キャリア公式オンラインショップなら分割支払い時の頭金0円で断然お得!
読了時間:約 2

格安SIMって、ご存知ですか?

今や、人々の生活になくてはならない必需品と化したスマートフォンですが、一番のデメリットはなんと言っても月々の通信費が高いこと。

特に大手3社であるドコモ・au・ソフトバンクで契約している場合、契約プランにもよりますが、月に8,000円近く払っている人が大概だと思います。

そんなお高いスマホの毎月の固定費用を、なんとしても下げたい方にぜひとも検討していただきたいのが格安SIMなんです。

今回は、その格安SIMの中でも、とりわけトップクラスに安いDMMモバイルの料金プラン比較と機種変更・乗り換え・解約手順などを、わかりやすく解説したいと思います。

そもそも格安SIMってなに?

DMMモバイルについてお話する前に、まずはその格安SIMについて、軽くお話をしましょう。

2013年にOCN モバイルONEの登場した頃から、日本でも徐々に浸透していた格安SIMですが、まだその実態についてよく把握できていない方も、たくさんいるかと思われます。

一般的には、「格安SIM」「格安スマホ」などとよく呼称されていますが、正確にはMVNO(Mobile Virtual Network  Operatorの略)と呼ばれる、通信事業者のことです。

MVNOの各社は、自社で通信回線を持っていません。なぜなら、自社で通信回線を持つことは、とてつもなくお金がかかるからです。

現在はMVNO形態で運営されている楽天モバイルが、今後は自社で回線網を持つ「第4の携帯会社」へと切り替えるといったニュースをご存知の方もいるかもしれません。

あれは楽天という、とてつもなく基礎体力のある会社だったからこそ、可能なことであり、大多数のMVNO会社には、あのようなマネはできません。

話をMVNOに戻しましょう。自社で通信回線を持っていないMVNO各社は、自分たちで回線網を持つ代わりに、他社のインターネット・通話回線を間借りさせてもらうことで、大手よりも、より安い料金で通信サービスを提供しています。

この「他社」「大手」というのは、いずれもドコモ・au・ソフトバンクといった大手3社の携帯会社のことを指しています。

今回のDMMモバイルを例に挙げると、ドコモとauの通信回線網を間借りさせてもらい、それをより安い料金でユーザーに提供しています。格安SIMとは、このようなサービスとなっております。

DMMモバイルって格安SIMの中でどうなの?


格安SIMには現在、ものすごい数の事業者が存在しています。2017年12月末の時点で、817社が存在しているという情報もあります。当然、こんなたくさんの会社の中から、自分にあった会社を見つけるということは困難でしょう。

しかし、実際に多くの人が契約している人気の格安SIM会社は、せいぜい10数~20数社でしょう。今回ご紹介しているDMMモバイルは、その中でも上位10位内に君臨している安定したブランドと言えます。

DMMモバイルの特徴をいくつか挙げれると

  • 格安SIM会社の中でもトップクラスに安い
  • 通信量を分け合えるシェアコースがある
  • 料金プランのバリエーションが豊富
  • 月額250円のSNSカウントフリーのオプションがある

といったものがあります。

DMMモバイルの料金プラン比較


前述したように、DMMモバイルには料金プランが豊富に用意されています。それらを一つずつ見ていきましょう。

シングルコースとシェアコース

DMMモバイルには、豊富な料金プランがあると書きましたが、それらを大きく分けると

  • シングルコース
  • シェアコース

の2つのコースに大別できます。

1枚のSIMカードのシングルコース

シングルコースは、1つの契約につき、SIMカードを1枚のみ利用するコースです。多くの人、特に単身でDMMモバイルを利用する方はこちらのシングルコースで充分かもしれません。

複数のSIMカードを利用できるシェアコース

それに対して、シェアコースは1つの契約につき、SIMカードを3枚まで利用できるようになっているコースです。

8GB〜からといった、多めの通信量を複数のSIMカードでシェア(分け合って)して利用するため、ご家族などでDMMモバイルを利用する方におすすめです。

当然、分け合うということは、1人の人間に独り占めされてしまうリスクは持っているため、シェアし合う家族の中に「ずっとYouTubeを観てるお姉ちゃん」や「スマホゲーム中毒の弟」がいたりする場合は、注意が必要です。

「買ってきたプリンを全部食べられた!」といったのと同じような状態になりかねません。

また、単身でシェアコースを契約した場合にも、3台までの端末で通信量を共有しつつ利用できるので、複数端末を扱っている人にもおすすめできるプランといえるでしょう。

DMMモバイル シングルコースとシェアコースの各料金プラン

シングルコース

インターネットだけ(電話ができない)代わりに費用が安い「データ通信SIMプラン」と、音声通話+インターネットの「通話対応SIMプラン」の2種類が用意されています。

