DMMモバイル スマホの使い方 格安SIM・格安スマホ
読了時間:約 2

DMMモバイルの料金プランは格安SIMの中でも安いという事で人気を集めています。安いといっても詳しいプランの内容は詳しく知らないというユーザーも少なくありません。

また、プランの内容を知っていたとしても、どの様にプランを選べば良いのかというのはまた別の話です。

今回は、音声通話と3GBのデータ通信が使える料金プランが用意されているDMMモバイルの料金プランの内容はもちろんの事、他の格安SIM事業者と比べて優れている点、おすすめのオプションに至るまで詳しく紹介していきます。

トップ画像引用元:DMMモバイル – DMM.com

DMMモバイルの料金プラン

画像引用元:DMMモバイル – DMM.com

まずはじめに気になるDMMモバイルの料金プランから紹介していきます。

シングルコース

画像引用元:DMMモバイル – DMM.com

シングルコースはユーザー個人のみで契約するタイプの料金プランとなっています。

DMMにおける通常プランと考えて差し支えありません。

プラン名月額料金
音声通話SIMデータ通信SIM
ライト1,140円440円
1GB1,260円480円
2GB1,380円770円
3GB1,500円850円
5GB1,910円1,210円
7GB2,560円1,860円
8GB2,680円1,980円
10GB2,890円2,190円
15GB3,980円3,280円
20GB4,680円3,980円

プラン内容としてはライトプランを除けば、データ容量によって月額料金が変わる従量課金制となっています。

音声通話SIMは音声通話機能にデータ通信が付いたSIMの契約となり、データ通信SIMは、音声通話機能が付いていないデータ通信専用のSIMの契約です。

データ通信SIMではLINE通話・IP電話アプリは使えますが、090・080・070などの電話番号を使用した通話には対応していません。データ通信専用のSIM契約では、MNPも出来ませんので一般的には音声通話SIMの契約をする事がほとんどです。

上記の料金表で一番気になるのがライトプランですが、こちらは200kbpsの低速通信が使い放題のプランとなっています。

200kbpsの通信速度ですと、LINE程度くらいであればストレスなく使用は可能ですが、普段からあまりデータ通信を使わないユーザー、またはWi-Fiで通信をする事が多いユーザーにとっては最適なプランといえます。

シェアコース

画像引用元:DMMモバイル – DMM.com

シェアコースは、一つの契約に対して複数枚のSIMカードを契約する事が可能なコースとなります。家族でDMMモバイルに乗り換えたいといったユーザーや、一人で複数の端末を使用したいユーザーには特におすすめです。

DMMモバイルのシェアコースでは、音声通話SIM・データ通信SIMの組み合わせによって毎月の料金が変動します。

【音声通話SIM3枚プラン】

データ容量月額料金
1GB2,660円
2GB 2,780円
3GB 2,900円
5GB 3,310円
7GB 3,960円
8GB 4,080円
10GB 4,290円
15GB 5,380円
20GB 6,080円

【音声通話SIM2枚+データ通信SIM最大1枚プラン】

データ容量月額料金
1GB1,960円
2GB 2,080円
3GB 2,200円
5GB 2,610円
7GB 3,260円
8GB 3,380円
10GB 3,590円
15GB 4,680円
20GB 5,380円

【音声通話SIM1枚+データ通信SIM最大2枚プラン】

データ容量月額料金
1GB1,260円
2GB 1,380円
3GB 1,500円
5GB 1,910円
7GB 2,560円
8GB 2,680円
10GB 2,890円
15GB 3,980円
20GB 4,680円

【データ通信SIM最大3枚プラン】

データ容量月額料金
1GB480円
2GB 770円
3GB 850円
5GB 1,210円
7GB 1,860円
8GB 1,980円
10GB 2,190円
15GB 3,280円
20GB 3,980円

