格安SIM・格安スマホ
読了時間:約 2

最近よく目にするようになった格安スマホですが、中でも「SIMフリー」・「SIMロック解除」というキーワードがあちこちで見られます。
目にしてはいても、意外と知られていない「SIMフリー」・「SIMロック解除」とは何か?
また、似ているようで全く違うその違いを詳しくご紹介していきます。

今更聞けない「SIM」カードって?

SIMカードは携帯電話、スマートフォンの中に入れて使う、電話番号などのユーザー情報が記録されているICカードを指します。

みなさん記憶に残っていっと思いますが、携帯を新規契約した時に、ICカードサイズのプラスチックから小指大の小さな金色のチップが付いたカードを店員さんが切り離すのを見た、または切り離したのを覚えていませんか?

あれがSIMカードです。「SIMカード」とひとことでいっても、その大きさだけでも3種類あります。サイズの大きい順に、「標準SIM」・「マイクロSIM」・「ナノSIM」の3種類となります。

各「SIMカード」それぞれのサイズは「標準SIM」が15㎜×25㎜、「マイクロSIM」が12㎜×15㎜、「ナノSIM」が8.8㎜×12.3㎜と、とても小さく作られています。

「標準SIM」はガラケーや今では懐かしい、3G対応スマートフォンなどに使われていたSIMカードで現在では見かけなくなりましたが、実は廉価端末の安い格安スマホで現在でも使われていたりします。

「マイクロSIM」は現在出回っているほとんどのスマホで使われているもっとも普及しているサイズのSIMカードです。

「ナノSIM」はSIMカードの中でも最少サイズで、iPhone5発表以降、最近ではこのSIMカードを使う端末が増えてきています。スマホに薄さ、軽量が求められるようになり普段は見えないSIMカードも進化していっているのです。

SIMフリーとは何?

最近ではキャリアの壁を越えどのキャリアのSIMカードでも使うことが可能なスマホSIMフリースマホが多く発売されています。初めからSIMフリースマホとして販売されているスマホならCMなどで見かけるほとんどの格安SIMが利用可能となっています。
SIMフリースマホは自体は、メーカーの公式サイト、格安SIMを扱う会社が運営している店舗などで購入が可能です。

後に説明しますが、普通に契約したスマホ端末をSIMロック解除することでも、SIMフリーの端末にすることも可能となります。SIMフリー端末の中には初めからSIMフリーの端末と、SIMロック解除をすることでSIMフリー端末にする、以上の2つのパターンがあります。

流行りの格安スマホ(MVNO)の利用を考えている方は、現在契約しているキャリアと同じ電波を使ったMVNOであればSIMロック解除の必要もなく格安スマホ化が可能>となります。

MVNO自体の回線は大手キャリアの回線の一部を借りるという形で回線を確保しています。格安スマホへの乗り換えを考えた場合には、現在契約中のキャリアの回線を借りているMVNOを中心に考えると、乗り換え後もスムーズに使用することができるでしょう。

また、SIMフリー端末と同じような端末に、「白ロム」があります。「白ロム」とは簡単にいうと、番号の登録されていない端末のことで、SIMカードを抜いた端末です。もちろんSIMカードを端末に入れることで、番号が登録されれば、その番号のスマホになります。

「白ロム」の由来は端末本体のROMに番号情報の無い状態の事を、真っさらなROMということから白ロムといわれ、ほとんどの場合に中古品のスマホのことをいいます。

TUTAYAや、ブックオフなどで売られている中古端末をよく見かけますが、それが白ロムスマホです。

SIMカードが入っていない番号がない状態というだけで、普通のキャリア契約の端末だということは変わりませんので、A社の端末ならA社の回線を借りて営業している格安スマホ会社以外のSIMカードは使えません。

その場合もSIMロック解除することで、どの会社のSIMカードにも対応可能となります。白ロムを購入する機会には、まずはどこのキャリアの契約の端末なのかを確認をすることをおすすめします。

SIMロック解除とは?

2015年5月から携帯電話、スマートフォンにかけられている「SIMロックの解除」が義務化されることになりました。

「SIMロック解除」が義務化されたことにより、格安スマホ利用希望者の端末代金の負担も減らすことができ、格安スマホを気軽に利用できるようになるなどいいことばかりといった感じですが、なぜ「SIMロック解除」が義務化されることになったのか。

「SIMロック解除」にはどういったメリットがあり、その逆にどんなデメリットが存在するのかを詳しく見ていきます。

SIMロックとは何か?