データ通信SIMプラン 通話対応SIMプラン
ライト 440円 ライト 1,140円
1GB 480円 1GB 1,260円
2GB 770円 2GB 1,380円
3GB 850円 3GB 1,500円
5GB 1,210円 5GB 1,910円
7GB 1,860円 7GB 2,560円
8GB 1,980円 8GB 2,680円
10GB 2,190円 10GB 2,890円
15GB 3,280円 15GB 3,980円
20GB 3,980円 20GB 4,680円

データ通信SIMプランで人気なのは1GBのプランです。容量が少ない代わりに、月額480円という安さは魅力的ですね。

「データ通信SIMプラン」「通話対応SIMプラン」共に、一般的な用途であれば3GBのプランがおすすめです。筆者も月々3GBのプランを契約しています。

少し特殊なのが、最も安いライトプランですね。こちらは、最大通信速度を200Kbpsといった、他のプランの通信制限時と同等の低速度まで絞る代わりに、安さを追求しているプランです。

200Kbpsという速度は、メールや画像を送らないLINEでのやりとり程度なら問題ないでしょう。TwitterやFacebook、InstagramといったSNSの場合は、画像や動画が多いため、閲覧にはかなりストレスを感じるかなと思います。

もっとも、オプションサービスの追加チャージを利用すれば、ライトプランでも高速データ通信も可能です。なお、ライトプランはシングルコースのみのプランとなっています。

シェアコース

シェアコースも同様に、「データ通信SIM」「通話対応SIM」の組み合わせによって料金が変わってきます。複数利用するSIMカードのうち、「通話対応SIM」の枚数が増えるほど、利用料金は高くなっていくといった感じですね。

データ通信SIM
(最大)3枚プラン
通話対応SIM1枚
+
データ通信SIM(最大)2枚
プラン
8GB 1,980円 8GB 2,680円
10GB 2,190円 10GB 2,890円
15GB 3,280円 15GB 3,980円
20GB 3,980円 20GB 4,680円

 

通話対応SIM2枚
+
データ通信SIM(最大)1枚
プラン
通話対応SIM
3枚プラン
8GB 3,380円 8GB 4,080円
10GB 3,590円 10GB 4,290円
15GB 4,680円 15GB 5,380円
20GB 5,380円 20GB 6,080円
シェアコースで1〜7GBプランを利用するには

基本的にシェアコースでは、8GB以上といった比較的大容量で利用することになっています。ただし、中には、「SIMカードは複数利用したいけど、データ容量はそんなにたくさんいらない」といった方もいるかと思います。

安心してください。そういう少し特殊なニーズにもバッチリ対応しているのがDMMモバイルのスゴいところ!

契約時にこそ、8GB以上のコースで契約する形にはなってしまいますが、契約後にプラン変更をすることで、シェアコースでも1〜7GBといった低容量で利用することが可能になっています。

料金プランは以下の通りです。

1〜7GBシェアコース
データ通信SIM
(最大)3枚プラン
通話対応SIM1枚
+
データ通信SIM(最大)2枚
プラン
1GB 480円 1GB 1,260円
2GB 770円 2GB 1,380円
3GB 850円 3GB 1,500円
5GB 1,210円 5GB 1,910円
7GB 1,860円 7GB 2,560円

 

通話対応SIM2枚
+
データ通信SIM(最大)1枚
プラン
通話対応SIM
3枚プラン
1GB 1,960円 1GB 2,660円
2GB 2,080円 2GB 2,780円
3GB 2,200円 3GB 2,900円
5GB 2,610円 5GB 3,310円
7GB 3,260円 7GB 3,960円

DMMモバイルのおすすめのオプションサービス

DMMモバイルには、オプションサービスも豊富に用意されています。ここではすべてを扱いませんが、いくつかおすすめしたいオプションをご紹介いたします。

SMS(ショートメッセージサービス)

データ通信SIMプランには、電話番号がないため、当然SMSも利用できません。ただ、いくら電話ができなくても、SMSくらいは使えた方がなにかと困らずに済みます。

月額150円で利用できます。

10分かけ放題

10分以内の国内通話が回数無制限でかけ放題になるサービスです。お仕事などで、頻繁に電話を利用する方は、付けておいた方が間違いなくお得でしょう。

月額850円で利用できます。

SNSフリー

LINE, Facebook, Twitter, InstagramなどといったSNSが、高速データ通信量を消費することなく利用できるようになるサービスです。SNS中毒の人間には、間違いなくおすすめできるオプションです。

月額250円で利用できます。

DMMモバイルで機種変更する手順


DMMモバイルでは、SIMカードだけでなく一緒にスマホ本体も購入することができます。DMMモバイルで購入することができる機種については、随時更新されているため、公式HPでご確認いただくと良いでしょう。

また、DMMモバイルで契約したときに購入した機種から、機種変更したいという方も多くいるかと思います。この場合、端末の分割支払い残高がない方でしたら、機種変更をすることが可能です。DMMモバイルの公式HPから手続きが行えます。