※2枚目以降のSIMカードには、SIM追加料として月額300円がかかります。

※また1~7GBのプランは、8GBプラン以上を契約した後にプラン変更を行うことで利用が可能です。

若干決まりごとなどがややこしくなっているシェアプランですが、選び方としては、音声通話SIM・データ通信SIMを何枚ずつ利用したいかによって最適なプランが変わってきます。

例を挙げると、スマホ用・タブレット用で音声通話SIM・データ通信SIMを1枚ずつ利用したい場合に最適となるシェアプランは「音声通話SIM1枚+データ通信SIM最大2枚プラン」となります。

実際にプランを選ぶ時にシェアプランを選ぶべきかどうか判断が付かないといった場合は、チャットや電話などでスタッフに質問しながら契約する事をおすすめします。

また、家族との利用でシェアプランを利用する場合には、「音声通話SIM3枚プラン」がおすすめです。

しかし、利用できるSIMカードの最大枚数は3枚までとなりますので、4人以上の家族の場合にはもう一つ別に契約が必要となりますので注意が必要です。

またシェアプランでは基本的に8GB以上のデータ容量で契約をします。1~7GBのプランをシェアしたい場合には、DMMモバイルを契約した後にマイページからプラン変更をする事で利用が可能となります。

プラン変更をする事自体はとても簡単ですが、1~7GBプランをシェアしたい場合には一つ手間がかかってしまう事を考慮する必要があります。

通話料やSMS送信料

毎月の月額基本料金の他に必ず必要となるのが、通話料やSMS送信料となります。

各利用料金は下記の通りとなっています。

  • 通話料:20円/30秒
  • SMS送信料:3~30円
  • SMSオプション:月額150円

通話料に関しては、大手キャリアと同様の20円/30秒となります。SMS送信料は、国内の送信であれば3~30円となり、最大670文字までの送信が可能です。

200文字以内であれば10円以下で送信する事も可能ですが、海外への送信の場合には、50~500円と価格が高くなりますので注意が必要です。SMS受信料については、国内・海外問わず無料となっています。

また、音声通話SIMでなら無料でSMSが利用可能ですが、データ通信SIMでSMSを利用する場合には、別途SMSオプションとして月額150円が加算されます。

通話料金をDMMトークで節約可能

通常の通話料といっても、20円/30秒は少し高いと感じるユーザーも少なくありません。その様なユーザーにはDMMトークアプリを利用する事をおすすめします。

DMMトークアプリでは電話番号はそのままで、通話料を半額の10円/30秒で利用する事が可能となっています。IP電話ではありませんので音質も良好で、相手にしっかり自分の電話番号を通知する事も可能ですのでとても便利です。

通話を結構するユーザーの場合はデータ通信が安くても通話料が高いのは困りものです。そんなユーザーはDMMトークアプリを上手く利用する事で、お得に利用が可能となっています。

オプション料金

DMMモバイルで利用が可能なオプションは下記の表の通りとなります。

オプション名月額料金
SMS 150円
安心パック 500円
端末交換オプション 350円
セキュリティオプション 250円
つながる端末保証 500円
スマート留守電 290円
DMM Wi-Fi by エコネクト 362円
タブホオプション 500円
10分かけ放題 850円
SNSフリー 250円

中でも注目のオプションとなっているのはSNSフリーと10分かけ放題です。SNSフリーでは、LINE・Facebook・Twitter・Instagramが使い放題となるオプションとなっています。

10分かけ放題は、その名の通り1度の通話が10分以内であれば使い放題となるオプションです。SNSフリー・10分かけ放題とを上手く利用する事で、毎月の利用料金を大幅に抑える事も可能となります。

その他には、セキュリティ・端末保証・Wi-Fi関連のオプションが利用可能です。さすがはDMMといった、エンタメ系のタブホオプション(雑誌読み放題)も利用可能です。

