スマホの画面割れ
キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 3

格安SIMを利用している場合、端末が故障してしまったりガラス割れを起こしてしまったらどうしたら良いのでしょうか。

DMMモバイルでは「端末交換オプション」「つながる端末保証」の2つのオプションが提供されています。それぞれのプランの保証内容や故障した際の修理方法、利用の際の注意点を詳しくご紹介します。

DMMモバイル公式サイトを見る

DMMモバイルは「端末交換オプション」「つながる端末保証」の2種類

スマホ水没

DMMモバイルで端末が故障してしまったりガラス割れを起こしてしまった時は、まず「端末交換オプション」か「つながる端末保証」に加入しているかどうかを確認しましょう。

MMモバイルでは、DMMモバイルで端末購入した際に加入できる「端末交換オプション」と、旧キャリアで利用していた端末をそのまま利用して乗り換えた場合にも加入できる「つながる端末保証」というオプションが提供されています。

大きな違いはDMMモバイルで購入した端末以外も補償するかどうかという点と、故障の際に修理も行うかどうかという2点です。

「端末交換オプション」はDMMモバイルで端末を購入した場合にのみ加入できますが、「つながる端末保証」はDMMモバイルで購入した端末に加えて他社で購入した古い端末を利用している場合も加入できる仕組みとなっています。

自分で購入したSIMフリー端末や旧キャリアで利用していた端末そのままで乗り換えをした場合は「つながる端末保証」のみ対象になりますが、DMMモバイルで端末を購入した場合はどちらかを選択して加入することが可能です。

他にも2つのオプションには月額料金の違いや交換・修理の対応など様々な違いがあります。それぞれのオプション内容について詳しく見てみましょう。

DMMモバイルの「端末交換オプション」は交換対応のみ

端末交換オプション
画像引用元:端末交換オプション – DMM mobile

「端末交換オプション」は月額350円で自然故障、破損、水濡れによる故障の際に購入端末と同等レベルのリフレッシュ品と交換してくれるサービスです。

DMMモバイル 端末交換オプション

月額350円
保証内容購入端末と同等レベルのリフレッシュ品と交換
対象事故自然故障 、破損、水濡れによる故障
※自然故障の場合、メーカー保証期間1年間は、端末交換の対象外となります。
対象期間下記条件を満たしている間は、端末交換のご利用が可能です。

(1)オプションに加入している
(2)オプション加入時の端末を継続して使用している

端末交換の年間利用上限回数は、オプション加入日を起算日とした1回までとなります。
対象端末オプション加入時にDMMモバイルで購入した端末

DMMモバイルで購入した端末のみが購入時に申し込むことができ、購入後に改めて加入することはできません。

端末が故障した際は交換対応のみで修理は行わないのが最大の特徴です。交換端末は、原則、対象端末と同一機種及び同一カラーの新品もしくはリフレッシュ品となります。(在庫の有無によっては機種やカラーが変更になる場合もあります)

また、サービス利用時にかかる費用として端末交換時に月額料金とは別に負担金(各端末に応じて3,000~7,000円)が発生します。端末交換受付時には代金引換で新しい端末が届き、その場で負担金・手数料等を支払うことになります。

端末別ご負担金一覧

ご負担金3,000円(税抜)の機種UPQ Phone A01、HUAWEI Y6、Ascend G6、ZenFone Go、ZenFone3 Max、HUAWEI E5577、HUAWEI nova lite、PIXI 4、Moto E5
ご負担金5,000円(税抜)の機種AtermMR03LN、Ascend G620S、AtermMR04LN、AtermMR05LN、MediaPad T2 7.0 Pro、Liquid Z530、ASUS ZenPad 7.0 (Z370KL)、Blade V6、ZenFone2 Laser、ZenFone 3 Laser、P8lite、LTE XM、ARROWS M02、SH-M04、P9lite、Zenfone5、G2mini、arrows M03、HUAWEI GR5、MeMO Pad 7、Moto G4 Plus、ZenFone2(2GB)、Nexus7、SH-M02、ZenFone3、HUAWEI nova、Moto G5 Plus、VAIO phone A、ZenFone3 Max(ZC553KL)、HUAWEI P10 lite、arrows M04、HUAWEI MediaPad M3 Lite、AQUOS sense lite SH-M05、ZenFone 4 Max(ZC520KL)、ZenFone 4 Selfie(ZD553KL)、HUAWEI nova lite 2、ZenFone 5Q (ZC600KL)、Moto G6 Plus、Moto G6、HUAWEI P20 lite
ご負担金7,000円(税抜)の機種Ascend Mate7、ZenFone2(4GB)、SH-M01、P9、ZenFone4 Selfie Pro、ZenFone4 カスタマイズモデル、AQUOS R compact SH-M06、HUAWEI MediaPad M5、AQUOS sense plus SH-M07