前の機種の分割の支払いがまだ残っている場合は、一括で支払いを終えてから機種変更を行うことが可能となっています。

機種変更する際の注意点

DMMモバイルで機種変更する際の注意点としては、端末はSIMカード1枚につき1台のみ購入が可能ということ。シェアコースの場合は、SIMカードの枚数分だけ機種も購入することができます。

また、現在利用中のSIMカードが、新しく購入する機種では利用できない場合は、SIMカードのサイズ変更の手続きが必要となり、以下の費用がかかってしまうので注意が必要です。

  • SIMカード発行手数料3,000円/枚(税抜き)
  • SIMカード準備料394円/枚(税抜き)

DMMモバイルへの乗り換え(MNP)手順


ドコモやau、ソフトバンクなどといった大手3社から、安さを求めてDMMモバイルにしたいといった場合、今利用している電話番号をそのまま引き継いで乗り換える、いわゆるMNPが利用できます。以下がその手順です。

1. 利用中の携帯会社でMNP予約番号を取得

DMMモバイルへMNPするためには、まず現在利用中の携帯会社でMNPの予約を行い、MNP予約番号を取得します。

基本的にMNPの予約は電話での手続きになるかと思われますが、間違いなく引き留めようとされます。しかし、そこは意志を堅く持ち、なんとしてもMNPしたいと貫きましょう。

2. DMMモバイルのHPから新規申込みをする

MNP予約番号を取得したら、DMMモバイルのHPトップページから、「いますぐ新規お申込み」を選択し、音声通話付きSIMプランの「乗り換えで申し込む」から申込みます。

なお、この時点でMNP予約番号の有効期限が10日以上残っていることが条件のため、MNP予約番号を取得したらすぐさま申込み作業に取り掛かることをおすすめします。例として挙げると、ドコモの場合、MNP予約番号の有効期限は発行日含めて15日間です。

3. 電話番号切り替えの申込みを行う

申し込み手続きとその決済が完了して3日以内に、SIMカードが配送されるので、到着し次第、DMMモバイルのマイページから電話番号切り替えの申し込み手続きを行います。

切り替えの申し込み手続きから2時間程度で、電話番号が新しいSIMカードの方に切り替わりますので、完了次第、前のSIMカードは利用ができなくなります。あとは、普通にDMMモバイルを利用するだけです!

DMMモバイルからMNP転出はできる?


上記のDMMモバイルへの乗り換えとは反対に、DMMモバイルから他社へMNP転出を行いたいという方もいることでしょう。当然、DMMモバイルからのMNP転出も可能です。

DMMモバイルでMNP転出の申込みをすると、4日程度で登録したメールアドレス宛にMNP予約番号が届くので、それを元に他社でMNP手続きを行ってください。

この際、MNP転出手数料が1回線につき3,000円(税抜き)かかってしまうため、注意ください。

また、通話対応SIMプランでは最低利用期間が12ヶ月設定されており、この期間内にMNP転出を行う場合には解約手数料として9,000円がかかってしまうため、こちらもご注意が必要です。

DMMモバイルの解約手順


DMMモバイルを解約したくなった場合、マイページから解約の申込みができます。

その際、通話対応SIMプランの場合、前述した12ヶ月の最低利用期間内に解約を行うときは9,000円の解約手数料がかかってしまうので、ご注意してください。なお、データ通信SIMプランには解約手数料はありません。

解約時に、端末の分割購入代金が残っている場合は、解約の翌月に合わせて請求がきてしまうため、事前に確認をしておくと良いでしょう。

また、その他注意点として、

  • 毎月最終日
  • 通信量の変更、契約内容の変更手続き中
  • 毎月の利用料金の決済前

の状況では解約申し込みができません。

賢く使ってDMMモバイルでお得にスマホを楽しもう


今回は 格安SIMのご紹介として、DMMモバイルをピックアップし、その料金プラン比較と機種変更・乗り換え・解約手順について解説いたしました。

DMMモバイルだけに問わず、格安SIMはその安さと引き換えに、大手3社のように困ったらショップに駆け込むといったことはできません。そのため、ある程度自分で調べたりして情報を得ることは必要になります。

ただし、それはなんでもかんでも携帯会社にお任せにしないといった強い姿勢を持つことに繋がるので、なにが本当に自分にとって適切なのかといったことが、自覚できます。

なかでもDMMモバイルは、料金プランが豊富に揃っていることからも、自分にとってぴったりのプランやオプションが見つかるはずでしょう!

DMMモバイルを賢く利用することで、毎月のスマホ代にお財布を縛られることなく、楽しいスマホライフが送れること間違いなしです。ぜひ検討してみてください。

2018年|格安SIM・格安スマホ徹底比較|主要10社のメリット・デメリット・評判まとめ