余談ですが、DMMモバイルではテザリングはオプション扱いとはなっておらず、いつでも無料で利用できます。

初期費用・毎月の支払い方法

DMMモバイルでは初期費用として、下記の料金が必要となります。

  • 新規契約手数料:3,000円
  • SIMカード準備料:394円

また、初月の請求では、上記の初期費用に加えて毎月の月額料金(初月などは日割り計算)・ユニバーサルサービス料2円を合算した金額を支払う必要があります。

毎月の月額料金(プラン料金)は日割り計算が採用されており、月末に契約したとしても1日分しか請求されません。

DMMモバイルでの利用開始は、SIMカードの到着予定日(MNPの場合には回線を切り替えた日)を起算日としています。

また、DMMモバイルでは毎月の料金の支払い方法としては、クレジットカードのみの対応となっています。

DMMモバイルで使用可能なカードブランドは下記の通りです。

  • VISA
  • JCB
  • マスターカード
  • アメリカン・エキスプレス
  • ダイナーズクラブカード

また、口座振替は利用出来ません。デビットカードでの支払いに関しても公式発表では非対応となっていますので、原則使う事は出来ません。

解約金

料金プラン・オプションとともに気になるのが解約金ですが、DMMモバイルの解約については以下の表の様なルールが設定されています。

SIMカード 最低利用期間 解約金
音声通話SIM 利用開始月の翌月から12ヶ月 9,000円
データ通信SIM 利用開始月の月末まで 9,000円

データ通信SIMの場合には、契約月に解約しなければ良いので実質的には解約金の条件は無いに等しいといえます。

しかし気を付けなければならないのは音声通話SIMの解約の場合です。音声通話SIMでは12ヶ月以内に解約した場合、9,000円の解約金が発生します。

よって、解約金を無料にするには最低でも1年間利用する必要がある訳です。

また、13ヶ月目以降は自動更新とはなりませんので、いつ解約しても解約金はかからないのも特徴となっています。

考え方によっては、12ヶ月間だけ解約金が発生するという条件もそれほど難しい事ではありません。他社と比べた場合にも特別厳しい条件といった事もなく、それどころか一般的な条件となっています。

DMMモバイルの料金プランの他社と比べた場合の優位性

DMMモバイルの料金プランは他社と比べて主に以下の点で優れいてるといえます。

業界最安値のプラン設定

DMMモバイルの代名詞ともいえるのが、業界最安値のプラン設定となっています。

実際に比較した内容が下記の表の通りとなります。

サービス会社 1GB 3GB 5GB 7GB10GB20GB
DMMモバイル 1,260 1,500 1,910 2,5602,8904,680
楽天モバイル 1,600 2,150 2,9604,750
LINEモバイル 1,200 1,690 2,220 2,880 3,220
mineo 1,4101,510 3,130 4,590
IIJmio 1,6003,260
BIGLOBEモバイル 1,400 1,600 5,200
OCN モバイル ONE 1,800 3,0004,850
エキサイトモバイル 1,370 1,600 4,680
nuroモバイル 1,600 2,0002,4003,000

表を見てみると、各プランで1位~2位の安さを常に維持していることが良く分かります。また、平均値を取った場合にはまず間違いなく業界最安値となります。

DMMモバイルでは一部の情報によると利益が出なくても仕方がないという位の価格設定にしているとの事です。

DMM.comでは実績を積んだ様々なサービスを提供していますので、DMMモバイルでは社名の訴求が出来れば良いという様な展開をしているとも取れます。

DMMポイントを毎月受け取れる

DMMモバイルでは、利用料金に対して10%のDMMポイントが毎月受け取れます。DMMモバイルの安い料金プランだけではなく、さらにDMMポイントが受け取れるというのは非常に大きなメリットとなっています。

その還元率も高く10%は破格の数字です。例えば、楽天モバイルを利用すると、楽天スーパーポイントが貯まりますが、1%の還元率にとどまります。その他の格安SIMのポイントサービスに関しても1%の還元率がほとんどとなっています。

もちろん、貯めたDMMポイントはDMMサービスでも利用可能です。DMMサービスをあまり使っていないというユーザーも、電子書籍・ゲーム・DVDなどの購入にも使えますのでとてもお得となります。