以前から基本的には携帯電話を契約する時には、通信回線・端末のセットで各キャリアと契約するというのが一般的でした。

これは日本特有なのですが、端末を販売したキャリアとSIMカードを付与しているキャリアが同一でなければ使用できないといった仕組みがあった事が原因です。キャリアが販売した端末は、同一キャリアのSIMしか使わせない仕組みがSIMロックです。

これは携帯電話を購入したら必ず通信費をキャリアに支払うことを大前提とすることで、各キャリアは実質0円の他に0円スマホなどの施策を行うことができ、しかもそれを販売することで利益を得ることができるようになるのです。

私たち消費者もこのような割引施策などの恩恵を受けて、今では誰でも気軽に携帯電話を所有することができるようになったという背景もあります。

先述しましたが、「SIMロック」という仕組みは日本特有の、日本だったからこそここまで違和感なく浸透していった仕組みであるといえます。海外から見ると不思議に思われる光景だといわれています。

SIMロック解除が義務化された訳

キャリアと端末を紐付ける仕組みの「SIMロック」はどうして解除をする流れになったのでしょうか?

それは「SIMロック」の仕組みの中では、端末と通信会社とを一括で契約するという選択肢しかなく、ユーザーが端末と回線を自由に選ぶということができません。

それを改善するために通信会社と端末とを別々に切り離して契約・購入できる仕組みを実現するため、総務省が2010年に「SIMロック解除に関するガイドライン」を策定します。

ただ、大手キャリアは黙ってはいません。しかもそれに反発するような動きも活発になり、MNPの際の乗り換え割引施策や、キャッシュバックキャンペーンなどによって、契約そのものがさらに複雑になり難しくなっていきます。

今では当たり前になっていますが、携帯電話を契約するときの>「2年契約」という縛りもこの時期に誕生しました。

総務省のガイドラインが策定され、SIMロック解除の取り組みに対しての一番手に出たのは契約者が業界トップのドコモでした。ドコモは2011年以降に発表する端末には全てSIMロックを解除することができる機能を搭載することを発表します。

同じくSoftBankも端末が限定的ではありますが、SIMロックの解除機能を搭載するようになりました。auだけは特有の通信規格の問題で、LTE環境が整備されるまではこの取り組みに参加ができないことを表明しました。

「SIMロック解除」は、全ての大手キャリアが一斉に取り組みを始めなければ、消費者にとっても、制度としても意味を成しません。そこで総務省はキャリアへのガイドラインの実行を迫るため、2015年にSIMロック解除を義務化するというかたちをとります。

義務化を通してようやく、大手キャリア3社ともにSIMロック解除に向けての対応が進みはじめ、まずは通信業界内での競争は置いておき消費者にとって有益となる内容で軌道修正する方向となっていきました。

この背景には消費者の乗り換えを容易にできるようにし、キャリア同士の競争の促進をはかるためにSIMロック解除は義務化されることになったのです。

SIMロック解除により何が変わったのか?

SIMロック解除の義務化によってこれまでとは何が変わったのでしょうか?

SIMロックが解除されるということは、利用者は現在使っている端末のまま他のキャリアへ端末代金の負担もなく簡単に、乗り換えができるようになるということです。

義務化されたはじめは「2年契約」の2年縛りによって本当の意味での自由な乗り換えにはまだまだ遠く、それでも次第に消費者を縛っていた仕組み自体も緩和されるなどで変化が進みます。

SIMロック解除が義務化されたことによる大きな変化は「格安スマホ市場の登場」だといえます。これによって事業者同士の競争が促進され、利用者の利便性向上にも大きな影響を与えました。

確かに格安SIMや格安スマホは広告などでも見かけることのない日はないくらいにその盛り上がりは確実なものとなっています。毎月の通信コストを見直すと共にスマホ代を節約したいと悩んでいる方にはうってつけの選択肢ともなっています。

