH-04L
ドコモの2019年夏モデルの中で、表現力が豊かでなめらかな操作ディスプレイを好む方には、AQUOS R3がおすすめです。

発売時期は2019年6月1日で、既に発売中です。

AQUOS R3 基本スペック

ドコモ AQUOS R3 SH-04L の主なスペックは下記の通りです。

AQUOS R3
OS Android 9 Pie
CPU Snapdragon855 2.8GHz/1+2.4GHz/3+1.7GHz/4
RAM 6GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 約6.2インチ Pro IGZO液晶 3,120×1,440(Quad HD+)
SIM nano
生体認証 指紋認証・顔認証
カメラ アウト約1,220万画素+約2,010万画素
イン約1,630万画素
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver.5.0
バッテリー 3,200mAh
サイズ 156(H)×74(W)×8.9(D)mm
重量 185g
カラー ラグジュアリーレッド/プラチナホワイト/プレミアムブラック
その他 防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)、おサイフケータイ機能

ドコモ 2019年夏モデルのおすすめフラグシップモデルのなかでは、唯一の液晶ディスプレイ搭載機種ですが、特徴は、その「Pro IGZO」ディスプレイにこそ現れています。

搭載された最新世代の「Pro IGZO」は、なんと10億色もの色数を誇り、輝度向上も加わって圧倒的な表現力を発揮します。

息をのむほどの美しい表現でありながら、透過率の向上により省エネ性も両立させています。

それでいて、120Hz対応倍速駆動となるハイスピードIGZOは、なめらかな表示と機敏なタッチ操作をも可能にしています。

その他、動画を撮るだけで、AIが賢く被写体を分析し、優れた写真やショートムービーをリアルタイムで作成してくれます。

写真や動画の知識がなくても、AIにお任せで美しく映像や写真を撮ることが可能です。

美しく、見やすいスマホをお求めの方には、AQUOS R3 がおすすめです。

2019年夏発売「AQUOS R3」の評価レビュー|買う理由と買わない理由

ドコモ Xperia Ace SO-02L


画像引用元:ドコモ公式サイト Xperia Ace SO-02L
Xperia Aceはドコモ2019年夏モデルでの中でもおすすめの高コスパ機種です。

発売時期は2019年6月1日で、既に発売中です。

Xperia Ace 基本スペック

Xperia Aceの主なスペックは下記の通りです。

Xperia Ace SO-02L
OS Android 9 Pie
CPU Snapdragon630 2.2GHz+1.8GHz オクタコア
RAM 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 約5.0インチ TFT液晶(トリルミナス ディスプレイ for mobile) Full HD+(1080×2160)
SIM nano
生体認証 指紋認証
カメラ アウト約1,200万画素(広角)
イン約800万画素(超広角)
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver.5.0
バッテリー 2,700mAh
イヤホンマイクジャック 3.5φイヤホンジャック
サイズ 140(H)×67(W)×9.3(D)mm
重量 154g
カラー ブラック/ホワイト/パープル
その他 防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)、おサイフケータイ機能