月額料金は350円と安いですが、交換は年に1回までと決まっているのでよく端末を破損してしまう方は、場合によっては「つながる端末保証」のほうが安くすむ場合もあります。

DMMモバイルの「つながる端末保証」は修理対応と交換対応

つながる端末保証
画像引用元:つながる端末保証 – DMM mobile

DMMモバイルの「つながる端末保証」は月額500円で自然故障、破損、水濡れによる故障の際に無償修理、またはお安く端末交換を行えるサービスです。

DMMモバイル つながる端末保証

月額500円
保証内容故障発生時に修理または交換機を提供
対象事故自然故障、破損、水濡れによる故障、全損
対象期間自然故障 :各端末のメーカー発売日から3年以内
自然故障以外:本サービスの契約期間中
※自然故障(取扱説明書、添付ラべル等の注意書きにしたがった正常なご使用状態のもとで発生した電気的・機械的故障)の場合は、製品発売日から3年間を経過していないものであることが条件です。
対象端末・DMMモバイルでご購入いただいた端末
・SIMフリースマートフォン・タブレット・ルーター
・NTTドコモのスマートフォン・タブレット・ルーター
・iPhone・iPad(SIMフリー版・ドコモ版)
※IMEI番号を確認できている端末に限ります。(指定のページからユーザー登録が必要)

サービス利用時 料金詳細

保証上限金額1回の修理依頼につき最大50,000円
※1回の修理依頼の最大金額・修理費用または交換機本体代金が上限額を超える場合、超過分はお客様負担
修理にかかる費用 Apple製品なし
Android製品なし
端末交換にかかる費用Android製品のみ1回目 4,000円(税抜)/2回目 8,000円(税抜)
※ご利用は年間で2回まで可能です。
送料負担故障機、代替機発送時ともに 着払い
代替機の貸出0円

SIMと同時に購入された端末だけでなく、すでにご利用中のSIMフリースマホやキャリア製スマホも保証されるので、他のキャリアで利用していた端末そのままに乗り換えてDMMモバイルを契約した方に人気です。

ただDMMモバイルはドコモ回線を利用しているため、auやソフトバンクで購入したSIMロック端末の場合は対象外となっています。

古い端末でも大丈夫とはいえ、登録できるのは画面割れ・ケース割れ・水濡れ等が無く正常に動作している端末に限っており、もともと故障個所がある端末は登録することができません。

また、利用者の所有する端末で日本国内で販売されたメーカーの正規品で、日本の技術基準適合証明等のマーク(技適マーク)が付いている端末のみが対象端末となっています。

端末が故障した際は、まず電話連絡後にDMMモバイルへ端末を送付し故障端末の確認後に修理か交換かが決定するため端末の交換または修理が完了するまでに時間がかかりますが、その間は代替機を無料で貸し出してもらえるので安心です。

DMMモバイル公式サイトを見る

「端末交換オプション」の利用方法

  1. DMMモバイルへ申し込み
  2. DMMモバイルへ申し込み
    トラブルが発生したら、まずは電話でDMMモバイル サポート窓口まで連絡をしましょう。トラブルの状況を伝えると端末交換オプションの利用申し込みをすることができます。(トラブルが発生してから30日以内)

    DMMモバイル サポート窓口
    電話番号 0120-584-585
    受付時間 10:00~19:00(365日受付)

  3. 商品お届け
  4. 商品お届け
    交換受付が完了したら交換端末がご登録住所宛てに届きます。また、端末返送キットが別送にて送られてきます。交換用の端末はだいたい3営業日程度で届きます。

    端末返送キット内容物
    端末交換オプションご利用案内、事故申告書、返送用封筒

  5. 故障端末の返送
  6. 故障端末の返送
    端末返送キットの案内に従って、事故申告書と故障端末をDMMモバイルまで返送します(端末返送キット発送から2週間以内)。