SIMロック解除による「メリット」

SIMロックの解除によって消費者は通信回線を自由に選択が可能になり、通信業者間では今まで以上に数多くの人に契約してもらえる機会が増え価格競争などが起こります。

下記にいくつかメリットの代表例を紹介します。

・現在使用中のスマホで好きなキャリアや、格安スマホへの乗り換えも可能
キャリアによって縛られることがなくなり、乗り換えのハードルが一気に下がる。

・市場内の価格競争による価格の低下のほか、サービスの向上にも期待できる
より低価格の価格帯、自分に合ったサービスプランを数ある中から選ぶことが可能。

・海外旅行時に、現地のプリペイドSIMなどの利用も簡単に
海外旅行などの国外へのお出かけの際に、現地で改めて端末を借りるような面倒なこともなくなります。

SIMロック解除による「デメリット」

SIMロック解除によるデメリットというと、例として挙げると携帯端末の通信規格は、これまで各キャリアごとに独自に調整・管理されてきました。

建前としてはそれを別のキャリアで使用すると通信ができない、という事を発生してしまうのを防ぐのがSIMロックの役割でもありました。

今現在は端末をどのキャリア・回線でも使用できる仕様となってはいますが、SIMロック解除を行う場合、端末が対応しているキャリアの通信方式などを確認しておく必要はありますので注意が必要です。

・SIMロック解除の条件はキャリアによって違う
「SIMロック解除」の義務化はされはしましたが、各キャリアが掲げている条件を満たしていなければ「SIMロック解除」はできないようになっています。しかも、キャリアにより「SIMロック解除」の条件は異なります。

・SIMフリーでも、契約期間中の解約には違約金がかかる
「SIMロック解除」をした後は自由に選択して契約をすることは可能ですが、「2年契約」など契約期間中の解約には当然のごとく違約金を支払う必要があります。乗り換えの際には必ず確認をすることをおすすめします。

大手キャリア別、SIMロックの解除方法

画像引用元: https://news.mynavi.jp/article/20180222-587731/

前項で「SIMロック解除」によるメリット、デメリットについて詳しく見てきましたが、各キャリアで異なるSIMロック解除の手続きについても解説していきます。

SIMロック解除方法 ドコモの場合

ドコモでは2011年4月以降に発売された機種に関して購入者本人の申し出の場合に限りSIMロック解除ができる仕組みをとっていますが、必要な手続きや条件が2015年5月を境に変りましたので注意が必要です。

ここでご紹介するのは、2015年5月以降に発売された端末についての説明となります。

ドコモの場合、2017年5月の報道発表によりSIMロック解除が可能となる条件を緩和しました。

原則として端末の契約日より180日の経過が必要だった条件が、101日に短縮されたほか、一括払いによって端末料金の全額支払いを行った時点でSIMロックが解除可能ともなりました、この適用条件の緩和は、2017年5月24日より施行されました。

次にその条件と、SIMロック解除が可能となるまでの期間をまとめました。

・条件1:分割払いで端末を購入後、分割払いの清算が終了していない。
・端末購入日から、101日以降に、SIMロック解除可能。

・条件2:分割払いで端末を購入後、分割払いの清算、支払い確認済み。
・清算確認後、即日SIMロック解除可能。

・条件3:一括払いで端末を購入。
端末購入日からSIMロック解除可能。

・条件4:ドコモの回線で過去、SIMロック解除を行い、受付から100日経過。
即日、SIMロック解除可能。

・条件5:解約済み
・解約日から、100日以内であればSIMロック解除可能。ただし端末購入から100日経過している必要あり。

解除の手続き自体はパソコン、携帯電話、ドコモショップなどで申し込みができるようになっています。

SIMロック解除にかかる手数料は申し込み方法や現在利用中の端末によって異なりますので、キャンペーンなどにより無料の時もあれば3,240円の時もありますので現在の状況をドコモの公式ホームページから確認してからの方が確実です。

一つ注意することは、端末購入サポートを適用を受けて購入した場合には、一括払いで端末料金を清算していたとしても、購入日から100日間はSIMロック解除の手続きができません。

その場合には、端末購入サポート解除料を支払い、その確認が取れた時点から手続きが可能となりますので注意が必要です。

ドコモのスマホをSIMロック解除する前にデメリットと注意点を紹介

SIMロック解除方法 auの場合

auでは2015年5月以降に販売された全ての機種でのSIMロックの解除ができるようになりました。

以前はauの場合、契約者本人以外の手続きも可能となっていましたが、2017年12月からの解除条件の変更後は契約者本人である場合のみにSIMロックの解除が可能となりました。

auでのSIMロック解除の場合に注意が必要なのは、auではあくまでも他MVNOでの端末の動作を保証していないということが挙げられます。他社のSIMカードをauの端末で利用するのは全て自己責任の上で、という事になります。

auでのSIMロック解除は手数料が無料になるWEB経由でお申込みの他、3,240円の手数料が必要となるauショップでの申し込みによって手続きをすることが可能です。