Xperia Aceの特徴は、ミドルレンジのスペック及び価格とコンパクトなサイズにあります。

ミドルスペックの端末は、ハイエンド機種のようにハイスペックな機能を搭載しない代わりに、高コスパという確かなメリットをユーザーに提示します。

Xperia Aceのドコモの端末価格は、48,600円(税込)です。

SoCはミドルレンジ向けのSnapdragon630を搭載し、RAMも必要十分な4GBに抑えて、5万円を切る低価格を実現しています。

また、コンパクトの名称こそないものの、Xperia Aceはコンパクトシリーズの内の1機種として位置付けられています。

片手に収まる美しいコンパクトボディは手のひらにフィットして、使い勝手抜群です。

昨今のスマホは、機能の拡充に伴い大型化する傾向にあります。

そんな中、縦横140×67という小ぶりなXperia Aceは、コンパクトスマホを求める方にとっては貴重な機種と言えます。

またこれまでのXperiaのコンパクトシリーズは女性ユーザーに高い人気を誇ってきました。

手のひらが小さい女性にとって、Xperia Aceのサイズは操作がし易くおすすめです。

また、Xperia Aceはミドルレンジクラスの価格と性能とはいえ、最新のソニーのXperiaを冠した機種ですから、基本性能は十分に充実しています。

Xperia Aceの主な機能は下記の通りです。

  1. 5.0インチのFull HD+なトリルミナス ディスプレイ
  2. 夜景に強いアウトカメラと多機能でセルフィーに強いインカメラ
  3. 電源ボタン一体型の指紋認証センサー
  4. バッテリー長持ちさせる「いたわり充電」と「STAMONAモード」
  5. ダイナミックなサウンドを再生できるフロントステレオスピーカー
  6. ハイレゾ対応と圧縮音源をハイレゾ相当に変換できる「DSEE HX」
  7. 3.5mmオーディオジャック
ドコモ Xperia Aceの評価レビュー|買う理由と買わない理由

ドコモ Google Pixel 3a


画像引用元:ドコモ公式サイト Google Pixel 3a
ドコモ2019年夏モデルの中で、コスパに優れた機種を選ぶとすれば、Google Pixel 3a もおすすめです。

発売時期は2019年6月7日で、既に発売中です。

Google Pixel 3a 基本スペック

ドコモ Google Pixel 3aの主なスペックは下記の通りです。

Google Pixel 3a
OS Android 9 Pie
CPU Snapdragon 670 2.0 GHz + 1.7 GHz、64 ビット オクタコア
RAM 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 約5.6インチ 有機EL 2,220 x 1,080(FHD+)
SIM nano
生体認証 指紋認証
カメラ アウト約1,220万画素
イン約800万画素
Wi-Fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver.5.0
バッテリー 3,000mAh
サイズ 151.3(H)×70.1(W)×8.2(D)mm
重量 147g
カラー Just Black/Clearly White
その他 防滴(IP52)防塵(IP5X)、おサイフケータイ機能

ハイエンドのGoogle Pixel 3と比較して、SoCや防水性能、本体素材などのグレードを落としたミドルスペックのスマホでありながら、高いカメラ性能はそのまま引き継いだ廉価版モデルです。

強力なAI処理能力により単眼ながら、ぼかし機能に対応したポートレートモードや、フラッシュ無しで美しい暗所撮影が可能となる夜景モードに対応しています。

光学式および電子式手ぶれ補正機能もバッチリついています。

簡単に綺麗な写真を撮りたい方におすすめのスマホです。

また、3年間のOSアップデートが確約されているため、セキュリティの確保も万全に行えます。

2019年夏発売「Google Pixel 3a / 3a XL」の評価レビュー|買う理由と買わない理由
ドコモ 2019年夏モデル情報おすすめ新機種ポイントまとめ
  • 動画視聴と撮影にこだわるならXperia 1
  • 最新機能が搭載されたハイスペックスマホが欲しいならGalaxy S10+
  • 滑らかで美しいPro IGZOディスプレイ搭載スマホが欲しいならAQUOS R3
  • 高コスパスタンダード機種でコンパクトモデルが欲しいならXperia Ace
  • ミドルスペック・価格の高コスパ機種でも写真撮影にこだわりたいならGoogle Pixel 3a

キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
dカード GOLDのメリット
dカード GOLD(ゴールド) VISA
国際ブランド
mastercardロゴvisacardロゴ
電子マネー
アイディ
dカード GOLDの特徴
  • ドコモケータイ・ドコモ光の利用料金1,000円(税抜)につき10%還元
  • 最大10万円までのケータイ補償
  • 海外旅行保険が最大1億円
  • 国内・ハワイの空港ラウンジを無料で利用可能
  • Amazon・マツキヨ・スタバ・ローソンなど人気店でポイントがお得
年会費10,000円(税別)審査最短5分で審査完了
ポイントdポイント還元率1~10%
保険国内・海外ありETCカード無料
家族カード1枚目:無料
2枚目:1,000円(税別)
スマホ決済Apple Pay
おサイフケータイ