    端末返送キットに入っている事故申告書を紛失した場合は、DMMモバイルのサイトからダウンロードすることができます。

    事故申告書 ダウンロード
    端末交換オプション – DMM mobile

画像引用元:端末交換オプション – DMM mobile

「つながる端末保証」の利用方法

  1. トラブル発生
  2. 故障、水濡れ、破損が発生。

  3. 電話でご依頼
  4. 電話でご依頼
    まずは電話でコールセンターへ連絡をしましょう。トラブルの状況を伝えるとつながる端末保証の利用申し込みをすることができます。

    修理受付センター
    電話番号 マイページよりご確認ください。
    受付時間 10:00-18:00(年中無休・年末年始除く)

  5. 修理・交換対応
  6. 修理・交換対応
    故障端末本体と必ず修理同意書を同梱して指定住所に発送しましょう。修理同意書はDMMモバイルのサイトからダウンロードすることができます。故障端末の確認が取れ次第、修理か交換かの結果連絡がきます。

    修理同意書のダウンロード
    つながる端末保証 – DMM mobile

    ※iPhone、iPadの場合は交換対応はありませんので、DMMモバイル指定の正規修理サービス店舗に持ち込んで修理を行うことになります。

画像引用元:つながる端末保証 – DMM mobile

それぞれの注意点を加入前にしっかりチェックしよう

「端末交換オプション」「つながる端末保証」共通の注意点

盗難・紛失は補償対象外になる

スマホの忘れ物
「端末交換オプション」「つながる端末保証」のどちらのサービスでも対象事故は自然故障、破損、水濡れによる故障となっており、盗難・紛失の場合は補償対象外となっています。

もしこれまでに置き忘れなどでスマホを紛失する事が多かった方は今後も紛失する可能性が高いので、「端末交換オプション」や「つながる端末補償」ではなく紛失・盗難の際にも補償対象となる保険を検討するのがおすすめです。

端末にかけられる保険は「端末交換オプション」や「つながる端末補償」のような利用しているキャリアや格安SIMが提供しているオプションだけでなく、保険会社等でもモバイル保険として取り扱われています。

モバイル保険なら自宅のパソコンやタブレットなども一緒に保険をかけることもできますし、家族全員の端末をひとつの保険で賄えるなど補償内容もそれぞれです。

もし家族3人で「端末交換オプション」に加入した場合はそれぞれの端末ごとに契約になるので月額350円×3台分=月1,050円になりますが、複数登録することができるモバイル保険を選べば補償も手厚く月額は数百円で済むのです。

ご自分のライフスタイルに合った保険をしっかり選んで不測の事態に備えましょう。

交換機はDMMモバイルが指定する端末の中から送付される。同じ端末が届くとは限らない

「端末交換オプション」で端末を交換する場合、交換端末は、原則、対象端末と同一機種及び同一カラーとなります。ただし、端末の在庫不足等の理由により困難な場合は、当社が指定する機種またはカラーの端末となります。また、交換端末は、新品もしくはリフレッシュ品です。

「つながる端末補償」で交換対応になった場合も、交換機はDMMモバイル指定端末の中から送付となっています。利用中の端末と同一の端末を必ず用意するわけではなく、端末の指定もできません。

どんなに利用していた端末に愛着があっても同じ機種またはカラーの端末になるとは限りませんし、もし利用していた端末がドコモでのみ購入できる端末だった場合、同じ端末が交換機として届くことはないのだと覚えておきましょう。

交換費用は交換機が送られてきた際に代金引換で支払う

代金引換で支払い
「つながる端末保証」で修理ではなく端末交換になった場合や「端末交換オプション」で交換機が届いた際は、その場で送料や交換に伴う費用を代金引換で支払う必要があります。

交換機が届く際に代引きで支払う費用

  • 端末交換にかかる費用
  • 「端末交換オプション」の場合は端末負担金、「つながる端末保証」の場合は1回目 4,000円(税抜)/2回目 8,000円(税抜)

  • 代引手数料(お客様負担)
  • 故障機、代替発送時の送料(お客様負担)

DMMモバイルの利用料金と一緒に引き落としされたりクレジットカードで支払いはできませんので、交換機が到着する日にはあらかじめ代金を準備して交換端末が届くのを待ちましょう。

加入できる時期が決まっている

「端末交換オプション」や「つながる端末補償」は加入できる時期が決まっていて、その時期を逃すと加入できなくなってしまうので注意が必要です。

「端末交換オプション」は新規でDMMモバイルから端末を購入する際に同時加入することができます。「つながる端末保証」の場合はDMMモバイルから端末を購入した際か、DMMモバイルへの乗り換えの際に加入できるようになっています。