下記にauのSIMロック解除の条件と解除の可能となるまでの期間をまとめました。

・条件1:分割払いで端末を購入後、分割払いの清算が終了していない。
・端末購入日から、101日以降に、SIMロック解除可能。

・条件2:分割払いで端末を購入後、分割払いの清算、支払い確認済み。
・端末購入日から、101日以降に、SIMロック解除可能。

・条件3:auの回線で過去、SIMロック解除を行い、受付から101日目以降。
即日、SIMロック解除可能。

・条件4:一括払いで端末を購入。
一括払いの支払い確認後、SIMロック解除可能。

・条件5:解約済み
・解約日から、100日以内であればSIMロック解除可能。

上記に記したの条件のうち、条件1・2については2017年8月1日、条件3・4については2017年12月1日から適用となっています。2017年8月1日から2017年11月30日までについては、機種契約日から101日目以降、手続きが可能となります。

注意としては、機種代金を一括払いした場合でも、購入機種の継続利用、適用条件の継続契約を条件とし、機種の購入代金の一部をauが負担する施策、「au購入サポート等」が適用されているような端末では、分割払いと同じく100日が経過した後でないとSIMロック解除の申し込みができないことです。

ドコモとの違いとして、2018年1月16日からは分割支払いが終了している場合であっても、100日が経過するまではSIMロック解除の申し込みができません。

簡単にできる!auのiPhoneをSIMロック解除する方法と注意点

SIMロック解除方法 ソフトバンクの場合

ソフトバンクでのSIMロック解除方法は3,240円の手数料で申し込みができる店舗での申し込みと、「My SoftBank」の会員ページから手数料無料で申し込む2つの方法があります。ソフトバンクの場合は、お得な「My SoftBank」の会員ページから手続きすることをおすすめします。

ソフトバンクの場合もauと同様、2017年8月1日からSIMロック解除の受付条件が変更となっています。

下記にソフトバンクののSIMロック解除の条件と解除の可能となるまでの期間をまとめます。

・条件1:分割払いで端末を購入後、分割払いの清算が終了していない。
・端末購入日から、101日以降に、SIMロック解除可能。

・条件2:分割払いで端末を購入後、分割払いの清算、支払い確認済み。
・支払い確認後即日、SIMロック解除可能。

・条件3:ソフトバンクの回線で過去、SIMロック解除を行い、受付から101日目以降。
即日、SIMロック解除可能。端末契約日から100日以内の場合も可能。

・条件4:一括払いで端末を購入。
一括払いの支払い確認後、SIMロック解除可能。ただし、一括購入割引などが適用中の場合、端末契約日から100日以内は不可。

・条件5:解約済み
・解約日から、90日以内であればSIMロック解除可能。分割支払いの場合、端末契約日から101日以上経過後に限り可能。

上記の条件1・5は2017年8月1日から、条件2・3・4については2017年12月1日から適用されています。2017年8月1日から2017年11月30日まで、機種購入日から101日目以降より手続き可能となり、対象機種は2015年5月以降に発売された端末に限られます。

解約済の場合には、他キャリアと比べてみても10日ほど受付可能な期間が少ない所には注意が必要となります。

「SIMフリー」と「SIMロック解除」を理解して賢い乗り換え

ここまで、「SIMフリー」・「SIMロック解除」について詳しく解説してきました。

乗り換えをする場合に、現在使っている端末と乗り換え先の通信会社をどうするか、「SIMフリー」を活かした選択をするのか「SIMロック解除」を使ってより多くの選択肢を増やすのかによっても、おすすめする方法は変わってきます。

両者ともメリットデメリットはある程度ありますので、まずは自身でどこの通信会社に乗り換えるのかを明確にした上で、どちらかを選ぶことをおすすめします。

格安SIMに乗り換えた際のデメリット|こんな人には格安SIMは向かない

大切なのは無駄な費用はかけず自分に合った通信会社へ乗り換え、自身に合った料金プランを見つけることで、本当の意味でのコストパフォーマンスの高いスマホを手に入れることなのですから。

次のステップ

格安sim比較|おすすめの格安SIMと気になる月額のお値段は?

格安SIM会社の数は10社超と非常に多くあります。大手キャリアほど複雑な料金プランがないことも格安SIMの特徴ですが、使うデータ量によって金額的には大手キャリアと大して変わらないこともあります。せっかく、格安SIMへ乗り換えるのなら月額利用料から比較してみてはいかがでしょうか。

2018年|格安SIM・格安スマホ徹底比較|主要10社のメリット・デメリット・評判まとめ

Pocket