SNSフリーオプションは非常にお得

スマホの画面を見ている時、その多くがSNSを利用しているといったユーザーは最近ではとても多くなってきています。その様なユーザーにはDMMモバイルのSNSフリーオプションを是非おすすめします。

SNSフリーオプションは、月額250円でSNSのデータ消費量がカウントフリーとなります。言い換えれば「タダ」です。

カウントフリーの対象となるSNSは下記の通りです。

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook(メッセンジャー含め)
  • Instagram

中でもメリットとして最も大きいのがInstagramのカウントフリーといえます。

Instagramでは画像の読み込み量が必然的に多くなる為、そのデータ消費量もかなりの量となります。通常であればデータ通信容量をあっという間にオーバーしてしまい、速度制限の対象となってしまいます。

DMMモバイルのSNSフリーオプションを付ける事で、データ消費量を気にせず正に使い放題となります。SNSだけでも毎月数GB使っている様なユーザーであれば、わずか250円で使い放題となるのは非常に大きなメリットとなります。

料金プランの選び方

料金プランの内容が把握出来たら、その次に必要な事は自分に最適なプランを選択する事です。

DMMモバイルでの料金プランの選び方についても解説していきます。

3GBのプランがおすすめ

1GBから20GBまでと幅広い選択肢が用意されているDMMモバイルの料金プランですが、選択肢が多いのはメリットとなりますが、一方ではどのプランを選べば良いのか判断に困ってしまいます。

そんなユーザーにおすすめなのが3GBのプランとなります。

実際、DMMモバイルでも3GBプランを推奨している様に、多くのユーザーが利用する人気のプランです。

注目の人気プラン

料金プランの選び方については、ネットの閲覧・SNSが主なユーザーの場合なら、3GBプランを選ぶのが最適です。

3GBプランではどの様な事が出来るのかを下記の表にまとめてみました。

【3GBでできること】

用途 1ヶ月1日あたり
メール 60万通 2万通
LINE 150万通 5万通
LINE通話 166時間30分 5時間33分
LINEビデオ通話 9時間45分 19分30秒
YouTube(低画質) 16時間30分 33分
YouTube(高画質) 4時間30分 9分
Yahooトップページ 12,000回表示 400回表示
Twitter 6,000回表示 200回表示
Facebook 6,000回表示 200回表示
Googleマップ 3,990回表示 133回表示
音楽750曲ダウンロード 25曲ダウンロード
ゲームアプリ 75回ダウンロード 2.5回ダウンロード

もしも契約途中にデータ容量が多い、または少ないと感じた場合にもいつでもプランの変更が可能となっていますので安心して利用が可能です。

とにかく料金を節約したいユーザーにはライトプラン

とにかく毎月の通信費を抑えたいというユーザーには、ライトプランがおすすめとなります。

【ライトプラン】
音声通話SIM:1140円
データ通信SIM:440円
※通信速度は200kbpsに固定される

ライトプランはその低価格が最大の特徴となっています。

スマホを1,000円ほどで利用出来る格安SIMは他社を見てもほとんどありません。

超低価格が魅力的なライトプランですが、以下の様なユーザーには特におすすめ出来るプランとなります。

  • 子供用のスマホを契約
  • Wi-Fiを利用するので高速通信容量は必要ない
  • LINE程度しか使わない

スマホを頻繁に使わないなら3GBで十分お得に

ここまで、DMMモバイルの料金プランについて紹介してきました。

DMMモバイルの料金プランは業界最安値と言われるほど安い料金設定となっており、データ通信も大容量まで幅広く選択が可能です。

家族利用などに便利な、複数のSIMカードを契約可能なシェアプランが用意されているのも特徴となっています。料金プランを選ぶ際には、普段からのデータ消費量を考慮した上でデータ容量を決める事が重要となります。

ライトユーザーの方なら3GBプランで十分と言えます。

大手キャリアから乗り換えた場合では約4,000円程度節約できるDMMモバイルですが、しっかりと料金プランを選択する事で、さらにお得に利用が可能となる事を忘れてはいけません。

Pocket