後で追加加入することはできませんので、加入するかどうかを迷った場合は新規契約時・端末購入時にとりあえず加入しておき、やっぱり必要ないなと感じた時点で解約するようにしましょう。

「端末交換オプション」の注意点

返却キットの発送から2週間が返却期限

違約金4万円
「端末交換オプション」では返却キットが発送されてから2週間までに故障端末を返送する必要があり、もし返送されない場合は、DMMモバイルから違約金として40,000円を請求されてしまいます。

新しい端末が手元に届いてから古い端末を返送するまでの間は両端末が手元に揃っていてデータ移行や新しい端末の設定などの作業が発生する期間です。失敗しないようにじっくり作業をする必要はありますが、必ず指定する期限以内に作業を終わらせて遅れないように故障端末を返送しましょう。

「つながる端末保証」の注意点

申し込み後に行うIMEI情報の登録は忘れずに!

チェックしたい問題点
「つながる端末保証」は、DMMモバイルへの申し込みだけでは利用することはできません。利用開始日から14日以内に、専用ページからつながる端末保証に登録する端末のIMEI情報を設定する必要があります。

IMEI情報とは「国際移動体装置識別番号( International Mobile Equipment Identifier)」といい、電話番号や回線契約とは関係ない端末が持つ固有の番号(端末識別番号)のことを言います。

この設定を忘れると、つながる端末保証を申し込んでいたとしても保証を利用できないので注意しましょう。

申し込みから保証を利用できるまでタイムラグがある

「つながる端末保証」は申し込みをすればすぐに利用できるわけではありません。

「つながる端末保証」の場合、補償が利用可能になるのは申し込んだ月の翌月からとなっています。加入してすぐに故障させてしまうと補償を利用することができないので注意が必要です。

月額料金も加入月は発生せず、補償が利用可能になる翌月から発生するようになっています。

iPhone利用の場合は修理対応のみになる

iphoneの場合は利用できない

「つながる端末保証」は端末が故障した際に交換対応か無償修理を行ってくれるサービスです。しかし契約する端末がiPhoneの場合は補償内容が修理対応のみとなり交換対応は行っておりません。

そのため、Apple製品での「つながる端末補償」利用はAndroidなどの他端末で利用するユーザーよりも補償が薄く実質サービスが半分になってしまいます。

現在利用しているiPhoneを利用してMNPでDMMモバイルへ乗り換えを考えている場合は、他のモバイル保険を検討することをおすすめします。

非正規修理(正規修理以外)を行ったことがある端末は保証対象外

非正規修理(正規修理以外)を行ったことがある端末は、改造品として保証対象外となります。

非正規修理とは、端末メーカーに依頼して修理をしてもらわずに、メーカーとは関係のない修理専門店で修理してもらうことを差します。もしネットや中古販売店などで購入された中古端末の場合、すでに非正規修理が行われている場合がありますので、購入の際はよく確認して購入するなど注意しましょう。

「端末交換オプション」「つながる端末保証」でガラス割れや故障に備えよう

補償は大切

最近のスマホは高機能で便利になってきていますが、その分価格も修理費用もどんどん上昇し、故障したからといって簡単に買い替えることは難しいものになっています。

もし購入してまもない時期に故障させたりガラス割れを起こしてしまったとき、端末を補償してくれる「端末交換オプション」「つながる端末保証」のようなオプションやモバイル保険に加入して備えておけば、無償で修理してもらえたり、安価で交換してもらうことができて安心です。

確かに使い方によっては「これまで補償サービスをかけていたけれど利用したことがないから必要性を感じない」という方もいるかもしれませんし、補償サービスに加入したことに安心して見直しをせず月額料金をただ長期間払い続ける方もいるでしょう。

補償サービスは自分のライフスタイルをよく考えて補償内容を選び、必要な期間にしっかり補償してもらえるように契約し、定期的に見直しをして賢く利用していくことが大切です。

高機能なスマホで便利な生活を楽しむためにも、DMMモバイルの「端末交換オプション」「つながる端末保証」で不測の事態に備えましょう。家に火災保険や家財保険、自動車には自動車保険をかけてもしもの時に備えるように、補償サービスは安心してスマホを利用するためのお守りなのです。

DMMモバイル公式サイトを見る